日向坂まとめアンテナー。 ドキュメンタルの動画を無料視聴する方法【全7シーズン】|バラエティ番組とドラマの見逃し動画と配信情報

乃木坂46(Nogizaka46)の徹底解説まとめ (13/129)

日向坂まとめアンテナー

自身の所有する楽器の愛称は 『テナ夫』笑 戦隊ヒーローファン。 一番好きな戦隊シリーズは『天装戦隊ゴセイジャー』。 好きな戦隊ヒーローは『天装戦隊ゴセイジャー』で登場する追加戦士。 追加戦士である「ゴセイナイト」は好きな男性のタイプであり、 「ゴセイナイトさま」と呼んでいる。 さゆにゃんは筆者目線で言うと、 不遇なポジンションだったと思います、、、! ぶっちゃけ他のアイドルグループならセンター張れるくらいの ポテンシャルがあります。 成人メンバー限定枠での編成ということもありましたが、 なんと、 白石麻衣、 西野七瀬、 松井玲奈、 女優として活躍中の深川麻衣、 今や伝説となった橋本奈々未を引っさげて、 何度目での青空かの楽曲で堂々のセンターを務めました。 後にも先にもこの大サプライズはなかったと思います。 乃木坂46井上小百合の印象に残るアンダーライブセカンドシーズン なんと言っても10枚目シングル「何度目の青空か?」に収録されている 選抜メンバー外であるアンダーと呼ばれるメンバーだけで収録した曲 あの日 僕は咄嗟に嘘をついた です。 さゆにゃんはこの楽曲のセンターを務めました。 今や圧倒的エースの齋藤飛鳥や、盟友である伊藤万理華を引っさげてます。 そして アンダーライブ セカンドシーズン アンダーライブはほぼ毎日ライブが開催されるので、 体力の消耗が激しく、さゆにゃんの持病の膝の怪我が悪化して、 止むを得ずさゆにゃんが休演した回もありました。 ですが、最後の最後にはテーピングをぐるぐる巻きにして出てきて、 当時のメンバー、永島聖羅に時には肩を借りて移動しながらも 最高にかっこいいパフォーマンスをしていたことを覚えています。 その頃から、ファンの間では 人気の選抜、実力のアンダー と言われるようになったことを覚えています。 そしてアンダーという概念を良い意味でぶち壊してくれたのがさゆにゃんでした。 さゆにゃんのライブのパフォーマンスがもうあと数回?と思うと、悲しいです、、、 そして余談ですが、筆者はアンダラに4回参加して、 まいちゅんに釣られました。 乃木坂46井上小百合の卒業コンサートはいつ? そんなさゆにゃんの卒業コンサートですが、 まだ公式サイトでは発表がされていません。 急すぎてまだ受け止めきれてないけど卒業コンサートやるよね?絶対行く!さゆにゃんは演技と表現力がとてつもなくて憧れの存在でした。 そんなさゆにゃんが卒業してしまうのは悲しいけど、これからも応援させてください。 8年間お疲れ様でした。 — 理々杏推し いーくん HKuq69P5eY7naBB えっと〜 今さゆにゃんが卒業って知ったけどまじですか 予定では来年の春ってなってるけどまだ受け入れられないです 持病の治療や舞台で忙しいのに玲香の卒コンに来てくれたりいつもみんなのために頑張るさゆにゃんが大好きでした! — YAMADA KKirto 2020春なら運営もわかってるな?卒コンか46時間TVだぞ。 人狼ゲームにさゆにゃんは重要人物の一人だと思ってる。

次の

エサ=ペッカ・サロネン60歳記念リリース~ソニー録音全集(61枚組)

日向坂まとめアンテナー

