やす な が あい。 安永亜衣(やすながあい)ディスコグラフィ

よく利用するはめあい公差の纏めと一覧表

やす な が あい

JISB0401-1:サイズ公差,サイズ差及びはめあいの基礎• JISB0401-2:穴及び軸の許容差並びに基本サイズ公差クラスの表 嵌めあいの程度と嵌めあい公差 はめあいは 軸の公差及び穴の公差によって出来る「嵌めあいの程度」であり、その 程度にする為に用いる公差をはめあい公差と呼びます。 そのはめあいの程度には大きく分けて3つの種類があります。 正確には穴の最小許容寸法よりも軸の最大許容寸法が小さい場合を言います。 機械設計では• 緩合・軽転合:機能上大きいすき間が必要な部分、又ははめあい長さが長いもの• 転合:潤滑の良いことが要求される、しゅう動部分・分解の多いはめあい部分• 精転合:ほとんどガタが無く、精密な運動を要求される部分 に利用されます。 この説明では解りづらいので簡単に言えば、実際の軸と穴の直径は同じか、若干しめ代がある状態もしくは、軸が穴より小さく、少し隙間がある状態を言います。 ここが一番あいまいな部分ではありますが、機械設計では• 滑合:上質の位置ぎめ。 精密なしゅう動部分、又は重要でない静止部分• 押込:わずかな締め代可の高精度の位置決め。 使用中互いに動かないようにする• 打込:スキマがあってはいけない高精度の位置ぎめ。 使用中互いに動かないようにする• 軽圧入:高精度の固定取付 に利用されます。 一般的にはこれを圧入と言いますが、正確には穴の最大許容寸法より軸の最小許容寸法が大きい場合を言います。 機械設計では• 圧入:組立・分解に大きな力を要するはめあい。 鉄と鉄、青銅と銅との標準的圧入固定。 強圧入:組立・分解に大きな力を要するはめあい。 永久的組立• 焼ばめ、冷ばめ:組立・分解により大きな力を要するはめあい。 永久的組立 【補足】すきまと締め代の呼び方 ここではすきまと、しめ代の呼び方を纏めます。 中間ばめでの注意点 私の経験上、中間ばめのように加工仕上がりによってはすきまがあるような組み合わせで設計すると、品質上NGになることがあります。 実際はある程度固定できる予定もしくは若干の押し込み(落ちない程度のはめあい)の予定だったけれど、出来上がったものはスキマがあって、簡単に抜け落ちてしまうものです。 部品精度的には許容に入っているけれど品質的に良くないやつがあります。 これはよく、ノックピン(平行ピン)などを利用して当てて位置決めする場合に現場で抜けちゃう!なんてことがあります。 それを回避するために、量産品では加工の狙い値を指定することが必要になってきます。 加工側からみて、試作品などの単発発注では公差内での狙い値を指定することは大変嫌がられますが、工具の合わせこみが済めばある程度狙いを絞った生産が可能になります。 どのようにはめあい公差を決定すればよいのか 機械設計において、様々なところではめあいを作り図面に落とし込んでいきますが、ここでのポイントは穴基準にするのか軸基準にするのかということです。 基本的な考え方としては軸を基準にしても良いですし、穴を基準にしても良いです。 