新幹線 山梨。 リニア中央新幹線工事 「大井川の水問題」ってなに?|静岡新聞アットエス

リニア中央新幹線について

新幹線 山梨

新幹線~京都の定番~ 真っ先に思い浮かぶのは新幹線でしょう。 甲府から京都へ新幹線を利用する場合は、 「特急あずさ」で塩尻駅へ向かい、 塩尻からは「特急ワイドビューしなの」に乗り換え、 名古屋駅で東海道新幹線に乗り換えるコースが最速です。 所要時間は約3時間40分、料金は自由席で11,540円。 「特急あずさ」「特急ワイドビューしなの」共に 日中は一時間に1本の運行となっているため時刻表には要注意。 なお「特急ワイドビューしなの」は一日に1本のみ大阪行があるため、 塩尻から乗り換えなしで京都に到着できますが、 塩尻発が15時台と遅いため、観光には不向きかもしれません。 また、その他の経路としては、 特急あずさ・かいじなどで東京方面に出て 新横浜駅・品川駅から新幹線を利用するパターン、 ワイドビューふじかわで静岡に向かい、 静岡停車の新幹線ひかりを利用するパターンなどがありますが、 料金・時間共に名古屋経由が勝っています。 関連記事: 在来線~乗換えが多く不便?~ では新幹線や特急などを利用せずに 上記の経路を乗車した場合はどうでしょうか。 経路は中央本線にて名古屋方面に向かい、東海道本線に乗り換えます。 中央本線と東海道本線はいずれも 上記の区間を直通する列車がないため、 塩尻駅・中津川駅・名古屋駅・米原駅などで 最低でも4回、時間帯によってはさらに乗り換えを必要とします。 乗車時間は約7時間超、料金は6,800円。 乗換駅での接続に時間を要する場合もあるため、 8時間は覚悟をする必要があるでしょう。 料金的には割安ですが、 「青春18きっぷ」などを利用する以外には考えにくいでしょう。 高速バス~格安交通の代表~ 格安交通の代表格「高速バス」 山梨県から京都への旅でも その強さを発揮します。 甲府-京都間にはJR高速バスの路線は無いようですが、 他社による路線が昼行・夜行ともに設定されています。 昼行便4列 所要時間:約9時間 料金:4,400円~• 昼行便3列 所要時間:約9時間 料金:6,100円~• 夜行便4列 所要時間:約6時間 料金:4,700円~• 夜行便3列 所要時間:約6時間 料金:6,500円~ 在来線を利用する場合よりも安く、 新幹線の約半額の料金です。 夜行バスで到着した朝に、 あるいは京都観光を終えてバスに乗る前に、 京都タワー大浴場で汗を流すプランはいかがでしょう。 関連記事: 飛行機~まずありません~ 2015年6月現在、山梨県には空港はありません。 よって飛行機を利用する場合には 甲府-羽田空港-伊丹空港-京都となり、 時間的にも料金的にも大幅にかかります。 山梨県から京都への移動には 飛行機は現実的な手段とは言えません。 関連記事: 自動車~自由度と人数次第ではコスト減も~ マイカーをお持ちの方は、移動も観光も自動車というのもありです。 自動車の場合の費用は下記のとおりとなります。 そして自動車ならではの利点は 「人数が多ければ多いほど割安になる」という点。 市内観光でのガソリン代や駐車場代も別途かかりますが、 みんなでワイワイ楽しみながらの移動も旅行の醍醐味です。 ちなみに所要時間は平均速度80KMで約5時間。 途中サービスエリアなどで休憩を取り、 くれぐれも安全運転でお願いいたします。 関連記事: 結論 時間優先なら新幹線名古屋経由、 安くするなら高速バス、 大勢で京都観光に行くなら自動車、 飛行機はあり得ない。 といったところでしょうか。 以上、【新幹線?自動車?】山梨から京都の交通手段徹底比較でした。

