アマゾンプライムミュージック 車で聞く。 【Amazonプライムミュージック】料金や聴ける曲、音質、解約方法などまとめ

Amazon Prime Musicとは?料金、できること、使い方の徹底ガイド

アマゾンプライムミュージック 車で聞く

ドライブのときに音楽を聞いている方は多いと思います! しかし、「自分が持っているCDは何度も聞いて飽きてきたし、ラジオもねぇ」という方におすすめなのが、 Amazonのプライムミュージックというサービス。 Amazonのプライム会員であれば、 追加料金なしで音楽が聞き放題なんですよ。 以前記事にもしましたが、私もかなーり使っています。 >> 私は家事などをしながら聞いていますが、なんと 車の中でも聞くことができるんです!! すごい時代になりましたねー。 何か難しい設定などは必要ありません。 すぐに聞くことができましたよ。 amazonプライムミュージックを車で簡単に聞く方法をお伝えしますね! Sponsored Link 車でAmazonプライムミュージックを聴く方法! 車の中でAmazonプライムミュージックを聴く方法は、簡単に言うと 携帯やipadなどのタブレットに Amazonプライムミュージックのアプリをダウンロードして、 オフラインで音楽を聞く だけなんですよ! 簡単ですが、手順をご紹介しますね。 iphoneをお持ちの方はiTuneで、私はAndroid携帯なのでGoogle Playで検索してダウンロードしました。 自分が好きな曲を選んで、 右上に黒丸が3つ縦にならんだボタンが有るので、そこをクリックすると、下記の画面が出てきます。 オフラインで聞きたい場合はダウンロードボタンを押します。 ちなみに 我が家は家に無線LANがあるので、「ライブラリに追加」にしてクラウド状態で聞いています。 そうすると、 端末に保存するかもしくは SDカードに保存するか聞かれますので、お好きなものを選んでください。 私がダウンロードするときはいつもSDカードにしています。 (きっといつかSDカードがいっぱいになるんだろうなぁ) Amazonミュージックアプリにアクセスするのが簡単なんです 私の携帯では、どういう設定をしたのか不明ですが、常にAmazonプライムミュージックにアクセスできるようになっています。 すみません。 私はAUXモードを使って、車の中で聞いています。 カーステレオに差し込み口があると思いますので、そこにAUX端子用ケーブルを差し込みます。 超簡単です。 Sponsored Link 音楽を聞くと、携帯電話の電源がすぐになくなりそう。。。 携帯電話で音楽を聞くと、携帯の電源がすぐ無くなりそう。。 と私は思っていました。 出先だとすぐに充電できないこともありますし。 車で充電できるケーブルを持っていればいいのですが、いつも我が家は運転中は主人が携帯を充電しているのでなかなかすぐには充電できません。 しかし、この Amazonミュージックは充電の消費がゆるやかですよ〜。 前回使用したときには、 1時間使用で100%から80%に減ったぐらいでした。 私はこれは許容できる範囲だと思います。 しかし、ロングドライブだと車で使用できる充電ケーブルが必要だと思います。 まとめ Amazonプライムミュージックは、とてもすぐれたサービスだと思います。 ヒーリングミュージックから今流行りのEDMまで、何でも聞くことができますよ。 ヨガミュージックもありました笑。 他社でもいろいろな音楽聞き放題サービスはありますが、Amazonプライム会員に入っているのであれば、追加料金なしで利用することができるので、ひじょうにおススメです。

