仮想通貨 取引所とは。 ビットコイン購入なら仮想通貨取引所

【最新】日本一詳しい暗号資産・仮想通貨取引所の比較・ランキング

仮想通貨 取引所とは

仮想通貨(暗号通貨)取引所は、 ビットコイン・アルトコインを購入したり送金したりする営業所です。 2018年1月現在、既存大手の仮想通貨取引所をはじめとして、 新興の取引所もどんどん作られてきている状況です。 仮想通貨取引所には、それぞれ取り扱い仮想通貨種類も若干違いがあったり、 仮想通貨売買の取引手数料(スプレッド)にも違いがあったりします。 また、日本法人が運営している取引所もあれば、 海外法人が運営していて日本語対応していない仮想通貨取引所もあります。 複数の仮想通貨取引所のアカウント開設しておき、 それぞれの仮想通貨価格の差を利益として相互売買していく アービトラージの手法等もでは可能(2017年12月現在)です。 早い段階で複数の仮想通貨取引所でアカウント開設しておくのがおすすめです。 当ページでは、利用するに値すると思える仮想通貨取引所をまとめていきます。 仮想通貨・暗号通貨取引所まとめ 仮想通貨取引所は、本社所在地の国だったり運営母体によりけりで 日本語対応していなかったりもします。 また、様々な部分で違いがありますので、重々確認しながら利用していかれてください。 投資関連業者としても、それ以外のジャンルでも国内大手のGMOの仮想通貨取引所。 日本法人の大手GMOということで、安心感があります。 仮想通貨FXトレードができる業者として、利便性が大きいです。 信用取引:最大レバレッジ25倍• 先物取引:最大レバレッジ25倍• 日本法人。 storys. 1月28日現在、損害を受けたとされるNEMユーザーには日本円で補填。 その後、会社組織を一新し、2019年現在もガッツで運営中。 仮想通貨業界の不死鳥。 信用取引:最大レバレッジ5倍• 先物取引:取り扱い無し• 日本法人。 取引手数料マイナス0. 現物取引手数料:-0. 信用取引:最大レバレッジ7. 77倍• 先物取引:最大25倍• 日本法人。 FXジャンル等でもサービス提供している大手DMMが提供する仮想通貨取引所。 タレント・モデルのローラがCMに起用されている。 取引手数料無料を謳い、様々なサービスが強化中。 今後国内仮想通貨取引所として最有力になりそうな予感を感じるDMM Bitcoin。 現物取引手数料:無料(スプレッド有り)• レバレッジ取引:最大5倍• 口座開設キャンペーン:キャッシュバック等有り• ビットトレードは、FX業者でもあるFXTF(FXトレードフィナンシャル)の関連企業です。 経営母体の規模と、FX業者としての実績からも安定性が期待できます。 金融庁登録済み業者。• 日本法人(2014年1月設立。 GMO、リクルートなど大手から資金調達) ビットコイン取引量日本一を謳う。 イメージキャラクターにタレント(成海璃子)を起用するなどやる気マンマン。 現物取引手数料:0. 01~0. 信用取引:最大レバレッジ15倍• 先物取引:最大レバレッジ15倍• 「bitbank. cc(ビットバンク)」日本法人で日本語対応OK(2014年5月に設立) 2015年7月に世界最大級の取引量を持つとされる中国仮想通貨取引所OKCoinと提携 ビットコインをはじめとする仮想通貨のトレードに特化している。 