次の

大阪

新幹線 山梨

新幹線~京都の定番~ 真っ先に思い浮かぶのは新幹線でしょう。 甲府から京都へ新幹線を利用する場合は、 「特急あずさ」で塩尻駅へ向かい、 塩尻からは「特急ワイドビューしなの」に乗り換え、 名古屋駅で東海道新幹線に乗り換えるコースが最速です。 所要時間は約3時間40分、料金は自由席で11,540円。 「特急あずさ」「特急ワイドビューしなの」共に 日中は一時間に1本の運行となっているため時刻表には要注意。 なお「特急ワイドビューしなの」は一日に1本のみ大阪行があるため、 塩尻から乗り換えなしで京都に到着できますが、 塩尻発が15時台と遅いため、観光には不向きかもしれません。 また、その他の経路としては、 特急あずさ・かいじなどで東京方面に出て 新横浜駅・品川駅から新幹線を利用するパターン、 ワイドビューふじかわで静岡に向かい、 静岡停車の新幹線ひかりを利用するパターンなどがありますが、 料金・時間共に名古屋経由が勝っています。 関連記事: 在来線~乗換えが多く不便?~ では新幹線や特急などを利用せずに 上記の経路を乗車した場合はどうでしょうか。 経路は中央本線にて名古屋方面に向かい、東海道本線に乗り換えます。 中央本線と東海道本線はいずれも 上記の区間を直通する列車がないため、 塩尻駅・中津川駅・名古屋駅・米原駅などで 最低でも4回、時間帯によってはさらに乗り換えを必要とします。 乗車時間は約7時間超、料金は6,800円。 乗換駅での接続に時間を要する場合もあるため、 8時間は覚悟をする必要があるでしょう。 料金的には割安ですが、 「青春18きっぷ」などを利用する以外には考えにくいでしょう。 高速バス~格安交通の代表~ 格安交通の代表格「高速バス」 山梨県から京都への旅でも その強さを発揮します。 甲府-京都間にはJR高速バスの路線は無いようですが、 他社による路線が昼行・夜行ともに設定されています。 昼行便4列 所要時間:約9時間 料金:4,400円~• 昼行便3列 所要時間:約9時間 料金:6,100円~• 夜行便4列 所要時間:約6時間 料金:4,700円~• 夜行便3列 所要時間:約6時間 料金:6,500円~ 在来線を利用する場合よりも安く、 新幹線の約半額の料金です。 夜行バスで到着した朝に、 あるいは京都観光を終えてバスに乗る前に、 京都タワー大浴場で汗を流すプランはいかがでしょう。 関連記事: 飛行機~まずありません~ 2015年6月現在、山梨県には空港はありません。 よって飛行機を利用する場合には 甲府-羽田空港-伊丹空港-京都となり、 時間的にも料金的にも大幅にかかります。 山梨県から京都への移動には 飛行機は現実的な手段とは言えません。 関連記事: 自動車~自由度と人数次第ではコスト減も~ マイカーをお持ちの方は、移動も観光も自動車というのもありです。 自動車の場合の費用は下記のとおりとなります。 そして自動車ならではの利点は 「人数が多ければ多いほど割安になる」という点。 市内観光でのガソリン代や駐車場代も別途かかりますが、 みんなでワイワイ楽しみながらの移動も旅行の醍醐味です。 ちなみに所要時間は平均速度80KMで約5時間。 途中サービスエリアなどで休憩を取り、 くれぐれも安全運転でお願いいたします。 関連記事: 結論 時間優先なら新幹線名古屋経由、 安くするなら高速バス、 大勢で京都観光に行くなら自動車、 飛行機はあり得ない。 といったところでしょうか。 以上、【新幹線?自動車?】山梨から京都の交通手段徹底比較でした。