その基準とは、どちらかを一般的な公差で設定して相手側を合わせこむということです。 これらは全ての設計士が適用する必要は無く、各社で最適な公差を適用するように推奨されています。 穴であればH7などの公差を基準に軸側をm公差やp公差などで欲しいはめあいに合わせ込んで行きますし、軸を基準とするならばh公差を基準にM公差やP公差などを利用し合わせこんでいくのが一般的です。 Hやh公差ってとても一般的ですもんね。 基準を一般的な公差に合わせて設計するメリットとしては、加工や検査においても工具や測定具が特殊でなくて済むのでコストメリットも出てきます。 中には、平行ピンなどのように購入する機械要素自体に公差が定められている場合はその公差に合わせて穴公差を選ぶ必要があります。 購入する機械要素のカタログ等で使用するための穴公差が指示ある場合はそれを適用する必要があります。 補足ですが、穴を基準にする方式のことを「 穴基準式」といい、軸を基準にする方式のことを「 軸基準式」といいます。 平行ピンを使用する時のはめあい公差 平行ピンは部材同士の位置決めであったり、当てて固定する、ストッパなど他にも多くの用途で利用されます。 平行ピンはネジが付いている訳ではないので、基本的には部材とのはめあいにて固定されます。 平行ピンには3種類の形状と公差があります。 ここではA種のみのはめあいを考えます。 B及びC種は製作の公差幅が広すぎるためにはめあいの出来上がる品質がかなりばらつく印象があるためです。 平行ピンは軸側に公差を持っているので、はめあいの品質を変更するためには穴側の公差をコントロールする必要があります。 また、同時に考えなければいけないのが、落ちてきてよいのか、落ちて欲しくないのかということです。 実際の機械で位置決めを行なう際に平行ピンが落ちてきては困りますのでそこを考慮しながら組立ての際のことも考えると良いと思います。 例)平行ピンを位置決めに利用する場合 AとBの部材を平行ピンで位置決めして固定します。 組立・メンテナンス上、Bの部材を頻繁に取り外します。 この時位置決めに使っていた平行ピンが抜け落ちてはいけないので、AかBどちらかに平行ピンを固定しておきたいですよね。 そのときに両方H8の穴を開けていたらピンが落ちてしまいますし、両方M6公差にしていたら分解できないです。 そのため、この場合AをM6のはめあい公差、BをH8のはめあい公差といったような考慮が必要です。 ベアリングを使用する時のはめあい公差 ベアリングは使われる場所においてはめあい公差を変える必要があります。 特にベアリングは外径はハウジングにはまり、内径は軸とはめあうために少し頭がこんがらがってしまいますが、ベアリングのはめあいを考えるとき、外径と内径独立させて適用するように考えればよいと思います。 設計時に、今回は外径は何が適用されるのか、内径は何が適用されるのか。 それにより推奨のはめあい公差が変わってきます。 以下にそれらを纏めます。 よく使うはめあい公差エクセルシートのダウンロード ここでは上記はめあい内容をエクセルシートに纏めたものをダウンロードできます。 部品図のチェックにも利用できますし、シートに御社の設計規格(ルール)を織り込んでご利用ください。

