ダイナー 映画。 ダイナー【映画】ブルドッグの菊千代(きくちよ)は本物?CG?正体もネタバレ

映画『Diner ダイナー』ネタバレ感想 ハンバーガー大好きな藤原竜也と殺し屋と。│今日も映画ですか?

ダイナー 映画

映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開となりました。 平山夢明による小説『ダイナー』を実写化した映画で、原作は強烈な拷問や殺し合いのシーンがあることから、映画で誰がどのキャラクターを演じるのかに注目が集まっていました。 監督を務めるのは『さくらん』『ヘルタースケルター』と、これまでの監督作が話題になっている蜷川実花。 主演は狂人を演じることが多い藤原竜也が務めます。 この記事では映画『Diner ダイナー』の登場人物解説とともに、実写キャストを紹介。 映画を未鑑賞の方は、十分に気を付けて読み進めてください。 物語は、カナコがこれまでの自分の人生を振り返るところから始まります。 カナコは、幼いころに母親に捨てられたことを引きずり、誰にも必要とされていないことを悩みながら人生を送ってきました。 しかし、そんな中で初めて心惹かれたメキシコの街に行きたいと思い、彼女は「ドライバー」だけ書かれた日給30万円のバイトに応募。 カナコは見るからに怪しい2人を乗せて運転しますが、何者かによる銃撃を受けて、事故を起こしてしまいます。 目を覚ましたカナコは、見知らぬ場所に依頼主と共に吊るされていました。 幼い頃から料理が得意だったカナコは、「料理ならできます、殺さないでください」と必死に訴えるのです。 彼女がたどり着いたのは、殺し屋専門の「ダイナー 食堂 」。 そこで天才シェフ・ボンベロに従い働くも、すぐに殺されそうになった彼女は、1億円以上の値打ちがある「ディーバ・ウォッカ」を盾にボンベロと取引します。 命拾いしたカナコは、そこに来る殺し屋の客たちに接客し、生きるために必死に働くことになるのです。 ネタバレを見る カナコは生きるために必死にダイナーで働き始めます。 彼女に手を出そうとするブロ 武田真治 やキッド 本郷奏多 に翻弄されると、毎回殺し屋同士のいさかいが勃発。 幾多もの生き死にをかけた争いが起こるのです。 唯一まともに見えた殺し屋スキン 窪田正孝 も、カナコがボンベロの料理に手を加えたことが原因で発狂、ボンベロに打ち殺されてしまう末路に。 そんな中、ボンベロがかつて所属していた組織の前ボス・デルモニコの一回忌が行われることになります。 東西南北の組織のボス、マテバ 小栗旬 ・マリア 土屋アンナ ・無礼図 真矢みき が、現在のボスであるコフィ 奥田瑛二 とともに会合を開くのです。 しかし一回忌の前にマテバは何者かによって殺されます。 ダイナーに集まった他の3人は、裏切り者は誰かを巡り争うことに。 結果、前のボスを裏切ったコフィが殺され、またボスの座を狙う無礼図によってマリアも殺されてしまいます。 無礼図は、全てを知ったカナコとボンベロも処分すべく部下を連れ込み、大乱闘に発展。 カナコは、自分のレストランを開き、ボンベロにいつか店に来て欲しいと伝えて、一人逃げるのです。 残ったボンベロは、無礼図と戦います。 その後、宣言通りにレストランを開いたカナコ。 そこは彼女がかつて夢見たメキシコの街にありました。 そしてボンベロは約束通りに店を訪れ、二人は抱き合う、ハッピーエンドとなりました。 本作で3本目の映画を監督することとなった蜷川実花 にながわみか。 もともとは写真家として活躍していましたが、過去作の『さくらん』と『ヘルタースケルター』で話題を呼び、今や注目監督の1人となりました。 舞台演出家の蜷川幸雄の娘としての才能を存分に発揮しています。 彼女が担当した映画はこれまで、その鮮やかな色使いや派手な演出が話題になっきました。 本作『Diner ダイナー』でもその実力は遺憾無く発揮されています。 物語の序盤、カナコがダイナーにたどり着くまでのパートは、彼女の心情を映し出したような、暗い場面が続きます。 しかし、ダイナーがメインの舞台となるや否や、非日常的な世界観が姿を現すのです。 赤を基調としたダイナーの内装は勿論、来客の殺し屋たちも個性豊かな見た目をしており、劇中ずっと目を飽きさせない色彩美が織りなされています。 かと思えば、大音量で銃撃戦が繰り広げられたりと、物語も猛スピードで展開。 鬼才・蜷川実花の本領が十分に発揮された作品になっています。 主演キャストを務めるのは、藤原竜也です。 彼が演じるボンベロは、元殺し屋で現在は天才シェフというなんとも個性あふれるキャラクター。 他の殺し屋からも一目置かれる絶対的な存在です。 殺し屋専門の「ダイナー 食堂 」を営んでおり、店内での勝手な行動は誰であろうと許しません。 不気味で性格の掴みづらいボンベロを演じる藤原竜也は過去にも、『バトル・ロワイヤル』や『カイジ 人生逆転ゲーム』といった映画で難しい役柄を演じてきています。 彼は、不思議な魅力あふれる蜷川実花監督とともに1カットずつ丁寧に作り上げつつ、独特なキャラクターと向き合っていきたいと語っていました。 そして、のちに自分の代表作となるよう頑張りたいとのコメントも。 かなり気合が入っていたようです。 ネタバレを見る カナコが旅行代理店に、心惹かれた風景の写真を見せるシーン。 その接客を行っていた店員は、川栄李奈でした。 また、テレビで占いが映るシーンではワイプに板野友美、マテバの水死体を発見したのはコムアイ 水曜日のカンパネラ。 さらには監督・蜷川実花の父である蜷川幸雄が、組織の前ボス・デルモニコとして、絵画に描かれた姿で登場しています。 しかし彼はすでに逝去しているので、動きのある部分は井出らっきょがデルモニコを演じることに。 あまりにそっくりなので、観客からは驚きの声が。 主演の藤原竜也は、蜷川幸雄の舞台で主役として見出された過去があり、その後2人はたびたびタッグを組んでいました。 劇中でボンベロが「俺を見つけて育ててくれたのはデルモニコです」と言い放つシーンは、フィクションと現実の入り混じった、説得力がある場面となっています。 他にもキャストのクレジットには木村佳乃や角替和枝など、ビッグネームの名前が。

