ブラボ カイン ハースト。 カインハーストの女王アンナリーゼ

Bloodborne(ブラッドボーン)初心者攻略 廃城カインハースト

ブラボ カイン ハースト

攻略 入手できるアイテム 1 から来ると1の位置に出ます。 2 2の位置に灯りがあります。 3 3の位置に蛇が2体見えます。 ただ近づくとさらに計11体出現します。 水平に斬る攻撃だと蛇の背が低いため当たらないです。 垂直に降り下ろす攻撃を使いましょう。 4 4の位置にお腹に血を貯めたノミ獣がいます。 攻撃の出始めが早いため常に横に回り込むように戦いましょう。 x2、x4、x4、、 5 建物に入り大広間に出ると床を這いつくばる敵がいます。 動きが遅くて強くありません。 ただ周囲にある宝を入手すると2階含めて15体幽霊が出現します。 最初に這いつくばる敵を倒したのち宝を入手しましょう。 幽霊は攻撃力は高いですが動きは遅いので一体ずつしっかり倒しましょう。 、、、 6 6の位置の宝箱に近づくと幽霊が追加で3体出現し取り囲まれます。 中央部までダッシュで戻り幽霊を倒しましょう。 x4、 7 7の位置に近づくと羽根がついた敵がダッシュしてきて防御不能な抱きつき攻撃をしてきます。 横に避けましょう。 8 8の位置の宝に近づくと羽根のついた敵が2体襲ってきます。 一体ずつ誘きだして倒しましょう。 、、 9 9の位置から建物の中を進みます。 ここには近づかないと見えない幽霊の敵が大量にいます。 また奥の足場の上には吹き矢で攻撃してくる敵がいます。 吹き矢に当たると後頭部に赤い楔が付きます。 この敵がいると幽霊が活発に動くため幽霊を誘きだして倒すか、奥まで一気に近づいて吹き矢の敵を倒しましょう。 10 10の位置にショートカットのエレベータがあります。 開通させておきましょう。 11 11の位置に小さな階段の足場があります。 この上からテーブル方向にダッシュすると宝箱のある場所にいけます。 12 12の位置から2階です。 ここでは遠くから吹き矢で攻撃してきます。 吹き矢を気を付けつつ他の敵から倒しましょう。 、x6 13 13の位置に羽根つきの敵が出現します。 一体ずつ倒しましょう。 また部屋にはいると宝がありますが、進行するにはテラス脇を落ちて進みます。 、、、 14 14の位置にある宝を入手すると敵が頭上から落ちてきます。 石ころで誘きだすと倒しやすいです。 15 15の位置にレバーがありショートカットを開通できます。 また先に進むためのはしごができます。 3階に上がりましょう。 16 16の位置に近づくと羽根のついた敵が3体になります。 一体ずつ誘きだして倒しましょう。 、、x2 17 17の位置から進むとボス「」との戦闘になります。 このボスは銃攻撃で攻撃をキャンセルできるうえ、パリィになりやすいので銃を装備しておきましょう。 18 ローゲリウスへの基本戦略ですが敵の攻撃をパリィして体勢を崩したあと内臓攻撃でダメージを与えます。 よって準備としての「血の歓び」を装備しておくと体力回復できて楽になります。 それぞれについて攻略していきます。 まず前半は遠距離から魔法を飛ばしてきたり、近づくと鎌で攻撃してきます。 攻撃チャンスは杖を地面に刺した後の大魔法玉のときです。 この魔法玉は飛ばしたときのこちらの位置に向かって放ちます。 よって飛ばす瞬間に懐に潜り込み水平斬りのような範囲攻撃をしましょう。 敵は攻撃後すぐにステップして逃げるため範囲攻撃が当たりやすいです。 そのあと近距離爆発が来るためすぐに離れましょう。 厄介なのは地面に魔法の剣を突き刺して周囲に魔法を放つ攻撃です。 地面に刺さった剣を破壊しないと魔法が無数に放たれます。 すぐに壊しましょう。 タイミングが合えばパリィになり内臓攻撃できるチャンスです。 大ダメージを与えられます。 またの「血の歓び」を装備していればHPを回復できるので戦闘が楽になります。 パリィ無しで勝つのは難しかったので、今までパリィをしてこなかった人もチャレンジしてみてください。 