あけがらしとは。 【楽天市場】創業二百余年 山形 山一醤油《あけがらし》熟成にお時間かかります からし麹 お鍋に お豆腐に 秘伝の味:佐野みそ亀戸本店

ˆoˆ )/』by ドナリー : 川の駅・最上峡くさなぎ (【旧店名】最上川リバーポート)

あけがらしとは

先日、作曲家/ピアニスト・中島ノブユキさんの新作アルバム『散りゆく花』の先行販売と演奏会を兼ねたイベントが開催された。 私は演奏曲の合間に、楽曲解説的なことを中島さんと話す、という役回りだったのだが、室内楽アンサンブルによる演奏も素晴らしい、実に楽しい会であった。 会場は「フクモリ」の神田万世橋店。 フクモリは、山形の旅館3軒によるカフェ兼定食屋で、山形の食材を使った、素朴さと洗練が共存した料理をいただける。 この5月で6周年を迎える馬喰町店と、万世橋駅の遺構を利用した商業施設「マーチエキュート神田万世橋」の中にある神田万世橋店の2店舗があり、私はどちらもいろいろとお世話になっているのである。 イベントを終えてひと段落した店内で、気になるものを見つけた(フクモリでは食事や飲み物を提供するほか、食品、雑貨なども販売しているのだ)。 小体なガラス瓶の上部には紙が被せてあって、「あけがらし」と書かれている。 「明烏」なら知っているがあけがらしとは初耳だ。 瓶に巻かれた説明書きを読んでみると、 【お召し上がり方一例】 ・温かいご飯にのせて ・納豆に入れて ・季節の野菜、山菜に ・豆腐料理に などと書かれている。 最初の2例が朱で書かれているところをみると、これが推奨ということなのだろう。 瓶の中には茶色い醪(もろみ)のようなものが入っている。 ところで私は、おかずをごはんの上に置いて食べるというのがさっぱり分からない。 おかずはおかずとして、ごはんはごはんとして食べたいのだ。 ごはんの上におかずを置くと、ごはんとおかずが同化してしまうのが、なんだか申し訳ない気持ちになる。 それだから、例えば麻婆豆腐なんかもごはんにかけて食べることは絶対にやらない。 だったら丼ものを注文すればよろしい。 しかし、ごはんの上に置かれるべきものーーふりかけ、納豆、岩海苔の佃煮、生たまごなどーーは大歓迎。 先だっても、椎名誠の『玉ねぎフライパン作戦』の最後の回、「わが人生で一番うまかったもの」に「納豆に(芥子たっぷし!)」とあったので、思わずそのようにして食べてしまった。 そんなわけで、フクモリで見つけたあけがらしも迷わず買い求めた。 何せ「温かいご飯にのせて」をお勧めしているのだから。 あけがらしは、寛政元年(1789年)創業という山形県の「山一醤油」の製品。 原材料は米麹、芥子、麻の実、生絞り醤油、三温糖というもので、製法は創業家にのみ代々受け継がれているという。 