ミズノプロ 920。 【ミズノプロ920 アイアン ミズノ】アベレージが使える美しいアイアン。軟鉄鍛造で打感、弾道、うっとり

ギア : 『ミズノプロ920』のアマ試打で大激論。アイアンに「やさしさ」の“中身”を問う必要はあるか?

ミズノプロ 920

やさしさ、飛び、寛容性などクラブヘッドのパフォーマンスを高機能化するには、必ずヘッド内に余剰重量を獲得し、性能の鍵となる箇所へ重量を効果的に配置することが条件となる。 それはアイアンでも同じこと。 ミズノがこだわる軟鉄鍛造(一体型)という制限のある設計開発で、限界までそれに挑んだのが「Mizuno Pro 920」である。 「今回、デュアルT・SLOT加工で、ダブルポケットキャビティ構造としました。 軟鉄鍛造アイアンは、1本の丸棒から叩き上げて(鍛造)でアイアン形状に仕上げた後、掘削加工でポケットキャビティ部を彫る工程があります。 形状上の機能、彫刻の深さ、広さの限界値などを緻密に計算したエリアを掘削していきますが、シングル加工では物理上到達できないエリアが生じ、パフォーマンスの限界に到達できない。 さらにもう一工程、彫刻を加えたデュアルT・SLOT 加工で、従来にはない軟鉄鍛造の高機能化を実現できました」。 「Mizuno Pro 920」のダブルポケットキャビティ構造は、軟鉄鍛造でありながら限界まで余剰重量を獲得し、慣性モーメントがアイアン市場でも最大級に達して圧倒的に打点ブレに強く、深重心化でボールの高さの安定を確保。 そしてフェースの薄肉化で反発性能を高めることができた。 「例えば7番アイアンで狙っていたところを、8番アイアンで狙えるようになったら、やさしい。 それがロフト、長さと従来と変わらない設定で狙えるのがミズノの理想です。 もちろん過度なストロングロフト化に飛びは勝てないですが、ミズノが狙うクラブであるアイアンで追求するやさしさ、飛びは誰もが体感でき、必ずスコアアップに貢献します」。 一概に飛び、やさしさと言っても、アイアンという狙った距離を確実に打っていくクラブにはストロングロフト化の一線を超えないミズノのポリシーがそこにはある。 ミズノはいつ何時もゴルフを真剣に考えているのだ。 フォージド=鍛造製法を意味するが、それらの多くは複合素材で構成されている場合が多い。 その目的は比重差のある素材を組み合わせることで、余剰重量を容易に獲得することと、強度の高い素材をフェース のみに採用することで反発性を上げるのである。 全く理にかなった機能的構造なのだが、「フォージド」と名乗る限り、ミズノの基準では一体型鍛造ボディが絶対。 つまりホーゼルとフェース、ボディ全体が同じ単一軟鉄素材であることが最低条件なのだ。 「ミズノにはヘッド内部の鍛流線を繋げ、打感の向上と打球音を長く響かせる『グレインフローフォージド製法』という特許技術があることで、アイアンの軟鉄鍛造製法から得られるフィーリングは他の追従を許さないという自負があります。 ミズノ開発部は機能を数値データで追求しながらも、打感や打球音といったフィーリングまで完璧にするポリシーがあるのです。 」(ミズノ・青木氏) プレーヤーは、ナイスショットでは最高の爽快感が得られ、ミスショットでは少しの違和感がフィーリングからフィードバックできそれを繰り返す過程がショットクオリティを高めていくのである。 そしてアイアンにおいて重要機能の一つである形状は、ミズノに4人しかいないというマイスターのひとり、伊藤友男さんが安協なく監修して完成に至る。 ミズノのアイアンが万人に構えやすさを与えるのは、ミズノにしかいない職人の神業だけが成せる技術なのである。 アイアンはディスタンス時代。 だが単に飛距離戦争にはやさしさの「Mizuno Pro920」は参戦しない。 見出したやさしさ、飛びというプレーヤーズメリットのすべてはグリーンを狙うためにあるからだ。 硬派な物作り、いわゆるミズノらしさはそのままに、ミズノなのにやさしい、を真摯に形にしたのが「Mizuno Pro 920」。 このアイアンは必ずやステップアップに貢献してくれる。 ミズノ未経験者にこそ、この本物のディスタンスアイアンを堪能いただきたい。

