高校 野球 神奈川。 高校野球ランキング(神奈川)

2016年夏 第98回全国高校野球選手権神奈川大会 日程 組み合わせ

高校 野球 神奈川

神奈川県勢の夏の甲子園での記録 最高成績… 優勝 東海大相模(第52回、第97回大会) 横浜(第62回、第80回大会) 湘南(第31回大会) 法政二(第42回大会) 桐蔭学園(第53回大会) 通算成績… 194試合 123勝 71敗 勝率… 6割3分4厘 県勢 初出場 横浜商(第9回大会) 県勢 初勝利 横浜商 6-2 佐賀師範(第19回大会) 出場回数ベスト5校 1位… 横浜 17回 2位… 東海大相模 10回 3位… 法政二 9回 4位… 横浜商 7回 5位… 桐蔭学園 6回 勝利数ベスト5校 1位… 横浜 33勝 2位… 東海大相模 18勝 3位… 横浜商 15勝 4位… 法政二 14勝 5位… 桐蔭学園 12勝 Sponsered Link 戦前は目立った活躍はなかった 夏の甲子園で全国3位の7回の優勝を誇る神奈川の高校野球ですが、 戦前にはそれほどの成績は挙げていません。 甲子園に出場したのは、 横浜商、 神奈川商工、 浅野中(現:浅野高)の3校 通算で4勝6敗の成績でした。 湘南、初出場で初優勝の快挙 神奈川の高校野球が活気づく それまで、パッとしなかった神奈川県勢でしたが、 昭和24年の第31回大会で初出場をした 湘南が 一気に頂点まで駆け上がる快進撃を見せ、初出場で初優勝の快挙 「 湘南、無欲の優勝」と讃えれた優勝で 神奈川の高校野球は活気づきます。 法政二が台頭、「戦後最強の強さ」 優勝した湘南の次は 法政二が甲子園で活躍。 3度目の出場となった第39回大会からは5年連続で出場。 第39回大会で準優勝を飾ると 第42回大会ではエース・ 柴田 勲(元巨人)を始め超高校級の選手をそろえて甲子園で圧勝。 柴田らが残ったチームは翌年の春のセンバツも制し、 その洗練された野球は、「 戦後最強チーム」と評されます。 史上初の3季連続優勝がかかった第43回大会では準決勝で 浪商と対戦。 3シーズンにわたって展開され「 宿命の対決」と呼ばれた浪商との戦いは劇的な試合に。 法政二は2-0とリードしている9回2死から同点に追いつかれ延長で2-4と惜敗。 2年連続で県勢が甲子園を制覇 昭和45年、46年と神奈川県勢が2年連続で甲子園を制覇 の 東海大相模は2度目の出場で甲子園初勝利を挙げると、 毎試合、接戦を勝ち抜いて決勝へ進出。 決勝ではPL学園を10-6と打ち勝ち優勝。 原貢監督は5年前の三池工が優勝した時の監督。 続くでは創部6年目の 桐蔭学園が初出場。 初戦で東邦を2-0と破ると、アンダースロー・大塚投手の力投で決勝へ。 決勝では無失点記録を続ける磐城の田村から 7回に奪った虎の子の1点を守り抜き1-0で完封勝利。 初出場・初優勝を飾りました。 原貢監督の息子・辰徳が甲子園のスターに 昭和40年に 三池工で甲子園初優勝し、5年後には 東海大相模でも優勝。 昭和40年から50年台にかけての高校野球界でもっとも著名な存在だった東海大相模・ 原貢監督 その原監督の息子・辰徳が1年生で甲子園に登場。 その卓越したバッティングセンスと甘いマスクで甲子園のスターに。 第56回大会は、1回戦で剛腕・ 工藤 一彦(元阪神)の 土浦日大との延長16回の熱戦を制し、 準々決勝では、 鹿児島実と延長15回を戦い、 定岡 正二(元巨人)を擁する強豪に屈しますが、 その劇的な戦いで注目を浴びました。 