元々は名称もなく、一族の婚姻などのめでたいときに身内用に仕込むものだったそうで、山一醤油のホームページに拠れば、これは一族本家の跡取り息子の結婚式初夜のときに作る、という意味であり、つまりあけがらしはある種の強壮剤として伝えられてきたものなのである。 名前もなかったこの芥子糀に名がついたのは大正の頃だそう。 山一醤油の七代目が学生時代、東京の寄宿舎で同部屋だった谷川徹三(作家、哲学者で谷川俊太郎の父)と、部屋で田舎から送ってきた芥子糀をつまみに酒盛りをしていたとき、谷川が「落語にも『あけがらす』てぇ話があるし、祝言の時だけの目出度くてウメー食べもんだから、メデテー芥子ってことで【あけ(明と開をかけて)がらし(芥子)】ってなぁどうだ?」(製品付属の説明書より)と言ったことから「あけがらし」となったという。 名称を見て「明烏」を思い浮かべたのはあながち間違いではなかったのだ。 さて、お勧めされている通り、ごはんにのせて食べてみた。 甘さと辛さが混ざり合った味わいで、どちらかというと味噌に近い。 カリッとした歯ごたえのある麻の実が食感にメリハリをつけていていい。 手作りのものなので、おそらくは味に個体差があるのだろうが、ごはんの上にのせていただくものとしては実に私好みであった。 落語「明烏」は、21歳にもなるというのに本ばかり読んでいる堅物の息子を案じた父親が、遊び人の2人に頼んで息子を「浅草の観音さまのうしろの方角にあるお稲荷さまにお籠りをする」と騙して吉原に連れて行ってもらうという話である。 途中で種明かしがされ、若旦那は嫌がるが、最終的には吉原きっての美人花魁と一夜を共にする。 遊び人2人は成果なしで朝を迎え、さぁ帰ろうと若旦那を起こしに行くと花魁も「若旦那、みなさんがああおっしゃるんですから、お起きなさいましな」と言う。 ところが若旦那「えっへっへっ、花魁は口では起きろと言ってますけど、布団のなかでは、あたくしの手をぐーっと抑えて……」。 谷川徹三は、つまんでいた芥子糀が強壮剤でもあるということを聞かされていたのだろう。 そうでなければ、「明烏」の話は思い浮かぶはずもない。 あけがらしの原材料を見ても、取り立てて強壮作用を期待出来そうなものは含まれていないので、いわゆるプラシーボ効果というところが大きいのだろうが、そこは鰯の頭も信心から、である。 これから暑くなれば、よく冷やした野菜につけてガブリとやるのもいい。 あるいは冷奴に大葉とあけがらし。 ビールにも合いそうだ。 セレクトショップBEAMSの社長直轄部署「ビームス創造研究所」に所属するクリエイティブディレクター。 音楽部門〈BEAMS RECORDS〉のディレクターも務める。 執筆、編集、選曲、展示やイベントの企画運営、大学講師など、個人のソフト力を主にクライアントワークに活かし、ファッション、音楽、アート、文学をつなぐ活動を行っている。

