ザエルアポロ グランツ。 涅マユリの超人薬、適量でもヤバすぎる件【BLEACH・ブリーチ】

ザエルアポロ・グランツとは (ザエルアポログランツとは) [単語記事]

ザエルアポロ グランツ

ザエルアポロ・グランツ、とはの登場人物である。 : 概要• 体重:kg• 生年日: が自ら集めた有用なで構成される集団"十 パーダ "の第八位。 る死の形は狂気。 同様の。 他者を見下し研究に利用することしか考えておらず、味方に収集のを仕込んだり食らえば自らを癒せるように部下をするなど観とはかけはなれた振る舞いが多い。 によるとに見えるものはの名残、ウ特有のが彼の場合は頭にあるとのこと。 また十、の従属官であるイールフォルト・ツはの。 ではあるが、二人の間には大きな霊圧の差が開いている。 帰名は妃[フォルニ]、解号は啜れ[すすれ]。 相手の分身を生み出したり相手の身体を支配下に置いたり自らを他者にませるなど異色なを持っている。 自らはあまり高くないとするが解放後にはバワバワの体当たりを軽く受け止めるなどしておりやはりその地位にあるだけの膂も備えているようだ。 はに入念な収集や仕掛けなどの下準備をしてから相手に挑み解析と奇怪なとを組み合わせて相手を手玉に取るというもの。 作中では、、ドチャッカ・タン、ェ・ガーシェを相手取り翻弄し続けた。 しかし増援として現れたと相対するとその変わりなも通じず追い詰められてしまい、最後は人を投与されてしまう。 それにより意識だけがに研ぎ澄まされ身動きとれなくなってしまったところにを刺されを貫かれた。 口からは血を垂れ流していたがこれで死んだかは不明。 ただに捕獲されたことは疑いようもない。 この場合人が効いているので死なせなくてもそのまま確保ができるし他ので身動きとれなくすることもできるので 新鮮な状態のまま保管されている可性もある。 ちなみに三作、その番宣のために描き下ろされた、そしてから出た認では死んでに落ちたことになっている。 でも年分の生きを味わった挙句落ちとは少し憐れである。 基本的に残で底知れぬ狂気を感じるではあるが、作り出したの姿が自分好みでなければ勝手に変えての意味をなくし敵にツッコまれたり、ェのにリするなどどこか恨みきれない面も持ち合わせている。 余談ではあるが認の s e Foer ではの一人であり、生前とになる前のが明かされた。 読めば彼がに落とされた理由がわかるかもしれない。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