横浜が甲子園屈指の強豪に 1980年代に入ると 横浜が神奈川の高校野球の盟主へ。 横浜は 第45回大会で初出場すると3勝をあげベスト4へ進出。 1978年の第60回大会で 1年生エース・ 愛甲 猛を擁して15年ぶり2回目の出場をはたすと 愛甲が3年生となった第62回大会では見事に優勝します。 その後、出場回数を重ねた 横浜は 8回目の出場となったで 松坂 大輔を大黒柱に他の追随を許さない横綱相撲で勝ちあがり 準々決勝 9-7 PL学園(延長17回) 準決勝 7-6 明徳義塾(奇跡の大逆転劇) 決勝 3-0 京都成章(松坂、決勝戦ノーヒットノーラン) と劇的な試合の数々で伝説を創り2度目の優勝を果たします。 東海大相模、33年ぶり出場で決勝へ 原辰徳や津末英明(元日本ハム、巨人)など強力打線で甲子園を沸かせた東海大相模でしたが 第59回大会を最後に夏の甲子園から遠ざかります。 しかし、第92回大会に33年ぶりに出場すると、 一二三 慎太 投手の投打にわたる活躍で 決勝に進出。 興南に1-13と破れるも久しぶりの夏の甲子園を準優勝で飾りました。 桐光・松井裕樹が22奪三振の大会記録 桐光学園の2年生エース・ 松井 裕樹が甲子園のマウンドで躍動。 1回戦の 今治西 戦ではそれまでの最高奪三振記録19を更新する奪三振22を記録 鋭く曲がり落ちるスライダーに相手打者はキリキリ舞い。 東海大相模、45年ぶり2度目の夏の全国制覇 33年ぶりに夏の甲子園で復活を遂げた東海大相模は 翌年の春、センバツで優勝を飾ります。 そして、第97回大会では 小笠原 慎之介(中日)の力投と決勝ホームランで 仙台育英を10-6と破り、45年ぶり2度目の優勝を飾りました。 Sponsered Link.

次の

2020年神奈川県高校野球 年間スケジュール

高校 野球 神奈川

神奈川県勢の夏の甲子園での記録 最高成績… 優勝 東海大相模(第52回、第97回大会) 横浜(第62回、第80回大会) 湘南(第31回大会) 法政二(第42回大会) 桐蔭学園(第53回大会) 通算成績… 194試合 123勝 71敗 勝率… 6割3分4厘 県勢 初出場 横浜商(第9回大会) 県勢 初勝利 横浜商 6-2 佐賀師範(第19回大会) 出場回数ベスト5校 1位… 横浜 17回 2位… 東海大相模 10回 3位… 法政二 9回 4位… 横浜商 7回 5位… 桐蔭学園 6回 勝利数ベスト5校 1位… 横浜 33勝 2位… 東海大相模 18勝 3位… 横浜商 15勝 4位… 法政二 14勝 5位… 桐蔭学園 12勝 Sponsered Link 戦前は目立った活躍はなかった 夏の甲子園で全国3位の7回の優勝を誇る神奈川の高校野球ですが、 戦前にはそれほどの成績は挙げていません。 甲子園に出場したのは、 横浜商、 神奈川商工、 浅野中(現:浅野高)の3校 通算で4勝6敗の成績でした。 湘南、初出場で初優勝の快挙 神奈川の高校野球が活気づく それまで、パッとしなかった神奈川県勢でしたが、 昭和24年の第31回大会で初出場をした 湘南が 一気に頂点まで駆け上がる快進撃を見せ、初出場で初優勝の快挙 「 湘南、無欲の優勝」と讃えれた優勝で 神奈川の高校野球は活気づきます。 法政二が台頭、「戦後最強の強さ」 優勝した湘南の次は 法政二が甲子園で活躍。 3度目の出場となった第39回大会からは5年連続で出場。 