次の

醤油屋の隠れ味「あけがらし」

あけがらしとは

シルバーウィーク、初日はオット仕事。 がっつり6日働いたオットに休みを与えず、 愛車GOGOステップ号に布団などを積んで、Pキャンの旅。 (このために、羽布団を洗ってふっかふかにしておいたのさ) Pキャンとは、パーキングキャンプのこと。 つまり、車中泊旅行ですね。 車の窓には純正のカーテンつき、寝るのも着替えも安心です。 何より、天候を見て出発できるのが最大の魅力。 今回も連休の天気予報がとってもよかったので、決行。 雨だと、計画や準備をしても見送ることが多い我が家です。 今回の行き先は、山形県。 ETCがつけられなかった我が家、 なるべく高速を使わず移動できる場所を・・・ってことで。 旅のテーマは「B級グルメと酒と大自然」にしました。 その旅行記はあとまわし、いきなりお土産の話題からスタート! 山形は、おいしいものに溢れていまして~。 最初にのせた写真は、買ってきた食べ物&飲み物(お酒ばっか)たち。 左:1日目に「鶴岡市」などで買ったお土産 中:2日目に「銀山温泉」などで買ったお土産 右:3日目に「山形市」などで買ったお土産 よって、帰ってきたらすぐに、味わってみたくてたまらない! まずは・・・ おやつに、山田家さんのふうき豆を頂く! 日持ちしないので、自宅用に300g入り袋詰め2個を購入。 合計600gは、結構な量がありました。 これで1000円はお買い得です。 晩ごはんには、山形をしのんで「芋煮」を作りました。 でも・・・色んなスーパーをめぐってみて思ったのですが。 芋煮は、料理名ではなくイベント名のような気がしました。 BBQのような・・・屋外でワイワイ楽しんで作って食べるもの。 なので、キッチンで作って食べるのは、厳密には芋煮ではないのかも。 山形市内の、普通の八百屋さんでみかけた「もって菊」。 ビニール袋にたっぷり入って、100円。 新潟でも紫の食用菊(かきのもと、と呼ぶ)は食べます。 でもこんなに安く売られてはいません。 たっぷりの熱湯に酢を入れて、さっと茹でて食べます。 ってなワケで出来上がった、山形旅行をふりかえる晩ごはん。 オット手打ち蕎麦に加えて・・・。 芋煮(風)、もって菊の二杯酢、あけがらし添えの野菜。 とは、谷川俊太郎さんのお父様が名付け親といわれる、 ピリッと芥子の風味が利いた、糀・・・の醤油漬け?です。 「道の駅いいで」を通る時にはたいてい買います。 1瓶715円。 (値上がりしたかも・・・、オンラインショップでは683円だし) 今回、9月15日に瓶詰めされたものを待ちきれず開封。 なので、まだ糀の粒粒がしっかりしていて、若い味。 もうちょっと寝かせておいても、よかったかも~。 「十四代」という、とっても有名な日本酒を作っている蔵の本醸造。 オット曰く、「本醸造なのに、吟醸のよさも感じさせる」お酒だそう。 ツマは飲めないのでわからないけれど・・・。 お料理ブログチェックサイト「レシピブログ」に登録しています。 只今、ランキング参加中です。 クリックしていただくと、このブログに投票いただいたことになります。 (クリック後、別ウィンドウで「レシピブログ」が表示されます) いつも応援、ありがとうございます。 レシピブログOH!みつみつのマイページは * 明日から、旅行記を書こうと思います。 私の私的な旅行なんてのせても・・・とも思ったのですが、 今回の旅は「るるぶ山形」に加えて、ブログの情報が大変に役立ち。 なので、私もこの後山形を旅される方(B級グルメ派の方)や、 Pキャンを始められる方にちょっとでも役に立てたら、と考え。 そういう観点で、記録を残したいと思います。 iloveinuyashaさん、できればフォローをお願いいたします! (不確実な情報の場合は、厳しく添削して下さいっ).

次の

あけがらし: 杜の都仙台 なつかしblog (ココログ版)

あけがらしとは

Contents• 口コミは高評価ですが、お値段が割高なのが難点。 ホントにこれは、今まで食べたことのない新感覚瓶詰! 醤油味の味噌に山椒や芥子でピリッとアクセントがきいてる感じ とでもいいましょうか。 そのまったりとした食感と辛味と塩味の 絶妙なバランス。 食べ方は瓶詰のラベルにも表記がありますが、ごはん、 納豆、酒のおつまみにそのまま、冷奴、サラダ、焼き魚等 何にでも合いそう。 山形県長井市のお醤油屋さん「山一醤油」さんで作っているそうです。 購入できる場所もかなり少ない商品ですが、道の駅で見つけ、購入しました。 瓶のフタをあけ、ぺろんとひとなめ………うまっ!! なじみがない味という訳ではないのに、確実に初めての味。 味噌のようなねっとり感があり、甘辛い風味。 ちょっとピリ辛です。 麻の実のプチプチ感、米麹のつぶつぶ感も楽しい。 もろきゅうにも合うし、クリームチーズと合わせても美味! カルパッチョやお刺身のような生魚料理に添えても相性がよく、 一気に料理の格があがる感じがします。 でも、炊きたてのご飯にのせて「はふっはふっ」と、 空気を含ませながら、かきこんで食べるのがやっぱり一番好きです。 そのわけは、2019年8月24日旅サラダにて氷川きよしさんが山一醤油のあけがらしを作っている本店に来店され、「あけがらし」を紹介したようです。 その反響が想像以上に大きく今現在品薄状態となっているようです。 どんな味?• 米と醤油の旨味と辛子のピリリとした味です 食べ方は?• 熱々のご飯乗せて食べる• もしくはそのまま舐めてお酒のお供に• 納豆に混ぜたり、肉料理や豆腐料理のアクセントに レシピは無限大で、自分にあった食べ方を研究してみてください!.

次の