ロウソク足チャートが表示されて、デイトレードに適している。 取り扱い仮想通貨は、ビットコイン、リップル、イーサリアム等中心で多くない。 今後の取り扱い通貨拡充に期待。• 日本法人で日本語対応OK。 トレイダーズホールディングス(JASDAQ8704)の100%子会社トレイダーズインベストメントの子会社が運営。 「みんなの」シリーズの仮想通貨取引所版です。 QUOINEXと提携。 現物取引手数料:無料• 信用取引:最大レバレッジ25倍• BITPoint japan(ビットポイントジャパン) 日本語対応済み FXトレード対応可能(MT4対応有り) QUOINEXと提携している。 信用取引:最大レバレッジ25倍• 先物取引:対応無し• 「BitMEX(ビットメックス)」は、世界的にもかなり取引量の多い仮想通貨業者です。 香港とサンフランシスコにオフィスを構えています。 レバレッジ設定が最大100倍まで可能となっています。 現物取引手数料:ビットコインとその他で変わってくる• 信用取引:最大レバレッジ100倍• トレードの種類:デリバティブ取引(先物・無期限)• 日本語未対応(2017年8月現在) 世界最大のアメリカにある仮想通貨取引所。 取引量も多い。 アルトコインは円で直接買えないので、まずビットコインを購入してから買う。• バイナンス(BINANCE) 日本語対応済み(2017年12月現在) 中国が本拠地の仮想通貨取引所。 取引量も多い。 急激にシェア率を伸ばしている。 TRON等のココでしか買えない暗号通貨も取り扱いあり。• QUOINEX 日本語対応済み。 昨今の安定性を誇る取引所。 世界3カ所を中心としたグローバルな仮想通貨取引所。 シンガポールで設立後、日本に本拠地移転。 千代田区が所在地。 各種取引手数料が0円• 業界最狭の実効スプレッド• 業界最多の通貨ペア数• 信用取引:最大レバレッジ25倍• 日本法人が運営。 Lemuria(レムリア) 日本語対応済み。 バイクリメンツ株式会社が運営 (本社所在地:東京都港区西麻布3-1-25 金谷ホテルマンション 601)• 信用取引:対応無し• 先物取引:対応無し• 日本語対応無し。 海外法人(アメリカが本社所在地) 取り扱い通貨の種類と、低スプレッドが魅力。 デイトレードに向いている。• Money365 日本語対応済み。 カレンシーポート株式会社により運営• 現物取引手数料:0. 信用取引:対応無し• 先物取引:対応無し• Zaifと提携している。• クラウドファンディングの株式会社CAMPFIREが運営元。 Zaifと提携している。• 日本ご対応済み。 日本法人。 FX業者等でも有名なGMOの仮想通貨取引所。 信用取引:最大レバレッジ5倍• 先物取引:対応無し• 日本語対応OK(海外法人:2011年7月アメリカカリフォルニアで設立。 2014年10月日本進出) 世界最大のユーロ-ビットコインの取引出来高を持つ取引所• 現物取引手数料:0~0. 