コンクリート 事件 犯人 現在 2019。 女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人家族がストーカーに合ってるらしい

湊伸治の現在!殺人未遂で再逮捕?顔画像や家族は【コンクリ事件】

コンクリート 事件 犯人 現在 2019

路上トラブルで男性を刺す 日本経済新聞他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 路上でトラブルになった男性(32)を刺したなどとして、埼玉県警は20日までに同県川口市東内野、無職、湊伸治容疑者(45)を殺人未遂容疑で逮捕した。 「刺したことや、たたいたことは間違いないが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。 逮捕容疑は19日午後5時半ごろ、自宅近くの路上で、川口市内の会社員男性の右肩を金属製の警棒で殴ったうえ、ナイフで首を刺した疑い。 男性は軽傷。 県警武南署によると、2人に面識はなく、路上に止めた男性の車を巡ってトラブルになった可能性があるという 出典: 湊伸治容疑者について こちらが、逮捕された湊伸治容疑者のプロフィールです。 湊伸治容疑者は、容疑者グループの1人なの? デイリー身長が報じた記事によれば、この湊容疑者は女子高生コンクリート詰め殺人事件の容疑者グループの1人であるとのことです。 8月19日、埼玉県川口市の路上で、32歳の男性の肩を警棒で殴った上、首をナイフで刺したとして45歳の男が殺人未遂の疑いで緊急逮捕された。 「湊伸治」という名を聞いてピンとくる人は、多くはないだろう。 しかし、すでに一部のネット民の間では話題の男なのだ。 今から30年近く前になる。 彼こそ1989年、日本中を震撼させた、綾瀬「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の4人の犯行グループの1人なのだ。 出典: 男性を警棒で殴りナイフで刺した容疑、男を逮捕(TBS系(JNN)) — Yahoo! ニュース これこんな小さい記事になってるけど、1988年に起きた女子高生コンクリ殺人の元少年の再犯だ!湊伸治容疑者 45 こいつの生まれ1972年の12月年齢も一致してる。 まだこんな近くにいたとは。。 事件当日のチャートです。 事件の加害者と被害者の日数が揃うケースがしばしば見られます。 悪縁です。 — 時刻館 zikokukan なんと、あの日本中を震撼させた容疑者グループの一員が、今もなおのうのうと暮らしており、さらにはこうした殺人未遂を犯していたというのです。 このニュースはやはり恐怖を覚える人が多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 顔画像は? では、湊容疑者の顔画像などはあるのでしょうか? こちらが、湊容疑者の顔画像です。 出典:Twitter 女子高生コンクリート殺人事件の犯人の一人 湊 伸治:S47年12月16日生 平成19年の春まで福祉の仕事(トーカイ21)していた。 — ランプ館 rannpukann 湊伸治の今の顔やいろんな情報をどなたかリークしてほしいですね。 もちろん、この事件の他の犯人の情報もね。 みんなで共有した方がいいですよ! 我々には知る権利があります。 — 御意見番くまさんの熊五郎 kumagorou1974 こちらの画像は現在の画像ではなく、相当昔に撮影されたものとみて間違い無いでしょう。 残念ながら、現在の顔画像などに関する情報は入ってきておらず、また、特定するにも至りませんでしたので、こちらに関しては詳しい情報が入り次第、随時お伝えしていこうと思います。 スポンサーリンク 女子高生コンクリート詰め殺人事件とは? では、「女子高生コンクリート詰め殺人事件」とは一体どのような事件だったのでしょうか? 女子高生コンクリート詰め殺人事件とは、1988年11月25日夕方に埼玉県三郷市内の路上で事件当時17歳の被害に遭われた女子高生(古田順子さん)が不良少年グループに拉致され、およそ40日間もの間、グループのたまり場とされていた東京都足立区綾瀬の加害者宅に拉致・監禁・暴行・強姦をされ続け、1989年1月4日にこの当該グループから集団リンチを受けて死亡したという事件です。 さらに恐ろしいのが、この湊容疑者を含む容疑者グループは、古田さんの遺体をコンクリート詰めにしており、東京都江東区内の東京湾埋立地に遺棄をしたという点です。 1989年に被害者の遺体が発見されたことによって、この事件は捜査が開始されたのだと言いますが、40日間も被害者を監禁した理由につて警察に問われると、「警察に捕まるのが怖かったから」と供述をしており、それ以外に理由はないとしていました。 世間の反応も凄まじく、平成元年という平成が始まった年にかけて起こった事件でもありますので、非常にセンセーショナルな内容であるとして、連日連夜報道が繰り返されました。 我が国の少年法では、家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、第61条の規定により本人の類推に資する全ての情報を報道することを禁止しているのですが、週刊文春があまりの残忍な犯罪であるだけに「女子高生監禁・殺人の惨 彼らに少年法が必要か」と題して、実名報道をしており世間に大きな衝撃を与えたことでも知られています。 これに対して、少年グループらの弁護を担当していた日弁連の会長は「立ち直り援助という少年法の原則を無視した実名報道は極めて遺憾である。 また、マスコミは被害者の実名などを必要以上に報道しているが、死者の名誉、家族のプライバシーなども尊重されるべきだ」と強く反論をしております。 容疑者宅が東京都足立区綾瀬であったこともあったのですが、スマイリーキクチさんも東京都足立区北千住出身でありますので、そこら辺の情報が交錯して誤った情報が広がり、スマイリーキクチさんは容疑者であるという噂がネットに広がってしまったのです。 この誹謗中傷を書き込んだ犯人については、一斉摘発がされたのですが、中傷犯たちは実際のコンクリ事件とは何の関係もない人物ばかりで、互いの中傷犯同士や被害者のスマイリーキクチさんとも実生活で一切面識がなかったのだと言います。 このようなネットリンチなど、別の方面にも影響だ出ている女子高生コンクリート詰め事件ですが、当時の少年Cによる再犯という事もあって、世間では大きな波紋が広がっている事でしょう。 ・横山 裕史(旧姓は宮野) ・神作 譲(旧姓は小倉) ・湊 伸治 ・渡邊 恭史 現在は全員出所をしており、それぞれ「懲役5年以上9年以下の不定期刑」や、「懲役5年以上10年以下の不定期刑」などの刑が確定しており、横山裕史容疑者に関しては、振り込め詐欺の容疑で逮捕されているようです。 ちなみに、BMWを乗り回したりエルメスの時計をするなど、非常に身なりはよく、羽振りも凄まじいのだと言います。 父親:湊 靖人 母親:湊 ます子 兄:湊 恒治 父親の靖人さんは、共産党系の病院(鉄砲洲診療所)の薬剤師であったそうですが、この事件をきっかけに辞職を迫られております。 さらに、母親である湊ます子さんも同病院で看護師として勤務をしておりましたが、こちらも辞職を余儀無くされておりますし、兄は神作 譲容疑者と同級生であったという事です。 父親が辞職をした共産党系の薬局で薬剤師として働いているのではないかという情報もあり、現在は何をしているのかわかりません。 いずれにしても、世間を震撼させた事件の容疑者による再犯であるだけに、一層の波紋が広がることは間違いありません。