19 を倒すと、灯りが出現し、その付近にが落ちています。 それを装備して19の位置に近づくと扉が出現し先に進めるようになります。 20 20の位置に女王アンナリーゼがいます。 話しかけると怒ります。 少し距離を置き跪くと、話してくれます。 誓約を交わすと、がもらえます。 また、の4番目のスロットにを装備した状態で狩人を倒すと「」がもらえ、これをアンナリーゼに捧げると最初だけ「拝謁」を入手できます。 、、、「拝謁」 名前 【特徴を捉えて命名】 獲得できる 血の遺志 落とすアイテム 攻撃手段 特徴と攻略方法 【ノミ獣】 2310 ・左フック ・右フック ・連続攻撃 ・背後蹴り ジャンプしながら近づいてきます。 攻撃力が高いうえ、攻撃の出が速いため侮れません。 敵が近づいて来たら敵の攻撃を見ないで側面に回り込み攻撃しましょう。 真正面で向き合っているときは敵の攻撃を食らってしまうため必ず側面に回り込むように。 【蛇】 210 ・飛びついて噛み付き 地面を這いずりまわりながら近寄ってきて飛びついて攻撃してきます。 敵の背が低いため水平攻撃は当たりにくいです。 垂直攻撃で地面に叩き付ける攻撃を選びましょう。 【這いつくばる獣】 560 ・ ・振り下ろし 動きが遅くて強くありません。 【幽霊】 490 ・両手垂直振り下ろし ・乱れ斬り 遠くからは本体が見えず近づかないと見えません。 攻撃力は高いですが、動きが遅くて強くありません。 【幽霊 首なし 】 490 ・吸い付き 当たると動けなくなる 遠くから白いものを放ってきて当たると5秒ほど動けなくなります。 他の幽霊に攻撃を受けるので、当たらないように。 横にローリングして避けましょう。 近距離攻撃は遅いので近づくと強くありません。 ただ複数だときついので一対一にするように。 横にローリングして避けましょう。 近距離攻撃は遅いので近づくと強くありません。 ただ複数だときついので一対一にするように。 【獣 刺剣 】 910 ・x2 ・突き ・連続斬り 攻撃の初動が早いため受けに回ると厄介です。 【吹矢の獣】 560 ・x2 ・吹き矢 遠距離 ・振り下ろし 遠くから吹き矢で攻撃してきます。 吹き矢に当たると後頭部付近に赤い楔が刺さり敵から狙われやすくなります。 吹き矢に当たると動きが止まるため他の敵との戦闘に邪魔です。 大体奥にいるため一気に近づいて倒しましょう。 【結晶トカゲ】 70 ・x2 ・逃げる こちらを見つけると逃げます。 よって準備としての「血の歓び」を装備しておくと体力回復できて楽になります。 それぞれについて攻略していきます。 まず前半は遠距離から魔法を飛ばしてきたり、近づくと鎌で攻撃してきます。 攻撃チャンスは杖を地面に刺した後の大魔法玉のときです。 この魔法玉は飛ばしたときのこちらの位置に向かって放ちます。 よって飛ばす瞬間に懐に潜り込み水平斬りのような範囲攻撃をしましょう。 敵は攻撃後すぐにステップして逃げるため範囲攻撃が当たりやすいです。 そのあと近距離爆発が来るためすぐに離れましょう。 厄介なのは地面に魔法の剣を突き刺して周囲に魔法を放つ攻撃です。 地面に刺さった剣を破壊しないと魔法が無数に放たれます。 すぐに壊しましょう。 タイミングが合えばパリィになり内臓攻撃ができれば大ダメージを与えられます。 またの「血の歓び」を装備していればHPを回復できるので戦闘が楽になります。 パリィ無しで勝つのは難しかったので、今までパリィをしてこなかった人もチャレンジしてみてください。 攻略方法ですが、遅毒が効きます。 また、紫炎をまとうと体力が多いときは敵のHPが減っていきます。 紫炎を纏ったらまずは距離を取って敵のHPを減らしましょう。 HP回復を一度使うと2回目は無いのであとはじっくり倒していきましょう。 もし毒メスを持っているときは使って敵を毒状態にしましょう。 また、敵の攻撃時に銃撃するとひるむのでそこを内臓攻撃しましょう。 タイミングが合わないと怯みません。