次の

「No.1フィッティングカンパニーを目指す」、ミズノ『ミズノプロ920/520/120』アイアン、9月20日デビュー(No.132716)

ミズノプロ 920

ミズノプロ 920は、深くえぐれたバックフェースが特徴のモデル。 複雑な構造に見えるが、そこはミズノプロ。 当然の如く軟鉄鍛造一体成型だ 深くえぐれたポケットキャビティ、そして薄肉にコントロールされたフェース。 しかし、ミズノプロと冠するからには従来製法・構造のままでは商品化は難しい。 前モデルにあたるミズノプロ918をエースに戦う原英莉花は、ミズノプロ920に関してこう言っている。 「私はもともとミズノの打感が好きで、MP55とかMP15っていう小さくて難しいクラブを使っていたんですけど、こういう大型のアイアンなのに、しっかりとしたミズノアイアンの打感になっています」(原) ミズノプロ920について、真剣な表情で語る原英莉花 よくあるぶっ飛びアイアンのように、チタンやマレージングなどの超硬金属をフェース材に使うことなく、軟鉄の単一素材で同様のやさしさと飛びを生み出すことに成功した。 「やさしくて、打感が良くて、なによりも抜けがよかった」と原英莉花が語るミズノプロ920のやさしさは、ミズノの鍛鉄フィールをさらに広く知らしめる新しい一歩になりそうだ。 さらに操作性高く、感度を高く。 伝統名器の深化形!ミズノプロ120 もちろん、ミズノプロ最高の鍛造フィールと伝統の操作性を存分に感じたいなら、マッスルバックモデルのミズノプロ120がオススメである。 このモデルはみんなのゴルフダイジェストでも何度も紹介してきた、手嶋多一や武藤俊憲など多くのツアープレーヤーが極秘に使用してきたプロトタイプのいわば完成形だ。 その特徴を使用プロはこう語る。 手嶋らが使用したミズノプロ 120のプロトタイプ。 まだ「120」の刻印が入っていないが、性能はもちろん製品版と同じだ 「打感がいいのはミズノプロなので当然。 ミズノプロ120はさらにスピンがしっかり入ってコントロールしやすい。 構えた時のイメージと出球がマッチしているので安心できるんです」(武藤俊憲) ミズノプロ120は伝統のマッスルバック形状に見えるが、逆テーパーブレードというこれまでにないバックフェースデザインが採用されている。 これは基本的にはバックフェース中央から上部を従来モデルより厚肉化することでソリッド打感を向上させるためのものだが、トップライン(エッジ)を独自のクラフト技術によってグラインドし、厚みを感じさせないことでアドレスでは違和感なくスッと構えられるのだという。 コンパクトなヘッドサイズ、薄いブレード……顔の印象とは裏腹に、打ってみるとやさしさを感じられるのがミズノプロ120の特徴だ ロング・ミドルアイアンは低重心に。 ショートアイアンは高めの重心にしてコントロール性をアップ。 ベストセラー518がさらに進化!メインモデル「ミズノプロ520」 さて、ニューミズノプロアイアンには、忘れてはならない進化系モデルがもうひとつある。 それがミズノプロ520だ。 2018年のLPGAツアーの最多勝モデルであり、契約外選手の使用も多い大人気アイアンの後継だけにそのポテンシャルには注目が集まる。 ミズノプロアイアンに受け継がれる、伝統のクラフトマンシップとは? ミズノプロアイアンの聖地といえば、岐阜県の養老(ミズノテクニクス)だが、最後にここでの変わらぬ取り組みについて紹介しておこう。 コンピュータ上のシミュレーション、ロボットマシンでのテストでいくら結果が良くても、プレーヤーが構え、いいイメージでスウィングできなければ、それは単なるゴルフの新製品である。 何気なくクラブを置いてシャッターを切るだけで、なんともいえない曲線美が写し出される。 これはミズノプロだけにしかない魅力と言ってもいいだろう その端的な例が、見た目に大きな影響を与えるヘッドシェイプやトップラインのグラインド技術だ。 この一手間によって最新設計によってバックフェースデザインがどう変わろうとも、常に違和感なくアドレスに入れるため、プレーヤーは安心してニューモデル移行することができるのだ。 ミズノ養老のクラフトマンシップというと、グラインダーに向き合い火花を散らす熟練の研磨技術というイメージが強いが、本当のクラフトマンシップとはその「手」ではなく、アイアンを見つめる「眼」に宿っているような気がする。 削り、構え、また削り、またシャフトを挿して構える。 ミズノプロ。 それは上級者モデルに冠される称号ではない。 受け継がれるのは常に最高のゴルフ道具を生み出そうとする高い志だ。 最新技術と伝統技術を融合させて生み出された、まったく新しい鍛造アイアンの世界。 ミズノプロ120、ミズノプロ520、ミズノプロ920 あなたの琴線を震わせるベストモデルがきっとこの中にある。