次の

家でも車でも!Amazonミュージックが異様に使えるので感動しすぎて。

アマゾンプライムミュージック 車で聞く

Amazonプライムミュージック最高!でも、注意しないといけない事もあります 本日から開始されたAmazonプライムミュージックですが、本当に便利だと感じています。 まだ数時間しか利用していませんが、かなり充実したラインアップになっています。 個人的には洋楽が多いのが嬉しいです。 一方、開始したばかりのサービスなので、利用する上で注意したほうが良い要素をまとめたサイトが少ないです。 なので、Amazonの利用規約などからいくつか気になる点をまとめてみました。 利用可能端末について これはそれ程、ユーザの制約にならないと思います。 現時点でAmazonが公式に発表している、利用可能なデバイスは以下の通りです。 ブラウザがインストールされているパソコン• Kindle Fireタブレット• Android端末• 例えば、私はiPod Touch第6世代を持っていますが、実際にこのデバイスで問題なくプライムミュージックを視聴できています。 最大ストリーミング可能端末数は1台のみ この辺から、多少話がややこしくなってきます。 ここでのストリーミングとは、デバイスそのものには音楽ファイルをダウンロードせずに、オンライン(ネットがつながる環境でリアルタイムに)音楽を楽しむ場合を指します。 Amazonの公式サイトによると、同時にストリーミングが可能な端末は「1台」です。 既に端末でPrime Musicをストリーミング再生しているときに、別の端末でPrime Musicのストリーミング再生を開始すると、元の端末の代わりに新しい端末でのストリーミング再生を続行するかどうかを確認する通知が表示されます。 実際に試してみました。 まず、自宅のWi-Fi環境で、あらかじめAppleミュージックアプリを導入したiPod Touchでミュージックをストリーミング再生しました。 で、その後にiPad Proにアプリを入れ、同じIDでログインし、別のミュージックをストリーミング再生したところ「Prime MusicはXXXX(氏名 の2nd iOS Device MP3 でストリーミング再生されています。 ストリーミング再生をこの端末に切り替えますか? 」という旨のメッセージが表示されました。 メッセージに「続ける」と答えたところ、iPod Touch側のミュージック再生が自動的に停止し、iPad Pro側のミュージックが再生されることが確認できました。 この動作ですが、例えば初めのデバイスで再生しているミュージックを一時停止しても同様になるようです。 つまり、iPod Touch側で再生している音楽を一時停止します。 そして、iPad Pro側で音楽を再生しようとしても同じメッセージが表示されました。 音楽の再生を選択した時点でアカウント上の何らかのフラグがロックされる仕組みだと考えられます。 まぁ、通常は同時に利用する事なんてないと思うので、それ程制約にはならないと思いますが、例えば家族で利用している時などは注意が必要ですね。 同時ダウンロード可能端末は最大で4台 Amazonプライムミュージックは、事前にネットがつながる環境でデバイスにダウンロードして、地下鉄などのネットがつながらない環境(オフライン環境)でも音楽を聴くことが出来ます!これは、単純なストリーミングサービスだと出来ない事です。 ただ、同時にダウンロードが可能な端末は最大で4台という制限があります。 家に複数のデバイスを持っていて、用途によって持ち運ぶデバイスを分けている方は留意しておいたほうが良いでしょう。 (4台くらいは最近の家庭に普通にあると思うので) ちなみに、5台めのデバイスでダウンロードを試みようとしたら、別の端末でダウンロードを無効化するように指示するメッセージが表示されます。 