メカジキ 栄養。 カジキマグロの栄養と効能=食べて健康、免疫力up!

カジキの栄養とレシピ、食品成分表

メカジキ 栄養

カジキ(梶木)は、スズキ目カジキ亜目に属する魚の総称です。 カジキ亜目はメカジキ科とマカジキ科があります。 大きなものは全長4mを超えるものもあり、体重も500k以上は有にあるものもいるといいます。 大きなわりには高速で泳ぐことができ、時速では100km以上にも達すると言われます。 嘴のような上顎(吻)が長く伸びている魚で、この吻で他の魚を打ちのめしたりすることで獲物にダメージを与え捕獲します。 この吻は非常に危険で人間でも捕獲を誤ると突き刺されることがあります。 温暖な海域に生息する大型の肉食魚で、日本近海には下記の6種が生息しています。 マカジキ・・・薄い青色の横縞があるカジキで全長3m体重100kを超えるものもいる。 食用になる。 メカジキ・・・最大で4mを超える、体重も300kを超えるという、カジキの中では最大のものである。 食用になる。 バショウカジキ・・・長く多きな背びれがあるカジキで大きなものは3mを超える。 食用になる。 シロカジキ・・・「シロカワ」とか「シロカワカジキ」とも呼ばれる。 死後体が白くなることから呼ばれる。 食用になる。 クロカジキ・・・死後黒くなることから「クロカワ」とか「クロカワカジキ」とも呼ばれる。 英語では「ブルーマーリン」と呼ばれる。 食用になる。 フウライカジキ ・・・カジキの中では小型である。 吻が短く細長い。 本州中部以南の暖流にいる。 全長は2m程。 食用になるが漁業価値は低い。 カジキの呼び名 上記のようにカジキは地方により呼び名が変わります。 カジキという名前自体は、 長く伸びる「吻」で「舵木」と呼ばれる船の舵をとる板を突き通すことで「舵木通し」と呼ぶところから来たそうです。 かつおを襲うことから「カツオクイ」とも呼ばれる種類もいます。 因みに、「カジキマグロ」と呼ばれることもありますが、マグロとは異なる魚類です。 英名では下記のように呼ばれています。 地域よっては「突きん棒」と呼ばれる伝統漁法を用いているところもあります。 突きん棒漁とは、簡単にいうと水面に浮いているカジキを見つけ長いモリで船上から突き通すという、極めて単純豪快な漁ですが、長年の経験と勘を必要とする難しい漁です。 釣りの対象としても世界的に人気があり、主にトローリングで狙います。 トローリングとは、疑似餌である専用のルアーをクルーザーで引き回しながら、小魚に見せかけて釣り上げるというスポーツフィッシングで世界大会も開催されています。 もちろん、専用の竿やリール、仕掛けを使うことは言うまでもありません。 カジキの食べ方・料理 刺身で食べられます。 ソテーや照り焼き、塩焼き、フライ、から揚げ、等で食べるほうが一般的かもしれません。 加工食品でも、缶詰や蒲鉾、 練り製品、等にも利用されます。 マカジキは寿司種にも使われます。 カジキに含まれる栄養成分 可食部(食べられる部分)100gに含まれている成分の数値です。 スポンサーリンク カジキの効能 カリウムやリンは他の魚同様多く含まれます。 これらは生活習慣病の予防に有効です。 メカジキだけビタミンAが多く含まれています。 これは 「目のビタミン」とも呼ばれ目に必要不可欠なロドブシンという物質を作るのに重要な働きをしています。 ロドブシンは、暗がりでもわずかな光に反応してこわれ、脳に刺激を与えた後、元の形に再生される物質です。 又、皮膚の肌荒れから守る役目や、病原菌の侵入を防ぐ役目もあります。 カジキの旬と保存方法• 食べると良い時期(旬)・・・秋~冬(マカジキが最も美味)• 理想的な保存方法・・・下処理後、キッチンペーパーなどで包みラップをして冷蔵庫へ・切り身は冷凍も可• 理想的な保存期間の目安(賞味期限)・・・冷蔵庫で2~3日程度(冷凍では1週間~) 関連記事• 栄養は出来る限り自然な食材から取りたい できれば普段の栄養は サプリなどに頼らず、自然な食材から摂りたいものです。 しかし、現代人の生活において、必要な栄養素を全て自然な食材から過不足なく摂ることは現実的ではないことも否めません。 地方在住の方なら道の駅で地元産の新鮮かつ安全なおいしい野菜を手に入れることも容易ですが、都会暮らしでは難しいと言わざるを得ません。 みずみずしく美味しい旬の野菜を選ぶにも目利きが必要ですし、忙しい方は買い物に行くのも大変でしょう。 そこで一度、本当に新鮮でみずみずしい旬の野菜を食べてみて、ご自身の目利きの力を養ってみるのはいかがでしょうか? Oisix(オイシックス)では、 送料無料で様々な野菜がたっぷり入ったお試しセットを購入することができます。 おいしくなければ 全額返金対応です。 まずは一度、本当の野菜を知ってみることをおすすめします。 きっと今後の野菜選びに役に立ちます。 スポンサードリンク.