第39回大会で準優勝を飾ると 第42回大会ではエース・ 柴田 勲(元巨人)を始め超高校級の選手をそろえて甲子園で圧勝。 柴田らが残ったチームは翌年の春のセンバツも制し、 その洗練された野球は、「 戦後最強チーム」と評されます。 史上初の3季連続優勝がかかった第43回大会では準決勝で 浪商と対戦。 3シーズンにわたって展開され「 宿命の対決」と呼ばれた浪商との戦いは劇的な試合に。 法政二は2-0とリードしている9回2死から同点に追いつかれ延長で2-4と惜敗。 2年連続で県勢が甲子園を制覇 昭和45年、46年と神奈川県勢が2年連続で甲子園を制覇 の 東海大相模は2度目の出場で甲子園初勝利を挙げると、 毎試合、接戦を勝ち抜いて決勝へ進出。 決勝ではPL学園を10-6と打ち勝ち優勝。 原貢監督は5年前の三池工が優勝した時の監督。 続くでは創部6年目の 桐蔭学園が初出場。 初戦で東邦を2-0と破ると、アンダースロー・大塚投手の力投で決勝へ。 決勝では無失点記録を続ける磐城の田村から 7回に奪った虎の子の1点を守り抜き1-0で完封勝利。 初出場・初優勝を飾りました。 原貢監督の息子・辰徳が甲子園のスターに 昭和40年に 三池工で甲子園初優勝し、5年後には 東海大相模でも優勝。 昭和40年から50年台にかけての高校野球界でもっとも著名な存在だった東海大相模・ 原貢監督 その原監督の息子・辰徳が1年生で甲子園に登場。 その卓越したバッティングセンスと甘いマスクで甲子園のスターに。 第56回大会は、1回戦で剛腕・ 工藤 一彦(元阪神)の 土浦日大との延長16回の熱戦を制し、 準々決勝では、 鹿児島実と延長15回を戦い、 定岡 正二(元巨人)を擁する強豪に屈しますが、 その劇的な戦いで注目を浴びました。 横浜が甲子園屈指の強豪に 1980年代に入ると 横浜が神奈川の高校野球の盟主へ。 横浜は 第45回大会で初出場すると3勝をあげベスト4へ進出。 1978年の第60回大会で 1年生エース・ 愛甲 猛を擁して15年ぶり2回目の出場をはたすと 愛甲が3年生となった第62回大会では見事に優勝します。 その後、出場回数を重ねた 横浜は 8回目の出場となったで 松坂 大輔を大黒柱に他の追随を許さない横綱相撲で勝ちあがり 準々決勝 9-7 PL学園(延長17回) 準決勝 7-6 明徳義塾(奇跡の大逆転劇) 決勝 3-0 京都成章(松坂、決勝戦ノーヒットノーラン) と劇的な試合の数々で伝説を創り2度目の優勝を果たします。 東海大相模、33年ぶり出場で決勝へ 原辰徳や津末英明(元日本ハム、巨人)など強力打線で甲子園を沸かせた東海大相模でしたが 第59回大会を最後に夏の甲子園から遠ざかります。 しかし、第92回大会に33年ぶりに出場すると、 一二三 慎太 投手の投打にわたる活躍で 決勝に進出。 興南に1-13と破れるも久しぶりの夏の甲子園を準優勝で飾りました。 桐光・松井裕樹が22奪三振の大会記録 桐光学園の2年生エース・ 松井 裕樹が甲子園のマウンドで躍動。 1回戦の 今治西 戦ではそれまでの最高奪三振記録19を更新する奪三振22を記録 鋭く曲がり落ちるスライダーに相手打者はキリキリ舞い。 東海大相模、45年ぶり2度目の夏の全国制覇 33年ぶりに夏の甲子園で復活を遂げた東海大相模は 翌年の春、センバツで優勝を飾ります。 そして、第97回大会では 小笠原 慎之介(中日)の力投と決勝ホームランで 仙台育英を10-6と破り、45年ぶり2度目の優勝を飾りました。 Sponsered Link.