音楽ファイルのコピーは許されていない これは当たり前ですね。 (アプリの設定画面から確認できます) しかし、Amazonミュージックアプリはファイルのエキスポートの機能を備えていません。 ダウンロードした音楽ファイルをファイルマネージャなどでリスト表示することもできません。 結果的に、DropBoxなどの外部ストレージとも連携できないので、ファイルのコピーは不可能です。 Androidなど、Appleデバイス以外のOS対応アプリについては、ファイルをSDカードに保存できるデバイスもあるようですが、著作権の視点では、仮にコピーできても実施し内容がいいでしょう。 ダウンロード容量には気を付けた方がよさそう HuluやNetflixなどの動画配信サービスを利用している方は何度か痛い目にあってるのではないでしょうか(笑) 動画程ではありませんが、やはり音楽ファイルもかなりの容量です。 Amazonプライムミュージックの音楽ファイルは、基本的に256kbpsの可変ビットレートMP3ファイルのようです。 という事は、1ファイル3分くらいだったら5MB程度ですね。 調子に乗って100曲とかダウンロードすると、それだけで500MBになります。 最近のデバイスはストレージがかなり大きくなっているので、デバイスにダウンロードをすることによる容量不足はそれほど意識する必要はないでしょう。 気にしなければいけないのは、むしろネットワーク帯域です。 参考までに、1曲のファイルが5MBとした時の、複数ファイルをダウンロードしたケースの目安を考えてみました。 1曲 5MB 10曲 50MB 100曲 500MB 500曲 2. 5GB 1000曲 5GB こうやって見ると、1000曲なんて普通はダウンロードしないよ!と思われるかもしれません。 でも、実際にダウンロードするケースを考えてみると、1曲ずつではなくアルバム単位でダウンロードするケースがかなり多いはずです。 1つのアルバムに平均で15曲として再度計算してみます。 1アルバム 75MB 10アルバム 750MB 50アルバム 3. 75 100アルバム 7. 5GB 個人的には、サービス開始から数日間は、色んな音楽を再生するのが楽しすぎて、1日に50アルバムとか普通にダウンロードしそうです。 殆どのキャリアが7GB制限などの帯域制限をしているはずです。 全ての通信をキャリア回線でやってしまっていたら、2日で帯域制限がかけられてしまう計算になりますね・・・これだけは避けないと・・・ 実際にはプライムミュージックの通信以外も行っているはずなので(Safariのブラウジングやメールの受信など)、プライムミュージックに使用できる通信量は純粋に7GB全てではありませんので、さらに気を付ける必要がありますね。 複数のアルバムを一括でダウンロードしたいときは、基本的にwi-fi環境がある場所でサクッと行った方が良いでしょう。 まとめ 以上、Amazonプライムミュージックの規約などを読んでみて、特に気を付けた方がいい個所をピックアップしてみました。 原則完全無料なので、金額的に問題が出る注意点はほとんどなく、主に利用するシーンで気を付けた方がいい内容が大半です。 もちろん、大前提として、聞いてみたいコンテンツ(音楽)があるかの事前確認は必要です。 無料お試しキャンペーンは急に終了する可能性もあるので、早めに登録する事をオススメします。 無料期間がなくなった後だと、コストがかさんでしまうので・・ Amazon Prime Musicのお陰で、今日は何を聞こうかな!って毎日の楽しみが増えそうです!(Apple Musicには加入しないでもいいかなって思い始めてきました笑) 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• アーカイブ•