次の

カジキ

メカジキ 栄養

カジキマグロの栄養と効能 カジキマグロ(この呼び方は俗称です)は、魚類としての性質(生態や肉質など)がマグロに大変よく似ていることから カジキマグロと呼ばれますが、スズキ目メカジキ科のメカジキや、マカジキ科のマカジキ・クロカジキ・バショウカジキなどの魚のことを俗称で カジキマグロと呼んでいるのです。 マグロはスズキ目サバ科マグロ属の別の種類の魚です。 カジキマグロはビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く豊富に含み、刺身、煮物、揚物、ステーキ、照り焼き、ムニエ ルなど様々な料理に利用されます。 カジキマグロは、糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立つ ビタミンB1や細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長に役立つ ビタミンB2、また、皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立つ ナイアシンや ビタミンB6、動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きのある パントテン酸そして、貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンである 葉酸やビタミンB12を含みます。 さらに、抗酸化ビタミンである ビタミンCや ビタミンEを含みますので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。 また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルである カルシウムや リン、マグネシウムなどを含みます。 カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。 カジキマグロは、良質な タンパク質や レチノールを含む優れた栄養のある魚です。 スポンサードサーチ 主な栄養素 100gあたりの栄養価 たんぱく質 23. 1g 脂質 1. 8g 炭水化物 0. 1g レチノール 8㎍ ビタミンB1 0. 09mg ビタミンB2 0. 07mg ナイアシン(B3) 10. 4mg パントテン酸(B5) 1. 25mg ビタミンB6 0. 44mg ビタミンB12 4. 3㎍ 葉酸 5㎍ ビタミンC 2mg ビタミンD 12㎍ ビタミンE 1. 2mg カルシウム 5mg リン 270mg 鉄分 0. 6mg マグネシウム 35mg カリウム 380mg (まかじきー生 切り身) 五訂日本食品標準成分表より スポンサードサーチ カジキマグロの主な栄養素の効能 レチノールの効能 レチノールは、脂溶性ビタミンであるビタミンAの一種で動物性食品に含まれます。 成長を促進し、美容や肌の健康に役立ち、夜盲症(暗い所で目が見えにくくなる病気)を改善し目を正常に保ち、さらにのどや鼻などの粘膜に作用し細菌から体を守るなど多くの働きがあります。 ビタミンB1の効能 ビタミンB1は、世界で一番最初に発見されたビタミンです。 今日のように栄養状況の良くなかった日本では脚気(かっけ)の治療に効果を発揮しました。 炭水化物(糖質)の代謝をたすけて エネルギーをつくり出すので疲労回復に役立ちます。 また、皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常にたもちます。 ビタミンB2の効能 ビタミンB2は、三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変える、代謝を支える重要な働きをしています。 また、 細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長にも関わりますので、美容や子供の成長には欠かせない栄養素になります。 ナイアシン(B3)の効能 ナイアシンは、水溶性ビタミンの一種です。 三大栄養素である糖質、脂質、たんぱく質の代謝によりエネルギーをつくり出す過程で働く酵素を補助する必要不可欠なビタミンです。 皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立ちます。 パントテン酸(B5)の効能 パントテン酸は、ビタミンB5とも呼ばれ動植物食品に広く含まれ、体内でも合成することができるビタミンです。 パントテン酸は、三大栄養素である糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギーをつくり出すのに不可欠な酵素を補助する役割をしています。 また、 血中の善玉コレステロール(HDL 、ホルモン、免疫抗体などを合成し、 動脈硬化を予防しストレスをやわらげ、皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。 