次の

「高校野球」神奈川県で甲子園へ出場したいなら、この強豪3校へ進学しなさい!そのおすすめ理由も解説

高校 野球 神奈川

沿革 [ ] 神奈川県勢はのから地方予選に参加。 1947年のまでは神奈川大会の上位校が2次予選へ進出し、全国大会への出場校を決めていた。 年度 参加県 1916年(第2回) - 1917年(第3回) 茨城・東京・神奈川 1918年(第4回) - 1922年(第8回) 東京・神奈川 神静大会 1923年(第9回) - 1930年(第16回) 神奈川・静岡 甲神静大会 1931年(第17回) - 1935年(第21回) 神奈川・山梨・静岡 南関東大会 1936年(第22回) - 1947年(第29回) 埼玉・千葉・神奈川 概要 [ ] 長年にわたり参加校数が全国最多を誇っていたこの大会は、を主会場に、県内12球場で行われる。 過去の最多参加校数はの207校。 、の188校に対して神奈川大会の参加校数が2校下回り、全国最激戦区の座を29年ぶりに明け渡した。 - は再び全国最多となったが、 - 現在は愛知大会の189校を1校下回った(参加校数はいずれも日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント)。 なお、神奈川県の高校野球公式戦では、照明灯が点灯されとなった時のほか、外野スタンドを開放した際にもを配置し審判6人制で試合を行うことになっている。 試合終了後の校歌演奏は勝利校が演奏する。 のは、第82回大会から現行スタイル(は第80回大会まで)。 第80回第81回大会は、シャツは現行の水色シャツだったが、スラックスは旧来の紺色スラックス。 第95回記念大会から、スラックスのみ全国に先駆けてチャコールグレーに変更。 記念大会における地区割り [ ] 一時は全国最多の参加200校越えであったことから、早期より地区分割による2代表制が強く望まれていたが、第80回大会より10年単位の記念大会については代表枠が2校となった 当初は単純に東西で分けたが、横浜・川崎地区に強豪校が集中する東西格差が問題視され、戦力均衡上、複雑な南北分割に変更された経緯がある。 第80回大会(1998年)• 東神奈川 - 、• 西神奈川 - 川崎市、横浜市以外の全市町村 第90回大会(2008年)・第100回大会(2018年)• 北神奈川 - 横浜市(鶴見区、神奈川区、港北区、都筑区、青葉区、緑区、旭区)、川崎市、相模原市、厚木市、愛甲郡、座間市、海老名市、大和市、綾瀬市、伊勢原市、秦野市• 南神奈川 - 横浜市(西区、中区、保土ヶ谷区、磯子区、金沢区、南区、港南区、戸塚区、栄区、泉区)、横須賀市、三浦市、鎌倉市、逗子市、三浦郡、藤沢市、茅ヶ崎市、高座郡、平塚市、中郡、小田原市、南足柄市、足柄上郡、足柄下郡 横浜市瀬谷区は第90回大会は 北神奈川、第100回大会は 南神奈川に地区割りされている。 使用球場 [ ] 原則として、1つの球場で一日に2試合ずつ開催される(第1試合は11時開始)。 雨天中止となった場合は、一部の球場で翌日の試合を3試合開催(第1試合は9時開始)として順延となった試合を翌日に消化し、極力日程の延期を避けるための工夫がなされる。 第1試合と第2試合のインターバルが他都道府県大会と比べて非常に長く、大会序盤では45分程度、準々決勝以降は1時間以上のインターバルがある。 現在 [ ]• (主会場・本拠地、は野球・ソフトボール会場のため使用せず)• (サーティーフォー保土ヶ谷球場、横浜スタジアムが出来るまでは主会場、1回戦2日目 - 5回戦最終日まで球場内に大会本部を設置)• (バッティングパレス相石スタジアムひらつか、横浜DeNAベイスターズ2軍準本拠地)• (サーティーフォー相模原球場)• (横浜DeNAベイスターズ2軍本拠地、第80回東神奈川大会では主会場)• (いせはらサンシャイン・スタジアム)• (中栄信金スタジアム秦野)• (俣野公園・横浜薬大スタジアム)(2008年より使用) 過去 [ ]• (1993年は雨天中止に伴う日程順延が相次いだ影響で、決勝戦の日に横浜スタジアムを使用出来なくなったため、川崎球場で決勝戦が行われた)• (1978年、跡地に横浜スタジアムが竣工する)• (2015年まで使用、球場建て替え工事が完了する2021年より使用再開予定) 