ビジネスソフト。 2012年ビジネスで活躍したフリーソフト5選Windows編 [フリーソフト・シェアウェア] All About

パソコンを便利にするフリーソフト

ビジネスソフト

ダウンロードサイトは(開発者サイトへ) パソコンのパスワード、グループウェアのパスワード、基幹システムのパスワード、顧客管理システムのパスワード、電子申請システムのパスワード、、、と会社内だけもたくさんのパスワードがあります。 筆者の会社でも、「パスワードを忘れてしまいました」という問い合わせが後を絶ちません。 社内のパスワードならまだしも、取引先とのデータ共有ストレージのパスワードや、電子調達のパスワードを忘れたなんてなると信用問題です。 「ID Manager」はソフト自体を起動するときに入力するパスワードを一つ覚えていれば、その中に全てのパスワードが記憶させられるので安心です。 しかも、インターネットとリンクさせれば、自動でユーザー名パスワードを入力させることも可能。 そんなユーザーにとって救世主となるのがこのOfficeインタラクティブガイドです。 Office2003の画面で操作をすると、それが2010のリボンインターフェイスのどこにあるのかをアニメーションで教えてくれます。 ガイドの使い方も煩わしくないので、これがあれば大抵の人は黙って2010に乗り換えてくれます。 クラシックモードとしてOffice2010上に2003のインターフェイスをそのまま再現するソフトもありますが、いつかは慣れなければいけないリボンインターフェイスなので、手助けはガイド程度に抑えておきましょう。 「ヴァルヘルIPコンフィグ」 WindowsのIPアドレス切り替えツール ダウンロードサイトは(Vectorへ) 未だにデスクトップにアイコンを敷き詰めて仕事をしている人は多いです(特に40代以降) そしてアイコンの配置が変わると急に「作業効率が落ちた。 仕事にならねー」などと言い始める始末です。 ちょっとした操作ミスや、ヘルプサポートの時にアイコンの位置が自動整列で変わってしまうケースは大いにあるのでFencesでアイコンの位置を固定しておくように案内しておきましょう。 筆者も社員に紹介したときに「そんなにアイコンの並び順が大切なんだ」とびっくりするほど喜ばれました。 推奨のフリーソフトを選定上の注意点 その他にも社内で使用しているフリーソフトはありますが、推奨ソフトとして選定するポイントをまとめておきます。 メジャーであること 人気があるということはそれだけ多くの環境で安定的に使用されているということを意味します。 ネットで検索をかけたときに上位に表示されるソフトを選ぶのが基本です。 開発が続いていること Windowsのバージョンアップや、細かいセキュリティープログラム更新の影響で動作に不具合を生じた場合も、開発者のサポートが続いていて不具合を修正してくれれば安心して使い続けることができます。 Windows XP時代に人気を博したフリーソフトもWindows7や8の対応状況を調べることで、現在も生きているのかどうかを判断することができます。 動作が安定していること 同じことができるソフトであっても、プログラム内でのメモリーの使い方次第でフリーズが頻繁に起こるものとそうでないものに分かれたりします。 基本的にはスペックの低いPCで動作確認をして、問題なければいいのですが、新しい世代のCPUに対応していないばかりにフリーズを頻発するというケースもあります。 OSだけではなく、複数のハードウェア上でテストしてあらゆる環境で安定して動くソフトを選定しましょう。 余計な広告などを表示しない 開発者のメリットを度外視した意見ですが、会社で使うとなると変な広告や外部に情報発信をしてしまうソフトは避けるべきです。 インストール時の注意を促す フリーソフトをインストールするときに余計なツールバーやセキュリティソフトが入らないように、インストールウィザードは注意して見るようにアナウンスしておきましょう。 できれば全てマニュアル化しておくことをお勧めします。

