まな板 漂白。 【楽天市場】まな板 つけ置き容器 除菌・漂白用 スキット ( 浸け置き容器 つけ置き用 漬け置き用 キッチンツール 専用 漂白 除菌 殺菌 消毒 洗浄 便利グッズ ):リビングート 楽天市場店

木のまな板の洗い方|除菌・漂白は必要?プラスチックの手入れは?

まな板 漂白

【まな板の漂白のやり方】• 最初に台所用洗剤とスポンジを使って、まな板の表面に付着した汚れを落とします。 特にキズのある箇所はその向きに沿って、汚れを掻き出すつもりで洗いましょう。 また洗った後は、水で洗剤の成分をしっかりすすいでくださいね。 次に洗い桶に漂白剤と水を入れ、漂白剤を薄めた液を作ります。 漂白剤と水の分量は、お使いの漂白剤の注意書きに従ってください。 薄めた漂白剤を張った洗い桶に、まな板を浸します。 まな板が大きくて完全に浸せない場合は、浸せない部分にふきんやキッチンペーパーを巻き付け、その上から漂白剤を薄めた液をかけておきましょう。 まな板を浸して数分後、洗い桶から取り出して水で漂白剤の成分をしっかり洗い流します。 最後に風通しの良い日陰で乾燥させれば、手入れ完了です。 塩素系漂白剤を使用するため、漂白はマスクや手袋を着用して万全の状態で行うようにしましょう。 もちろん、使用する場所の換気も忘れずに! 【キッチン泡ハイター/amazon】• 業務用サイズの塩素系除菌漂白剤。 まな板だけでなく、排水口の除菌・消臭などにも使える。 【黒ずみも漂白剤で除去できる?】 他に木製のまな板を使っていて一番気になるのは、まな板の黒ずみでしょう。 この黒ずみの正体はカビなので、重曹を使って擦り落とすことができます。 また表面のカビ菌を退治したいなら、重曹をつけた後、酢を水で薄めたスプレーを吹き付けるのが効果的。 重曹と酢が反応して泡を発生させ、汚れ落としと除菌を同時に行うことができます。 最後に熱湯で洗い流してくださいね。 まな板を熱湯で除菌する方法も 「漂白剤が使えないまな板を使っている」「できれば漂白剤は使いたくない」という方は、熱湯を使うのも手です。 特に木製のまな板は漂白剤の成分が残ることで変色する可能性があるので、木製まな板を使用中の場合はこちらが安全かつお手軽。 最初にまな板をいつものように洗剤で洗った後、80~90度まで加熱したお湯をゆっくりと、まな板の両面にかけていくだけの方法です。 非常に高温のお湯を使うため、火傷には十分注意するようにしてくださいね。 ちなみにプラスチック製のまな板は熱に弱い素材のものもあるため、あくまで木製まな板用の方法として覚えておきましょう。 いかがでしたか? 毎日食材が触れるまな板は、出来る限りキレイにしておきたいもの。 ときどきは漂白剤を使って除菌し、まな板を清潔に保ちましょう。

次の

カビや黒ずみ汚れに!木製まな板のお手入れ方法と注意点

まな板 漂白

木のまな板は天然素材で湿気を含んだり出したりしているため、目に見えないレベルで膨らんだり縮んだりしています。 また、表面には小さな穴があいていたり、包丁が当たってできた小さな傷があったりして、プラスチックのまな板に比べると 細かい凸凹があるのが特徴です。 木のまな板は、その 凸凹にはいった汚れをかき出して洗いましょう。 木のまな板の洗い方|基本はタワシでこすり洗い 木のまな板を洗うときのポイントは、 洗剤は使わず、タワシだけで洗うことです。 凸凹した面の汚れをかき出すためにはスポンジなどのやわらかい素材ではなく、 固く細い毛で汚れをかき出せるタワシがおすすめなんです。 洗剤を使うと洗剤成分がまな板に入り込んでしまいます。 汚れや臭いが気になるときを除いては、洗剤を使わずに洗いましょう。 木のまな板の洗い方 木のまな板は手入れがおろそかになると、 黒ずんだりカビが発生したりします。 プラスチックに比べて不衛生になりやすい特徴があります。 木のまな板を清潔に保つために、 定期的に除菌してください。 除菌方法としては 熱湯消毒が一番簡単で、まな板の表面に5秒程度熱湯をかけてあげればOKです。 ただ、素材によっては熱でまな板が反り返ってしまうこともあります。 まな板が熱湯消毒に対応しているかあらかじめ確認しておくと安心です。 もし 黒ずみができてしまったときは、薄めた塩素系漂白剤が効果的ですが、まな板によっては変色するトラブルもあるので使用する際は十分に注意してください。 塩素系漂白剤を使わない場合は、黒ずみを直接紙やすりなどで削る方法もあります。 どちらの方法もまな板への負担が大きいので、黒ずみやカビが発生しないように普段からこまめに手入れをしてください。