ビタミンB6の効能 ビタミンB6は、水溶性ビタミンの一種でたんぱく質を体内でエネルギーに変える、代謝を支えたり、筋肉や血液などがつくられたりする時に重要な働きをします。 皮ふ炎を予防することから発見されたビタミンで 皮ふや粘膜の健康維持にも役立っています。 ビタミンB 6は私たちの体内の腸内細菌からも一部つくられます。 ビタミンB12の効能 ビタミンB12は、水溶性ビタミンの一種で、ミネラルであるコバルトを含むため、コバラミンとも呼ばれます。 悪性の貧血を予防する葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けます。 また神経を正常に保つために必要な栄養素で、DNAやたんぱく質の合成を助け様々な代謝に必要な酵素を補助する役割をしています。 葉酸の効能 葉酸は、緑の葉に多く含まれるビタミンです。 貧血を予防する物質として発見されました。 細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせない栄養素です。 特に、細胞増殖が盛んな胎児の正常な発育のために必要な成分です。 葉酸が不足すると貧血になったり、妊娠初期の女性の胎児に影響を及ぼし、神経管閉鎖障害の危険が高まります。 ビタミンCの効能 ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれる抗酸化ビタミンです。 抗酸化作用があるので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めます。 また、体の細胞や組織をつなぐ働きをするコラーゲンというたんぱく質をつくるので、 皮ふや粘膜を健全に保ち美肌にも役立ちます。 ビタミンDの効能 ビタミンDは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、紫外線を浴びることで体内でもある程度つくり出せる唯一のビタミンです。 つくられたビタミンは肝臓に蓄えられます。 体内で活性型ビタミンDになり、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きで血液中のカルシウム濃度を保ち、 骨や歯を丈夫にしてくれます。 ビタミンEの効能 ビタミンEは、強力な抗酸化作用によって、活性酸素の発生や酸化力を抑え、細胞の酸化を防ぎ、血管や肌、細胞の老化を防いでくれます。 また、ダメッジを受けた細胞を修復してくれますので、免疫力を高め、 動脈硬化やがんの予防にも役立ちます。 カルシウムの効能 カルシウムは、人間の身体で骨や歯を構成する 必須ミネラルです。 人間の身体に最も多く存在するミネラルで、骨そのものが貯蔵庫の働きもしています。 不足すると骨から遊離します。 体重の1~2%の比率を占めています。 カルシウムは 血液を凝固させる働き(傷口を治す)や、筋肉の運動、神経の働きに作用します。 筋肉の収縮や心臓の拍動もカルシウムの働きによるものです。 また、神経の働きに作用し、緊張や興奮を静めることで、イライラやストレスの解消に役立ちます。 リンの効能 リンは、人間の身体で骨や歯を構成する 必須ミネラルです。 リンは体内のミネラルの中でカルシウムの次に多いミネラルです。 体内のリンはその約80%がカルシウムやマグネシウムとともに骨や歯をつくる成分になります。 残りの約20%は筋肉、脳、神経などの様々な組織に含まれ、エネルギー代謝や脂質代謝などにおいて重要な役割を担っています。 鉄の効能 鉄は、 必須ミネラルのひとつで赤血球を構成する成分で、全身の細胞や組織に酸素を運ぶ働きをしています。 鉄は、 貧血の予防に重要な栄養素です。 体内の鉄の約70%が血液中で赤血球のヘモグロビンの構成成分となり約25%は肝臓などに貯蔵されています。 肺で取り込んだ酸素を全身の細胞や組織に運ぶ重要な役割をしています。 鉄は細胞に酸素と栄養を届けるヘモグロビンにとって大切なミネラルなのです。 マグネシウムの効能 マグネシウムは、体内で約300種類以上もの酵素の働きをサポートします。 50~60%が骨に含まれていて、不足すると骨から遊離します。 カルシウムと密接な関係があり、骨や歯の形成に必要な栄養素でもあります。 また、三大栄養素である炭水化物 (糖質)、脂質、たんぱく質の代謝により、エネルギーをつくり出す過程で酵素が必要になりますが、マグネシウムは 酵素が働くために必要不可欠なミネラルなのです。 カリウムの効能 カリウムは、体内のほとんどの細胞の中に存在しナトリウムとバランスをとりながら 高血圧を防いでくれます。 ナトリウムは体に必要なミネラルですが、とり過ぎは高血圧になる危険が高まります。 しかしながら、多少ナトリウムの摂取量が増えたとしても、適切な食事で必要なカリウムの摂取ができていれば、カリウムの働きでナトリウムはカリウムと共に汗や尿として排出され、高血圧を防いでくれます。 食事でのカリウムの摂取は大変重要になります。

次の

カジキマグロの栄養と効能=食べて健康、免疫力up!