次の

ミズノ プロ 120アイアンの試打&評価/球を操る喜びがある│楽しい GOLF LIFE

ミズノプロ 920

オグさんです。 今回はミズノ「Mizuno Pro」シリーズから、2019年に発表となった3モデルの試打をさせていただきました。 軟鉄鍛造製法で作り上げたアイアンは、ていねいな作り込みによる製品精度の高さや、芯で打ったときのいい打感が、プロや上級者に好まれてきました。 製造技術が進歩し、さまざまな素材や複雑な製法が可能になった今でも、それらは高い評価を得ています。 ミズノの軟鉄鍛造は素材からこだわり、同社のアイアン専用に調合された鉄を使用したり、鍛造製法においても独自の技術を持っていたりします。 今回発表になった3モデルは、同社が誇る特許を持つ鍛造技術「グレインフローフォージド製法」が進化した「グレインフローフォージドHD」で作られたもの。 今回のHDではその鍛流線を打点付近に密集させることに成功し、打球音が長く響くことから打感のさらなる向上が実現したそう。 打つのがとても楽しみです。 今回試打させてもらったMizuno Proシリーズは、同社のフィッティングを受けて初めて手にできるフィッティング専売ブランドになっています。 これはゴルファーの個性に合わせて最大限性能を発揮するモデルを使ってもらいたいと思いからなのでしょう。 非常に美しく、所有感を高めてくれます ボールの操作性が重視されるモデルだけあって小顔でシャープな形状。 ネックとフェースの間の懐も狭く、操作性のよさが顔から伝わってきます ブレードが短く、かなり小ぶりなのがフェースを見てもわかります 直接ボールにコンタクトしやすくするためソール幅は狭め。 リーディングエッジに丸みを持たせることで、ヌケのよさを演出しています フックもスライスも自由自在 構えてみると、ヘッドの小ささが際立ちます。 溝のあるフェース部分のサイズは、ボール幅とほぼ変わりません。 さすがにちょっと気合いが入る顔ですが、打ってみるとこれが非常に気持ちいい。 やや重めの打感、パシっという乾いた打音。 芯で打ったときのやわらかさで「フェースに乗っている!」と感じさせてくれます。 練習場で打っているだけでも飽きませんね。 機能としては「操作性」を大事にしているだけあって、とてもコントローラブル。 フックもスライスも自由自在。 ボールの高低も楽に打ち分けられます。 大げさかもしれませんが、ドローやフェードは頭で意識するだけで自然と打ち分けられるぐらい、自分の意思をしっかりとボールに届けてくれるアイアンです。 半面、ミスすれば飛距離ロスはそれなりにありますが、個人的にはこれはいいことだと思っています。 ミスしたときに想定以上に飛んでしまうのは、怪我をより大きくしてしまう可能性があるからです。 テクニックをある程度持っていて、スコアにこだわる方にとっては、むしろやさしく感じるのではないでしょうか? 美しい伝統的なマッスルバック。 しかし最新の技術と設計思想で作られていて、番手別にスイートスポットを最適化するなど、しっかりと進化しています ぜひこの打感は皆さんに味わってもらいたいですね。 病みつきになると思います 120の 7:意外とスピンが少なめでしたが、イメージどおり、狙ったところに打ち出した軽いドロー弾道が打てました。 芯を外しても飛距離ロスが少なくなるよう設計されたモデルです 120と比べると、シャープな形状はそのままですがブレードがやや長くなっています フェース側から見てもブレードの長さ以外の形は120とほぼ同じ。 洗練された形状です ソール幅がやや厚くなりましたが、一般的なアスリート向けのモデルとしては標準的なサイズです 芯を外したときに距離が落ちにくい 形状は120同様非常に美しいですね。 ブレードが若干長くなった以外、ほとんど違いは感じません。 早速打ってみると、これまた気持ちいい打感。 120と比べると若干軽く、音も高め。 