次の

【ベテラン主婦推薦】本当におすすめのまな板はコレ!選び方〜お手入れ方法まで徹底解説|ベルメゾン 暮らしのコラム

まな板 漂白

まな板を漂白する場合はどのくらいの時間つけ置きすべきか 実家暮らしの時はまな板の汚れを漂白するなんてことを気にしなかった女性が結婚を機に料理をする回数が増え、まな板の汚れが気になるという女性がいます。 実家暮らしだった時にまな板の汚れなど気にしなかった理由は… それほど料理をしなかった・親が知らぬ間に漂白をして汚れを落としていたのどちらかでしょう。 まな板は新しいものであっても人参のオレンジ色やニラの緑色がまな板の傷の溝に入り込んでしまうものです。 何度洗っても色が染み付いてとれないことがあります。 それだけではなく古くなったまな板は黄ばみや黒ずみなども目立ってきてしまうのです。 特に生肉や生魚を調理した、そのままのまな板でサラダなどの野菜を切ることは衛生的にNGです。 まな板を衛生的に使うためには、漂白をする必要があります。 漂白に漬けておく時間は少なくても30分~1時間をつけておくと黄ばみが黒ずみ、野菜の色をが抜けて綺麗になります。 汚れが酷いまな板なら薄めた漂白に長時間浸け置きで まな板の漂白は基本的に、漂白をかけてそこにキッチンペーパーを貼り付けます。 このようにすることで、漂白剤の液垂れを防ぎ、漂白剤とまな板をより密接にすることができるからです。 しかし、汚れがひどい場合には水で薄めた漂白剤に長時間浸けておくと良いでしょう。 くれぐれも漂白剤原液に長時間浸けておくことはやめましょう。 漂白剤の成分が強すぎて、薬剤を全て洗い流すのが大変で時間がかかります。 まな板は食材と直接接しますので、漂白剤の分量を守って水と薄めてください。 漂白後のまな板をいくら洗い流すと言っても、口に入れる食材ですからそこは慎重になりたい部分ですね。 まな板がすっぽり入る容器がなければ、綺麗に洗ったあとのシンクに水を溜めて漂白するとシンクも漂白ささり綺麗にすることができます。 コップ類、プラスチックの容器、台拭きなどキッチンアイテムで漂白したいものは多くあるでしょう。 まな板と一緒にまとめて漂白するとキッチン掃除の効率が良いですね。 長時間まな板を漂白する場合の注意点 漂白剤を使用する時はいかなる場合も原液のまま使用することはしないでください。 必ず水に薄めて漂白剤のパッケージに適切な分量が表示されてありますのでその分量を守ってください。 漂白剤を素手で触ってしまったという方はわかるかもしれませんが、素肌につくとかなりのヌメリ、そしていかにも成分強めという強烈な臭いがし、洗い流しても肌が荒れてしまう方もいます。 素肌に当たらないようゴム手を使用することをオススメします。 まな板の掃除をより楽にできる漂白剤の泡スプレータイプがあります。 泡スプレータイプは薄められて作られています。 まな板に直接吹きかければ泡で汚れを包んでくれますのでとても便利だし素手にかかる心配も少なくなりますよ。 スプレータイプの漂白剤なら浸け置く時間も数分で良いことから忙しい主婦にはとても良いアイテムです。 ただし原液で購入するよりは量が入っておらず、値段も少々割高です。 自分にあったタイプを購入してまな板を綺麗に保ってくださいね。 また漂白剤を使用する時は、他の洗剤はいっさい使用してはいけません。 漂白剤は他の洗剤と混ざることで化学反応がおき有毒な物質を作り上げてしまうのです。 