えんどう豆 卵とじ。 さやえんどう レシピ?卵とじ?お菓子?

えんどう豆とグリーンピースの違い!えんどう豆に似た豆の違いまとめ

えんどう豆 卵とじ

実だけを食べるのか、さやも食べれるのか 今回紹介していく豆類は、いんげん豆とえんどう豆の2種になります。 そしてこの2種類はさらに「さやいんげん」「さやえんどう」というカテゴリーが存在し、さやえんどうの中には「きぬさやえんどう」「砂糖えんどう」「スナップえんどう」が含まれています。 以下の図を見てもらえれば、わかりやすいかもしれませんね。 今回はこれらの豆類について、1種類ずつ詳しくみていきます。 いんげん豆 いんげん豆はマメ科の一年草です。 金時豆などもこの仲間 で、主に煮豆や甘納豆に使用されています。 原産地はメキシコなど南米地域とされ、日本へ伝来したのは江戸時代に入ってからになります。 現在では成熟する前に若取りしたものをさやごと食べるのが一般的で、これはいわゆるさやいんげんのことを指します。 さやいんげん さやいんげんは、いんげん豆の若いさやのこと です。 ほのかな甘みがあり、食感良好 です。 筋がありますが取らずとも調理に支障はありませんが、気になる方は取りましょう。 主にバター炒めなどの炒め物、胡麻和えなどの和え物に用いられています。 また、普通のさやいんげんとは別に、さやが平らなモロッコいんげんという品種のものもあります。 えんどう豆 えんどう豆は、マメ科の一・二年草です。 原産地は地中海地方だといわれ、日本へは10世紀ごろには伝来していたようです。 いんげん豆同様に中の実だけを食べるものと、さやごと食べるものとがあります。 中の実だけを食べるのは実えんどう(グリーンピース) となり、さやから実を抜いた状態で流通しています。 さやごと食べるのはきぬさやえんどう・砂糖えんどう・スナップえんどうの3種類 となります。 ここではまず実えんどう(グリーンピース)について解説していきます。 実えんどう(グリーンピース) 実えんどうとはわかりやすくいえばグリーンピースのこと で、その名のとおり、えんどう豆の実の部分を指しています。 さやは硬いため、この実の部分だけを食べます。 主にかつ丼やシュウマイなどの彩りとして使われることが多いのですが、豆ごはんなどメインの食材としても使われます。 この実えんどうですが、ほとんどが缶詰や冷凍など加工品となっており、生の実部分は旬である春先~初夏の時期にしか流通していません。 新鮮な生のグリーンピースは缶詰や冷凍品とは違った風味が感じられるため、見かけたら是非一度食べてみて下さい。 さやえんどう 上述していますが、 さやごと食べられるえんどう豆の品種を称してさやえんどう と呼びます。 ですから、さやえんどうの中にきぬさやえんどう・砂糖えんどう・スナップえんどうといった品種が存在しているということになります。 それでは3品種について詳しくみていきましょう。 きぬさやえんどう さやえんどうの1種であり、代表的な存在でもあるきぬさやえんどう。 えんどう豆が大きくなる前に収穫した未熟なさやなので、 中の実も小さく、さやもペラペラの薄さ です。 さやが薄くとも 食感はよく、またほのかな甘みがあります。 色合いが鮮やかなので、ちらし寿司などの彩りのアクセントや卵とじなどの煮物に用いられます。 砂糖えんどう こちらもさやえんどうの1種で、きぬさやの品種改良で生まれた品種です。 きぬさやに比べて さやが厚めでふくらみがあり、豆も少し大きく なっています。 特徴はその甘さ で、なんと糖度10度以上になることもあるのだとか。 スナップえんどう さやえんどうの1種でありますが、なんとアメリカから輸入された品種となります。 砂糖えんどうがきぬさやえんどうの品種改良で生まれたのに対して、こちらは実えんどうを品種改良したものとなっています。 実えんどうではさやは食べられませんでしたが、品種改良によってさやも食べられるようになりました。 さやは分厚いですが柔らかく、中の豆はかなり大きめ です。 その味は 甘みが強くまた、ポリポリとした食感 があります。 付け合わせやサラダ、炒め物にどうぞ。 主な産地 いんげん豆では北海道や福島といった寒冷地で、えんどう豆では和歌山や鹿児島といった温暖地 で多く生産されています。 特に鹿児島は、いんげん豆・えんどう豆どちらの生産量ともにトップクラスで、豆類全般の生産が盛んな地域だといえるでしょう。 鮮度チェック方法 これら豆類の鮮度チェックは、かなり簡単です。 なぜなら、傷んだものはさまざまな変化が出るので、わかりやすいからです。 まず グリーンピースの場合、鮮度が落ちてくると実から芽が出てきます。 しかしじゃがいもとは違って芽に毒はないので、芽を取れば食べられます。 綺麗な円形ではなく 押しつぶされたような形になっているものや、黄色っぽく変色しているものも劣化しています。 その他の えんどう豆やいんげん豆は、傷んでくると一部分から白カビが生えたり、茶色く変色 してきます。 これらの傷みはパック物の場合、重なり合って見えない部分にも表れていることがありますから、ぱっと見がきれいでも中を開けるまでわかりませんので要注意です。 その他の劣化サインとして、 色が鮮やかな緑色ではなく、くすんだ色に変色すること があげられます。 これは新鮮なものと見比べるとすぐにわかります。 ここまで、いんげん豆とえんどう豆の品種について紹介してきました。 たくさん種類がありましたが、一番なじみ深いのはグリーンピース(実えんどう)なのではないでしょうか。 きぬさやえんどうも、ちらし寿司などで食べたことがあるかと思います。 これらはそれぞれボリューム感も異なっているので、料理に合わせて使い分けをするといいですよ。 例えば、彩りにはきぬさやえんどうやグリーンピース、つけあわせにはさやいんげんやスナップえんどう…といった具合です。 上手く使いわけができるようになれば、立派な豆類マスター(?)です!.