次の

ブラッドボーンの考察垂れ流し2:RUOKのブロマガ

ブラボ カイン ハースト

医療教会の狩人の装束 その背中には、医療教会の象徴、聖布が翻っている 彼らの多くは下級の医療者であり 獣の病の罹患者、その疑いのある者を、病の発祥前に処理する 予防の狩人である 故にその黒装束は、ヤーナムの昏い狂気そのものなのだ 防具では狩人となっているが、アデーラは狩人ではないので、ここでは聖職者と表現する。 下級の聖職者は上級の白装束たちとは違って、あまり内情に詳しくないようだ。 白装束の医療者たちが病に直接触れることで探求を深めるのに対し、黒装束の狩人たちは病に触れる前に処理をさせられる。 アデーラなど尼僧たちは調整された「血の器」であり、一般人と同じく実験の被害者的側面がある。 アデーラ本人も血の施しを狩人に与えることを「俗体」として卑下していて、 教会の「狩人様」と尼僧たちとでは、相当の身分差があるようだ。 白装束の聖職者 悪夢の儀式は赤子と共にある 赤子を探せ。 あの泣き声を止めてくれ 狂人ども、奴らの儀式が月を呼び、そしてそれは隠されている 秘匿を破るしかない 全ての上位者は赤子を失い、そして求めている。 メンシスの行う悪夢の儀式は赤子を使い、赤い月を呼び、偉大な上位者を降臨させる儀式である、と言えるだろう。 その目的は不明である。 ミコラーシュの台詞からは偉大な上位者ゴースから瞳を授かることを目的としているように思える。 偉大な上位者が現れたとき、女性たちは赤子を身ごもる。 その赤子からへその緒を集め、上位者狩りをしようとしていたのではないかと思える節もある。 以下の記述は推測を多分に含む。 神の冒涜 メンシス学派の行っていることは 神の冒涜ではないかと考えられる。 モチーフとしての 黒ミサ 神を冒涜することを旨とした儀式で、カトリック教会のミサと正反対のことを行う。 カトリックのミサでは、ワインをキリストの血に聖別して飲むが、黒ミサでは幼児の血を飲み干す。 wikipedia 黒ミサより 医療教会はミサを行っているが、メンシス学派は黒ミサを行っているように思える。 メンシスの儀式は赤子を使う点で黒ミサ的であり、神を冒涜しようとしているのではないだろうか。 ローランの落とし子 神の冒涜について確からしい根拠がある。 メンシス学派はアメンドーズと非常に関係が深い。 ヤハグルにはアメンドーズが複数いるし、ヤハグル教会でもアメンドーズが祀られている。 悪夢の辺境のボスもアメンドーズである。 ここが一番大事なのだが、 アメンドーズは病めるローランの聖杯を落とす。 悪夢の辺境自体にもローランの銀獣が出没している。 思うに、聖歌隊がイズをその礎としているのに対し、メンシス学派はローランをその礎としているのではないだろうか。 ヤハグルの人狩りは獣の爪を装備している、本編唯一の存在である。 ヤハグルの地下牢からは黒獣パールと出会うことになる。 パールを倒した先の、旧市街の獣患者とローランの獣患者は同じである。 ヤハグルにはトニトルスが落ちている。 黒衣の人狩りはトニトルスを使い、ヤハグルの人狩りは小さなトニトルスを使う。 話がそれたが、病めるローランには「 ローランの落とし子」がある。 懐かしい狩人たちの話が、今もそのままであれば 聖杯の1つは、谷あいの市街に祀られているはずだ だが、今やそこは… 獣の病が蔓延し、棄てられ焼かれた廃墟、獣の街であると聞く ゲールマンは旧市街の事件現場には居合わせておらず、伝聞でしか知らない。 デュラが夢の狩人であったことも加えて考えると、狩人の夢ができたのは旧市街事件以前であると分かる。 古工房が捨てられたのも狩人の夢成立時、ルドウイーク登場と旧市街事件の間だろう。 ゲールマンがいなくなり、古工房は機能しなくなって、捨てられた。 残ったゲールマンの弟子などが組織「工房」を形成し、場所は特定できないけれども、活動した。 (場所としての狩人の夢の「工房」と、古工房の仲間が形成した組織としての「工房」を分けて考える。 古い狩人の世代 古狩人デュラ、デュラの盟友が活躍した、旧市街焼き捨て事件の世代。 アートブックによると古い狩人は煤けた狩装束一式にデュラの帽子をかぶっている。 