次の

足立区女子高生コンクリート詰め殺人事件、主犯格の再犯

コンクリート 事件 犯人 現在 2019

飯島愛さんとコンクリート事件の犯人が元彼ではないかという噂がある。 なぜそう言われるようになったのか、死因やコンクリート事件との関連性はあるのだろうか。 コンクリート事件の犯人の現在を探ってみた。 スポンサーリンク コンクリート事件とは コンクリート事件とは、 思い出すのも辛い女子高生が 犯人の一人の自宅に監禁されて めちゃくちゃにされた挙句にコンクリートに埋められた事件。 本当に残虐な事件すぎて事実を隠して報道したほどおぞましい凶悪事件。 1988年に東京都足立区綾瀬で起きた。 現在でもコンクリート事件については話題になることがある。 事件当時は犯人たちが全員未成年で実名も公表されず 無期懲役でも死刑でもなく、出所していることも関係していると思う。 それに事件当時、主犯格の4人以外にも事件に関連している仲間がいることが後々わかったという。 主犯格の4人はすでに出所しており、 普通に暮らしている。。 コンクリート事件の犯人が飯島愛の元彼? 飯島愛さんがコンクリート事件に関与しているのではないかということ、、 そもそもなぜこんなことがうわさになったかというと、 飯島愛さんが 犯人たちと同世代だったこと 事件があった東京都足立区綾瀬にほど近い場所に住んでいたこと 家出したり不良とつるんでいたこと こんなことでコンクリート事件と関連しているのではないかとうわさされたようです。 また、飯島愛さんが突然の引退発表をしたのが、2007年、 コンクリート事件の主犯格の犯人が出所が2008年だったようで 出所する前に引退したという説もあります。 ただ、どれも推測であって信憑性は全くありません。 飯島愛さん自身も以前ブログで否定したこと、 関与しているとうわさされていることを悩んでいた そうです、、 ただ近くに住んでいて、ちょっと不良だったというだけで 事件にからんでるとうわさされるのは悲しいですね。 近くに住んでいたというだけで事件にからんでいたと噂が上がった芸人さんもいましたね。 コンクリート事件の犯人が元彼なのか、、 という噂ですが、これも信憑性のない噂でしかありません。 飯島愛さんは亡くなられているので、 本当のことは証明できませんが、 いろんなうわさがうわさを呼んでできたデマだと思います。 飯島愛さんの性格からしても 不良は不良でも男女ともに選んでお付き合いしていたのではないかと個人的には思います。 コンクリート事件の犯人の現在は? コンクリート事件の犯人4人はあんな残虐な事件を起こしたにも関わらず、 少年法によって4人とも5〜10年で出所しています。 本当なら無期懲役、死刑は確実な犯罪だと思います。 少年法ってなんですかね、、大人になって犯罪を犯すよりもずっと罪な気がします。 コンクリート事件で女子高生が監禁され犯行を起こした現場である湊伸治の自宅。 その湊伸治が45歳になり 2018年8月19日に埼玉県川口市で殺人未遂事件を起こした事件は記憶に新しいですね。 駐車のトラブルで湊伸治が因縁をつけ、 警棒で殴った上、刃物で首の後ろを刺して重症を負わせたという。 特に揉める要素もないようなことで因縁をつける、 そして警棒や刃物を常に所持しているということ自体が怖い。。 ただでさえ、怖い事件なのに逮捕されて 30年前のコンクリート事件の犯人だということがわかり 再度コンクリート事件が注目されることにもなりましたね。 風化されてはいけない事件。 そして、少年法でこんな凶悪犯たちが5〜10年で出所する事実。 出所しても犯罪を繰り返す、他の3人も犯罪を犯す可能性は大ですよね。 まとめ 飯島愛さんとコンクリート事件の犯人の関係性はわかりませんでしたが、 元彼や関わったかということに関してはうわさにすぎないのではないかと個人的には思います。 コンクリート事件のことを知れば知るほど凶悪すぎて怒りを覚えます。 30年以上前の事件ではありますが、 被害にあった女子高生のご冥福を心よりお祈りいたします。 スポンサーリンク.

