自転車 ブレーキ 調整。 自転車修理工賃

自転車ディスクブレーキ(機械式) 遊びの調整

自転車 ブレーキ 調整

皆さまご存知のようにディスクブレーキ位置出しは重要です。 リムブレーキの場合はホイールのブレがあると変に効きムラが生じるわけですが、ディスクブレーキの場合はリムのヨレはそれほど問題にはならない代わりに、ディスクとキャリパーの位置のずれは繊細さを求められます。 ブレーキかかりっぱなしみたいな感じになりますので。 では油圧式から。 油圧式は簡単です。 油圧式の場合、位置さえ決まってしまえばブレーキパッドの消費分は内部で調整してくれるので問題ないです。 もしブレーキフルードが足りなくなれば足してやるか、ブリーディングの時に調整すればよし。 では肝心の位置出し法はブレーキを握った位置で固定する。 これだけです。 では順を追っていきます。 いわゆるピボットマウントやフラットマウントだとこのように台座のネジを二箇所緩めます。 台座の種類に関してはこちらをご参考に すこーし 二箇所緩めるだけです。 これだけ緩めちゃうと、横に動くだけじゃなく、縦にも動き出すのでもう一度締めましょう。 横方向にカタつくぐらいで十分。 この状態でブレーキを握るとちょうど中心にキャリパーが来ますので あとはずれないように先ほどの二箇所のネジを締めればオッケー。 今回は前ブレーキが右にしてるので作業上握りながらネジを締めれないので100均のベルクロテープに握ってもらってます。 この握る強さですけど、軽ーく握ってディスクにブレーキパッドが両方当たってる感じがベストと私は思います。 いわゆる軽く握って速度調整してるときに均等にブレーキかけれるようにって感じです。 強く握ってしまうとキャリパーが少しよじれたりして、ちゃんと真ん中で固定できないように思います キャリパーが安いやつだとその傾向が高い気が…。 ネジを締める時は交互に少しずつせっかくのセッティングを崩さないように固定しましょう。 あとは問題ないかタイヤを空回ししてディスクの干渉音が無いかを確認って感じですね。 これは握った状態でパッドが密着している状態から、ブレーキを離すとパッドが左右均等に動いてくれる油圧の話です。 番外編として、やっぱりスリスリするなーって方。 パパっと一発で決めるにはこれも便利。 使い方は。 いるといえばいるし、いらないといえばいらないけど、コスパ最高ですよ! では、機械式は?って話ですね。 こっちもコツを掴むとすぐできますが、油圧よりも微妙に時間を食います。 機械式と油圧式の違いについては 一部のモデルを除き、レバーを引いたときに動くのは片側です。 これが原因。 先ほどのように握った状態で合わせると、動かない側のパッドに押し付けた状態で固定されるのでダメなんです。 ですので機械式の調整時には私は握りません。 最初に油圧と同じように台座を軽く緩めます。 そしてワイヤーの引きしろを少し詰めます。 レバー側で調節してもいいし ワイヤーの長さをキャリパー側で詰めてもいいです。 次にホイール側から覗くと丸い銀色の部分が見えますのでここをアーレンキーで調節します。 この部分は多かれ少なかれ同じような構造になってますが、色とかは違いますのでお手持ちの物と見比べてください。 ちなみに写真のものはシマノのpromaxです。 右に回すとパッドが押し出されます。 上が締める前 下が閉めたあとです。 ディスクとの隙間が無くなったのがお分かりでしょうか?これでディスクが挟み込まれた状態です。 このときに締めすぎないようにします。 少し当たって固定されている状態です。 油圧で言うレバーを握った状態ですね。 あとは慎重に台座のネジを二箇所締め直して位置決め完了。 この後もう一度押さえつけたパッドをすこーし逆回転。 微妙に隙間が開きました。 この状態だと、動く側のパッドが当たっている状態なので、ワイヤーを少し緩めてブレーキレバーの引きしろを確保。 これで完了です。 この引きしろがパッドとディスクの距離になりますのでどれだけ狭くするかが反応のクイックさに関わりますので、空回ししてすらない程度で気持ちよくかかる程度のところを探しましょう。 ここで忘れてはならないのが、機械式はパッドの減った量を自動で調節してくれないので、この調節法はしっかりできるようになっておかないとですね。 機械式でも上の補助ツールが使えます。 構造をよく理解しておけば機械式でも手間を省けます。 使い方は。 というわけで一口にディスクブレーキと言えども違いがあるものです。 油圧がもてはやされるのもなずけるところです。 というわけで、ごちゃごちゃ書きましたがお役に立てれば光栄です。 では今日はこの辺で!皆様にもよきサイクリングライフを〜!.