4699455:R 北欧の名匠が築き上げてきた独自の足跡を一挙に振り返る個性的な名演が詰まった61枚。 サロネンが世界的に注目されるきっかけとなったのは、1983年にマイケル・ティルソン・トーマスの代役に起用され、フィルハーモニア管弦楽団を指揮してマーラーの交響曲第3番を演奏し、センセーションを巻き起こした時に始まります。 翌84年にはロスアンジェルス・フィルハーモニックでルソスワフスキの交響曲第3番を指揮してアメリカ・デビューを果たし、この年の9月にフィリップス バイエルン放送交響楽団とのチャイコフスキー「1812年」を含むロシア管弦楽曲集 とBIS スウェーデンのセレナード集 両レーベルに初めてレコーディングを行っています。 翌85年にはCBSマスターワークスと専属契約を結び、同年5月に収録された、スウェーデン放送交響楽団とのニールセンの交響曲全集の第1弾となる第4番「不滅」を皮切りに本格的なレコーディングがスタート。 さらに11月~12月にかけてロスアンジェルス・フィルと録音したルトスワフスキの交響曲第3番と「眠りの空間」が先に発売されたためこちらがサロネンのCBSにおける実質的なデビューLPとなり、グラミー賞最優秀現代曲作曲賞とグラモフォン誌最優秀現代音楽録音賞を受賞して、その実力が大きくクローズアップされることになりました CDではこの2曲は85年録音のメシアン「トゥーランガリラ交響曲」とカップリングされました。 どの演奏も指揮者としての卓越した技術に支えられた明晰な解釈のみならず、優れた作曲家としての論理的かつ独自の視点が持ち込まれており、オーケストラの機能美と名技性を余すところなく引き出しています。 文字通り20世紀末のオーケストラ演奏芸術の一つの極点を刻印したものといえるでしょう。 これら多彩な録音の中でもサロネンの代表的録音としてディスコグラフィの柱となるのは、フィルハーモニア管、ロンドン・シンフォニエッタ、スウェーデン放送響を振り分け明晰な音楽作りで20世紀後半のスタンダードともいうべき鮮やかな作品解釈を披露したストラヴィンスキーの主要作品集 DISC52~58、7枚 、サロネンにとって最初のオーケストラ・ポストとなったスウェーデン放送響とともに作品をローカリズムからインターナショナルなスタンダードへと解放したニールセンの交響曲全集・管弦楽・協奏曲集 DISC32~38、6枚半 、ソニー・クラシカルを離れてから、作曲家自身と深い交流を持ち、生誕100年に合わせ新録音を敢行し完成させたルトワフスキの交響曲全集 DISC20・21、2枚 、初期の代表盤として挙げられるトゥーランガリラ交響曲を含むメシアン DISC29~32、3枚 、ザルツブルク音楽祭とパリ・シャトレ座でピーター・セラーズと組んで大きな話題を呼んだリゲティの歌劇「ル・グラン・マカーブル」 DISC15・16、2枚 あたりでしょう。 もちろんバルトーク 弦・チェレは精緻の極み 、ドビュッシー、ヒンデミット レコード・アカデミー賞受賞 、マーラー 指揮者としての運命曲である第3番のほか第4番、大地の歌 、プロコフィエフ ベルリン・フィルとの唯一の共演盤 、Rシュトラウス 各声部が透けて見えるようなメタモルフォーゼン 、シェーンベルク 浄められた夜、弦楽四重奏曲第2番 、シベリウス 第5交響曲の超絶的名演のほか、大作・クレルヴォと伝説曲 など20世紀音楽のスタンダードともいえるレパートリーでも、サロネンならではの冴えに冴えたた演奏が光っています。 珍しいところでは、バッハをマーラーやストコフスキーを含む20世紀の音楽家が編曲したオーケストラ・アルバム、比較的初期の録音であるストックホルム室内管とのハイドン 久々の復活 、グリーグ「ペール・ギュント 珍しくオスロ・フィルを振った初期録音 、ロス・フィルとの組み合わせとしてはこれまた異色のレブエルタス作品集、バーナード・ハーマンの映画音楽集、ダッラピッコラの代表作「囚人たち」、北欧の美しいオーケストラ小品集 スウェ-デン放送響 などがあります。 作曲家としてのサロネンの代表作「LAヴァリエーションズ」を収めた自作自演集、シベリウス音楽院の同級生だったサーリアホとリンドベルイの作品集も含まれています。 