次の

地獄少女

やす な が あい

地獄少女 公式サイト「地獄通信」 地獄少女に原作は、存在しません。 地獄少女 三鼎 3期 で、監督も努められている、わたなべひろし さんが原案を考えられました。 物語を総て見られましたか? 閻魔あいが人柱にされる以前から同じ事を幾度も繰り返して居たと 言う設定です。 さらに…その人柱にしていた者達の供養等は、一切行われていない と言う設定です。 A ベストアンサー 私も『地獄少女』大好きです。 》三藁は知っているのに触れようとしない この件は、きくりが輪入道たちを集めた場面と、山童、きくり、合わせて5人が揃っているシーンの間で、三藁間で話題に上ったのかもしれません。 前作で閻魔大王として喋っていたのは、「あの時だけ、閻魔がきくりの体を借りていた可能性もあるのかなあ?」と思っていました。 ちなみに、「オトナアニメ」Vol. 10 洋泉社 の、インタビューで、わたなべひろし監督は、 「ええ、ただきくりの正体がアレなのかどうかはまだハッキリしていません。 何ものなのかな、という感じで出てきますよ」と言っています。 》2話目からOPの動画が変わったのはなぜ? 2話以降は、純然たる、「毎回使えるオープニング」ですね。 1話に関しては、完全に本編のイントロダクションとして、よく最終回の最後に使われるパターンの逆をやっているのでしょう。 青い蝶 あい と青い光の玉 きくり が、それぞれに空をさまよい、あの町に現れるまで、を描写しています。 そして、本編の最初のシーンで、きくりが玩具に憑依します。 》あの子は何で踊っているの?(雰囲気に合わない) 確かに浮いていますねえ 笑。 実はひそやかに「ウマウマ」の二匹目のどじょうをねらっているとか……。 hatena. 過去にも、かなり理不尽な地獄流しもやっています。 パターンがある程度確立すると、パターン部分を省略して、他のドラマに時間を割くことは、よくあることです。 》コミカルな地獄流しが強調しすぎてそぐわない このあたりは好き嫌いが分かれそうですね。 私も、コミカルさが強調され始めた頃はそう感じましたが、今は逆に楽しんでいます。 》主役の能登さんの演技が何か今までと違う まあ、「漫画家の絵が、連載中に変わっていく」のと同じようなものではないかと。 もちろん、「まるきり同じでは面白くないので微妙な色づけをしている」ということもあるのかもしれません。 そうでなくとも、あいの台詞は一部を除いて「毎回同じ」ですから 笑。 いろいろ表現しないと、テープの使い回しでよくなってしまいます。 個人的な感触を言うと、前作までは「必殺」で、今期は「円谷」だなあ、と。 (青い玉やらフクロウやら憑依やら・笑) ご参考までに。 私も『地獄少女』大好きです。 》三藁は知っているのに触れようとしない この件は、きくりが輪入道たちを集めた場面と、山童、きくり、合わせて5人が揃っているシーンの間で、三藁間で話題に上ったのかもしれません。 前作で閻魔大王として喋っていたのは、「あの時だけ、閻魔がきくりの体を借りていた可能性もあるのかなあ?」と思っていました。 ちなみに、「オトナアニメ」Vol. 10 洋泉社 の、インタビューで、わたなべひろし監督は、 「ええ、ただきくりの正体がアレなのかどうかはまだハッキリ...

