二宮 パン 屋。 神奈川県二宮町のかわいいパン屋さん ブーランジェリー ヤマシタのパンは絶品だった!

神奈川県二宮町のかわいいパン屋さん ブーランジェリー ヤマシタのパンは絶品だった!

二宮 パン 屋

2019年6月27日 , こんにちは!プリンスジュンです。 例えば音楽を聴きたいと思った時に、Rockが聞きたい時もあれば、クラシックを聴きたい時もあるし、ボサノヴァが聴きたい時もある。 同じように、パンを食べたい!と思った時に、惣菜パンが食べたかったり、菓子パンが食べたかったり、ハード系のパンをワインと一緒に食べたい時もあります。 何が言いたいかというと、二宮町内にはお美味しいパン屋さんが何軒もあって、それぞれ独自の美味しいパンを食べることができます。 それはパンに限らずイタリアンだったりラーメン屋だったり様々なお店でも言えることですね。 前置きが長くなりましたが、「今日はティグレのパンが食べたい!」という事で、二宮町山西にあるパン屋さん「」のご紹介です。 二宮町は自然が豊かな場所だから 写真を見て分かる通り、ティグレのお店は二宮町立山西小学校の目の前にあります。 山西小学校がある地区は「釜野地区」と言って畑も多い自然豊かな立地です。 しかし、駅からは少し距離があり、周辺は商店などは殆ど無いような場所です。 ティグレは元々、2007年に東京の学芸大学でお店をオープンしました。 都内でも人気のパン屋さんとして名を馳せていましたが、2017年4月に二宮町へ移転(移住)されました。 理由は 「子育て環境を考えて、海も山も近い自然あふれる場所へ。 」 それを聞くと、二宮町山西の釜野地区にお店を構えた理由が納得いきますね。 ご自宅の1階を店舗にされています。 ケーキを選ぶようにパンを選ぶ 店内にはショーケースがあり、たくさんの種類のパンがズラリと並んでいます。 ティグレでは、お客がトングでパンを取るのでは無くて、ケーキ屋さんの様に、食べたいパンを店員さんに伝えて取ってもらいます。 惣菜パン、菓子パン、ハードパン、食パンなどなど種類が豊富なので本当に悩んじゃいます。 写真を見るだけでも、全て食べたくなりますでしょう? プリンスジュン推し「キャラメル・バナーヌ」 まだ全種類制覇した事はないのですが、今まで食べた中で驚きの美味しさだったパンの一つ。 「キャラメル・バナーヌ」。 パンというか、スイーツです。 個人的なお気に入りです。 売り切れていることも多く、この日も最後の一つでした。 私がお奨めしたからといって買い占めないでね。 大人も子供も嬉しいパン.

次の

二宮へ大人女子遠足 話題のパン屋「Boulangerie Yamashita」を訪ねる

二宮 パン 屋

【2018年6月・追記】 しました。 【2018年6月・追記】 しました。 こんにちは。 パンが大大大好きな高田ゲンキ()です。 ベルリンに移住して3年が経ちましたが、海外在住が長いと必ず聞かれるのが「日本食が恋しくないの?」という質問。 実際、海外で日本食が恋しくなる人はかなり多いのですが、僕の場合はそれほどでもないんです。 むしろ、移住以前、日本に住んでいた時から、どちらかというと洋食が好きだったので、ドイツに行ってからの方が食文化的に肌に合っていると感じています。 そういうわけで、逆に一時帰国中の方がドイツの食材が恋しくて困ったりするわけですが、今回の一時帰国では美味しいパン屋さんに巡り合えたので、少なくとも僕の「おいしいパン欠乏症」は出ませんでした。 今日は、そのパン屋さんを紹介したいと思います。 Contents• 二宮のブーランジェリー ヤマシタ お店の名前は「(Boulangerie Yamashita)」。 ブーランジェリー(Boulangerie)はフランス語で「パン屋」という意味ですね(しかも、「こだわりのパン屋」という意味らしい)。 こちらのお店、2014年に二宮でオープンしたそうですが、うちの妻がオープン当初からネットでチェックしていたらしく「一時帰国したら、このパン屋さんに行こう!」と前々から言っていて、このたびようやく来ることができたんです。 アクセス たぶんほとんどのお客さんが自転車か車で訪れているんじゃないかと思いますが、国道1号線から北上する県道71号線(二宮秦野線)に入り、右手にトヨペットがあるあたりで左折して旧道に入り、しばらく走ると左手にお店が現れます。 駐車場はお店のすぐ裏にあります。 12番〜15番に停めて良いそうです。 車を停めて、お店の玄関へ。 店構えもいい感じです。 店内 さっそく店内におじゃまして、パンを物色することに。 洗練されているのにホッとする空間の店内にはパンの良い香りで満ちていて、美味しそうなパンが所せましと並んでいました。 その香りと佇まいで「ここのパンはおいしいに違いない」と確信した僕は、思わず「ブログに書きたいので写真撮って良いですか?」と聞いたところ、快く「ぜひぜひどうぞ!」と言っていただけたので、妻と僕とお店の方たち(オーナーお夫婦と店員さん?の3人)で、談笑しながらパンを選びつつ写真も撮らせていただきました。 パン Roule a la cannelle|シナモンロール Gorgonzola et noix au miel|ゴルゴンゾーラと胡桃と蜂蜜のパン pain au vert|オリーブの入ったカンパーニュ Cacao France|カカオフランス Coupe au Patate|さつまいものクッペ 平日午後にも関わらず、僕らが話したり撮影したりしている間にも次々とお客さんが来て、二言三言店主と言葉を交わしてはパンを買って帰って行きました。 というわけで、すでに売り切れてしまったパンも多かったみたいです。 次回は是非朝いちばんに行って、もっとたくさんのパンを試してみたいと思いました! 帰宅して食べてみた! 帰宅してすぐに食べてみました。 どのパンも本当に美味しかったです! パンへの愛情を持って、本当に丁寧に焼かれていると感じられました。 この小倉あんは、奥さんの手作りだそうです。 まろやかで上品な甘さでした。 パンのラインナップは オーナーの山下さん(右)と奥様(左) パンを選びながら話しているときに山下さんに「ベルリンから来ました」と言ったところ、山下さんも10年前にベルリンを訪れたことがあるそうで、いろいろ話が弾みました。 そして、翌日Boulangerie Yamashitaのfacebookページを覗くと、僕たちのことを書いてくれていました! 昨日、普段はベルリンに住んでいるというご夫婦がご来店くださいました。 開店当初から Facebook などを見てくださっていて、帰国の際に必ず寄ろうと決めてくださっていた、と。 遠い遠い空の下でも、この小さなパン屋のことを気に留めてくださる方がいるという、幸せ。 国内でも、南は屋久島から北は北海道まで、、、 どんな場所でも、ひたむきに、心を尽くして、力を尽くして歩んでいれば、応援してくださる方は必ずいてくださる。 改めて、そんなことを感じた嬉しい訪問でした。 ほぼ10年前に訪れたベルリンでの写真が出てきました。 笑 のより 山下さん、おいしいパンと楽しい時間をありがとうございました! また一時帰国の際には伺います!! 【追記】素敵な食堂もあります! 僕がこの記事を書いた2016年にはまだ無かったのですが、2017年にはお店の奥に食堂が増設され、お店のパンとともにお茶や食事が楽しめるようになりました。 2017年の一時帰国の時に二度目の訪問をした際に撮らせていただいたカフェスペースの写真もアップします。 落ち着いた空間で美味しいパンをお楽しみください!.