次の

映画『Diner ダイナー』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

ダイナー 映画

Diner ダイナーの紹介:2019年日本映画。 大胆な色使いで知られる蜷川実花監督。 三作めとなるこの『Diner』では、初の男性主人公、初のヴァイオレンスアクションに挑戦している。 主役のボンベロを演じるのは、監督の父、演出家蜷川幸雄に見出された藤原竜也。 亡きボスとして、肖像画で登場する恩師に見守られながら、藤原は超豪華でぶっ飛んだ共演者たちと死のバトルを繰り広げる。 蜷川監督の次回作は、小栗旬主演の『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、2019年9月に公開される。 監督:蜷川実花 キャスト:藤原竜也(ボンベロ)、玉城ティナ(オオバカナコ)、窪田正孝(スキン)、本郷奏多(キッド)、武田真治(ブロ)、斎藤工(カウボーイ)、佐藤江梨子(ディーディー)、金子ノブアキ(ブタ男)、小栗旬(マテバ)、土屋アンナ(マリア)、真矢ミキ(無礼図)、奥田瑛二(コフィ)、ほか 目次• Diner ダイナーのネタバレあらすじ:起 オオバカナコ(玉城ティナ)。 幼い頃、彼女の母は姉だけを連れて出ていき、ひとりぼっちのカナコはいつも自分の居場所を探しています。 あるとき、街で見かけた外国の祭りに魅せられ、その色彩豊かな土地に行ってみたいと思ったカナコは旅行代理店を訪れます。 代金は30万円。 カナコは日給30万円のあぶないバイトに手を出します。 運転手として雇われたカナコはギャングに追われ、雇い主とともにつかまってしまいます。 今にも殺されそうなカナコは命乞いをし、殴られて気を失ってしまいます。 極彩色に彩られた室内で目覚めたカナコ。 彼女は殺し屋専門のDiner(ダイナー)にウェイトレスとして売られたのでした。 店の壁には、過去にここで働いていたウェイトレスたちの写真が飾られています。 彼女たちは全員殺され、カナコも失敗すればそこに加わるだけだと言われました。 逃げようとあちこち走り回りますが、出られるところは見つかりません。 倉庫に入ったカナコは、金庫を見つけます。 適当にダイヤルを回してそれを開けると、中には美術品のような瓶が入っていました。 カナコはそれを隠し、殺されないための切り札にしました。 それは「DIVAウォッカ」という超高級酒で、1億以上の価値があるといいます。 どう脅しても隠し場所を教えようとしないカナコに、ボンベロは「扱いにくい女!」と忌々しそうに吐き捨てるのでした。 Diner ダイナーのネタバレあらすじ:承 いよいよ開店。 店に入るには3つのドアがあり、ボンベロがモニターで確認しながらロックを解除しなければ入れません。 しかしスキンが出てきて、カナコを助けてくれました。 カナコがスフレを持って部屋に入ると、スキンは母の写真を飾り、母の味を再現したというスフレをうれしそうに食べ始めますが、その中には異物が…。 慌てるカナコにスキンは、「いつもこうなんだ」と言って寂しそうに帰っていきました。 キッドは、一緒に逃げようとすり寄ってきます。 カナコが返事に困っていると、ボンベロがやってきて、キッドは全身整形をして子どもの姿になっているだけで、本当は残忍な殺し屋であると告げました。 案の定、キッドはブロたちを相手に大暴れ。 仲間のひとりを殺してしまいました。 怒ったボンベロが死体の処理を言いつけると、キッドは大喜びで死体を切り刻み始めるのでした。 そして、その席で「DIVAウォッカ」を開けるように、と。 この街は、もともと東西南北4つに分かれ、それぞれマテバ(小栗旬)、マリア(土屋アンナ)、コフィ(奥田瑛二)、無礼図(真矢ミキ)の4人が仕切っていたのをデルモニコが統一したのです。 しかし一年前にデルモニコが亡くなり、その一周忌が過ぎれば跡目をめぐって全面対決になることは必至。 その懇親会場にDinerが指名されたのです。 「DIVAウォッカ」が出せなければ、ボンベロでさえ殺されるかもしれません。 焦るボンベロにカナコは「懇親会の前に渡します」と約束しました。 恐ろしい殺人犬だという菊千代に見張りを任せ、ボンベロは外出します。 