協奏曲ではイェフィム・ブロンフマン バルトーク、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、そして珍しくもラフマニノフ 、ジョシュア・ベル シベリウス、ゴルトマルク 、チョーリャン・リン シベリウス、プロコフィエフ、ストラヴィンスキー 、エマニュエル・アックス リスト、シェーンベルク 、ポール・クロスリー ストラヴィンスキー、ルトスワフスキ 、ジョン・ウィリアムズ 武満徹「夢の縁へ」 、ウイントン・マルサリス ジョリヴェ など個性あふれる多彩なソリストと共演しています。 またエヴァ・ダールグレン都共演したアンデシュ・ヒルボリのポップス・アルバム DISC12 は以前スウェーデン・ローカルのBMG系列のレーベルで発売されていたもので、インターナショナル発売は今回が初めてと思われます。 各ディスクは一部を除き初出盤のカップリングにより、各ディスクはオリジナルジャケット・デザインによる紙ジャケットに封入され、厚紙製リフトオフボックス 縦 18,5 cm x 横13. 5 cm x 高さ13. 3cm に収容されています。 詳細な録音・発売データを記載したオールカラー・ブックレット付き。 ソニー・ミュージック 【収録予定曲】 J. バッハ 1. トッカータとフーガ ニ短調 BWV. 565 ストコフスキー編 2. 幻想曲とフーガ ハ短調 BWV. 537 エルガー編 3. 音楽の捧げ物 BWV. 1079 より 6声のリチェルカーレ ウェーベルン編 4. 前奏曲とフーガ 変ホ長調「聖アン」 BWV. 552 シェーンベルク編 5. 小フーガ ト短調BWV. 578 ストコフスキー編 6. 管弦楽のための協奏曲 2. ピアノ協奏曲第2番 2. ピアノ協奏曲第3番 3. アンナのテーマ2. メイン・タイトル 3. アンナの死 4. レッド・バイオリンの誕生 5. レッド・バイオリン 6. 修道院 7. ポープのジプシー・カデンツァ 11. ポープのコンサート 13. ポープの裏切 14. 中国への旅 15. モリッツ、レッド・バイオリンを発見する 17. モリッツのテーマ 18. 盗み 19. エンド・タイトル 20. 歌劇「とらわれ人」 全曲 2. 管弦楽のための「映像」 2. 牧神の午後への前奏曲 3. 夜想曲 2. カンタータ「選ばれた乙女」 3. 交響曲第82番ハ長調「熊」 2. 交響曲第78番ハ短調 3. 「知りすぎていた男」前奏曲 2. 「サイコ」組曲 3. 「マーニー」組曲より 2曲 4. 「北北西に進路を取れ」序曲 5. 「めまい」組曲 6. 「引き裂かれたカーテン」より 3曲 7. 「華氏451」組曲 8. Lava, 2. Stenmannen 3. ウェーバーの主題による交響的変容 2. 主題と変奏「4つの気質」 3. 偽装の神Op. 24 2. 田園組曲Op. 19 3. ヴァイオリン協奏曲Op. ナンセンス・マドリガル 2. ミステリー・オブ・マカーブル、 ~ キングズ・シンガーズ [録音]1995年10月 3. アバンチュール 4. 夏 ~ クリスティアーネ・エルツェ ソプラノ 、イリーナ・カタエヴァ ピアノ [録音]1996年8月 6. 3つのベーレズの詩による歌曲 7. カンティガス 2. チェロ協奏曲 3. パラーダ 4. シェーンベルク:ピアノ協奏曲Op. 42 2. リスト:ピアノ協奏曲第2番イ長調 3. ロサンジェルス・フィルハーモニックのためのファンファーレ 2. ピアノ協奏曲 3. 歌の花と歌のお話 ソプラノと小管弦楽のための9つの連作歌曲 4. ロサンジェルス・フィルハーモニックのためのファンファーレ 2. 交響曲第1番 3. 交響曲第4番 4. 交響曲第3 5. ジューバル・ステップ 2. ア・ハンドレッド・アンド・ア・ハンドレッド、ア・ハンドレッド・アンド・トゥエルヴ 3. ゴー・スロウ バット・ドント・ストップ 4. ワイルド・ストラミング・オブ・フィドル 5. セイヴ・アス 6. クライド、シャウテッド、ゼン・サング 7. ルック・ビヨンド 8. ザ・ホールズ・オブ・エルディション・アンド・スカラーシップ カム・バック・ホーム 9. エクスプレスブラウン・ローカル 11. サタデイ・ナイト・スロウ・ドラッグ 12. 