十分に気を付けて漂白剤を扱ってくださいね。 まな板は毎日漂白するか熱湯消毒するのが理想 まな板は特に生野菜や生魚を調理した時は毎日漂白する事がオススメです。 なぜなら生の肉や魚は食中毒になりやすい菌を持ち、使用後の臭いもきついです。 臭いがついたまな板で生野菜を切るのは抵抗がありませんか。 毎日漂白をオススメと言っても、汚れた物を綺麗にする漂白剤の成分は体にあまり良いものではありません。 あまり薬剤を使用したくないと言う方は熱湯消毒をすると良いですよ。 使用後のまな板を綺麗に消毒後、熱湯をまな板に回しかけて消毒していきます。 熱湯消毒でまな板を熱湯に浸け置きする方がいますが、熱湯消毒は温度が下がってお湯に何時間も浸けておくのは効果がありません。 まな板の熱湯消毒の場合は熱湯を回しかけるだけで十分です。 心配なようでしたら繰り返し何度か熱湯をかけて消毒効果を高めましょう。 この方法はあくまでも消毒や菌の除去をするということですので、食材の緑やオレンジなどの色の染み付きが漂白されるわけではありません。 まな板を毎日漂白することに抵抗のある方は日々の手入れは熱湯消毒で週1回漂白をかけるとまな板を綺麗に保つことができるでしょう。 まな板を熱湯消毒する時に気を付けなければいけないことがあります。 使用後のまな板にすぐに熱湯をかけないでください。 菌の温床につながってしまい、食中毒になりかねません。 必ず使用後、綺麗に洗ったまな板に熱湯消毒をしてくださいね。 まな板を漂白した時に手についた臭いが取れない場合の対処法 漂白剤が手にかかると、かなりヌルヌルしますよね。 ヌルヌルするのは塩素系漂白剤は成分の強いアルカリ性だからです。 重曹やセスキもアルカリ性なのでヌルヌルしても、それらよりも成分の強い塩素系漂白剤のヌルヌルにはかないません。 洗っても洗ってもヌルヌル感がすっきりしないですよね。 ヌルヌルをすっきりとる方法があります。 それはアルカリ性は酸性のものを使用すると中和し分解してくれるという法則があります。 どの家庭にも常備してあることが多い酸性の「酢」を使用します。 100ccの水に小さじ1杯の酢を混ぜて酢水を作ります。 その酢水の中に手を浸ければヌルヌルはすぐに取れます。 ヌルヌルがすぐ取れると言っても、このような手間は面倒ですよね。 塩素系漂白剤を使用する時はゴム手袋を掃くことをオススメします。 ヌルヌルがつくこともなく手荒れの心配もないですよ。 また漂白剤が服にかかってしまうと色落ちしてしまいますのでエプロンや汚れても良い服を着て漂白を扱ってください。 関連する記事• 2019. 29 一人暮らしのお部屋はキッチンもコンパクトで、収納にお困りの方は多いと思います。 キッチンには収納しなければいけないものがたくさんあり、収納場所が決まって[…]• 2019. 13 排水管が詰まった時は、すぐにでも掃除をして詰まりを解消しなくてはなりませんが、詰まり解消グッズのひとつ、ワイヤーブラシを使う時はタイミングが重要です。 […]• 2018. 11 ガスコンロの掃除って、億劫だし、厄介ですよね。 でも、放置するとどんどん汚れが溜まり、拭いただけでは汚れが取れないくらい、カピカピになってしまい[…]• 2019. 07 台所の詰まりが発生すると、どうやって直せばいいのか気ばかり焦ってしまう人の方が多いのではないでしょうか。 業者に依頼して直すことが一番簡単かもし[…].

次の