誰も入れないようにと言っていたボンベロでしたが、「キッドが来るから中で待たせておけ」と電話をかけてきました。 カナコがキッドを店に入れると、再びボンベロから電話が。 そして、さっきの電話はキッドがかけたニセ電話だったことが判明。 キッドはボンベロの留守を狙って、カナコを殺しに来たのです。 カナコは負傷したものの、菊千代の活躍によって守られ、戻ってきたボンベロがキッドを追い出しました。 別の日。 ひどい大ケガをしたスキンの手当てをしたボンベロは、カナコにその世話を任せます。 スキンはカナコに、もしもの時はボンベロを守るように伝え、いつも持ち歩いていた小箱を渡します。 ボンベロに、オーブンでスフレを焼き上げてスキンに出すように言われたカナコは、異物を取り出してスフレを焼きました。 初めて完璧なスフレを食べ終えたスキンは、大げさに喜び、異様なテンションで突然機関銃を乱射し始めました。 あわてて戻ってきたボンベロによってスキンはとりあえず乱射をやめ、カナコはスキンを救おうと彼を抱きしめます。 落ち着いたかと思われたそのとき、ボンベロの銃がスキンを撃ち抜きました。 スキンは自爆しようとしていたのです。 実は、異物の入っていない完璧なスフレを食べたことがトリガーとなり、スキンの繊細な心は壊れてしまったのです。 カナコが良かれと思ってやったことが、スキンの命を奪ったのです。 「死ね」 ボンベロに言われたカナコは素直に受け入れます。 でも、ボンベロはドアを開けてカナコを殺さずに追い出そうとしました。 カナコは納得しません。 そして、初めて自分の意志で「ここにいる!」と主張するのでした。 Diner ダイナーの結末 ボンベロは、意志を持ち始めたカナコに、厨房での仕事を見せるようになっていました。 そしてついに迎えた懇親会の日。 既に何者かに殺されたマテバ以外の三人がDinerにやってきました。 貴賓室で振る舞われる特別な料理を前にしても、三人は跡目が誰になるか、ボスの証しの指輪がどこにあるのか、そのことしか頭にありません。 真っ先に動いたのは無礼図。 ボンベロから情報を聞き出そうと、その左手にナイフを突き刺します。 さらに大事な右手を狙ったそのとき、たまらずカナコが声を上げ、スキンから預かった小箱を差し出します。 すかさずマリアが立ち上がり、コフィを撃とうとしますが、それを制した無礼図がマリアの喉をかき切り、ボスはひとりでいいと言い放ちます。 コフィをテーブルに乗せると、その口に銃身を押し込み、DIVAウォッカを流し込んでから引き金を引きました。 新しいボスとなった無礼図は、ボンベロに自分のために店をやらないかと誘いますが、彼のボスはデルモニコただひとり。 提案を断ると、無礼図の一味がボンベロたちを殺しにかかります。 店内に立てこもり、爆薬などを仕掛けて侵入に備える二人。 銃も用意し、次はどうするのかカナコがたずねると、こんな時にボンベロは「料理だ」と言い出します。 「一度しか教えない。 よく見てろ」 そう言ってボンベロはハンバーガーを作り、カナコに仕上げを任せます。 ついに無礼図たちが突入。 ボンベロはカナコを通路へと押し出し、菊千代とともに敵を迎え撃ちます。 しかし、人数も武器も圧倒的に不利な状況。 ボンベロはガスを使って爆発を起こし、一時的に無礼図たちを退け、その間に倉庫へ逃げ込みます。 そこの通風孔から逃げるようカナコに指示し、銀行口座と暗証番号のメモが入ったペンダントを手渡します。 二人で逃げようと抵抗していたカナコですが、ボンベロの覚悟を知ると、「いつか私のお店に来て」と彼にキスをして、ひとりで逃げることを選びました。 ついにボンベロと無礼図の決着のとき。 勝利を確信している無礼図と向き合い、ボンベロはスキンの自爆装置を起動させたのでした。 メキシコ・グアナファト。 色のあふるその街で小さな店を開いたカナコ。 その店の名は「Diner」。 死者の日のお祭りである今日、街は仮装した人々で賑わっています。 店の片隅、予約席のテーブルを拭くカナコが入口を見ると、そこには菊千代とボンベロの姿がありました。 カナコはボンベロに抱きつき、ボンベロもやさしい微笑みでそれに応えるのでした。 以上、映画「Diner ダイナー」のあらすじと結末でした。