信用取引:対応無し• 先物取引:対応無し• 日本語未対応(イギリス本拠地) 世界最大級のドルBTC取引所• BTCC(BTCCHAINA. com) 日本語非対応(中国本拠地) 中国三大取引所のひとつ 人民元-BTC• 日本語非対応(中国本拠地) 中国三大取引所のひとつ 人民元-BTC• 日本語非対応(中国本拠地) 中国三大取引所のひとつ 人民元-BTC• 日本語非対応 BTCの信用取引で有名• (2014年に閉鎖済み)を起こす。 かつては日本を拠点とする世界最大規模のビットコイン交換所として活動。• 日本語非対応 カード決済・paypal決済が可能な仮想通貨取引所• 日本語非対応 個人間取引に特化した仮想通貨取引所 などなど… 2017年現在、仮想通貨取引所は更にドンドン増えている状況です。 状況に合わせて更新追記していきます。 仮想通貨取引所の仕組み 仮想通貨取引所は、ビットコインやアルトコインを購入・売却する取引所となります。 (仮想通貨取引所と販売所がありますが、取引所の方が利用頻度高い状況です) 仮想通貨取引所は基本的に、 買い手と売り手がそれぞれ希望額を提示していく オーダーブック方式(オークション)が採用されていましたが、 2017年8月現在は取引所が提示する市場価格で取引するのが主流となりました。 仮想通貨取引所は、 我々が仮想通貨を取引する際の 「交換手数料」「スプレッド」で利益をあげています。 また、 取引所自体がビットコインやアルトコイン等の投資運用して利益をあげていると予想できます。 (この点は銀行等の資産運用と同様に考えられる) 仮想通貨取引所の使い方 仮想通貨取引所の使い方は、以下の流れとなります。 各仮想通貨取引所にアカウント登録する 各取引所の公式ページよりアカウント登録していきます。 その際に、「本人確認書類」(免許証・保険証)等が必要になります。 アカウント開設は、WEB上で作業できます。• 取引所でビットコイン・アルトコインを購入する 取引所によって取り扱い通貨が異なります。 日本円で直接入金できない取引所もあるので、 その場合には日本円の取り扱いある取引所でビットコインを購入後に、 利用先の取引所に送金したりします。• 取引所の使い方に慣れていく 段々慣れていくはずです。 二段階ログイン等のセキュリティ設定もしっかりとやっておきます。• ビットコイン・アルトコインをウォレットで管理する 取引したビットコイン・アルトコインは、取引所にそのまま置いておいてもいいのですが、 長期間の保管となるとセキュリティ上ウォレットに移動して管理した方がよいです。 ウォレットはインターネット接続から切り離して保管するのがベストです。 仮想通貨取引所のアカウント開設に関しては、 2017年8月現在は特別難しいことなく開設できています。 今後、法令上の変更などで変わっていく可能性があります。 早めにアカウント開設して状況を把握していくのがベターだと思います。 2017年現在の仮想通貨取引所状況 仮想通貨取引所は、かつての等もあったり、 現在もハッキングアタックされていたりすることもしばしばあったりで、 セキュリティ上の心配がされていたりもします。 コインチェックやビットフライヤーの日本主要取引所では、100万円までの保証はしてくれます。 セキュリティ上の部分からも、 できるだけ知名度と規模の大きい仮想通貨取引所を利用する方がベターです。 日本でこれからやっていくのであれば、以下の取引所をまず使っていくのがおすすめです。