次の

手づくりあいす工房 なかやす牧場

やす な が あい

JISB0401-1:サイズ公差,サイズ差及びはめあいの基礎• JISB0401-2:穴及び軸の許容差並びに基本サイズ公差クラスの表 嵌めあいの程度と嵌めあい公差 はめあいは 軸の公差及び穴の公差によって出来る「嵌めあいの程度」であり、その 程度にする為に用いる公差をはめあい公差と呼びます。 そのはめあいの程度には大きく分けて3つの種類があります。 正確には穴の最小許容寸法よりも軸の最大許容寸法が小さい場合を言います。 機械設計では• 緩合・軽転合:機能上大きいすき間が必要な部分、又ははめあい長さが長いもの• 転合:潤滑の良いことが要求される、しゅう動部分・分解の多いはめあい部分• 精転合:ほとんどガタが無く、精密な運動を要求される部分 に利用されます。 この説明では解りづらいので簡単に言えば、実際の軸と穴の直径は同じか、若干しめ代がある状態もしくは、軸が穴より小さく、少し隙間がある状態を言います。 ここが一番あいまいな部分ではありますが、機械設計では• 滑合:上質の位置ぎめ。 精密なしゅう動部分、又は重要でない静止部分• 押込:わずかな締め代可の高精度の位置決め。 使用中互いに動かないようにする• 打込:スキマがあってはいけない高精度の位置ぎめ。 使用中互いに動かないようにする• 軽圧入:高精度の固定取付 に利用されます。 一般的にはこれを圧入と言いますが、正確には穴の最大許容寸法より軸の最小許容寸法が大きい場合を言います。 機械設計では• 圧入:組立・分解に大きな力を要するはめあい。 鉄と鉄、青銅と銅との標準的圧入固定。 強圧入:組立・分解に大きな力を要するはめあい。 永久的組立• 焼ばめ、冷ばめ:組立・分解により大きな力を要するはめあい。 永久的組立 【補足】すきまと締め代の呼び方 ここではすきまと、しめ代の呼び方を纏めます。 中間ばめでの注意点 私の経験上、中間ばめのように加工仕上がりによってはすきまがあるような組み合わせで設計すると、品質上NGになることがあります。 実際はある程度固定できる予定もしくは若干の押し込み(落ちない程度のはめあい)の予定だったけれど、出来上がったものはスキマがあって、簡単に抜け落ちてしまうものです。 部品精度的には許容に入っているけれど品質的に良くないやつがあります。 これはよく、ノックピン(平行ピン)などを利用して当てて位置決めする場合に現場で抜けちゃう!なんてことがあります。 それを回避するために、量産品では加工の狙い値を指定することが必要になってきます。 加工側からみて、試作品などの単発発注では公差内での狙い値を指定することは大変嫌がられますが、工具の合わせこみが済めばある程度狙いを絞った生産が可能になります。 どのようにはめあい公差を決定すればよいのか 機械設計において、様々なところではめあいを作り図面に落とし込んでいきますが、ここでのポイントは穴基準にするのか軸基準にするのかということです。 基本的な考え方としては軸を基準にしても良いですし、穴を基準にしても良いです。 その基準とは、どちらかを一般的な公差で設定して相手側を合わせこむということです。 これらは全ての設計士が適用する必要は無く、各社で最適な公差を適用するように推奨されています。 穴であればH7などの公差を基準に軸側をm公差やp公差などで欲しいはめあいに合わせ込んで行きますし、軸を基準とするならばh公差を基準にM公差やP公差などを利用し合わせこんでいくのが一般的です。 Hやh公差ってとても一般的ですもんね。 基準を一般的な公差に合わせて設計するメリットとしては、加工や検査においても工具や測定具が特殊でなくて済むのでコストメリットも出てきます。 中には、平行ピンなどのように購入する機械要素自体に公差が定められている場合はその公差に合わせて穴公差を選ぶ必要があります。 購入する機械要素のカタログ等で使用するための穴公差が指示ある場合はそれを適用する必要があります。 補足ですが、穴を基準にする方式のことを「 穴基準式」といい、軸を基準にする方式のことを「 軸基準式」といいます。 平行ピンを使用する時のはめあい公差 平行ピンは部材同士の位置決めであったり、当てて固定する、ストッパなど他にも多くの用途で利用されます。 平行ピンはネジが付いている訳ではないので、基本的には部材とのはめあいにて固定されます。 平行ピンには3種類の形状と公差があります。 ここではA種のみのはめあいを考えます。 B及びC種は製作の公差幅が広すぎるためにはめあいの出来上がる品質がかなりばらつく印象があるためです。 平行ピンは軸側に公差を持っているので、はめあいの品質を変更するためには穴側の公差をコントロールする必要があります。 また、同時に考えなければいけないのが、落ちてきてよいのか、落ちて欲しくないのかということです。 実際の機械で位置決めを行なう際に平行ピンが落ちてきては困りますのでそこを考慮しながら組立ての際のことも考えると良いと思います。 例)平行ピンを位置決めに利用する場合 AとBの部材を平行ピンで位置決めして固定します。 組立・メンテナンス上、Bの部材を頻繁に取り外します。 この時位置決めに使っていた平行ピンが抜け落ちてはいけないので、AかBどちらかに平行ピンを固定しておきたいですよね。 そのときに両方H8の穴を開けていたらピンが落ちてしまいますし、両方M6公差にしていたら分解できないです。 そのため、この場合AをM6のはめあい公差、BをH8のはめあい公差といったような考慮が必要です。 ベアリングを使用する時のはめあい公差 ベアリングは使われる場所においてはめあい公差を変える必要があります。 特にベアリングは外径はハウジングにはまり、内径は軸とはめあうために少し頭がこんがらがってしまいますが、ベアリングのはめあいを考えるとき、外径と内径独立させて適用するように考えればよいと思います。 設計時に、今回は外径は何が適用されるのか、内径は何が適用されるのか。 それにより推奨のはめあい公差が変わってきます。 以下にそれらを纏めます。 よく使うはめあい公差エクセルシートのダウンロード ここでは上記はめあい内容をエクセルシートに纏めたものをダウンロードできます。 部品図のチェックにも利用できますし、シートに御社の設計規格(ルール)を織り込んでご利用ください。

次の