次の

【新幹線?自動車?】山梨・甲府から京都の交通手段徹底比較

新幹線 山梨

沿線9都府県では、リニア中央新幹線と沿線地域のまちづくりを一体的に進めて行くことで、一層その価値が高められるような取り組みが進められています。 リニア中央新幹線の始発駅となる品川駅周辺地域では、羽田空港の国際化等を契機に、国内外の広域交通の拠点性を強化し、魅力ある業務、商業、研究、交流、宿泊、教育、文化などの多様な機能が集積する新たな国際交流拠点を形成します。 (写真:品川駅周辺の街並み) リニア中央新幹線神奈川県駅の設置にあわせ、誰もが降りたくなる駅、魅力あるまちづくりを進め、全国との交流・連携の窓口となる「北のゲート」を形成します。 また、「南のゲート」となる東海道新幹線新駅の誘致や、南北のゲートを繋ぐ交通軸の強化により、多様な交通ネットワークの充実を図ることで、リニア中央新幹線の整備の効果を県全体に波及させていきます。 (写真:神奈川県駅周辺の街並み) 本県の新たな玄関口となるリニア駅及びその周辺地域について、豊かな自然環境と調和した魅力的な景観の形成や、産業を支えるエネルギーの供給など、山梨らしさが発揮できる強みを最大限に生かし、環境との共生や新たなライフスタイルが展開する「リニア環境未来都市」の整備に取り組んでいきます。 また、リニア駅から県内各地への移動を円滑にするため、バス交通ネットワークの構築に取り組んでいきます。 (写真:富士山と桃の花) リニア中央新幹線は、首都圏・中京圏・近畿圏と、四季折々の豊かで美しい自然に恵まれた長野県を結ぶ高速交通機関です。 その早期全線整備による効果を、経済の活性化、交流人口の拡大などに結び付ける、県全体の地域振興につなげるための取り組みを進めます。 (写真:南アルプス) リニア中央新幹線の開業効果を県内全域に波及させるため、県、県内全市町村、観光団体、経済団体及び有識者で構成する「岐阜県リニア中央新幹線活用戦略研究会」において、観光振興・まちづくり、産業振興、基盤整備の3つの観点からの地域づくり戦略である「リニア活用戦略」を策定し、活用戦略の具体化に向けた取り組みを進めています。 (写真:中山道馬籠宿) リニア開業により、一層高まる当地域のポテンシャルを最大限に発揮していくため、名古屋都心部の高次都市機能の集積を図り、拠点性を高めていくとともに、圏域内の活力ある主要都市が役割を分担しつつ連携する多核連携型の都市構造を維持・強化していきます。 そのための基盤として、高速道路網の整備や活用、鉄道の利便性の向上などにより名古屋駅から大都市圏内主要都市への40分交通圏の拡大を図っていきます。 (写真:名古屋駅周辺の街並み) 2016年5月に「G7伊勢志摩サミット」が開催され、国内はもとより世界各国から多くの人々が訪れるなど、三重の知名度が飛躍的に向上しました。 こうしたサミットの資産(レガシー)を最大限に生かし、国内外の人々や事業などを引き続き呼び込む取組が重要となっています。 リニア中央新幹線の整備により、今後さらに県域を越えた広域的な交流・連携が進み、三重県の産業や観光などが持続的に発展する輝かしい未来へとつながっていきます。 そのため三重県では、三重・奈良ルートによる一日も早い全線開業、県内駅の早期決定に向けた取組を進めています。 (写真:G7伊勢志摩サミット) 奈良県は、中国や韓国との深い交流の歴史に裏打ちされた「ゆかり」を示す歴史文化遺産や世界遺産を多く有しています。 リニア中央新幹線は、新しい国土軸として、人々の交流を飛躍的に拡大し、奈良県の観光、文化、産業等の発展に大きく寄与します。 奈良県においては、三重・奈良ルートによる一日も早い全線開業、「奈良市附近」駅の早期確定を目指した取り組みを推進しています。 (写真:平城宮跡大極殿) 大阪府では、大阪・関西が到達すべき将来像を「日本の成長をけん引する東西二極の一極として世界で存在感を発揮する都市」と設定し、高付加価値を創出する「価値創造(ハイエンド)都市」及びアジア・世界と日本各地の結節点となる「中継都市」を目指す「大阪の成長戦略」に取り組んでいます。 リニア中央新幹線が、わが国の経済成長や国土の強靭化に大きく寄与するという観点から、自治体・経済界とともに、早期全線開業の実現に向けた取り組みを進めています。 (写真:大阪城) Copyright C 2007 リニア中央新幹線建設促進期成同盟会 All Rights Reserved.

次の