次の

女子高生コンクリート詰め殺人事件の全貌【史上最悪な殺人事件】

コンクリート 事件 犯人 現在 2019

事件の詳細 8月19日、埼玉県川口市の路上で、32歳の男性の肩を警棒で殴った上、首をナイフで刺したとして45歳の男が殺人未遂の疑いで緊急逮捕された。 逮捕された男は川口市の無職、湊伸治。 「18時5分に被害者の男性から警棒で殴られ、刃物で首を切りつけられたとの110番通報がありました。 男性は首の後ろから流血がありましたが、幸いなことに命に別状はありませんでした。 湊はその場におりませんでしたが、駐車トラブルの原因となった車両は残っていた。 ナンバーから自宅を割り出しに行くと、犯行を認めたため、19時50分に緊急逮捕しました。 湊は刺したことは間違いないが殺すつもりはなかったと言っています。 警棒は3段式の伸縮性で全長41センチ。 実際に警察が使用しているものとは少し異なり、いわゆる護身用として販売されているものだという。 刃物のほうは折りたたみ式で刃渡りは8センチ、広げたときの全長は19センチになるという。 湊伸治さんは。 兄弟は上に兄がおり、裕福な家庭で育ったものと思われます。 湊伸治容疑者は、父親から体罰を日常的に受けており、暴力とは隣り合わせの生活でした。 そのことから中学生になる頃には家庭内暴力を起こし、いわゆる不良少年になったしまったようです。 そんなとき、あの恐ろしい事件 「綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」を起こしてしまいます。 この事件後に父親と母親は世間から白い目で見られるようになり、二人共とも仕事を退職しています。 綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件とは? 当時16歳〜18歳の少年が見ず知らずの17歳の女子高生を拉致し40日間に渡り監禁した上、なぶり殺し、遺体をドラム缶に入れてコンクリートに固め、江東区の埋め立て地に遺棄したーー鬼畜としか思えぬ犯行でした。 しかも彼らが換金に及んだ部屋は、少年の両親が同居する実家の2階の自室。 その少年こそ、湊伸治(当時16歳)です。 両親は共産党の診療所に勤務し、父は診療所の経営する薬局の薬剤師、母は看護師でした。 2人とも共産党員であったため、警察への対応も筋金入りでした。 家宅捜索も弁護士の立ち会いの下で認めるという具合で、そのために捜査が遅れたと言われたほどでした。 しかし、よく調べてみるとどうやら出所してからは 運送業や福祉の仕事もしていたと言われています。 更には ムエタイ選手の過去もありました。 現在の職業はと言うと 「テキ屋」をしていたようです。 住んでいるアパートのベランダに屋台の「たこ焼き」や「大判焼き」の幕があったとの証言がありました。 あの事件を起こした犯人ですから定職に就くことは困難でしょうね・・・ 嫁や子供は? 湊伸治容疑者は結婚歴などはあるのでしょうか? ネットやSNSなどを駆使して調べてみたのですが、結婚歴などの情報はありませんでした。 恐らくずっと 独身かと思われます。 スポンサードリンク まとめ 湊伸治容疑者について調査しました。 約30年前の綾瀬女子高生コンクリート詰め事件で逮捕されたにもかかわらず、また犯罪に手を染めてしまったことをみると全く反省はしていないように感じてしまいます。 このような事件を起こした人物が、いくら少年だったとはいえ5〜6年で出所してしまう現在の法律に恐怖を感じますね。 少年法を見直すいいキッカケだと思います。 最後まで閲覧していただきありがとうございました。

次の