次の

仮想通貨デリバティブ取引所、「ビッグ4」がシェアを占有

仮想通貨 取引所とは

暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、価格が変動することがあります。 暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。 利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。 暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。 Coincheck 仮想通貨取引における重要事項について• 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。 本取引は、暗号資産 仮想通貨 を売買する際の売買価格差があり、相場急変時や流動性の低下時等は、売買価格差が広がることや、注文受付を中断するなどにより、意図した取引ができない可能性があります。 本取引の取引システム又は当社とお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、処理の遅延や、注文の発注、執行、確認及び取消し等が行えない可能性があります。 暗号資産は、サイバー攻撃等により、全部又は一部を消失する可能性があります。 外部環境の変化(暗号資産に対する法規制の強化を含みます。 )、当社の財務状況の悪化、委託先等の破綻等によって、当社の事業が継続できなくなる可能性があります。 当社が破綻した場合には、お客様の資産を返還することができなくなり、お客様に損失が生じる可能性があります。 お客様からお預かりした金銭及び暗号資産は、当社の金銭及び暗号資産との分別管理義務が課されており、それぞれ次の通り、当社の金銭及び暗号資産とは分別して管理します。 詳しくは暗号資産取引説明書をご参照ください。

次の

暗号資産(仮想通貨)取引所おすすめ総合ランキング|みんなの仮想通貨

仮想通貨 取引所とは

取引所を比較するポイントって何? 1. 信頼性 安心安全 とサポート内容 2. 手数料 3. 取り扱い通貨 4. 口座開設や入金のスピード 信頼性 安心安全 とサポート内容 コインチェックの不正出金問題で連日ニュースを賑わしていたように、仮想通貨は不正出金などのトラブルが株やFXと比べて多いです。 不正出金される要因は、取引所自体のセキュリティの甘さに問題があることが多いため、セキュリティ設備の高い取引所を選びましょう。 現在、最も安全な取引所は、マルチシグ対応やコールドウォレット対応かつ、金融庁の認可がおりて不正時のサポートがある「ビットフライヤー」です。 各社大きな差はありませんが、毎日取引をしていれば、たった数100円の差で年間何十万といった手数料の差が出てしまうので、手数料は安いに越したことはありません。 取引所 BTC ETH LSK XRP XEM MONA 無料 販売 のみ 販売 のみ 販売 のみ - 販売 のみ 販売 のみ 販売 のみ - 販売 のみ - - -0. 2% 0. 2% 0. 1% 0. 1% 0. 1% 0. 1% 0. イーサリアムは何処の取引所も取り扱っていることが多いですが、リップルやネム、リスクなどのコインは取扱取引所が限定されてくるので確認が必要です。 口座の開設スピードや入金スピードが遅く、行動の足を引っ張ってしまっては何の意味もありません。 入金のスピードは、クイック入金に対応しているか確認しましょう。 銀行振込と異なり即入金が可能です。 口座開設のスピードは、銀行振込が可能になるまでの日数が一番早いビットフライヤーがおすすめです。 計7種類 おすすめポイントと特徴 ビットフライヤーは、三井住友銀行グループ・みずほフィナンシャルグループ・三菱UFJグループ・リクルート・第一生命・SBIグループ・GMOグループなど、大手企業が出資している仮想通貨取引所です。 以前はサーバーダウンが起きていましたが11月にサーバー負荷低減のアップデートをかけて改善。 100万円までのハッキング・盗難補償があったり、ビットコインをアマゾンギフトに交換できるなど痒いところに手が届いています。 デメリット 取扱通貨の種類が少ない点がマイナスポイント。 多種類の仮想通貨を取引したいトレーダーの方には不向きです。 もちろん有名な仮想通貨は一通り買えますので、初心者の方には不自由ないと思います。 こんな方におすすめ 「安全に仮想通貨取引をしたい人」 ビットフライヤーのセキュリティは世界一位の評価を受けており、安全性は抜群です。 それだけではなく、国内初のハッキングや不正ログインに対する保証も行ってくれるので、万が一の際も安心です。 GMOコインの特徴と評価 取り扱い通貨 BTC ETH BCH LTC XRP Bitcoin ビットコイン 、Ethereum イーサリアム 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ 、Litecoin ライトコイン 、Ripple リップル など... 