アクエリオン all stars 評価。 PAFアクエリオン6 オールスターズ 89ver ライトver 甘デジ

新台「Pフィーバーアクエリオン ALL STARS」感想・評価などまとめ!かなりの優秀台で高評価の嵐!!!

アクエリオン all stars 評価

00円 19. 9 21 3. 57円 21 22 3. 33円 21 23 3. 03円 22 24 2. 00円 15. 9 16. 8 0. 92円 17 17 0. 89円 17 18 0. 75円 18 19 0. 連チャン中の大当たり中はインターバルが短めで こぼしも少ないので打ちっぱなしでいいでしょう。 大当たり中の止め打ち 初当たり時 9個入れてワンツー その他 最終ラウンド以外は打ちっぱなし 最終ラウンドは9個入れてワンツー 電サポ中 電チューはスライド式。 全3種類ありストーリーバトルなら激アツ! チャンスアップパターン発生に期待。 選択される演出内容で10R期待度を示唆。

次の

PフィーバーアクエリオンALL STARS(オールスターズ) パチンコ新台|スペック ボーダー 保留 信頼度 予告 評価

アクエリオン all stars 評価

皆様、こんにちは玉男です。 またアクエリオンシリーズ3作品が共演し、更にぱちんこ専用ストーリー追加など、版権ファンからも注目を集めた機械でした。 アクエリオン甘も基本となるスペックは同じV確変ST機となりますが、遊タイムを搭載している点が大きく異なります。 最初からそうすべきという訳では無く、コロナ過による様々な影響を受けての結果論ではありますが、現状はミドルタイプの遊タイムを体感できたユーザーは少ないと思います。 確率うんぬんでは無く、到達までの時間と投資を考えて、そもそも目指そうというユーザーが少ないのが現状です。 そうした理由から今回は当機種に注目致しました。 それではスペックを見ていきましょう。 時短突破型とは、特図1での大当り後にほぼほぼ時短に突入し、時短中に引き戻す(突破)事で確変を獲得出来るスペックです。 以前紹介しました仕置人の甘デジタイプにかなり似ていますね。 「初当りの軽さ・遊タイムの到達回転数」はアクエリオン甘が勝り、「RUSH突入率・継続率・出玉性能」は仕置人甘が勝っています。 といってもアクエリオン甘も甘デジとしては優秀な出玉性能であることは間違いありません。 へその賞球が1個となっており、ベースを下げて出玉に還元していますね。 仕置人甘は通常当り後の時短は一律で40回ですが、アクエリオン甘には振り分けがあり、 最大で100回の時短がつきます。 仮に時短100回をスルーしたらもう半強制的に遊技を継続するしかありません。 どっからでも打ってもOKで打ち始めたら辞められない。 なんというか、 いい意味で蟻地獄みたいな印象をうけました。 やはり225回という数字はすごく近い印象をユーザーは感じると思います。 ただイメージの問題です。 今までぱちんこ打ってきた経験で225回はまることなど日常茶飯事なはずです。 ポジティブに自分に都合の良い解釈をしがちです。 そういういった面からこのアクエリオン甘は蟻地獄という印象です。 ただ、到達率は甘デジでもミドルでも同じですが、投資金額と到達への時間には大きな差があります。 この違いは非常に大きく、 到達率は同じでも目指す人数の母数が大きく増えるので、結果的に遊タイムを体感する人数は増え、遊タイムという物がよりユーザーの中で認知される事と思います。 遊タイムまでの表示は、遊タイム突入までの回転数を液晶右下にカウントダウン表示します。 電源オンオフ時は引き継いで表示されますが、遊タイムをスルーした後に電源オンオフしても報知がありませんのでご注意ください。 ~最後に~ さて、今回の記事いかがでしたでしょうか。 う~ん。 これがコロナ過での市場での遊タイムの評価から考えた戦略だとしたら、圧倒的スピード感と考察力に脱帽です。 さすがは三共様といったところです。 もちろん京楽様も。 仕置人甘に並ぶ注目機種ですので、ホール様においても要チェックをお勧め致します。 それでは今回はここまでと致します。 次回もどうぞ宜しくお願い致します。

次の

PFアクエリオンALL STARS

アクエリオン all stars 評価

皆様、こんにちは玉男です。 またアクエリオンシリーズ3作品が共演し、更にぱちんこ専用ストーリー追加など、版権ファンからも注目を集めた機械でした。 アクエリオン甘も基本となるスペックは同じV確変ST機となりますが、遊タイムを搭載している点が大きく異なります。 最初からそうすべきという訳では無く、コロナ過による様々な影響を受けての結果論ではありますが、現状はミドルタイプの遊タイムを体感できたユーザーは少ないと思います。 確率うんぬんでは無く、到達までの時間と投資を考えて、そもそも目指そうというユーザーが少ないのが現状です。 そうした理由から今回は当機種に注目致しました。 それではスペックを見ていきましょう。 時短突破型とは、特図1での大当り後にほぼほぼ時短に突入し、時短中に引き戻す(突破)事で確変を獲得出来るスペックです。 以前紹介しました仕置人の甘デジタイプにかなり似ていますね。 「初当りの軽さ・遊タイムの到達回転数」はアクエリオン甘が勝り、「RUSH突入率・継続率・出玉性能」は仕置人甘が勝っています。 といってもアクエリオン甘も甘デジとしては優秀な出玉性能であることは間違いありません。 へその賞球が1個となっており、ベースを下げて出玉に還元していますね。 仕置人甘は通常当り後の時短は一律で40回ですが、アクエリオン甘には振り分けがあり、 最大で100回の時短がつきます。 仮に時短100回をスルーしたらもう半強制的に遊技を継続するしかありません。 どっからでも打ってもOKで打ち始めたら辞められない。 なんというか、 いい意味で蟻地獄みたいな印象をうけました。 やはり225回という数字はすごく近い印象をユーザーは感じると思います。 ただイメージの問題です。 今までぱちんこ打ってきた経験で225回はまることなど日常茶飯事なはずです。 ポジティブに自分に都合の良い解釈をしがちです。 そういういった面からこのアクエリオン甘は蟻地獄という印象です。 ただ、到達率は甘デジでもミドルでも同じですが、投資金額と到達への時間には大きな差があります。 この違いは非常に大きく、 到達率は同じでも目指す人数の母数が大きく増えるので、結果的に遊タイムを体感する人数は増え、遊タイムという物がよりユーザーの中で認知される事と思います。 遊タイムまでの表示は、遊タイム突入までの回転数を液晶右下にカウントダウン表示します。 電源オンオフ時は引き継いで表示されますが、遊タイムをスルーした後に電源オンオフしても報知がありませんのでご注意ください。 ~最後に~ さて、今回の記事いかがでしたでしょうか。 う~ん。 これがコロナ過での市場での遊タイムの評価から考えた戦略だとしたら、圧倒的スピード感と考察力に脱帽です。 さすがは三共様といったところです。 もちろん京楽様も。 仕置人甘に並ぶ注目機種ですので、ホール様においても要チェックをお勧め致します。 それでは今回はここまでと致します。 次回もどうぞ宜しくお願い致します。

次の