メカジキ 栄養

カジキマグロの栄養と効能 カジキマグロ(この呼び方は俗称です)は、魚類としての性質(生態や肉質など)がマグロに大変よく似ていることから カジキマグロと呼ばれますが、スズキ目メカジキ科のメカジキや、マカジキ科のマカジキ・クロカジキ・バショウカジキなどの魚のことを俗称で カジキマグロと呼んでいるのです。 マグロはスズキ目サバ科マグロ属の別の種類の魚です。 カジキマグロはビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く豊富に含み、刺身、煮物、揚物、ステーキ、照り焼き、ムニエ ルなど様々な料理に利用されます。 カジキマグロは、糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立つ ビタミンB1や細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長に役立つ ビタミンB2、また、皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立つ ナイアシンや ビタミンB6、動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きのある パントテン酸そして、貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンである 葉酸やビタミンB12を含みます。 さらに、抗酸化ビタミンである ビタミンCや ビタミンEを含みますので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。 また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルである カルシウムや リン、マグネシウムなどを含みます。 カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。 カジキマグロは、良質な タンパク質や レチノールを含む優れた栄養のある魚です。 スポンサードサーチ 主な栄養素 100gあたりの栄養価 たんぱく質 23. 1g 脂質 1. 8g 炭水化物 0. 1g レチノール 8㎍ ビタミンB1 0. 09mg ビタミンB2 0. 07mg ナイアシン(B3) 10. 4mg パントテン酸(B5) 1. 25mg ビタミンB6 0. 44mg ビタミンB12 4. 3㎍ 葉酸 5㎍ ビタミンC 2mg ビタミンD 12㎍ ビタミンE 1. 2mg カルシウム 5mg リン 270mg 鉄分 0. 6mg マグネシウム 35mg カリウム 380mg (まかじきー生 切り身) 五訂日本食品標準成分表より スポンサードサーチ カジキマグロの主な栄養素の効能 レチノールの効能 レチノールは、脂溶性ビタミンであるビタミンAの一種で動物性食品に含まれます。 成長を促進し、美容や肌の健康に役立ち、夜盲症(暗い所で目が見えにくくなる病気)を改善し目を正常に保ち、さらにのどや鼻などの粘膜に作用し細菌から体を守るなど多くの働きがあります。 ビタミンB1の効能 ビタミンB1は、世界で一番最初に発見されたビタミンです。 今日のように栄養状況の良くなかった日本では脚気(かっけ)の治療に効果を発揮しました。 炭水化物(糖質)の代謝をたすけて エネルギーをつくり出すので疲労回復に役立ちます。 また、皮膚や粘膜の健康を維持し、糖質を栄養源としている脳神経や手足の末梢神経、筋肉の機能を正常にたもちます。 ビタミンB2の効能 ビタミンB2は、三大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変える、代謝を支える重要な働きをしています。 また、 細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長にも関わりますので、美容や子供の成長には欠かせない栄養素になります。 ナイアシン(B3)の効能 ナイアシンは、水溶性ビタミンの一種です。 三大栄養素である糖質、脂質、たんぱく質の代謝によりエネルギーをつくり出す過程で働く酵素を補助する必要不可欠なビタミンです。 皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立ちます。 パントテン酸(B5)の効能 パントテン酸は、ビタミンB5とも呼ばれ動植物食品に広く含まれ、体内でも合成することができるビタミンです。 パントテン酸は、三大栄養素である糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギーをつくり出すのに不可欠な酵素を補助する役割をしています。 また、 血中の善玉コレステロール(HDL 、ホルモン、免疫抗体などを合成し、 動脈硬化を予防しストレスをやわらげ、皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。 