計5種類 おすすめポイントと特徴 GMOコインは、東証一部上場のGMOグループが母体であり、金融サービス提供の歴史が長くノウハウがあります。 アルトコインが割安で購入できるため、リップルやイーサリアム、ライトコインあたりを買うのであればGMOコインは必ず見ておきましょう。 現在、日本国内で唯一レバレッジ25倍で追証なしという特徴もあります。 デメリット 取扱通貨の種類が少ない点がマイナスポイント。 多種類の仮想通貨を取引したいトレーダーの方には不向きです。 もちろん有名な仮想通貨は一通り買えますので、初心者の方には不自由ないと思います。 こんな方におすすめ 「レバレッジ取引をしたい方」 GMOコインは、投資資金の何倍もの金額を賭けることが出来る、レバレッジを利用して取引をしたい方におすすめです。 日本国内で唯一レバレッジ25倍という特徴を持ち、手持ち資金がそこまで多くなくても、多くの利益をだせることが魅力です。 ザイフの特徴と評価 取り扱い通貨 BTC ETH BCH XEM MONA Bitcoin ビットコイン 、NEM ネム 、Ethereum イーサリアム 、Monacoin モナコイン 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ など... 計5種類 おすすめポイントと特徴 ザイフは、代表がブロックチェーン推進協会(BCCC の理事を務めるなど、ブロックチェーン業界を最先端で牽引していることでも有名です。 マルチシグ、コールドストレージ、二段階認証とセキュリティが堅牢であり、その上高い販売手数料を払わずに「NEM」「Ethereum」などのアルトコインが購入できるため、非常にお勧めできます。 ザイフには「積立投資」で仮想通貨を購入する機能が用意されているため、貯金感覚で積み立てもできます。 デメリット UIが使いづらい点がマイナスポイント。 アプリの充実化も進んでいないので今後の発展に期待です。 1日~1週間内で売買を繰り返す短期トレーダーの方には不向きです。 こんな方におすすめ 「NEM ネム の取引をしたい方」 ザイフの代表、朝山貴生氏がNEM. io財団の理事を務めていることもあり、NEMを使ったザイフ限定のお得なキャンペーンなどを行う可能性があります。 マルチシグは仮想通貨毎に構築する必要がありますが、テックビューロ社(zaif にはNEM開発メンバーのうち3名が在籍しているので、NEMの取扱いに長けている取引所と考えられます。 4 DMM Bitcoinの特徴と評価 取扱通貨 BTC ETH XRP LTC ETC BCH XEM Bitcoin ビットコイン 、Litecoin ライトコイン 、Ripple リップル 、Ethereum イーサリアム 、Ether Classic イーサリアムクラシック 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ 、ネム NEM・XEM など... 計7種類 おすすめポイントと特徴 DMM Bitcoinは、2018年1月に参入したばかりですが、ローラを起用したCMが話題性を呼び、今急成長を遂げている取引所です。 取扱通貨の種類が比較的多く、国内では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能な点が大きな特徴です。 その他にも、出金手数料や取引手数料が無料など、手数料では国内他社を圧倒しています。 デメリット 豊富な種類の仮想う通貨に対応しているDMMですが、現物取引が出来るのは「ビットコイン」「イーサリアム」の2種類のみです。 その他アルトコインの現物取引を行いたい方は、DMM Bitcoin以外の取引所を利用しましょう。 こんな方におすすめ 「取引を頻繁に行うデイトレーダー」 手数料が各種無料で、アルトコインのレバレッジ取引に対応しているので、手数料が頻繁に発生するようなデイトレーダーでも、手数料による損失も抑えることが出来ます。 5 ビットバンクの特徴と評価 取扱通貨 BTC ETH XRP LTC MONA BCH おすすめポイントと特徴 ビットバンクは、bitbank. ccとbitbank Trade2つの運営を行っています。 bitbank. ccは、ビットコインやライトコイン等の仮想通貨の現物取引ができます。 bitbank Tradeは、香港のOKCoinで取引します。 また、現物取引はなく、ビットコインで先物タイプのレバレッジ取引ができます。 また、全取引ペア手数料0円のキャンペーンを行っているので、取引をお得に行うことが出来ます。 デメリット コインチェックやビットフライヤーでは、初心者でも購入しやすい「簡単売買」が存在しますが、ビットバンクには販売所がないため、簡単にビットコインを買うことができません。 販売所では手数料が余計にかかってしまうとは言え、株やFXもしたことがない初心者の人には難しいかもしれません。 こんな方におすすめ 「取引になれた中級者向け」 ビットバンクは、アルトコインの取引所が設けられており、割安でアルトコインを購入することが出来ます。 しかし取引所での板注文は、販売所と違いユーザー間での取引になるので多少慣れが必要であり、仮想通貨を始めたばかりの初心者にはおすすめしません。 