次の

さやえんどう レシピ?卵とじ?お菓子?

えんどう豆 卵とじ

うすいえんどうを使ったレシピ うすいえんどう豆は意外と色々なレシピに応用が可能です。 ネット上などでもかなり多くのうすいえんどう豆を使ったアレンジレシピが存在します。 どのレシピも基本的にはうすいえんどう豆の鮮やかな緑を活かせるように作られています。 せっかくうすいえんどう豆を使ったレシピを作るなら鮮やかな緑を活かして食卓を彩るのがおすすめです。 では、うすいえんどうを使ったレシピにはどのようなメニューがあるのでしょうか。 うすいえんどう豆の豆ごはん 2. うすいえんどう豆の卵とじ 3. うすいえんどう豆と厚揚げの煮物 4. うすいえんどう豆のチーズロースト 5. うすいえんどう豆とゆで卵のサラダ 6. うすいえんどう豆のかき揚げ 7. うすいえんどう豆のポタージュ 8. うすいえんどう豆の温サラダ 9. 焼きうすいえんどう豆 10. うすいえんどう豆のトマトパスタ 続いて、それぞれのレシピの特徴を詳しくみていきます。 うすいえんどう豆の豆ご飯 うすいえんどう豆の美味しさを堪能しようと思えば最もベーシックなレシピである豆ご飯がおすすめです。 何といっても豆ご飯のレシピは簡単なのも特徴で、レシピ通りの分量でうすいえんどう豆と塩と酒をお米と一緒に炊くだけで美味しく仕上がります。 豆ご飯を食べれば春の代謝が上がる時期を元気に過ごせるので縁起のいいご飯としても有名です。 春になったらぜひ作りたいレシピの一つです。 お花見のお弁当なども豆ご飯でおにぎりを作ったりすれば見た目にも華やかで人気です。 さらにあわせて他のうすいえんどう豆のレシピをお弁当に入れればお弁当が華やかになります。 うすいえんどう豆の卵とじ うすいえんどう豆の定番レシピの一つにはうすいえんどう豆の卵とじがあります。 卵とじはだし汁に砂糖と醤油、みりんというベーシックなレシピなので簡単で色が鮮やかな仕上がりが人気です。 うすいえんどう豆さえ茹でておけば簡単に作れて食卓が華やかになる副菜です。 また日本酒などのおつまみとしても人気なので小料理屋などでもよく見かけます。 普段から小分けにしたうすいえんどう豆があれば急な来客があったときでもすぐに作れる時短レシピです。 うすいえんどう豆と厚揚げの煮物 うすいえんどう豆は煮物にするのも人気です。 うすいえんどう豆は味が染みやすく見た目が鮮やかなので茶色くなりがちな煮物にも花を添えてくれます。 普段から作っている煮物のレシピも春になったらうすいえんどう豆を加えるだけで季節を感じられるレシピに早変わりです。 食卓に茶色が多い人ほどおすすめのレシピです。 うすいえんどう豆のチーズロースト チーズローストはチーズをまぶした食材をオーブンで焼き上げるレシピですが、うすいえんどう豆で作ったチーズローストも人気です。 下茹でしたうすいえんどう豆にオリーブオイルなどをかけて粉チーズをまぶしてオーブンで焼くだけでおつまみとしても活躍するレシピの完成です。 うすいえんどう豆は和食のイメージが強いと思いますがチーズローストにすればワインにもあわせられるのでイタリアンとしても活躍します。 うすいえんどう豆とゆで卵のサラダ うすいえんどう豆のサラダは見た目が鮮やかなので春のピクニックなどでも人気のレシピです。 