ビタミンB6の効能 ビタミンB6は、水溶性ビタミンの一種でたんぱく質を体内でエネルギーに変える、代謝を支えたり、筋肉や血液などがつくられたりする時に重要な働きをします。 皮ふ炎を予防することから発見されたビタミンで 皮ふや粘膜の健康維持にも役立っています。 ビタミンB 6は私たちの体内の腸内細菌からも一部つくられます。 ビタミンB12の効能 ビタミンB12は、水溶性ビタミンの一種で、ミネラルであるコバルトを含むため、コバラミンとも呼ばれます。 悪性の貧血を予防する葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けます。 また神経を正常に保つために必要な栄養素で、DNAやたんぱく質の合成を助け様々な代謝に必要な酵素を補助する役割をしています。 葉酸の効能 葉酸は、緑の葉に多く含まれるビタミンです。 貧血を予防する物質として発見されました。 細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせない栄養素です。 特に、細胞増殖が盛んな胎児の正常な発育のために必要な成分です。 葉酸が不足すると貧血になったり、妊娠初期の女性の胎児に影響を及ぼし、神経管閉鎖障害の危険が高まります。 ビタミンCの効能 ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれる抗酸化ビタミンです。 抗酸化作用があるので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めます。 また、体の細胞や組織をつなぐ働きをするコラーゲンというたんぱく質をつくるので、 皮ふや粘膜を健全に保ち美肌にも役立ちます。 ビタミンDの効能 ビタミンDは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、紫外線を浴びることで体内でもある程度つくり出せる唯一のビタミンです。 つくられたビタミンは肝臓に蓄えられます。 体内で活性型ビタミンDになり、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きで血液中のカルシウム濃度を保ち、 骨や歯を丈夫にしてくれます。 ビタミンEの効能 ビタミンEは、強力な抗酸化作用によって、活性酸素の発生や酸化力を抑え、細胞の酸化を防ぎ、血管や肌、細胞の老化を防いでくれます。 また、ダメッジを受けた細胞を修復してくれますので、免疫力を高め、 動脈硬化やがんの予防にも役立ちます。 カルシウムの効能 カルシウムは、人間の身体で骨や歯を構成する 必須ミネラルです。 人間の身体に最も多く存在するミネラルで、骨そのものが貯蔵庫の働きもしています。 不足すると骨から遊離します。 体重の1~2%の比率を占めています。 カルシウムは 血液を凝固させる働き(傷口を治す)や、筋肉の運動、神経の働きに作用します。 筋肉の収縮や心臓の拍動もカルシウムの働きによるものです。 また、神経の働きに作用し、緊張や興奮を静めることで、イライラやストレスの解消に役立ちます。 リンの効能 リンは、人間の身体で骨や歯を構成する 必須ミネラルです。 リンは体内のミネラルの中でカルシウムの次に多いミネラルです。 体内のリンはその約80%がカルシウムやマグネシウムとともに骨や歯をつくる成分になります。 残りの約20%は筋肉、脳、神経などの様々な組織に含まれ、エネルギー代謝や脂質代謝などにおいて重要な役割を担っています。 鉄の効能 鉄は、 必須ミネラルのひとつで赤血球を構成する成分で、全身の細胞や組織に酸素を運ぶ働きをしています。 鉄は、 貧血の予防に重要な栄養素です。 体内の鉄の約70%が血液中で赤血球のヘモグロビンの構成成分となり約25%は肝臓などに貯蔵されています。 肺で取り込んだ酸素を全身の細胞や組織に運ぶ重要な役割をしています。 鉄は細胞に酸素と栄養を届けるヘモグロビンにとって大切なミネラルなのです。 マグネシウムの効能 マグネシウムは、体内で約300種類以上もの酵素の働きをサポートします。 50~60%が骨に含まれていて、不足すると骨から遊離します。 カルシウムと密接な関係があり、骨や歯の形成に必要な栄養素でもあります。 また、三大栄養素である炭水化物 (糖質)、脂質、たんぱく質の代謝により、エネルギーをつくり出す過程で酵素が必要になりますが、マグネシウムは 酵素が働くために必要不可欠なミネラルなのです。 カリウムの効能 カリウムは、体内のほとんどの細胞の中に存在しナトリウムとバランスをとりながら 高血圧を防いでくれます。 ナトリウムは体に必要なミネラルですが、とり過ぎは高血圧になる危険が高まります。 しかしながら、多少ナトリウムの摂取量が増えたとしても、適切な食事で必要なカリウムの摂取ができていれば、カリウムの働きでナトリウムはカリウムと共に汗や尿として排出され、高血圧を防いでくれます。 食事でのカリウムの摂取は大変重要になります。

次の