6 ビットトレードの特徴と評価 取扱通貨 BTC ETH XRP LTC MONA BCH Bitcoin ビットコイン 、Litecoin ライトコイン 、Ripple リップル 、Ethereum イーサリアム 、Monacoin モナコイン 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ など... 計6種類 おすすめポイントと特徴 ビットトレードは、FXトレードフィナンシャル FXTF の関連会社で、FXのノウハウを仮想通貨取引に応用しているのが特徴です。 実際にレーダーチャートなどはカスタマイズ性が高く、FXをやっていた人であれば直感的に操作が可能です。 デメリット 知名度が低いので、肝心の取引相手が少ないのがデメリットです。 しかし、タレントの起用なども積極的に行っているので、利用者の増加は今後に期待です。 こんな方におすすめ 「取引にさらになれた上級者向け」 ビットトレードはFXのノウハウを仮想通貨取引に応用しており、レーダーチャートなどのカスタマイズ性が高いのが売りです。 それ故にカスタマイズなどを使いこなせなければ全く意味がなく、ただの難しい取引画面になってしまいます。 7 コインチェックの特徴と評価 取り扱い通貨 BTC ETH XRP LTC ETC BCH XEM DASH XMR LSK REP FCT ZEC Bitcoin ビットコイン 、Ethereum イーサリアム 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ 、Ripple リップル 、Litecoin ライトコイン 、DASH ダッシュ 、Monero モネロ 、NEM ネム 、Ether Classic イーサリアムクラシック 、Lisk リスク 、Zcash ジーキャッシュ 、Factom ファクトム など... 計13種類 おすすめポイントと特徴 コインチェックは、国内ビットコイン取引高No. 1であり、取り扱い通貨の種類も国内取引所ではトップクラスです。 出川さんのCMで一気に有名になりましたが、2012年から運営実績があり他取引所より歴史があります。 サポート対応も速やかなうえに、ウェブ、アプリ共に使い勝手が抜群なので急速に広まっています。 デメリット 手数料 スプレッド が高い点がマイナスポイント。 1日~1週間内で売買を繰り返す短期トレーダーの方には不向きです。 逆に言うと、いまから仮想通貨を投資目的で長期保有する方にはデメリットにはなり辛いです。 NEMの流失事件でセキュリティの甘さが露呈しており、現段階ではお勧めできません。 しかし元々アプリやウェブ画面がシンプルで使い勝手が良く、ユーザー数も国内No. 1の取引所だったので、今後の信頼回復に期待です。 【番外編】バイナンスの特徴と評価 海外 取り扱い通貨 BTC ETH XRP LTC ETC XEM DASH XMR LSK BCH ZEC Bitcoin ビットコイン 、Ethereum イーサリアム 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ 、Ripple リップル 、Litecoin ライトコイン 、DASH ダッシュ 、Monero モネロ 、Ether Classic イーサリアムクラシック 、Lisk リスク 、Zcash ジーキャッシュ 、Factom ファクトム 、NEM ネム など... 計100種類以上 2018年現在 おすすめポイントと特徴 バイナンスは中国の仮想通貨取引所であり、取引量は世界で5本の指に入り、24時間あたりの取引量で世界一になった実績があります。 またバイナンスには、100種類以上ものコインが上場し、取扱いがされています。 日本では多くてもコインチェックの13種類ですので、仮想通貨の種類で言えば規模が違います。 デメリット バイナンスは、日本円の取り扱いがないので、一度国内取引所で通貨を購入しバイナンスに送金する必要があります。 一旦仮想通貨を国内取引所で購入しないといけないため、最低でも2つの取引所でアカウントを作る必要があるので、多少面倒に感じるかもしれません。 手数料に拘る方がおすすめしている 手数料が国内取引所より圧倒的に安く、トータルコストが確実に抑えられます。 また国内ではまだ取り扱っていないような仮想通貨もあるので、これから化ける通貨などにも手を出しやすいため、仮想通貨の取引に慣れた方が使用している可能性が高いです。 ただし日本円入金が出来ず、ビットコインでの購入になるので、国内の取引所口座の開設も必須です。 取引所開設のポイント 複数開設が絶対的におすすめ。 投資の基本は複数の口座で複数の銘柄を購入することです。 これは投資先を分けることによりリスクを分散するためです。 法の整備がまだ整っていない仮想通貨の世界は、株やFXなどよりもリスクが高いです。 複数口座を開設し必ずリスクを分散しましょう。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」にてご連絡ください。

次の