次の

2012年ビジネスで活躍したフリーソフト5選Windows編 [フリーソフト・シェアウェア] All About

ビジネスソフト

ビジネスシーンでよく使われる「ソフト面」と「ハード面」には、次のような意味と違いがあります。 オフィスで「ハード面で不足しているものがあれば連絡してください」と言われた場合、パソコンや筆記用具、椅子やテーブルなど有形のものが不足していないかどうか確認します。 「新入社員にソフト面でのケアをしておいてください」と言われたときには、マニュアルの浸透や心身のケアなど目に見えないサポートを指すことが多いです。 ちなみに、どちらにも共通している「面」には、方面や分野、その領域という意味があります。 ビジネスシーンで「ソフト面」や「ハード面」を使用することが多いのは、1つずつこれとそれとあれに関してと説明すると手間でもあり煩雑になるという背景が。 具体的に何を指しているかは、話の内容や職種、シチュエーションにより異なるので注意が必要です。 ここからは、「ハード面」と「ソフト面」を具体的にどのように使いわけるのかご紹介します。 生産効率を上げるという場面ならことであれば、ハード面ではより良い機械のを導入や最新の機器への買い替えなどを行い、ソフト面では人員配置の見直しや技術研修などを実施するという使い分けが可能です。 どのような取り組みや問題にも、ソフトとハードの両面が存在します。 両者をしっかりと使い分けて提示することで、伝えたいことや問題点がより明確になるでしょう。 ハード面、ソフト面という言葉は、省略してハード、ソフトと使う場合があります。 どちらも日本国内では充分コミュニケーションがとれるので、ビジネス用語としても一般的に使われています。 しかし、ハード面やソフト面は日本語的特有の表現でもあり、外国人には伝わりません。 コンピューター関連でのハードウェアやソフトウェアは英単語にもあるため通じますが、ハード面、ソフト面は違う言葉に置き換える必要があります。 ハード面はtangible、ソフト面はintangibleと表現すれば誤解されずに伝わります。 実際に使う際にはtangible elements(有形要素)、intangible elements(無形要素)という形になります。 グローバルな企業の場合には、相手に伝わる言い回しをする工夫も必要です。 【こんな記事も読まれています】 「アジェンダ」「ゼロベース」「インフルエンサー」「アントレプレナー」「コンセンサス」などのビジネス用語もおさえておきましょう。 次は「エビデンス」「ボトルネック」「フィックス」「インバウンド」「マネタイズ」「ステークホルダー」「ソルーション」などの言葉です。 「インライン」という言葉、何となく使っていませんか? 「インハウス」というビジネス用語もあります。 これも自然に使えるようにしておきたいですね。

次の

事業案内

ビジネスソフト

PICK UP ITEM ピックアップ商品• 84,800円 内税• 94,800円 内税• 7,500円 内税• 288,000円 内税• 48,000円 内税• 79,800円 内税• 49,800円 内税• 7,980円 内税• 4,980円 内税• 7,500円 内税• 7,980円 内税• 49,800円 内税• 138,000円 内税• 128,000円 内税• 25,000円 内税• 13,150円 内税• 428,000円 内税• 6,450円 内税• 17,980円 内税• 39,800円 内税• 9,500円 内税• 11,800円 内税• 18,780円 内税• 26,780円 内税• 8,550円 内税• 440,000円 内税• 33,900円 内税• 45,000円 内税• 1 7,980円 内税• 2 138,000円 内税• 3 49,800円 内税• 4 11,500円 内税• 5 6,980円 内税• 6 21,500円 内税• 7 7,750円 内税• 8 10,200円 内税• 9 39,800円 内税• 10 55,000円 内税• 11 18,780円 内税• 12 26,780円 内税• 13 8,550円 内税• 14 440,000円 内税• 15 33,900円 内税• 16 45,000円 内税• 17 12,500円 内税• 18 250,000円 内税• 19 7,200円 内税• 20 498,000円 内税• 21 5,980円 内税• 22 8,000円 内税• 23 8,000円 内税• 24 8,850円 内税• 25 6,500円 内税• 26 99,800円 内税• 27 22,500円 内税• 28 198,000円 内税• 29 21,187円 内税• 30 44,800円 内税• 31 23,600円 内税• 32 38,150円 内税• 33 13,700円 内税• 34 4,100円 内税• 35 39,800円 内税• 36 9,000円 内税• 37 8,500円 内税• 38 8,180円 内税• 39 1,600円 内税• 40 9,758円 内税• 41 12,200円 内税• 42 12,800円 内税• 43 9,200円 内税• 44 9,650円 内税• 45 8,500円 内税• 46 16,500円 内税• 47 39,800円 内税• 48 38,600円 内税• 49 14,800円 内税• 50 5,980円 内税• 51 21,980円 内税• 52 69,800円 内税• 53 41,200円 内税• 54 7,400円 内税• 55 5,470円 内税• 56 3,300円 内税• 57 3,300円 内税• 58 3,300円 内税• 59 3,300円 内税• 60 5,680円 内税• 61 6,590円 内税• 62 6,410円 内税• 63 69,800円 内税• 64 9,800円 内税• 65 31,800円 内税• 66 25,800円 内税• 67 5,980円 内税• 68 53,000円 内税• 69 56,800円 内税• 70 190,000円 内税• 71 7,240円 内税• 72 12,320円 内税• 73 9,900円 内税• 74 13,800円 内税• 75 31,980円 内税• 76 49,998円 内税• 77 48,975円 内税• 78 8,800円 内税• 79 99,800円 内税• 80 34,700円 内税• 81 8,800円 内税• 82 6,300円 内税• 83 39,800円 内税• 84 11,450円 内税• 85 8,800円 内税• 86 18,140円 内税• 87 8,000円 内税• 88 9,000円 内税• 89 163,500円 内税• 90 17,000円 内税• 91 25,000円 内税• 92 125,000円 内税• 93 SOLD OUT• 94 SOLD OUT• 95 SOLD OUT• 96 SOLD OUT• 97 SOLD OUT• 98 SOLD OUT• 99 SOLD OUT• 100 SOLD OUT• 101 SOLD OUT.

次の