あさか あき え。 鬼怒川温泉 あさや

朝倉あき

あさか あき え

酒造り 岩手は、古くから南部杜氏の里として知られた酒どころ。 明治4年の創業より、日本酒『あさ開』は、米、水、技に恵まれたこの地で豊かな自然に磨かれ、愛すべき人々に育まれてきました。 そして、百三十有余年たった今も酒の里・岩手を代表するブランドとして地元で、全国で、海外で・・・と高い評価をいただいております。 ここでは、南部杜氏によって受け継がれた、あさ開の酒造りの様子をほんの少し紹介します。 杜氏あいさつ 2005年度 厚生労働大臣賞「現代の名工」 南部杜氏 藤尾正彦 南部杜氏の故郷として知られる岩手県紫波郡に生れ、18歳の時に親戚のつてを頼って千葉県の酒蔵に出稼ぎして以来、半世紀にわたって酒造りに携わる。 全国各地の蔵でその腕を磨き、1984年よりあさ開の杜氏に就任。 平成17年度に厚生労働省の「特定技能者表彰制度(現代の名工)」選出。 『酒造りは農業。 手間暇を惜しんではいけない。 』と語り『常に基本に忠実である事』がモットー。 酒づくりの基本は「1麹、2もと(酒母)、3造り(もろみ)」 米づくりをしながら、農閑期に酒蔵に出稼ぎに出るというのが、昔からの南部杜氏の姿でした。 私も、周囲の習慣に習って、 千葉の酒造会社に出稼ぎに出たのをきっかけに、半世紀近く酒造りを続けているわけですが、酒造りの基本は、人力であろうが、機械であろうが今も昔も変わり ません。 「1麹、2もと(酒母)、3造り(もろみ)」と言う言葉があって、酒造りを左右する大きな要素になっているんですが、最初の工程である麹づくりはもっとも 気の抜けない作業で、2昼夜が勝負。 温度、湿度などの環境によって変化を重ね、ひとときも休むことなく発酵の度合いを変えていきます。 たった2昼夜で全ての味に影響を与えてしまうなんて、酒はほんとうに生き物という言葉がピッタリです。 岩手の酒を岩手の米で。 基本となるのは原料の米もそうです。 酒造好適米の中で、兵庫県の「山田錦」にかなう米は無いんですが、収穫量も少なく、 岩手では以前は手に入れることは難しかったんです。 そこで岩手で酒に適した米を栽培しよう、と様々試験栽培した中で、長野が原産の「美山錦」を岩手で栽培 することに成功しました。 その後、岩手で開発した米、独自の酵母による酒が出来ないかと、研究を重ね、その願いが8年越しで実を結んだのが、岩手県産酒造好適米 「吟ぎんが」です。 50%まで丹念に精白して爽やかな香りと軽快な飲み口が特徴で、大変好評をいただいています。 これからは「山田錦」を超える米・酒造りが目標になります。 日本酒は楽しく、美味しく。 最近は、若い世代で日本酒を楽しむ人が減っていますが、もっと多くの人においしい日本酒の味を知ってもらいたいと思って います。 日本酒は一般的に、次の日に残りやすいとか、酔いやすいといわれてますが、適度に飲めば健康によいものですし、最近ではお肌に良いと、女性に注目されていますよね。 あさ開では、純米酒をベースとした「和のリキュール」を数種類造っておりますが、「豆乳で造ったお酒」のように若い方のみならず年配の女性にも好まれるコクのある味など、多様化するニー ズにお応えしていきたいと思っています。 ぜひ、食事や、会話を楽しみながら、お酒の味も楽しんで欲しいですね。 高級酒は、扁平精米といいお米の形に添って削り取るため、どの部分でも同じ厚さになります。 つまり扁平精米することにより「旨味成分を存分に残し、同時に非常に味わいのある酒」が生まれるのです。 蒸米(むしまい)/原料処理室 精米、洗米された白米は、原料処理室へパイプラインで水輸送され、タンクの中で水に漬けられます。 一定の基準まで水を含ませた白米は、連続蒸米機で蒸され、蒸米放冷機を通って仕込み温度まで冷やされます。 蒸しあげるのは、白米を麹菌により糖化されやすい状態にするためで、このあと蒸米は、麹(こうじ)、酒母(しゅぼ)、醪(もろみ)に使われます。 麹室(こうじむろ)/自動製麹機 昔から「一麹、二もと、三造り」といわれ、製麹は最も重要な工程です。 35度ほどに冷やされた蒸米は麹室で種麹を振りかけられ、麹になるのを待ちます。 自動製麹機室は、昔から受け継がれてきた蔵人のノウハウを基に、麹づくりをコンピュータで24時間監視、制御。 最良の麹をつくります。 仕込み(しこみ)/発酵室 麹に水と蒸米を加え酒母をつくります。 酒母は「もと」とも呼ばれ、その名の通り清酒の元になるもの。 この酒母に、清酒独特の「三段仕込み」の手法で、麹、水、蒸米を加え、醪をつくります。 かつてこの仕込みや櫂入(かいいれ)と呼ばれる撹拌は、熟練した蔵人たちの経験と手作業によるものでした。 最新の発酵室は温度制御から撹拌まで24時間コンピュータが管理しています。 槽場(ふなば)/醪圧搾室 仕込みから3週間かけて発酵熟成した醪は、自動的に圧搾機に送られ、原酒と酒粕に分けられます。 こうして出来あがった原酒はそのまま「生酒」として出荷されたり、火入れ(加熱殺菌)をしたあと、しばらくのあいだ蔵の中で静かに眠り、ほどよく熟成させてから出荷されていきま す。