次の

【無料で聴ける】プライムミュージックを利用すべき7つの機能やサービス!

アマゾンプライムミュージック 車で聞く

な・・・、なつかすぅいーー!! と、心を鷲掴みにされることもしばしば・・・。 だって・・・、突然、 「く〜だらねぇと〜」とか聴こえたら・・・ね? ちなみに、画面下の 「グッドボタン」と 「バッドボタンを」を押すと、ラジオがそれを考慮してくれるんです。 「グッド」だと、似たような曲を再生してくれるようになります! イイネと思ったらグッドボタン! 逆に、「バッド」だと今後再生されることはありません。 これはないわ・・・と思ったらバッドボタン! 流し聴きに最適! 何か作業をしている時なんかに、流し聴きするのが最高です! 仕事中や料理中、洗車をしている時や、ブログを書いている時など。 そう、この記事を書きながら、 今もガッツリ聴いてるんです! そんな中、もし心を鷲掴みにされる曲に出会ったら、聴き流すんじゃなくて、いつでも聴きたい… って思いますよね? マイミュージックに追加しよう! なにがいいって・・・、マイミュージックに追加しておけば、後からまた聴きたいと思った時に直ぐ探せるんです。 では早速追加! というわけで、 右上のアイコンをタップしてみると、メニューが出てきます。 以下の3つが、マイミュージックに追加する方法です。 自分の「お気に入り名簿」に曲のタイトルを書き加えたものと思って下さい ダウンロード そのままズバリ、曲をダウンロードします。 つまり、マイミュージックへの追加を、名簿にタイトルを書き加えるだけではなくて、曲自身も自分の端末にダウンロードするのです。 なので、 当然その分、端末の容量を食います。 まぁ、そうは言ってもですね、 私の使い方だと微々たるもんです。 現状、80曲ほどダウンロードしてますが、 1GBいってないですからね。 ツイッターや写真の方が、よっぽと容量食ってます・・・。 使い方にも寄りますが・・・、 今回の目的である「車で聴くこと」を考えると、お気に入り曲はダウンロードしておくことがオススメです! プレイリストに追加 これは、ジャンルごとにフォルダ管理ができるイメージです。 例えば、自分で「バラード」や「ロック」などのプレイリストを作成して、そこに追加することができます。 私は、ジャンル関係なくランダムで聴くのが好きなので、コレは使用してません。 気になるアーティストの曲をぶっこめ! プライムラジオから気になる曲をマイミュージックに追加したら、そのアーティストの他の曲も気になりますよね? そんな時はまた、メニューからアーティストを選んでみよう! そしたら、 「AMAZON MUSIC」ってのを選びます。 すると・・・、なんということでしょう。 アーティストの曲一覧が出るではありませんか! こうやって、気になる曲を、マイミュージックへ ドンドン ぶっこんでいきましょう! 車の中でも、どんとこい アマゾンミュージック …というわけで、そんな神ツールの 「アマゾンミュージック」 車の中でも聴きたいと思いませんか? 大丈夫、聴けますよ! カーナビに Bluetoothが付いてればね! Bluetoothが付いていれば 今、愛車に装着されているカーナビは、ケンウッドの 「MDV-737DT」になります。 2012年モデルなので・・・、もう5年前のタイプです。 そして持ってるスマホは 「iPhone7」 メーカーホームページ上でも適合確認はとれていませんが、ペアリングも出来て、ハンズフリー通話もできるので、 まぁ・・・、再生はできるだろ… ぐらいには思ってたんですよ。 事前に… カーナビを確認してみよう! というわけで、アマゾンミュージックを車で聴くために、確認しておかなければならないことをまとめてみます! 1.bluetoothの有無 まずは、今装着されているカーナビに、 bluetoothが装備されているか確認しましょう。 装備されていない場合は、無線で聴くことはできませんが、カーナビにAUX入力があればアナログ接続で聴ける場合もあります。 但し、この場合カーナビで曲名が出たり、カーナビ側での操作はできないので、スマホ側で操作することになります。 2.プロファイルの確認 前述の通り、Bluetoothに対応しててもオーディオ再生に対応していない機種も、一部あります。 Bluetoothには、プロファイルと呼ばれる項目毎に分かれていて、オーディオ再生や操作ができるかは、プロファイル次第です。 試しに、私が利用している 「MDV-737DT」のマニュアルを見てみると、以下のように書かれています。 Bluetoothの対応プロファイル 本機は、以下のプロファイルに対応しています。 ポイントは 「A2DP」と 「AVRCP」ですね。 つまり、MDV-737DTは、 「A2DP」に対応しているので、アマゾンミュージックを再生できるし、 「AVRCP」に対応しているので、操作ができたというわけです。 ナビとスマホの適合確認 念の為、カーナビメーカーのホームページ上で、スマホと適合しているか確認しましょう。 ・・・、と言ってみたものの、個人的にはそこまで厳密にしなくても良いかな、と。 実際に私が使用している環境も、適合未確認の状態だし。 ナビとスマホがBluetoothに対応してて、上記のプロファイルにも対応してれば大丈夫だと思いますけどね。 まぁ… できたらラッキー! ぐらいの ノリ ならいいんですけど、絶対使用したいなら、必ず事前にメーカーHPで確認してみてください。 車の中なら、できればオフラインで再生を これは完全にケースバイケースですが… 車の中でアマゾンミュージックを聴くなら、予め曲をダウンロードして、オフラインで聴くのが良いでしょうな。 そりゃあもう、車で聴くってことは、Wi-Fiじゃないってことですからね。 ちなみに私のスマホ契約は、5GBです 多いか少ないかは分かりませんが、あんまり使い切ることがないので、割と気にせずにプライムラジオも車の中で聴いてます。 データ量がカツカツで、 絶対にオフライン状態で聴きたい!って時は、以下のような設定をしておくと良いです。 左上の歯車アイコンをタップ。 「オフライン再生モード」をONにします。 (写真はONの状態) これを設定しておくと、マイミュージックを再生する場合に、ダウンロードした曲のみが対象になるので安心です。 なので、私のオススメは、 普段は Wi-Fi 環境でラジオを楽しみつつ、気に入った曲をダウンロードして、車で聴く場合はマイミュージックからオフライン曲を聴く という感じですね! 今回のまとめ: ありがとうアマゾン、ありがとう というわけで、アマゾンミュージックが最高です。 そして、Bluetooth を利用して、車で聴く内容をまとめてみました。

次の