峡谷から星たちへ 2. 異国の鳥たち 3. 交響曲第1番 Op. 小組曲イ短調 Op. 交響曲第2番 Op. 16「4つの気質」 2. 交響詩「パンとシリンクス」Op. 49 3. アラジン組曲 Op. 交響曲第3番 Op. 27「広がりの交響曲」 2. 交響曲第4番 Op. 29「不滅」 2. 序曲「ヘリオス」Op. 交響曲第5番 Op. 50 2. シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op. 47 2. ニールセン:ヴァイオリン協奏曲 Op. 歌劇「サウルとダヴィデ」第2幕への前奏曲 2. クラリネット協奏曲Op. 57 3. フェロー諸島への幻想の旅 4. フルート協奏曲5. フューン島の春Op. プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調Op. 19 2. プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調Op. 63 3. ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op. 18 2. ピアノ協奏曲第3番ニ短調Op. センセマヤ 2. オチョ・ポル・ラディオ 3. マヤ族の夜 4. ガルシア・ロルカへの讃歌、 5. 窓 6. 真面目な小品第1番 7. グラール・テアトル 2. 魂の城 3. LAヴァリエイション 2. サッフォーによる5つのイメージ 3. 管弦楽のための「ジロ」 4. チェロ独奏とアンサンブルのための「マニア」 5. 浄められた夜Op. 4 弦楽合奏版 2. 弦楽四重奏曲第2番Op. ピアノ協奏曲第1番ハ短調Op. 35 2. ピアノ協奏曲第2番ヘ長調Op. ピアノ五重奏曲ト短調Op. 57 ~ イェフィム・ブロンフマン ピアノ 、ジュリアード弦楽四重奏団 [録音]1999年6月 シベリウス: 1. 交響曲第5番変ホ長調Op. 82 2. 交響詩「ポピョラの娘」Op. レンミンカイネンの4つの伝説曲Op. 222 交響詩「エン・サガ」Op. シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調Op. 47 2. ゴルトマルク:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調Op. シュトラウス: 1. メタモルフォーゼン 23の独奏弦楽器のための習作 2. クラリネットとバスーンの二重コンチェルティーノ 3. 歌劇「カプリッチョ」前奏曲Op. バレエ音楽「ペトルーシュカ」 1947年版 2. バレエ音楽「火の鳥」 1910年原典版 2. バレエ音楽「春の祭典」 2. バレエ音楽「プルチネッラ」 1965年改訂版 2. 11の楽器のための「ラグタイム」 3. 歌と踊りによる道化芝居「狐」 4. ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ 1949年版 2. 管楽器のシンフォニー 1947年版 3. ピアノと管弦楽のための協奏曲 1950年版 4. バレエ音楽「ミューズを導くアポロ」 2. 夢の縁へ ギターとオーケストラのための 2. フォリオス ギターのための 3. 海へ アルト・フルートとギターのための 4. トマジ:トランペット協奏曲、 2. ジョリヴェ:トランペットと弦楽、ピアノのための小協奏曲 3. アルヴェーン:夏至祭 2. シベリウス:悲しきワルツ 3. グリーグ:劇音楽「十字軍王シグール」 4. アルヴェーン:羊飼いの娘の踊り 5. レイフス:前奏曲「ゲイシル 間歇泉 」 6. ニールセン:「仮面舞踏会」 抜粋 7. ヤルネフェルト:子守歌 8. シベリウス:交響詩「フィンランディア」.