中でもゆで卵やツナなどを合わせたレシピはたんぱく質などの栄養もとれるバランスのいいサラダです。 うすいえんどう豆と卵は相性が良いので卵とじと同様に人気のある豆レシピです。 見た目にも緑と黄色で鮮やかなサラダになります。 うすいえんどう豆のかき揚げ うすいえんどう豆のかき揚げは節約レシピとしても人気です。 通常ならうすいえんどう豆のさやなどは捨てますが、かき揚げなら使うことが可能なので普通のレシピよりも食材費を節約することが可能です。 普段からかき揚げを作る人なら春には特におすすめのレシピです。 かき揚げは初めてだという人でも意外に簡単なので人気のレシピです。 うすいえんどう豆のポタージュ ポタージュは一手間がかかりますが、味に深みがあっていつもと一味違った味が楽しめるレシピです。 各材料を炒めたあとにミキサーにかけてつぶしますが、ブレンダーなどを使えば鍋の中で作れるので簡単に作れます。 ポタージュは裏ごしなどをしなくても美味しくいただけるので初めての人も挑戦する価値のあるレシピです。 うすいえんどう豆の温サラダ うすいえんどう豆のサラダには温サラダのレシピもあります。 下茹でしたうすいえんどう豆に玉ねぎやベーコンなどを炒めて混ぜるだけで普段とは違った春らしいレシピに仕上がります。 温サラダはあわせる野菜や肉類を変えれば飽きることなく何度でも食べたくなるレシピです。 焼きうすいえんどう豆 焼きうすいえんどう豆は焼くだけのレシピですが、うすいえんどう豆の美味しさを堪能できて簡単に作れる人気レシピです。 筋だけとればさやごとアルミホイルに乗せたうすいえんどう豆を焼くだけなので他の料理を作りながら作れます。 味付けはなくてもうすいえんどう豆の味だけで楽しめるのが焼きうすいえんどう豆の特徴ですがお好みで塩をかけるのもおすすめです。 うすいえんどう豆のトマトパスタ うすいえんどう豆はパスタに合わせるのも人気です。 特にトマトとあわせると鮮やかなパスタが作れます。 うすいえんどう豆はトマトとの相性が良いので他の食材を変えれば何度でも楽しめるレシピです。

次の

うすいえんどうの人気レシピ10選!卵とじや煮物など定番レシピも紹介

えんどう豆 卵とじ

名称 うすいえんどう (紀州うすい) 分類 マメ科エンドウ属 主な産地 和歌山県、大阪府など 種まき時期 11月~12月頃 収穫時期 露地栽培:4~5月頃ハウス栽培:12~4月頃 うすいえんどうの特徴 うすいえんどうの特徴としては、実が大きく上品で繊細な甘みがあり、ほくほくとした食感が特徴です。 グリーンピースと比べて皮が薄く青臭さも少ない。 色はグリーンピースに比べて少し黄緑に近い色合いです。 関西地方では古くから春を告げる旬の食材として「豆ご飯」や「卵とじ」といった料理で親しまれてきました。 一般的にグリーンピースと呼ばれている種類の豆ですが、冷凍物や缶詰等とは違い、豆ご飯や卵とじなど、様々な料理に使える春の旬野菜として関西では親しまれてる食材です。 和歌山県の特産品で、中でも日高地方が一大産地となっています。 関東方面にはあまり出回っておらず、主に関西地域で流通、消費されています。 日高地域の栽培面積は約205ha。 毎年5月4日の緑の日はうすいえんどうの日。 和歌山県では記念日に合わせて豆むき大会等のイベントも開催されています。

次の