次の

自転車のブレーキの種類。利点、特性、調整方法をおさらい

自転車 ブレーキ 調整

(A)グリップシフターの場合• シフターの外し方 グリップシフターは、ピンクで丸をした部分が六角ボルトで固定されています。 4mmの六角棒レンチを使用して外します。 しかしこのボルトを外しただけではシフターは外すことができません。 グリップシフターに取り付いているシフターケーブルを外します(ケーブルに余裕がある場合、そのままシフターを外すことができる場合もあります) まずワイヤーが一番緩む1速の状態にしておきましょう。 ピンクで丸をした部分をひねると部品が回転し、ワイヤーを通す切れ目を上に向けることができます。 これでワイヤーを外すことができるようになります。 その上で緑丸をつけた部分にワイヤーの先端が引っかかっているのでこれを外します。 ワイヤーの先端を外した状態にすると、グリップシフターを外すことができます。 写真は内装3段の場合ですが、まずベルクランクカバーのねじを外して写真のような状態にします。 次にピンク丸の部分(プッシュロッド)を押し込むと緑丸のインナーケーブル部分が緩むのでこれを外します。 変速を1速にして行うのがコツです。 前後輪ブレーキ・シフターワイヤーの緩め(外し)方 まず前・後輪のブレーキワイヤーを緩めてしまいましょう。 緩めたワイヤーを交換する場合はワイヤーキャップが邪魔になるので、ペンチ等で力を加えて外しておきます。 後輪の車輪中央(後輪ブレーキ取り付け位置)を観察すると、写真のように10mmのナットでとめられているのが確認できるので緩めます。 ワイヤーを交換する場合は、前輪同様ワイヤーキャップを外します。 緑の矢印部分の隙間にワイヤーをくぐらせて取り外します。 写真を見るとレバーにヒビが入っていることが分かりますね。 根元から折れそうで危険な状態でした。 自転車によって多少形状は違いますが、アウターワイヤーを交換する方はこのケーブルガイドから外し、逆に取り付ける際には忘れずに通すようにしましょう。 ブレーキレバーを取り外す(必要に応じて) ワイヤーが外れたらブレーキレバーを外します。 モンキーレンチで挟んでハンマーで叩いてみたり、8mmのソケットを使用してみたりして少しずつ緩めていきました。 最後の方はねじ穴、六角の外形などボロボロの状態に…、今まで経験したことのない固着具合でした(汗)似たような方がいたら、少しでもねじを緩ませられればレバーがずれることもあるので諦めずに! アウターケーブルを交換したい場合の注意点 ケーブルはアウターケーブルとインナーケーブルの2種類で構成されます。 通常はインナーケーブルだけを交換すれば良いのですが、経年劣化や色違いケーブルを楽しみたい場合はアウターケーブルも同時に交換することになります。 その際、取り外したアウターケーブルをメジャー等で計測して、同じ長さもしくは長めのアウターケーブルを購入してカットして使用します。 1つ注意点としてブレーキ用とシフト用のアウターケーブルは太さが異なるので間違えないようにします。 例えば私が使用している紫色のブレーキ用アウターケーブルは以下の製品です。 シフターの交換・調整方法 上記でも説明しましたが、今回はピアノタッチシフターを取り付けるので(1)ピアノタッチシフター(2)ブレーキレバー(3)ハンドルグリップの順で取り付けます。 シフターの取り付け方法 今回は (SL-3S90)を購入しました。 ハンドルに通してバンド締め付けボルトをプラスドライバーで固定するだけなので非常に簡単です。 他の部品で位置を移動する可能性があるので仮止め程度にしておきましょう。 シフトを1速の状態にします。 シフターの中にワイヤーのタイコを引っ掛ける部分があるので固定します。 固定できたら、灰色の溝を回転させてワイヤーが外れないようにします。 タイコには固着防止で を付けています。 シフター側の固定ができたら、後輪ベルクランク側の取り付けを行います。 シフター1速の状態でワイヤーが最も伸びるのでその状態で、緑丸部分を押し込みワイヤーエンドを固定します。 シフターの調整方法 シフター、ベルクランク側にワイヤーを固定したら、きちんと変速ができるように調整します。 まずシフターを2速に合わせます。 2速の状態に合わせた状態でベルクランク付近にあるプッシュロッドの線がハブ軸にぴったりになるように調整します。 1枚目が調整前、2枚目が調整後です。 線がぴったりになっているのが分かるでしょうか(クリックで拡大します) 調整はベルクランク近くにあるケーブルアジャストボルト(ピンク丸)を回すことで調整できます。 