次の

ドキュメンタルの動画を無料視聴する方法【全7シーズン】|バラエティ番組とドラマの見逃し動画と配信情報

日向坂まとめアンテナー

4699455:R 北欧の名匠が築き上げてきた独自の足跡を一挙に振り返る個性的な名演が詰まった61枚。 サロネンが世界的に注目されるきっかけとなったのは、1983年にマイケル・ティルソン・トーマスの代役に起用され、フィルハーモニア管弦楽団を指揮してマーラーの交響曲第3番を演奏し、センセーションを巻き起こした時に始まります。 翌84年にはロスアンジェルス・フィルハーモニックでルソスワフスキの交響曲第3番を指揮してアメリカ・デビューを果たし、この年の9月にフィリップス バイエルン放送交響楽団とのチャイコフスキー「1812年」を含むロシア管弦楽曲集 とBIS スウェーデンのセレナード集 両レーベルに初めてレコーディングを行っています。 翌85年にはCBSマスターワークスと専属契約を結び、同年5月に収録された、スウェーデン放送交響楽団とのニールセンの交響曲全集の第1弾となる第4番「不滅」を皮切りに本格的なレコーディングがスタート。 さらに11月~12月にかけてロスアンジェルス・フィルと録音したルトスワフスキの交響曲第3番と「眠りの空間」が先に発売されたためこちらがサロネンのCBSにおける実質的なデビューLPとなり、グラミー賞最優秀現代曲作曲賞とグラモフォン誌最優秀現代音楽録音賞を受賞して、その実力が大きくクローズアップされることになりました CDではこの2曲は85年録音のメシアン「トゥーランガリラ交響曲」とカップリングされました。 どの演奏も指揮者としての卓越した技術に支えられた明晰な解釈のみならず、優れた作曲家としての論理的かつ独自の視点が持ち込まれており、オーケストラの機能美と名技性を余すところなく引き出しています。 文字通り20世紀末のオーケストラ演奏芸術の一つの極点を刻印したものといえるでしょう。 これら多彩な録音の中でもサロネンの代表的録音としてディスコグラフィの柱となるのは、フィルハーモニア管、ロンドン・シンフォニエッタ、スウェーデン放送響を振り分け明晰な音楽作りで20世紀後半のスタンダードともいうべき鮮やかな作品解釈を披露したストラヴィンスキーの主要作品集 DISC52~58、7枚 、サロネンにとって最初のオーケストラ・ポストとなったスウェーデン放送響とともに作品をローカリズムからインターナショナルなスタンダードへと解放したニールセンの交響曲全集・管弦楽・協奏曲集 DISC32~38、6枚半 、ソニー・クラシカルを離れてから、作曲家自身と深い交流を持ち、生誕100年に合わせ新録音を敢行し完成させたルトワフスキの交響曲全集 DISC20・21、2枚 、初期の代表盤として挙げられるトゥーランガリラ交響曲を含むメシアン DISC29~32、3枚 、ザルツブルク音楽祭とパリ・シャトレ座でピーター・セラーズと組んで大きな話題を呼んだリゲティの歌劇「ル・グラン・マカーブル」 DISC15・16、2枚 あたりでしょう。 もちろんバルトーク 弦・チェレは精緻の極み 、ドビュッシー、ヒンデミット レコード・アカデミー賞受賞 、マーラー 指揮者としての運命曲である第3番のほか第4番、大地の歌 、プロコフィエフ ベルリン・フィルとの唯一の共演盤 、Rシュトラウス 各声部が透けて見えるようなメタモルフォーゼン 、シェーンベルク 浄められた夜、弦楽四重奏曲第2番 、シベリウス 第5交響曲の超絶的名演のほか、大作・クレルヴォと伝説曲 など20世紀音楽のスタンダードともいえるレパートリーでも、サロネンならではの冴えに冴えたた演奏が光っています。 珍しいところでは、バッハをマーラーやストコフスキーを含む20世紀の音楽家が編曲したオーケストラ・アルバム、比較的初期の録音であるストックホルム室内管とのハイドン 久々の復活 、グリーグ「ペール・ギュント 珍しくオスロ・フィルを振った初期録音 、ロス・フィルとの組み合わせとしてはこれまた異色のレブエルタス作品集、バーナード・ハーマンの映画音楽集、ダッラピッコラの代表作「囚人たち」、北欧の美しいオーケストラ小品集 スウェ-デン放送響 などがあります。 