次の

京のふりかけ&お海苔専門店 京都あきつや 本店

あさか あき え

酒造り 岩手は、古くから南部杜氏の里として知られた酒どころ。 明治4年の創業より、日本酒『あさ開』は、米、水、技に恵まれたこの地で豊かな自然に磨かれ、愛すべき人々に育まれてきました。 そして、百三十有余年たった今も酒の里・岩手を代表するブランドとして地元で、全国で、海外で・・・と高い評価をいただいております。 ここでは、南部杜氏によって受け継がれた、あさ開の酒造りの様子をほんの少し紹介します。 杜氏あいさつ 2005年度 厚生労働大臣賞「現代の名工」 南部杜氏 藤尾正彦 南部杜氏の故郷として知られる岩手県紫波郡に生れ、18歳の時に親戚のつてを頼って千葉県の酒蔵に出稼ぎして以来、半世紀にわたって酒造りに携わる。 全国各地の蔵でその腕を磨き、1984年よりあさ開の杜氏に就任。 平成17年度に厚生労働省の「特定技能者表彰制度(現代の名工)」選出。 『酒造りは農業。 手間暇を惜しんではいけない。 』と語り『常に基本に忠実である事』がモットー。 酒づくりの基本は「1麹、2もと(酒母)、3造り(もろみ)」 米づくりをしながら、農閑期に酒蔵に出稼ぎに出るというのが、昔からの南部杜氏の姿でした。 私も、周囲の習慣に習って、 千葉の酒造会社に出稼ぎに出たのをきっかけに、半世紀近く酒造りを続けているわけですが、酒造りの基本は、人力であろうが、機械であろうが今も昔も変わり ません。 「1麹、2もと(酒母)、3造り(もろみ)」と言う言葉があって、酒造りを左右する大きな要素になっているんですが、最初の工程である麹づくりはもっとも 気の抜けない作業で、2昼夜が勝負。 温度、湿度などの環境によって変化を重ね、ひとときも休むことなく発酵の度合いを変えていきます。 たった2昼夜で全ての味に影響を与えてしまうなんて、酒はほんとうに生き物という言葉がピッタリです。 岩手の酒を岩手の米で。 基本となるのは原料の米もそうです。 酒造好適米の中で、兵庫県の「山田錦」にかなう米は無いんですが、収穫量も少なく、 岩手では以前は手に入れることは難しかったんです。 そこで岩手で酒に適した米を栽培しよう、と様々試験栽培した中で、長野が原産の「美山錦」を岩手で栽培 することに成功しました。 その後、岩手で開発した米、独自の酵母による酒が出来ないかと、研究を重ね、その願いが8年越しで実を結んだのが、岩手県産酒造好適米 「吟ぎんが」です。 50%まで丹念に精白して爽やかな香りと軽快な飲み口が特徴で、大変好評をいただいています。 これからは「山田錦」を超える米・酒造りが目標になります。 日本酒は楽しく、美味しく。 最近は、若い世代で日本酒を楽しむ人が減っていますが、もっと多くの人においしい日本酒の味を知ってもらいたいと思って います。 日本酒は一般的に、次の日に残りやすいとか、酔いやすいといわれてますが、適度に飲めば健康によいものですし、最近ではお肌に良いと、女性に注目されていますよね。 あさ開では、純米酒をベースとした「和のリキュール」を数種類造っておりますが、「豆乳で造ったお酒」のように若い方のみならず年配の女性にも好まれるコクのある味など、多様化するニー ズにお応えしていきたいと思っています。 ぜひ、食事や、会話を楽しみながら、お酒の味も楽しんで欲しいですね。 高級酒は、扁平精米といいお米の形に添って削り取るため、どの部分でも同じ厚さになります。 つまり扁平精米することにより「旨味成分を存分に残し、同時に非常に味わいのある酒」が生まれるのです。 蒸米(むしまい)/原料処理室 精米、洗米された白米は、原料処理室へパイプラインで水輸送され、タンクの中で水に漬けられます。 一定の基準まで水を含ませた白米は、連続蒸米機で蒸され、蒸米放冷機を通って仕込み温度まで冷やされます。 蒸しあげるのは、白米を麹菌により糖化されやすい状態にするためで、このあと蒸米は、麹(こうじ)、酒母(しゅぼ)、醪(もろみ)に使われます。 麹室(こうじむろ)/自動製麹機 昔から「一麹、二もと、三造り」といわれ、製麹は最も重要な工程です。 35度ほどに冷やされた蒸米は麹室で種麹を振りかけられ、麹になるのを待ちます。 自動製麹機室は、昔から受け継がれてきた蔵人のノウハウを基に、麹づくりをコンピュータで24時間監視、制御。 最良の麹をつくります。 仕込み(しこみ)/発酵室 麹に水と蒸米を加え酒母をつくります。 酒母は「もと」とも呼ばれ、その名の通り清酒の元になるもの。 この酒母に、清酒独特の「三段仕込み」の手法で、麹、水、蒸米を加え、醪をつくります。 かつてこの仕込みや櫂入(かいいれ)と呼ばれる撹拌は、熟練した蔵人たちの経験と手作業によるものでした。 最新の発酵室は温度制御から撹拌まで24時間コンピュータが管理しています。 槽場(ふなば)/醪圧搾室 仕込みから3週間かけて発酵熟成した醪は、自動的に圧搾機に送られ、原酒と酒粕に分けられます。 こうして出来あがった原酒はそのまま「生酒」として出荷されたり、火入れ(加熱殺菌)をしたあと、しばらくのあいだ蔵の中で静かに眠り、ほどよく熟成させてから出荷されていきま す。