緑矢印のケーブルアジャストナットを緩めることで回すことができます。 調整後はナットを締めるのを忘れないようにしましょう。 シフト、ベルクランク両側の固定と調整を終えたら1~3速まできちんと変速するか試します。 変速の確認を終えたらシフターとケーブルの交換作業は終了です。 ブレーキレバーの交換・調整方法 ブレーキレバーの取り付け方法 ブレーキはを購入しました。 アルミニウムで出来ていて以前の樹脂製より頑丈そうな感じがしています。 シフターやハンドルグリップの位置、向きなどを調整するでしょうから、この段階ではシフターと同じく仮止めが良さそうです。 10年近く使用したブレーキレバーの固着で散々痛い目にあったので、レバーを固定するねじには を塗りつけてきました。 ブレーキレバーを引くとワイヤーエンド部分のタイコを収める場所があります。 こちらも固着防止にプレミアムグリスを塗りつけつつ、タイコを固定します。 アウターワイヤーの張り方 新しく用意したアウターケーブルを古いケーブルと同じ長さに切って整えます。 自転車によってガイドの数は異なると思うのですが、私の場合は3つありました。 アウターワイヤーを仮置きしたら、 をアウターケーブル内部に吹き込んでインナーワイヤーの滑りをよくしておきます。 インナーの調整方法(前・後) 前後のブレーキレバーに各インナーケーブルの片方のタイコ(端っこ)を固定した状態で、アウターケーブル内にスルスルとインナーケーブルを通していきます。 ここまでは前後ブレーキとも同じ作業内容です。 次にインナーケーブルを緑で丸した部分に通して10mmレンチで固定します。 固定には少しコツがあって、インナーケーブルを張った状態にすることです。 (1)ブレーキのパッドをリムに付かない程度まで押し込む(2)その状態でワイヤーをピンと張り固定、とそんな感覚です。 あまりきつくしすぎるとブレーキレバーが固くなり、緩すぎるとブレーキがききません。 自身にとって丁度良い力具合の場所を探す必要があります。 今回私が購入したブレーキレバーには張り具合を調整するワイヤー調節ネジが取り付けられています。 ブレーキの調整が決まったら、きちんとブレーキがかかるか試してみます。 長年使用したブレーキ本体はネジが緩んで制動の動きの他に縦にガタガタと動くことがあります。 その場合は緑の丸部分をレンチで抑えながら、ピンク丸部分のナットを固定してやります。 前輪ブレーキの調整が全て完了したら、最後にインナーキャップをペンチで取り付けます。 ワイヤーをそのまま放置するとほつれてしまうので、忘れないようにします。 私の自転車はローラーブレーキが装備されているので、それを元に説明します。 まずピンク丸の部分にアウターワイヤーを取り付けます。 次に緑で丸したナット部分にインナーワイヤーを通し、赤で丸をした部分からインナーワイヤーを出すイメージです。 後ブレーキもただワイヤーを固定しただけでは緩すぎて使い物になりません。 そこで緑丸部分を矢印方向に手でくいっと押し込んでやり、インナーワイヤーをピンと張って固定してやります。 ブレーキレバーに調整ネジがある場合は、それとセットで調整してやると楽です。 調整が済んだら余ったインナーワイヤーを切断して、インナーキャップを取り付けます。 この作業は前ブレーキと同じです。 完成図 ブレーキやシフターを取り換え、ケーブル類を張り替えた後の完成写真です。 シフターのケーブルが余裕ある感じですが、見た目の問題以外に害はないので良しとします。 裏側からみるとこんな感じです、右レバー(シフター)から伸びるワイヤーは左側へ、左レバーから伸びるワイヤーは右側に伸ばします。 これは元々自転車を購入した際に付いていたものですが、タイラップなどでも代用できると思います。 まとめ 以上、自転車のブレーキレバー、シフターの交換・調整方法でした。 ママチャリの状態によってインナーケーブル、アウターケーブル、ブレーキレバー・シフターなどどの範囲まで交換を行うのかが変わってきます。 通常であればインナーケーブルの交換だけで済むのですが、長いこと使用している自転車は私のようにレバーが折れかかっていることもあるのでしっかりと観察を行った方が良さそうです。 インナーワイヤーの取り付け・調整が一癖ありますが、こればかりは慣れですね。 でもワイヤーの交換作業で自転車を壊すということはまずないでしょうから、挑戦はしやすいかなと感じます。 気をつけたいのはワイヤーの締め付けが緩くて、走行中にブレーキのワイヤーが外れてしまうことです。 そうならないように何度もレバーを握る、開くの試し操作を繰り返して確認をするようにして下さい。

