アイフォン バッテリー 節約。 iPhoneの電池の減りを抑えるバッテリー節約術まとめ!設定を見直すだけで電池はかなり長持ちになるぞ!

iPhoneバッテリーの減りが早い時、電池を節約して駆動時間を長持ちさせる23の方法

アイフォン バッテリー 節約

「しっかり充電してきたのに、もうこんなに電池が減ってる」、iPhoneユーザーなら誰しもこんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。 「最近、どうも電池の減りが早い…」とお悩みの人のために、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる節約術を一挙ご紹介します。 ここで紹介するiPhoneのバッテリー節約術は今すぐカンタンにできるものばかり。 iPhoneユーザーの方はぜひお試しください。 (モバレコ編集部追記) 本記事はiOS11を搭載したiPhone 8を用いて制作した過去の記事に、最新のiOS13を搭載したiPhone 8の操作方法を追記しています。 「アプリのバックグラウンド更新」を有効にしているアプリ以外はほとんどバッテリーを消費をしないので、使用頻度の低いアプリだけ終了させるようにしましょう。 「明るさの自動調節」をオフにすると 暗い場所で自動的に画面が明るくなるのを防ぐことができるのでバッテリーの節約につながります。 コントロールセンターからも、簡単に明るさを調節できるのでこまめに調整するのも有効な手段です。 フェッチは、 一定時間ごとに確認または手動で受信がないかを確認する方法です。 リアルタイムで確認する必要がない人はフェッチに設定しておくと節電の効果があります。 フェッチの項目で「自動」を選択すると、電源とWi-Fiの両方に接続したタイミングで、フェッチを選択した項目が自動的にバックグラウンドでデータを受信してくれるので便利です。 ・安心安定の通信速度、サポート力 ・最新機種のラインナップが最も豊富 ・「ギガホ」「ギガライト」プランが他社と比較しても自分の用途に合わせて選びやすい ・dカードゴールドの加入で、最新機種がお得に購入でき、他社からの乗り換えによる違約金負担あり。 ドコモ利用料金10%ポイント還元で年会費の元もとりやすい。 手堅いサポートやプランの選びやすさ、機種の豊富さは3大キャリアを含めてもトップで幅広い世代からの支持を獲得しているドコモ。 ドコモユーザーではない方でも、しっかり料金を見直すことで安くできる可能性も十分にあります。 また、オンラインショップ経由での機種変更であれば、契約事務手数料、端末頭金は全て無料です。 オンラインショップ限定のお得なキャンペーンも不定期で実施中。 料金シュミレーションや最新機種のチェックは下記のリンクからドコモ公式オンラインショップにて。

次の

Androidのバッテリーを節約する10の方法 (1/3)