作曲家としてのサロネンの代表作「LAヴァリエーションズ」を収めた自作自演集、シベリウス音楽院の同級生だったサーリアホとリンドベルイの作品集も含まれています。 協奏曲ではイェフィム・ブロンフマン バルトーク、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、そして珍しくもラフマニノフ 、ジョシュア・ベル シベリウス、ゴルトマルク 、チョーリャン・リン シベリウス、プロコフィエフ、ストラヴィンスキー 、エマニュエル・アックス リスト、シェーンベルク 、ポール・クロスリー ストラヴィンスキー、ルトスワフスキ 、ジョン・ウィリアムズ 武満徹「夢の縁へ」 、ウイントン・マルサリス ジョリヴェ など個性あふれる多彩なソリストと共演しています。 またエヴァ・ダールグレン都共演したアンデシュ・ヒルボリのポップス・アルバム DISC12 は以前スウェーデン・ローカルのBMG系列のレーベルで発売されていたもので、インターナショナル発売は今回が初めてと思われます。 各ディスクは一部を除き初出盤のカップリングにより、各ディスクはオリジナルジャケット・デザインによる紙ジャケットに封入され、厚紙製リフトオフボックス 縦 18,5 cm x 横13. 5 cm x 高さ13. 3cm に収容されています。 詳細な録音・発売データを記載したオールカラー・ブックレット付き。 ソニー・ミュージック 【収録予定曲】 J. バッハ 1. トッカータとフーガ ニ短調 BWV. 565 ストコフスキー編 2. 幻想曲とフーガ ハ短調 BWV. 537 エルガー編 3. 音楽の捧げ物 BWV. 1079 より 6声のリチェルカーレ ウェーベルン編 4. 前奏曲とフーガ 変ホ長調「聖アン」 BWV. 552 シェーンベルク編 5. 小フーガ ト短調BWV. 578 ストコフスキー編 6. 管弦楽のための協奏曲 2. ピアノ協奏曲第2番 2. ピアノ協奏曲第3番 3. アンナのテーマ2. メイン・タイトル 3. アンナの死 4. レッド・バイオリンの誕生 5. レッド・バイオリン 6. 修道院 7. ポープのジプシー・カデンツァ 11. ポープのコンサート 13. ポープの裏切 14. 中国への旅 15. モリッツ、レッド・バイオリンを発見する 17. モリッツのテーマ 18. 盗み 19. エンド・タイトル 20. 歌劇「とらわれ人」 全曲 2. 管弦楽のための「映像」 2. 牧神の午後への前奏曲 3. 夜想曲 2. カンタータ「選ばれた乙女」 3. 交響曲第82番ハ長調「熊」 2. 交響曲第78番ハ短調 3. 「知りすぎていた男」前奏曲 2. 「サイコ」組曲 3. 「マーニー」組曲より 2曲 4. 「北北西に進路を取れ」序曲 5. 「めまい」組曲 6. 「引き裂かれたカーテン」より 3曲 7. 「華氏451」組曲 8. Lava, 2. Stenmannen 3. ウェーバーの主題による交響的変容 2. 主題と変奏「4つの気質」 3. 偽装の神Op. 24 2. 田園組曲Op. 19 3. ヴァイオリン協奏曲Op. ナンセンス・マドリガル 2. ミステリー・オブ・マカーブル、 ~ キングズ・シンガーズ [録音]1995年10月 3. アバンチュール 4. 夏 ~ クリスティアーネ・エルツェ ソプラノ 、イリーナ・カタエヴァ ピアノ [録音]1996年8月 6. 3つのベーレズの詩による歌曲 7. カンティガス 2. チェロ協奏曲 3. パラーダ 4. シェーンベルク:ピアノ協奏曲Op. 42 2. リスト:ピアノ協奏曲第2番イ長調 3. ロサンジェルス・フィルハーモニックのためのファンファーレ 2. ピアノ協奏曲 3. 歌の花と歌のお話 ソプラノと小管弦楽のための9つの連作歌曲 4. ロサンジェルス・フィルハーモニックのためのファンファーレ 2. 交響曲第1番 3. 交響曲第4番 4. 