次の

ママチャリのブレーキ

自転車 ブレーキ 調整

(A)グリップシフターの場合• シフターの外し方 グリップシフターは、ピンクで丸をした部分が六角ボルトで固定されています。 4mmの六角棒レンチを使用して外します。 しかしこのボルトを外しただけではシフターは外すことができません。 グリップシフターに取り付いているシフターケーブルを外します(ケーブルに余裕がある場合、そのままシフターを外すことができる場合もあります) まずワイヤーが一番緩む1速の状態にしておきましょう。 ピンクで丸をした部分をひねると部品が回転し、ワイヤーを通す切れ目を上に向けることができます。 これでワイヤーを外すことができるようになります。 その上で緑丸をつけた部分にワイヤーの先端が引っかかっているのでこれを外します。 ワイヤーの先端を外した状態にすると、グリップシフターを外すことができます。 写真は内装3段の場合ですが、まずベルクランクカバーのねじを外して写真のような状態にします。 次にピンク丸の部分(プッシュロッド)を押し込むと緑丸のインナーケーブル部分が緩むのでこれを外します。 変速を1速にして行うのがコツです。 前後輪ブレーキ・シフターワイヤーの緩め(外し)方 まず前・後輪のブレーキワイヤーを緩めてしまいましょう。 緩めたワイヤーを交換する場合はワイヤーキャップが邪魔になるので、ペンチ等で力を加えて外しておきます。 後輪の車輪中央(後輪ブレーキ取り付け位置)を観察すると、写真のように10mmのナットでとめられているのが確認できるので緩めます。 ワイヤーを交換する場合は、前輪同様ワイヤーキャップを外します。 緑の矢印部分の隙間にワイヤーをくぐらせて取り外します。 写真を見るとレバーにヒビが入っていることが分かりますね。 根元から折れそうで危険な状態でした。 自転車によって多少形状は違いますが、アウターワイヤーを交換する方はこのケーブルガイドから外し、逆に取り付ける際には忘れずに通すようにしましょう。 ブレーキレバーを取り外す(必要に応じて) ワイヤーが外れたらブレーキレバーを外します。 モンキーレンチで挟んでハンマーで叩いてみたり、8mmのソケットを使用してみたりして少しずつ緩めていきました。 最後の方はねじ穴、六角の外形などボロボロの状態に…、今まで経験したことのない固着具合でした(汗)似たような方がいたら、少しでもねじを緩ませられればレバーがずれることもあるので諦めずに! アウターケーブルを交換したい場合の注意点 ケーブルはアウターケーブルとインナーケーブルの2種類で構成されます。 通常はインナーケーブルだけを交換すれば良いのですが、経年劣化や色違いケーブルを楽しみたい場合はアウターケーブルも同時に交換することになります。 その際、取り外したアウターケーブルをメジャー等で計測して、同じ長さもしくは長めのアウターケーブルを購入してカットして使用します。 1つ注意点としてブレーキ用とシフト用のアウターケーブルは太さが異なるので間違えないようにします。 例えば私が使用している紫色のブレーキ用アウターケーブルは以下の製品です。 シフターの交換・調整方法 上記でも説明しましたが、今回はピアノタッチシフターを取り付けるので(1)ピアノタッチシフター(2)ブレーキレバー(3)ハンドルグリップの順で取り付けます。 シフターの取り付け方法 今回は (SL-3S90)を購入しました。 ハンドルに通してバンド締め付けボルトをプラスドライバーで固定するだけなので非常に簡単です。 他の部品で位置を移動する可能性があるので仮止め程度にしておきましょう。 シフトを1速の状態にします。 シフターの中にワイヤーのタイコを引っ掛ける部分があるので固定します。 固定できたら、灰色の溝を回転させてワイヤーが外れないようにします。 タイコには固着防止で を付けています。 シフター側の固定ができたら、後輪ベルクランク側の取り付けを行います。 シフター1速の状態でワイヤーが最も伸びるのでその状態で、緑丸部分を押し込みワイヤーエンドを固定します。 シフターの調整方法 シフター、ベルクランク側にワイヤーを固定したら、きちんと変速ができるように調整します。 まずシフターを2速に合わせます。 2速の状態に合わせた状態でベルクランク付近にあるプッシュロッドの線がハブ軸にぴったりになるように調整します。 1枚目が調整前、2枚目が調整後です。 線がぴったりになっているのが分かるでしょうか(クリックで拡大します) 調整はベルクランク近くにあるケーブルアジャストボルト(ピンク丸)を回すことで調整できます。 