120の重厚な打感とは異なった、爽快感のある感触でした。 操作性は120を10としたら7〜8ぐらいといった印象。 十分コントロールはできますが、曲がり幅はやはり120のほうが大きいです。 520の強みは、芯を外したときの飛距離ロスの少なさ。 少々芯を外しても飛距離の低下は少なく、曲がり幅も少なめでした。 さすがにアベレージ向けのアイアンと比べてしまうと違いはありますが、それでも効果は十分でしょう。 このステンレスプレートの中にはチタンが内蔵されており、ミスへの許容度を高めつつ、打感の低下を防いでいます 520の 7:ブレードが長いせいか、やや右に打ち出した軽いドローボールになりました。 高さもしっかり出てスピンも十分。 ややグースネックにもなっており、ミスに強そうな顔ですね フェース側から見るとブレードの長さ以外はほかのモデルと共通のフォルムをしています 520よりさらにワイドなソール幅で、ダフリのミスにも強そう。 重心が低くボールが上がりやすそうです 打点がズレても球の高さが出せる アドレス時のヘッドは120、520と似たきれいなフォルム。 ですが920は、ブレードを長くトップブレードをやや厚くすることで、安心感の高いやさしそうな顔になっています。 特に意識することなく打った1発目は、やや右に飛び出した高い弾道でした。 120、520と比べてブレードが長い分だけ重心距離が長いのか、同じように打ったら、やや右に打ち出してしまいました。 それを考慮してスイングすると、非常に直進性の高い弾道が打てます。 左右の打点のミスにもかなり強く、少々のズレではほとんど曲がりませんでした。 飛距離性能ですが、通常のアスリートモデルよりは飛びますが、極端ではありません。 何より、打点がズレても高さが簡単に出せるので、安定したショットを打ちやすいアイアンと言えるでしょう。 2段階で削られたポケット部分がこのアイアンのポイント。 後から溶接するのではなく、一体で鍛造したヘッドに加工することで、打感とやさしさと飛距離を高い次元で両立させています 920の 7:重心距離が長い分、やや右に打ち出しやすいですが、慣れれば問題なし。 高さがあって直進性の高い弾道を安定して打つことができます メディア向け発表会にミズノ契約の女子プロ登場 この3モデルの発表に際してメディア向けの発表会が行われ、同社契約の原英莉花、吉本ひかるの2名のプロが登場、それぞれ使用モデルの試打デモンストレーションを行いました。 吉本ひかるプロ(左)、原英莉花プロ(右) 芝の上から、原プロの試打デモンストレーション 実戦で使用するという920を手にし、力強いインパクト音と鋭い弾道を披露 「(前モデルの)918より、打音が大きくなったように感じました。 球は高くなりましたね。 機能だけを追求するなら、手間やコストのかからない素材や製法が別にあります。 しかし、あえてそれを選択せず、感性やフィーリング面も大切にするために高価な素材や複雑な製法を選択しているのがMizuno Proのすごいところだと思います。 前述したようにMizuno Proブランドのこれらのアイアンは、同社のフィッティングを受けないと購入できません。 購入を考えている方は、近くのショップでミズノのフィッティングが受けられるかどうか、チェックしてから来店したほうがいいですね。 フィッティングを受ければ、自分にはどのヘッドが合うのか勧めてもらえますよ。 私が言うのは野暮だということを承知でおすすめモデルをあげるならば……ボールを操作してプレーしたい、1打1打を楽しみたいという方は「120」、ミスの幅を減らしたいがフィーリングも大事にしたいという方は「520」、やさしいアイアンを使いたいが、打感が悪いモデルは好ましくないという方は「920」、といった感じでしょうか。 もし試打できる機会があったら、ぜひ打ってみてください。 写真:野村知也(クラブ).

次の