狩人の世代 医療教会は俺たちを見捨てるつもりだ あの月の夜、旧市街を焼き棄てたように 獣狩りの夜自体が教会の主導する出来事であるので、狩人が教会の庇護下、管理下にあるのは当然だろう。 医療教会初期から、狩長が獣になるまでの長い間、工房と教会は協同していたのではないかと考察することができる。 一方で考察者の中にはやはり工房と教会との関係がよくなかったのではないかと考える者もいる。 もしも工房と教会の関係が良好であったならば教会はあえて新しく教会工房を設置する必要が無かったのではないか?つまり、工房をそのまま教会組織として編入すればよかったのではないか?• 聖杯の中に出現する忘れられた異常者はルドウイークではないかとする説がある。 その説を元に考えると医療教会にとってルドウイークはゲールマンの息がかかった工房の影響力を低下、排除するための道具だったのではないか? などがあげられる。 また、ルドウイーク以後の医療教会の上位者研究は暴走の域に達し、ヤーナム一般市民にまで手を出し始めている(ヤハグルの人攫いにさらわれた人々など) ルドウイークが地下遺跡に追いやられたところを見るに、この時点で教会の暴走の片鱗を察したゲールマンあるいは当時の工房の人間が教会への編入を拒否した可能性もある。 主語を誰にするかによって考察が変わってきてしまう、曖昧な出来事だ。 狩人の夢が成立したままの状況(へその緒が残っていて、人形が捨て置かれているなど)に注意すれば 工房の構成員はゲールマンだけになっていたから悪夢の儀式ができたとか、 他の構成員がいたとしても、狩人の夢形成時に一緒に囚われた、もしくは死んでしまったなど言えるかもしれない。 教会の工房が作られた理由は、獣狩りにとどまらず墓暴きの狩人を欲した、 獣の病に対してより多くの仕掛け武器の生産が必要となりつつあった、 大型の武器を開発するより広い工房が必要だったなど 小さい工房では不十分であったと言えると思うが、結局は推測でしかなく様々な解釈が可能だろう。 -アルフレート かつてビルゲンワースの学び舎に裏切り者があり 禁断の血を、カインハーストの城に持ちかえった そこで、人ならぬ穢れた血族が生まれたのです -ウィレーム 君も、裏切るのだろう? 血を嗜む貴族たちがいつから存在していたかは曖昧であるが 「持ち帰った」という表現から、以前からそうした血を受け入れる土壌があったと読み取れるし、 いわゆる世界史的には貴族と騎士の時代、その最盛期は中世16C以前であり、 今作品が19Cヴィクトリア時代をイメージしたものであるということも補足材料として考えれば 貴族は血を持ち帰るより以前から存在していただろうと考えられる。 処刑隊と血族 ローレンス没後、正義を掲げる医療教会は処刑隊を編成し、血族を粛清した。 ビルゲンワースを禁域に指定したのと同様に、穢れた血の存在は 医療教会の支配、血の医療を通した拝領の探求を邪魔するものだったのだろう。 -アルフレート 血族は、医療教会の血の救いを穢し、侵す、許されない存在です• モチーフとしての吸血鬼 物語の本編は狼男と満月がモチーフとしてあるが、 外伝的位置づけのカインハーストは吸血鬼がモチーフであるように思われる。 不死であり、血を分け与えることで血族を生み、魅力的な存在であることは吸血鬼の特徴と似通っている。 不老不死の存在• 血を吸われた人も吸血鬼になる• 獲物である人間を惹きつけるために、美しい容姿を持つ (女吸血鬼は)魅惑的でしたたか• 廃城カインハーストの設定 ヤーナム近くに黒く巨大な威容を見せる、豪奢なつくりの廃城。 過去にヤーナムと交わりを持った、古い血脈を誇る閉鎖的な貴族たちの城だったが、彼らがあるとき忽然と姿を消したことで街との交流は途絶え、現在では城に至る道すら失われている。 山際P:カインハーストはかつてヤーナムと交流のあった古い貴族たちの城で、独自の文化による何らか特別な構造があるかもしれません。 Show recent 10 comments. なんか古工房由来の工房と医療教会の工房をゴッチャにしてない? 両者は同時期に存在した時期(デュラ世代)もあった別物のはずだが -- 2015-05-30 土 02:10:22• 古工房由来の工房と教会の工房はゴッチャにはなってないけど、古工房がどこまで活動していたかが明確でない。 