次の

京のふりかけ&お海苔専門店 京都あきつや 本店

あさか あき え

NHK朝の連続テレビ小説「 」の出演者・キャストの一覧です。 敬称略 「びっくりポン!」とのセリフが多いとの話もありますが、描かれる人物の予備知識を持って、楽しくドラマを見たいとところです。 ドラマでの設定 1850年、今井あさ誕生 1857年、今井あさ 7歳 と、今井はつ 9歳 の輿入れ先の入れ替えが決まる 1861年、今井あさ 11歳 と加野屋白岡新次郎 22歳 との正式初顔合わせ 1865年3月、白岡新次郎の兄・白岡正太郎死去、姉・今井はつが山王寺屋への輿入れ 1865年秋、今井あさ 15歳 、白岡新次郎 26歳 に輿入れ 1867年、王政復古の大号令 1868年1月、鳥羽伏見の戦い・幕府軍敗退。 新政府から各両替商に10万両の調達要請。 1868年5月、新政府、銀貨取引廃止 1868年 明治元年 9月あさ 18歳)玉利家を訪れて借財申し入れる。 山王寺屋は倒産し、はつなどは一家で夜逃げする。 NHKの動画配信サービス「NHKオンデマンド」にて、各話が2週間限定で無料配信されるそうです。 「びっくり」は、驚くさまのほか、わずかに動くさまを表す、「びくり」が促音化したものとのことです。 「びくびく」「びくっと」「びくともしない」など「びく」の付く語は、かすかな動きを表す擬態語「びく(びくっ)」から派生したもので、「びっくり」が驚くさまを表すのも驚いた際に小さく動くところからきているようです。 「びっくりぽん」に関しては、方言というより、子供時代から個性的で独創的であったあさの人間性を表す造語だと考えています。 私も落ち込むことが多いのですが、腹を立てたり、落ち込んだりするのは、自分の精神状態や気持ちに問題があるのではないかと考えるようにしています。 ドラマに悪い人や変な人が出るのにもいろいろな理由があり、その理由は最後まで見なければわからないと思っており、性急な判断はしないよう自分に言い聞かせております。 千代も友人やいろいろな人との出会いを通して、あさや家族を理解し、成長していくものと思います。 このサイトのおかげで、同室の子が、後にあさが設立に参加する女子大の学生となり、やかて教授から学長にまでなった人物がモデルであることを知ることができ(管理人様に感謝!)、ますます期待できるように感じています。 千代の反抗期は自我が目覚め、大人となるための通過儀礼であり、そんな時代もあったねと温かく見守ってあげていただければ幸いです。

次の