緑矢印のケーブルアジャストナットを緩めることで回すことができます。 調整後はナットを締めるのを忘れないようにしましょう。 シフト、ベルクランク両側の固定と調整を終えたら1~3速まできちんと変速するか試します。 変速の確認を終えたらシフターとケーブルの交換作業は終了です。 ブレーキレバーの交換・調整方法 ブレーキレバーの取り付け方法 ブレーキはを購入しました。 アルミニウムで出来ていて以前の樹脂製より頑丈そうな感じがしています。 シフターやハンドルグリップの位置、向きなどを調整するでしょうから、この段階ではシフターと同じく仮止めが良さそうです。 10年近く使用したブレーキレバーの固着で散々痛い目にあったので、レバーを固定するねじには を塗りつけてきました。 ブレーキレバーを引くとワイヤーエンド部分のタイコを収める場所があります。 こちらも固着防止にプレミアムグリスを塗りつけつつ、タイコを固定します。 アウターワイヤーの張り方 新しく用意したアウターケーブルを古いケーブルと同じ長さに切って整えます。 自転車によってガイドの数は異なると思うのですが、私の場合は3つありました。 アウターワイヤーを仮置きしたら、 をアウターケーブル内部に吹き込んでインナーワイヤーの滑りをよくしておきます。 インナーの調整方法(前・後) 前後のブレーキレバーに各インナーケーブルの片方のタイコ(端っこ)を固定した状態で、アウターケーブル内にスルスルとインナーケーブルを通していきます。 ここまでは前後ブレーキとも同じ作業内容です。 次にインナーケーブルを緑で丸した部分に通して10mmレンチで固定します。 固定には少しコツがあって、インナーケーブルを張った状態にすることです。 (1)ブレーキのパッドをリムに付かない程度まで押し込む(2)その状態でワイヤーをピンと張り固定、とそんな感覚です。 あまりきつくしすぎるとブレーキレバーが固くなり、緩すぎるとブレーキがききません。 自身にとって丁度良い力具合の場所を探す必要があります。 今回私が購入したブレーキレバーには張り具合を調整するワイヤー調節ネジが取り付けられています。 ブレーキの調整が決まったら、きちんとブレーキがかかるか試してみます。 長年使用したブレーキ本体はネジが緩んで制動の動きの他に縦にガタガタと動くことがあります。 その場合は緑の丸部分をレンチで抑えながら、ピンク丸部分のナットを固定してやります。 前輪ブレーキの調整が全て完了したら、最後にインナーキャップをペンチで取り付けます。 ワイヤーをそのまま放置するとほつれてしまうので、忘れないようにします。 私の自転車はローラーブレーキが装備されているので、それを元に説明します。 まずピンク丸の部分にアウターワイヤーを取り付けます。 次に緑で丸したナット部分にインナーワイヤーを通し、赤で丸をした部分からインナーワイヤーを出すイメージです。 後ブレーキもただワイヤーを固定しただけでは緩すぎて使い物になりません。 そこで緑丸部分を矢印方向に手でくいっと押し込んでやり、インナーワイヤーをピンと張って固定してやります。 ブレーキレバーに調整ネジがある場合は、それとセットで調整してやると楽です。 調整が済んだら余ったインナーワイヤーを切断して、インナーキャップを取り付けます。 この作業は前ブレーキと同じです。 完成図 ブレーキやシフターを取り換え、ケーブル類を張り替えた後の完成写真です。 シフターのケーブルが余裕ある感じですが、見た目の問題以外に害はないので良しとします。 裏側からみるとこんな感じです、右レバー(シフター)から伸びるワイヤーは左側へ、左レバーから伸びるワイヤーは右側に伸ばします。 これは元々自転車を購入した際に付いていたものですが、タイラップなどでも代用できると思います。 まとめ 以上、自転車のブレーキレバー、シフターの交換・調整方法でした。 ママチャリの状態によってインナーケーブル、アウターケーブル、ブレーキレバー・シフターなどどの範囲まで交換を行うのかが変わってきます。 通常であればインナーケーブルの交換だけで済むのですが、長いこと使用している自転車は私のようにレバーが折れかかっていることもあるのでしっかりと観察を行った方が良さそうです。 インナーワイヤーの取り付け・調整が一癖ありますが、こればかりは慣れですね。 でもワイヤーの交換作業で自転車を壊すということはまずないでしょうから、挑戦はしやすいかなと感じます。 気をつけたいのはワイヤーの締め付けが緩くて、走行中にブレーキのワイヤーが外れてしまうことです。 そうならないように何度もレバーを握る、開くの試し操作を繰り返して確認をするようにして下さい。

次の