【ブレソル】ザエルアポロ オリジナル形態で全裸になる【帰刃のその先へ・十刃・CFYOW】

ザエルアポロ グランツ

イ/ \. ・育成: B … 高水準の育成力。 『スカウター』『チェイサー』の追加任命が可能。 ・能力: B … 植物が持つ「生命吸収」の異能を有する。 「4」倍数T、一番最後に味方ポケモンが以下の技による追加行動を得る。 33倍)し、技が急所に当たりやすくなる。 『薔薇竜の重肉』… 相手の「威力:100」以上の技のダメージを緩和 0. 67倍 する。 『ゴジラ細胞』… 自身の「体力」種族値が若干上がる。 『魂の絆』… 場にいる限りトレーナーの指示を「1」ランク上げる。 低確率でポテンシャルを再度受けられる。 『後の先』… 相手が自身より先に行動した時、稀に相手より先に行動することが出来る。 『対氷回避』… 敵陣に「氷」ポケモンがいる時、相手の「氷」技の命中率を低下(0. 85倍)させる。 『対氷耐性』… 敵陣に「氷」ポケモンがいる時、相手の「氷」技のダメージを緩和(0. 67倍)する。 『対氷狙撃』… 敵陣に「氷」ポケモンがいる時、低確率で自身の技が「必中」する。 『気合い』… 稀に気合いで相手の攻撃を耐える。 残り体力が多いと発動しにくい。 『スラッグアーツ』… 「ここぞ!」という時、自身の「命中」を強化(1. 33倍)する。 『キラー』がいると発動しない。 / : :. ゙'く. / \:. : : :. : : :. : : : : /. : : : : : /: : ,. 【もちもの】 【技x6:めざめるダンス、ドレインダンス、フラフラダンス、ちょうはつ、ちょうのまい、いやしのねがい】 こうげき:D ぼうぎょ:C とくこう:B とくぼう:B すばやさ:A 【ポテンシャル】 『エースアシスト』… 味方『エース』と交代する時、『エース』の任意の能力値を上げる。 『土人形の錬金』… 自身に『エキスパンション 鋼 』を付与する。 タイプ不一致の「鋼」技の威力を強化 1. 2倍 する。 『後の先』… 相手が自身より先に行動した時、稀に相手より先に行動することが出来る。 『対水回避』… 敵陣に「水」ポケモンがいる時、相手の「水」技の命中率を低下(0. 85倍)させる。 『対水耐性』… 敵陣に「水」ポケモンがいる時、相手の「水」技のダメージを緩和(0. 67倍)する。 『対水迫撃』… 敵陣に「水」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージを2倍にする。 『ド根性』… 稀に気合いで相手の攻撃を耐える。 残り体力が多いと発動しにくい。 『エキスパンション 鋼 』… 「悪」「霊」技が「こうかいまひとつ」になる。 10割「攻-1」 とくこう:D とくぼう:B- すばやさ:B 【ポテンシャル】 『キラー』… 『エース』に与えるダメージを強化(1. 5倍)する。 『幽体種』… 死後に『固有種』として生まれ変わったことで、相手の「ノ」「闘」技を無効化する。 『切裂鬼の人斬』… 「けん」「つるぎ」技を繰り出す時、相手の「亜人」に対して自身の『キラー』が必ず発動する。 『切裂鬼の伏撃』… 「特性:はりこみ」の時、任意交代で場に出た相手の「亜人」に対して自身の『アンブッシュ』が必ず発動する。 『ブレードケース』… 「つるぎでまもる」で相手の技を無効化した時、味方と任意交代することが出来る。 『後の先』… 相手が自身より先に行動した時、稀に相手より先に行動することが出来る。 『対炎回避』… 敵陣に「炎」ポケモンがいる時、相手の「炎」技の命中率を低下(0. 85倍)させる。 『対炎耐性』… 敵陣に「炎」ポケモンがいる時、相手の「炎」技のダメージを緩和(0. 67倍)する。 『対炎迫撃』… 敵陣に「炎」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージを2倍にする。 『戦闘続行』… 低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。 『アンブッシュ』… 相手の『エース』が場に出た時、相手が場に出て最初に繰り出す技の優先度を「-1」に変更する。 : :! 「かみつく」「キバ」等の技の威力を強化(1. 5倍)する。 【もちもの】くろいヘドロ 【技x6:ダストシュート、ふいうち、ほのおのキバ、ギガドレイン、どくどく、つめとぎ】 こうげき:A- ぼうぎょ:D- とくこう:B とくぼう:D すばやさ:A 【ポテンシャル】 『チェイサー』… 自身の攻撃技に「おいうち」効果を付与する。 『抹殺者の腐食』… 自身の持ち物が「くろいヘドロ」の時、自身の「毒」技が「鋼」タイプを持つ相手に対し「こうかばつぐん」になる。 『抹殺者の汚染』… 自身の持ち物が「くろいヘドロ」の時、相手の「回復」を「ダメージ」に変換する。 『ファイレクシア油』… 「瀕死」状態になった時、相手の持ち物を「くろいヘドロ」に変更する。 『後の先』… 相手が自身より先に行動した時、稀に相手より先に行動することが出来る。 『対地回避』… 敵陣に「地」ポケモンがいる時、相手の「地」技の命中率を低下(0. 85倍)させる。 『対地耐性』… 敵陣に「地」ポケモンがいる時、相手の「地」技のダメージを緩和(0. 67倍)する。 『対地狙撃』… 敵陣に「地」ポケモンがいる時、低確率で自身の技が必中する。 『戦闘続行』… 低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。 『アサルト』… 自身の技の「おいうち」効果の発動時、自身の技の威力を強化(1. 5倍)する。 「〜だん」「ボール」等の技のダメージを半減する。 『怪甲虫の豪腕』… 自身の「ハンマー」技が相手の「防」の上昇 強化 を無視する。 0倍)する。 『t-ウィルス』… 自身のデータが解析された時、相手を「混乱」状態にする。 『後の先』… 相手が自身より先に行動した時、稀に相手より先に行動することが出来る。 『対電回避』… 敵陣に「電」ポケモンがいる時、相手の「電」技の命中率を低下(0. 85倍)させる。 『対電耐性』… 敵陣に「電」ポケモンがいる時、相手の「電」技のダメージを緩和(0. 67倍)する。 『対電迫撃』… 敵陣に「電」ポケモンがいる時、低確率で自身の技のダメージが2倍になる。 『戦闘続行』… 低確率で相手の技のダメージを自身の行動後に持ち越す。 『スターター』… 『先発』が発動した時、自身の全能力値を強化(1. 05倍)する。 トーマスの技はできるだけ設定通りにしてあります。 「トップハム・マッド卿が操る殺りくマシーン。 元は人工知能搭載型の気の良い機関車であったが終末戦争で全てを失い、狂気に取りつかれたトップハム卿によって改造された。