歴代代表校 [ ] 年度 県勢参加 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会 関東大会 1916年() 2校 慶應普通部(東京) 13-9 早稲田実 - 1917年() 2校 慶應普通部(東京) 2-0 横浜商 - 京浜大会 1918年() 3校 慶應普通部(東京) 4-1 横浜商 - 1919年() 4校 慶應普通部(東京) 6-4 早稲田実 - 1920年() 4校 慶應普通部(東京) 9-6 横浜商 - 1921年() 4校 慶應普通部(東京) 2-0 東高師付中 - 1922年() 2校 早稲田実(東京) 6-0 横浜貿易 - 神静大会 1923年() 5校 (初出場) 8-3 静岡中 1回戦 1924年() 4校 静岡中(静岡) 12-0 神奈川商工 - 1925年() 7校 静岡中(静岡) 3-0 14-3 横浜商 - 1926年() 8校 静岡中(静岡) 12-4 19-1 神奈川一中 - 1927年() 9校 静岡中(静岡) 8-4 3-2 神奈川一中 - 1928年() 9校 (初出場) 6-1 5-4 静岡中 1回戦 1929年() 9校 静岡中(静岡) 7-1 12-4 横浜商 - 1930年() 9校 静岡中(静岡) 6-0 11-2 神奈川商工 - 甲神静大会 1931年() 12校 神奈川商工(3年ぶり2回目) 2x-1 静岡中 2回戦(初戦) 1932年() 17校 静岡中(静岡) 6-0 島田商 - 1933年() 18校 横浜商(10年ぶり2回目) 4-1 浅野中 ベスト8 1934年() 19校 島田商(静岡) 18-0 静岡商 - 1935年() 18校 甲府中(山梨) 5-4 神奈川工 - 南関東大会 1936年() 19校 千葉中(千葉) 4x-3 横浜商 - 1937年() 19校 (初出場) 11-0 神奈川商工 2回戦 1938年() 19校 浅野中(2年連続2回目) 1x-0 関東中 ベスト8 1939年() 19校 千葉商(千葉) 4-3 関東中 - 1940年() 21校 千葉商(千葉) 3-0 大宮工 - 1941年() 19校 横浜商(出場なし) 5-3 神奈川商工 (中止) 1946年() 27校 成田中(千葉) 5-4 横浜商 - 1947年() 41校 成田中(千葉) 7-0 川崎中 - 神奈川大会 1948年() 41校 浅野(10年ぶり3回目) 3-1 1回戦 1949年() 41校 (初出場) 3-1 神奈川商工 優勝 1950年() 47校 神奈川商工(19年ぶり3回目) 1-0 希望ヶ丘 2回戦 1951年() 49校 (初出場) 7-0 1回戦 1952年() 49校 (初出場) 8-0 湘南 1回戦 1953年() 51校 (4年ぶり14回目) 8-4 法政二 2回戦 1954年() 51校 (初出場) 3-1 2回戦 1955年() 53校 法政二(3年ぶり2回目) 1-0 1回戦 1956年() 52校 慶應義塾(3年ぶり15回目) 3x-2 神奈川商工 2回戦(初戦) 1957年() 53校 法政二(2年ぶり3回目) 2-0 神奈川商工 準優勝 1958年() 53校 法政二(2年連続4回目) 9-0 神奈川商工 2回戦 1959年() 54校 法政二(3年連続5回目) 4-0 慶應義塾 1回戦 1960年() 54校 法政二(4年連続6回目) 6-2 慶應義塾 優勝 1961年() 53校 法政二(5年連続7回目) 8-1 武相 ベスト4 1962年() 56校 慶應義塾(6年ぶり16回目) 8-3 鎌倉学園 2回戦 1963年() 58校 (初出場) 5-3 慶應義塾 ベスト4 1964年() 62校 (初出場) 5-3 鎌倉学園 1回戦 1965年() 68校 武相(2年連続2回目) 4-0 日大 2回戦 1966年() 71校 (初出場) 1-0 武相 ベスト8 1967年() 74校 武相(2年ぶり3回目) 1x-0 日大 2回戦 1968年() 74校 武相(2年連続4回目) 6-0 鎌倉学園 2回戦(初戦) 1969年() 75校 (初出場) 2-0 横浜 1回戦 