狩人の夢が出来て、工房が移行したと考えるとまとめたようになる。 ただ夢に工房が移行したあとも現実での古工房と火薬庫が活躍したとも考えられる(ダブル工房時代)。 ダブル工房だと変かと思って、工房も火薬庫も夢内の存在としている。 -- 2015-05-30 土 02:41:53• 古工房由来の工房が夢内で存在してたってのが意味わからん 夢には1晩しかいられないんだろ? やっぱり現実に拠点があったんじゃないの?あと狩人シリーズの説明だとどうも古工房系工房は旧市街以降も少しは活動してたらしい 現在は機能停止かはしらんけど -- 2015-05-30 土 12:07:58• 教会工房の方に自分の考えている時系列グラフを作ってみたので、よろしくどうぞ。 -- 2015-05-30 土 05:05:49• デュラとか旧市街のやつらが工房残党な気がしてならないんだよなぁ・・・ -- 2015-05-30 土 12:10:31• なるほど、古工房時代のゲールマンの同僚・弟子がどこかで工房を引き継いだとかんがえるのが一番良さそうですね。 -- 2015-05-30 土 16:36:30• ゲールマンがいなくなり、古工房は機能しなくなって、捨てられた。 残ったゲールマンの弟子などが組織「工房」を形成し、場所は特定できないけれども、活動した。 (場所としての狩人の夢の「工房」と、古工房の仲間が形成した組織としての「工房」を分けて考える。 ) という記述にしてみたけどどうでしょう? -- 2015-05-30 土 17:03:40• GJ ただゲールマンが旧市街の件を知らないはあり得ないと思うんだよね 仮にも旧市街の獣狩りの夜に招かれた狩人のデュラは狩人の夢にいたんだからデュラからはある程度話を聞いてると思うんだが -- 2015-05-31 日 00:50:53• 知らない、という書き方が悪いですね。 狩人の夢にとらわれていて、直接見ていない、ということを言いたかっただけなのでそこも直します。 -- 2015-05-31 日 01:58:40• 工房と教会工房の関係のところの考察の口調を若干やわらかくしてみたのと反対意見も書き加えて折りたたんでおきました -- 2015-06-08 月 14:20:19• DLCで結構今までの説の否定とか新規要素の追加が出そうだね -- 2015-11-28 土 22:26:20• ルドさん高潔な騎士なのに医療教会酷すぎる・・・。 あとマリア様周辺情報で察するに悲劇的な最期っぽいなぁ -- 2015-12-04 金 13:08:29• 哀れではあるけど高潔ではないと思う。 医療協会に縋って願うだけで、現状を変えようとしていないから弱い人物だったんじゃないかな。 だから導きを盲信したのかも -- 2016-12-19 月 20:36:53• 狩人狩りは? -- 2016-04-05 火 02:21:33• XXXXNYMCF-FMEWJPMHC -- 2018-04-18 水 23:07:58• むしろ古工房廃棄後に医療教会に半ば組み込まれる形で新設されたのが医療教会の工房と考えた方が自然ではないだろうか。 狩人達の旗頭がゲールマンからルドウィークに替わって教会の庇護下に置かれた中で、工房だけそうでなかったと考えるのは難しい気がする。 "医療教会の工房"の建設と明確に医療教会に組み込まれるまでに時差があったか、一部の狩人が統治機構としての医療教会から裏の側面を感じとって離れていったように工房もまた同様であったなどと考えれば辻褄も合うのではないか。 逆に新工房と医療教会の工房を明確に分けた場合、変形機構を持つ実用的な近接武器等と言う難物を作るノウハウを教会がどこから手に入れたのか疑問残るし、ルドウィークが狩人の装束を工房に依頼する必要もなかったのではないだろうか。 メタ的に作中登場しないどこかに移転したと言う推理も卑怯臭い。 -- 2018-04-18 水 23:25:57• 狩人と古狩人ってどう違うんです? 何をもって古狩人なのかわからぬ。 ヘンリエットとかどう見ても若いのに古狩人だし。 BBAのアイリーンは普通の狩人みたいだし -- 2019-10-23 水 15:58:57.