次の

映画『Diner ダイナー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ダイナー 映画

名前通りカウボーイルックで決め、キャンディをなめながら片言の英語で叫びまくるハイテンションっぷり。 結局は組織から逃げ切れず、カナコが意識を取り戻した時には血だらけの見るも無残な姿に……。 DD ディーディー :(俳優:佐藤江梨子) 役どころ ど派手な化粧と服装でカウボーイと共にカナコの前に現れた女。 カウボーイを「ダーリン」と呼び、熱烈なキスを何度も交わすなど、危険な仕事の最中も終始ラブラブ。 だがカナコと同じく組織に拉致され、ボロボロの姿でクレーンに吊るされるなどの拷問を受ける。 カナコを口汚く罵り、必死で命乞いをするがそれも虚しく……。 ブタ男(俳優:金子ノブアキ) 役どころ カナコをボンベロの食堂(ダイナー)に売り飛ばした組織の男。 当初はカナコもカウボーイやディーディーのようにあっさり殺害する予定だったが、カナコの「料理が得意です。 おいしいものが作れます!」の一言を面白がったことで、カナコの運命が大きく変わる。 ブタのマスクを被った不気味な容姿が特徴的。 マテバ(俳優:小栗旬) 役どころ スキンが仕えるボスで、組織内の東のトップ=東のマテバ。 容姿端麗&頭脳明晰な殺し屋。 美しい昆虫を寵愛する。 かつての組織のトップ=デルモニコの事故死に不審を抱き、密かにスキンに真相を探らせていたが……。 女性ながら、自分の倍以上あろうかという大男たちを冷酷に殺しまくるその腕は確か。 セクシーな衣裳に身を包み、イイ男には目がない。 根っからの女王気質で、その美しさと強さを武器に多くの屈強な男達をかしずかせてきた。 ボンベロが秘密を握っていることに感づき、迷いなく銃を向けるが……。 無礼図(俳優:真矢ミキ) 役どころ 組織内の北のトップ=北の無礼図。 美しき男装の麗人で、腹心の部下・荒裂屈巣と雄澄華瑠を従える。 「美しいことは正しい」という確固たる信念を持ち、ボンベロの料理人としての腕を買っているが、目的のためには手段を選ばない冷酷な一面も。 スキンが秘密を持つようになった理由が隠されている。 孤独な少女時代のカナコをあやす祖母役(俳優:角替和枝) ダイナーに来店する老人(俳優:品川徹) 菊千代 役どころ ボンベロに忠実な唯一の相棒。 なんの躊躇もなく人を殺す、最高にタフなブルドッグ。 巨大な体と凶悪な顔に似合わず、苺が大好物。 過去のウェイトレス役(俳優:中村里砂) 役どころ 過去のダイナーのウェイトレス役 プロフィール 中村里砂(1989年7月12日生まれ、30歳 )で、父親・中村雅俊と母親・五十嵐淳子の三女。 玉川大学芸術学部中途退学、身長160cm、事務所は生島企画室所属。 殺し屋ばかりが集まるレストラン「キャンティーン」 そのキャンティーンで絶品の料理を出すシェフこそがボンベロです。 ボンベロの言うことは絶対。 それが守れなければともに働くウェイトレスでさえ殺します。 ひょんなことからこのレストランのオーナーに買われ、この過酷な状況で働くこととなった、ウェイトレスのカナコ 様々な事情を抱えて殺し屋となる異常な精神状態のお客たちをカナコは、無事にもてなすことができるのか。 このあらすじだけでもおもしろそうですね! 実はこのダイナー、原作は小説なのですが、漫画化もされているんです。 そのため、小説派の方と漫画派の方の両方の指示を得ており、ファンが多いことでも有名な作品です。

次の