1970年() 77校 東海大相模(2年連続2回目) 12-5 横浜一商 優勝 1971年() 79校 (初出場) 8-1 武相 優勝 1972年() 78校 東海大相模(2年ぶり3回目) 5-0 1回戦 1973年() 78校 (初出場) 6-2 桐蔭学園 2回戦 1974年() 81校 東海大相模(2年ぶり4回目) 4-1 横浜 ベスト8 1975年() 88校 東海大相模(2年連続5回目) 6-0 日大藤沢 ベスト8 1976年() 95校 東海大相模(3年連続6回目) 19-0 2回戦 1977年() 104校 東海大相模(4年連続7回目) 1x-0 横浜商 1回戦 1978年() 115校 横浜(15年ぶり2回目) 5-3 横浜商 3回戦 1979年() 125校 横浜商(46年ぶり3回目) 3-1 横浜 ベスト4 1980年() 134校 横浜(2年ぶり3回目) 2-0 桐蔭学園 優勝 1981年() 141校 横浜(2年連続4回目) 9-3 東海大相模 2回戦 1982年() 156校 法政二(21年ぶり8回目) 3-0 日大 3回戦 1983年() 162校 横浜商(4年ぶり4回目) 3-1 横浜 準優勝 1984年() 177校 桐蔭学園(13年ぶり2回目) 9-6 向上 3回戦 1985年() 188校 (初出場) 9-3 横浜 1回戦 1986年() 192校 横浜商(3年ぶり5回目) 11-7 横浜 1回戦 1987年() 198校 横浜商(2年連続6回目) 4-2 東海大相模 3回戦 1988年() 202校 法政二(6年ぶり9回目) 9-1 鎌倉学園 1回戦 1989年() 202校 横浜(8年ぶり5回目) 7x-6 日大藤沢 2回戦(初戦) 1990年() 201校 横浜商(3年ぶり7回目) 3-1 ベスト8 1991年() 202校 桐蔭学園(7年ぶり3回目) 11-7 横浜 3回戦 1992年() 202校 桐蔭学園(2年連続4回目) 10-8 横浜 1回戦 1993年() 204校 横浜商大(27年ぶり2回目) 2-1 横浜 3回戦 1994年() 205校 横浜(5年ぶり6回目) 7-2 日大藤沢 1回戦 1995年() 205校 (初出場) 4-2 慶應義塾 3回戦 1996年() 204校 横浜(2年ぶり7回目) 7-3 日大藤沢 3回戦 1997年() 204校 桐蔭学園(5年ぶり5回目) 5-3 横浜商 2回戦 1998年() 東97校 横浜(2年ぶり8回目) 14-3 桐光学園 優勝 西107校 (初出場) 10-2 東海大相模 2回戦 1999年() 205校 桐蔭学園(2年ぶり6回目) 16-3 ベスト8 2000年() 207校 横浜(2年ぶり9回目) 5-3 桐光学園 ベスト8 2001年() 205校 横浜(2年連続10回目) 10-7 桐光学園 ベスト4 2002年() 205校 (初出場) 2-0 東海大相模 3回戦 2003年() 198校 横浜商大(10年ぶり3回目) 7-2 横浜 1回戦 2004年() 195校 横浜(3年ぶり11回目) 12-0 神奈川工 ベスト8 2005年() 195校 桐光学園(3年ぶり2回目) 11-5 慶應義塾 3回戦 2006年() 196校 横浜(2年ぶり12回目) 15-7 東海大相模 1回戦 2007年() 194校 桐光学園(2年ぶり3回目) 10-8 東海大相模 2回戦(初戦) 2008年() 北99校 慶應義塾(46年ぶり17回目) 9-6 東海大相模 ベスト8 南92校 横浜(2年ぶり13回目) 8-2 ベスト4 2009年() 189校 (初出場) 6x-5 桐蔭学園 2回戦 2010年() 186校 東海大相模(33年ぶり8回目) 9-3 横浜 準優勝 2011年() 186校 横浜(3年ぶり14回目) 2x-1 桐光学園 3回戦 2012年() 190校 桐光学園(5年ぶり4回目) 11-4 桐蔭学園 ベスト8 2013年() 190校 横浜(2年ぶり15回目) 3-0 平塚学園 3回戦 2014年() 190校 東海大相模(4年ぶり9回目) 13-0 向上 2回戦(初戦) 2015年() 186校 東海大相模(2年連続10回目) 9-0 横浜 優勝 2016年() 