交響曲第3 5. ジューバル・ステップ 2. ア・ハンドレッド・アンド・ア・ハンドレッド、ア・ハンドレッド・アンド・トゥエルヴ 3. ゴー・スロウ バット・ドント・ストップ 4. ワイルド・ストラミング・オブ・フィドル 5. セイヴ・アス 6. クライド、シャウテッド、ゼン・サング 7. ルック・ビヨンド 8. ザ・ホールズ・オブ・エルディション・アンド・スカラーシップ カム・バック・ホーム 9. エクスプレスブラウン・ローカル 11. サタデイ・ナイト・スロウ・ドラッグ 12. 峡谷から星たちへ 2. 異国の鳥たち 3. 交響曲第1番 Op. 小組曲イ短調 Op. 交響曲第2番 Op. 16「4つの気質」 2. 交響詩「パンとシリンクス」Op. 49 3. アラジン組曲 Op. 交響曲第3番 Op. 27「広がりの交響曲」 2. 交響曲第4番 Op. 29「不滅」 2. 序曲「ヘリオス」Op. 交響曲第5番 Op. 50 2. シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op. 47 2. ニールセン:ヴァイオリン協奏曲 Op. 歌劇「サウルとダヴィデ」第2幕への前奏曲 2. クラリネット協奏曲Op. 57 3. フェロー諸島への幻想の旅 4. フルート協奏曲5. フューン島の春Op. プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調Op. 19 2. プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調Op. 63 3. ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op. 18 2. ピアノ協奏曲第3番ニ短調Op. センセマヤ 2. オチョ・ポル・ラディオ 3. マヤ族の夜 4. ガルシア・ロルカへの讃歌、 5. 窓 6. 真面目な小品第1番 7. グラール・テアトル 2. 魂の城 3. LAヴァリエイション 2. サッフォーによる5つのイメージ 3. 管弦楽のための「ジロ」 4. チェロ独奏とアンサンブルのための「マニア」 5. 浄められた夜Op. 4 弦楽合奏版 2. 弦楽四重奏曲第2番Op. ピアノ協奏曲第1番ハ短調Op. 35 2. ピアノ協奏曲第2番ヘ長調Op. ピアノ五重奏曲ト短調Op. 57 ~ イェフィム・ブロンフマン ピアノ 、ジュリアード弦楽四重奏団 [録音]1999年6月 シベリウス: 1. 交響曲第5番変ホ長調Op. 82 2. 交響詩「ポピョラの娘」Op. レンミンカイネンの4つの伝説曲Op. 222 交響詩「エン・サガ」Op. シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調Op. 47 2. ゴルトマルク:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調Op. シュトラウス: 1. メタモルフォーゼン 23の独奏弦楽器のための習作 2. クラリネットとバスーンの二重コンチェルティーノ 3. 歌劇「カプリッチョ」前奏曲Op. バレエ音楽「ペトルーシュカ」 1947年版 2. バレエ音楽「火の鳥」 1910年原典版 2. バレエ音楽「春の祭典」 2. バレエ音楽「プルチネッラ」 1965年改訂版 2. 11の楽器のための「ラグタイム」 3. 歌と踊りによる道化芝居「狐」 4. ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ 1949年版 2. 管楽器のシンフォニー 1947年版 3. ピアノと管弦楽のための協奏曲 1950年版 4. バレエ音楽「ミューズを導くアポロ」 2. 夢の縁へ ギターとオーケストラのための 2. フォリオス ギターのための 3. 海へ アルト・フルートとギターのための 4. トマジ:トランペット協奏曲、 2. ジョリヴェ:トランペットと弦楽、ピアノのための小協奏曲 3. アルヴェーン:夏至祭 2. シベリウス:悲しきワルツ 3. グリーグ:劇音楽「十字軍王シグール」 4. アルヴェーン:羊飼いの娘の踊り 5. レイフス:前奏曲「ゲイシル 間歇泉 」 6. ニールセン:「仮面舞踏会」 抜粋 7. ヤルネフェルト:子守歌 8. シベリウス:交響詩「フィンランディア」.

次の