次の

Bloodborne (ブラッドボーン) 神攻略wiki

ブラボ カイン ハースト

本人はオープンだけど実は全然情報がない、そんなアルフレートを考察したいと思います。 ・かつて獣狩りの狩人だったが、今は血族狩り ・ローゲリウスを崇めていて正当に祀るためにカインハーストに行きたい ・カインハーストで女王を肉片にする ・祭壇で自害している 上記が簡潔にまとめた彼の行動です。 単純でわかりやすく見えて謎だらけ、アルフレートらしいとさえ言えます。 彼がいかなる人物かですか順を追って考察したいと思います。 まずは前提となる現在からその出自までを考察します。 というのが無理がない考察です。 武器・装備一式の入手についても説明できます。 しかし一方で彼は教会の内情に詳しくない、と言っています。 「聖体」「警句」も存在は知っているが内容は知らないようで、階級はお世辞にも高いとは言えなかったでしょう。 ですが医療教会所属の狩人であり、一般のヤーナム人(血の医療のモルモット)とは明確に区別される位置であります。 医療教会にとってなんらかの価値があったのでしょう、事実いつもと違う夜(作中)に活動できている数少ない狩人の1人です。 「許されるのであれば」という注釈が付きますが、禁域や大聖堂とは違い文章から「訪れることができるもの」という認識が強く感じられます。 彼は医療教会を血の医療の担い手、カインハーストを穢れた血族と断じるなど教会の思想に傾倒というよりは純粋に信じている節があります、絶対視に近いかもしれません。 これらは彼が上層孤児院出身であればなんとも簡単に説明がつきます 生活の場としての上層と教育の賜物という解釈です。 何が特別かは明確にはされていませんが、軟体うごめく上層を見れば明白です。 それは改造(星界の使者)であり、出産(星の子)、人工的な上位者の製作を目的とした施設だったのです。 そこで必要とされるのは特別な血です、アルフレートが孤児院に居たならば彼にもそれが流れていたと考えられます。 年頃、薄い色素、命名の法則性から血族であることが濃厚で、カインハーストから連れ去られた孤児だったと考えると腑に落ちるのではないでしょうか。 ここまでが彼の過去の考察です。 しかし、彼が血族であればそこを強く補遺します。 そもそも招待状があれば必ず行けるとは明言されていません。 招待状こそきっかけに過ぎず、穢れた血こそが鍵であった可能性も大いに有り得る話です。 また、彼が手に入れた招待状は未開封かつ宛名がありません これは書きかけであった可能性とともに、これで完成形であった可能性もあります 名前は関係ない、流れる血こそが必要とされた証だったという考察も可能です。 そこで自分はあえて、彼が女王を殺して尚も言い放った言葉に注目したいと思います。 「如何にお前が不死だとて、このままずっと生きるのなら、何ものも誑かせないだろう!」 一般的にはローゲリウスのことを指しており、これが女王ローゲリ恋仲説などに分派していますが、私の視点は少し異なります。 これは女王と相対したアルフレートが交わしたであろう会話へのアンサーなのではないかというものです。 内容は推察するに、非常に説得力のある自分が血族であるという内容ではなかったでしょうか。 ですのでアルフレートの言葉を意訳すると「お前が誑かすのは私で最後だ」というものです。 彼はその後処刑隊記念碑の前で自害しています。 彼は師の眼の前で、最後の血族を殺してみせたのです、自分自身を自らの手で。 まさに輝きに相応しい、不退転を貫く黄金三角。 彼の「輝き」の物語はこれにて閉幕となるのであります。 まとめ カインハースト滅亡の日、多くの血族の子らが連れ去られた中に彼もいた 聖堂街上層の孤児院で養育され、教会から教育を受けた 素質がなく孤児院を放逐された(女性でなかった・神秘への適正等) それでも特別な血であることから狩人として医療協会に所属した(階級は黒装束以下) 処刑隊について知り、解体された部隊に入隊し、殉教した聖人に師事する 特別な血からカインハーストに招かれる 女王に事実を告げられ狂乱し鏖殺 ローゲリウス像の前で最後の血族である自分を誅する。

次の