188校 横浜(3年ぶり16回目) 9-3 慶應義塾 2回戦 2017年() 189校 横浜(2年連続17回目) 9-3 東海大相模 1回戦 2018年() 北94校 慶應義塾(10年ぶり18回目) 7-5 桐光学園 2回戦 南92校 横浜(3年連続18回目) 7-3 鎌倉学園 3回戦 2019年() 181校 東海大相模(4年ぶり11回目) 24-1 日大藤沢 3回戦 2020年() 中止• 1925 - 1930年は3回戦制• 1941年は県予選のみ実施• 参加校数は日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント 最多得点記録 [ ]• 53-0 (第89回大会2回戦、横須賀スタジアム) 大会の中継放送 [ ] テレビ中継 [ ] (tvk、1972年から放送 )• 開会式・開幕試合(横浜スタジアム)、開催分および準々決勝以降の全試合が生中継される。 大会通算の個人成績は、準々決勝以降の試合で表示される。 試合終了後に、球場内に設けられた特設スタジオで勝利チームの選手(主に主将と勝利投手)にインタビューを行う。 試合開始まで時間に余裕がある時や、雨天等により試合が長時間中断された時は、放送時間の穴埋めとして、過去に行われた決勝のダイジェストを流す場合がある。 決勝戦ダイジェストは、1983年以降のものが5年分ずつセットで(Vol. 1が1983~1987年、Vol. 2が1988~1992年・・・といった具合)まとめられており、5年分が続けて放送される。 空き時間が長い時には、数セット分続けて放送されることもある。 また、前年の決勝戦は、他の年の決勝戦と同じセットにはまとめられておらず、単年分のみで放送される。 と、保土ヶ谷球場の改築工事中は、開催分を中継した。 2006年からは横浜スタジアムで、準々決勝を2試合ずつ2日に分けて行うようにした。 2005年まで、準々決勝は通常2球場(横浜スタジアムと保土ヶ谷球場)で2試合ずつ開催され、二元中継を行っていた。 1997年から2003年頃まで、5回戦での試合のうち、横浜、保土ヶ谷、相模原の三元中継と平塚球場の電光掲示板での試合経過を放送していた。 2010年からハイビジョン制作での中継となった。 2015年からはメインチャンネル(031チャンネル)の放送枠終了後もサブチャンネル(032チャンネル)で中継を継続する。 またワンセグ放送でも同様に「ワンセグ2」チャンネルで行う(最大延長、2試合日:19:00、3試合日:19:55) 、(2018年時点での最大延長、平日:20:00、土日:18:00)。 決勝戦においては、横浜スタジアムのスコアボード(映像表示装置)で、tvkの素材を使った中継映像およびリプレイが随時映される。 2012年まで、決勝戦(tvk制作分)が後日録画放送されていた。 総合テレビの関東ブロックで決勝戦を中継する。 (番組編成の事情により関東ローカルのEテレに変更して中継する場合もあり ) かながわCATV情熱プロジェクト(県内CATV共同制作、2013年から)• 平塚球場で行われる1回戦から5回戦の全試合を生中継。 (2015年から、2013・2014年は3回戦から5回戦の全試合を生中継)当日夜にはダイジェスト放送を行う(2013年、3回戦から決勝まで。 2014年以降、1回戦からに拡大)。 2014年はのみ1・2回戦も生中継。 ラジオ中継 [ ] (FM)で準決勝と決勝戦 、で決勝戦(2008年南神奈川大会を除く)の模様を生中継している。 註 [ ]• 他に埼玉、千葉、愛知、大阪、兵庫が2代表制となる。 戦後、に伴い校名変更。 1949年度に神奈川県内に移転• 1975年度に横浜第一商業高等学校から改称。 文化通信. com 2015年7月4日• tvkニュースリリース 2015年6月23日• 首都圏関東版 2016 No. 29 7・22号• ザテレビジョン首都圏関東版 2018 No. 28 - No. 但し、川崎競馬場の開催と重複した場合は19:00までの放送。 NHKネットクラブ番組表2017年7月29日• NHKネットクラブ番組表 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の