アイフォン バッテリー 節約

24時間以内と7日以内に電池の消費が最も高いアプリを確認できます。 それらのアプリの利用を抑えると、iPhoneの電池が節約できます。 すると、iPhoneのバッテリーを節約して長持ちさせます。 3.電波が悪い時に機内モードに変更する iPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11,iPhone XR, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone 8, iPhone X, iPhone 7, iPhone 6s, iPhone 6などの電波が悪い時は、機内モードに変更してください。 電波が悪い場合、お使いのデバイスが「通信に接続できない」と「通信に接続できる」状態に切り替えて、iPhoneのバッテリーの消耗が激しくなってしまいます。 従って、iPhoneで機内モードをオンにしたら、iPhoneのバッテリーが節約できます。 4.iOSデバイスを再起動する iPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11,iPhone XR, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone 8, iPhone X, iPhone 7, iPhone 6s, iPhone 6などのバッテリー消耗が特に激しくなったり、または発熱が凄かったりする場合、iOSデバイスを再起動することをおすすめします。 iOSデバイスを再起動するには、電源ボタンを長押しして「スライドで電源オフ」をタップする、または電源ボタンとホームボタンを同時に長押ししてください。 すると、iPhoneのバッテリーの減りが早い状況が改善できます。 低電力モードを有効にするとパフォーマンスは落ちますが、通話やメール、メッセージ、インターネットアクセスなどの主な機能を最低限維持したまま、iPhoneの電池の減りが早い状態が改善でき、バッテリー消費が抑えられます。 低電力をオンにするには、次の手順を実行してください:iOSデバイスで「設定」 > 「バッテリー」 > 「低電力モード」をオンにする。 iPhoneで電池の減りが早い場合の対策 - 低電力モードを利用する 6.画面の明るさの自動調節をオフにする 画面の明るさの自動調節機能をオンにすると、周囲の明るさに合わせてiPhoneのディスプレイの明るさが自動的に調整できます。 しかし、画面の明るさが頻繁に変更されると、iPhoneはバッテリーの消耗が早くなってしまいます。 もしiPhoneのバッテリーを節約したいなら、 画面の明るさの自動調節をオフにしてください: iPhoneで「設定」 > 「画面表示と明るさ」の順に選択して、「明るさの自動調節」をオフにします。 その機能を使うと、使っていない時にiPhoneのバッテリーも減りが早いです。 従って、使用頻度の低いアプリ、またはバックグラウンド更新の必要がないアプリは、バックグラウンド更新をオフにすることをおすすめします。 Appのバックグラウンド更新をオフにするには、「設定」 > 「一般」 > 「Appのバックグラウンド更新」に入ってください。 「Appのバックグラウンド更新」をオフにするか、または一部のアプリのバックアップ更新をオフにするかを設定してください。 もし位置情報を使っていないアプリがあるなら、そのアプリの位置情報サービスをオフにするとiPhoneの電池が節約でき、バッテリーの使用時間が延長できます。 位置情報サービスを無効にするには、「設定」 > 「プライバシー」 > 「位置情報サービス」に入ってください。 すべでのアプリの位置情報サービスを無効にする場合、「位置情報サービス」をオフにします。 一部のアプリの位置情報サービスを無効にする場合、下の各アプリに入って、「許可しない」を選択します。 iOSデバイスをリセットするには、「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「すべての設定をリセット」をタップして、すべての設定をリセットします。 バックアップを取っていない場合 - 「iOSデバイスからリカバリー」モードで復元可能• バックアップを取っていた場合 - 「iTunesバックアップからリカバリー」「iCloudからリカバリー」モードで復元可能• iPhone・iPad内に直接復元 - PCだけでなく、データを直接iOSデバイスに戻すこともできる• 個別復元 - 復元したいデータをピンポイントで選べる• その過程に、一時的にiPhoneのバッテリーの消費が激しくなるかもしれません。 ほかの不具合がある場合は、をご参考ください。 もしこの文章はお役に立ちましたら、FacebookやTwitterなどで共有していただけると嬉しいです。

次の

iPhone 11のバッテリー節約術8選!!【iPhone基礎講座】

アイフォン バッテリー 節約

「許可しない」または「このAppの使用中のみ許可」を選択(写真=右) (8)スクリーンタイムをオフにする iOS 12で追加された新機能「スクリーンタイム」も、念のためオフにしておきたい。 同機能を有効にしておくと、アプリの使用時間などを統計的にまとめてくれるので、利用状況を管理しやすくなるが、バックグラウンドでの処理が増えている可能性が高い。 便利な機能ではあるが、iPhoneのバッテリー持ちを伸ばすという意味では、無理に使う必要はない。 ただし、スクリーンタイムをオフにすると、それまでに取得した記録は消えてしまうので注意したい。 同機能を有効にしている場合、「スクリーンタイムをオフ」から無効にする操作が可能(写真=右) (9)Wi-Fi、Bluetoothを非常時にオフにする おなじみの方法ではあるが、Wi-FiとBluetoothは利用時以外はオフにしておこう。 検出できるアクセスポイントや、接続できるデバイスを検知するのにバッテリーを消費するからだ。 ちなみに、iOS 11以降では、コントロールセンターからWi-FiやBluetoothをオフにした場合に、一時的に接続がオフになるだけなので、完全に機能をオフにする場合には、それぞれ「設定」アプリ内から操作を行う必要がある。 関連記事• モバイルバッテリーは多数の製品があり、選ぶだけで一苦労。 今回は「Anker」「Cheero」「RAVPower」の製品をピックアップ。 出力2A以上、残量インジケーターありという実用的な商品に絞り、用途ごとに適した製品を紹介する。 モバイルバッテリーを選ぶ際には、自身の利用スタイルに適した製品を見定めることが重要だ。 今回は、購入前にチェックすべき事柄について、大きく3つのポイントに分けて紹介する。 「容量」「出力」「使いやすさ」を考えたい。 「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の対応をきっかけに、「Qi(チー)」と呼ばれるワイヤレス充電規格に対応する充電パッドが多く登場しました。 どう選べばいいのでしょうか?• Appleが2018年12月31日まで実施していた「特別有償バッテリー交換プログラム」だが、駆け込み需要が殺到するなどで話題を集めていた。 その騒ぎに気軽に参戦した筆者のいきさつをお届けしよう。 「Appleは旧iPhoneの動作を意図的に遅くしているのではないか」という疑惑について同社がコメント。 減速の要因として、バッテリーの経年劣化とソフトウェアアップデートを挙げている。 iPhone 6以降のバッテリー交換費用を値下げする。 関連リンク•

次の