次の

【BLEACH】明かされたザエルアポロの過去に衝撃!?最狂の破面を徹底解説!【ブリーチキャラ紹介】

ザエルアポロ グランツ

ザエルアポロ・グランツ、とはの登場人物である。 : 概要• 体重:kg• 生年日: が自ら集めた有用なで構成される集団"十 パーダ "の第八位。 る死の形は狂気。 同様の。 他者を見下し研究に利用することしか考えておらず、味方に収集のを仕込んだり食らえば自らを癒せるように部下をするなど観とはかけはなれた振る舞いが多い。 によるとに見えるものはの名残、ウ特有のが彼の場合は頭にあるとのこと。 また十、の従属官であるイールフォルト・ツはの。 ではあるが、二人の間には大きな霊圧の差が開いている。 帰名は妃[フォルニ]、解号は啜れ[すすれ]。 相手の分身を生み出したり相手の身体を支配下に置いたり自らを他者にませるなど異色なを持っている。 自らはあまり高くないとするが解放後にはバワバワの体当たりを軽く受け止めるなどしておりやはりその地位にあるだけの膂も備えているようだ。 はに入念な収集や仕掛けなどの下準備をしてから相手に挑み解析と奇怪なとを組み合わせて相手を手玉に取るというもの。 作中では、、ドチャッカ・タン、ェ・ガーシェを相手取り翻弄し続けた。 しかし増援として現れたと相対するとその変わりなも通じず追い詰められてしまい、最後は人を投与されてしまう。 それにより意識だけがに研ぎ澄まされ身動きとれなくなってしまったところにを刺されを貫かれた。 口からは血を垂れ流していたがこれで死んだかは不明。 ただに捕獲されたことは疑いようもない。 この場合人が効いているので死なせなくてもそのまま確保ができるし他ので身動きとれなくすることもできるので 新鮮な状態のまま保管されている可性もある。 ちなみに三作、その番宣のために描き下ろされた、そしてから出た認では死んでに落ちたことになっている。 でも年分の生きを味わった挙句落ちとは少し憐れである。 基本的に残で底知れぬ狂気を感じるではあるが、作り出したの姿が自分好みでなければ勝手に変えての意味をなくし敵にツッコまれたり、ェのにリするなどどこか恨みきれない面も持ち合わせている。 余談ではあるが認の s e Foer ではの一人であり、生前とになる前のが明かされた。 読めば彼がに落とされた理由がわかるかもしれない。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の