次の

【保存版】宇都宮のパン屋さん、ガチでレベル高すぎ!地元民が厳選する本当においしいパン屋さん10選【マップ付き】

二宮 パン 屋

二宮町川匂・蒸しパン屋さん「だいちや」 を1年半かけてして、蒸しパン屋さんとなりました。 二宮町川匂に2017年7月21日(金)にオープンしました! てんねんこうぼのむしぱん だいちや 生地は、天然酵母と国産小麦を使っています。 長時間ゆっくり発酵させることで、もっちりムチムチな食感です。 卵・乳は入っていません。 具材は、甘いおやつ系からお腹も満たされるおかず系まで 生地にぴったりな味付けの具材が中にたっぷり入っています。 つぶあん、チョコバナナ、きんぴら、カレー etc. 季節限定メニューは見逃せませんよ! チョコバナナを食てみました。 もっちもち食感で、蒸しパンの概念が崩れました。 とろーりチョコとバナナの相性が良いことは言うまでもないですよね。 とっても美味しかったです。 DIYでセルフリノベーションした温もりある店内 放置されていた空家を活用し、1年半かけてDIY、セルフリノベーションを店主の大出様ご夫婦で行いました。 無垢材・天然素材をふんだんにつかった家具や什器はとても愛情と温もりを感じます。 買ったむしぱんを店内で食べることが出来ます。 椅子に座って、店主の大出さんご夫婦とお話するのも楽しいです。 東京から二宮町に移住してこられたオーナーの大出さんご夫婦 大出友晃さん・香織さん 「二人で整体と蒸しパンのお店を開きたい」。 東京都内に住んでいた大出さん夫妻が本格的に移住を考え始めたのは、そんな夢がきっかけでした。 環境が良い場所を探してたどり着いたのが二宮町。 24時間明るく騒がしかった都内を離れてみると、「夜7 時には周りが静かになるので、10 時には眠くなって朝6 時に目が覚める、という生活になって、引っ越す前まで感じていた体調不良がなくなったんです。 環境が変わっただけなのに、びっくりしました」と、香織さんは明るく笑います。 「二宮に来て、夫婦で過ごす時間が長くなったのに、ケンカをしなくなった。 窮屈に暮らしていた頃より、ストレスがなくなったからなのかな。 それくらい、二宮は住み心地の良い環境です」と友晃さんは笑います。 「豊かな自然の中でゆったりとした穏やかな時間を過ごせることが二宮町の魅力です。 ぜひ訪れてその魅力を体感してほしいと思います」(湘南にのみやlifeより転載) だいちやの看板猫ちゃん「むちまる」(キャラクター) 大出さんの奥様が描いただいちやのキャラクター「むちまる」がめちゃくちゃ可愛くて評判です。 だいちやの看板、フライヤーなど、あちこちに登場しているので探してみて下さい。 それにしても、このむちまる人形、可愛いと思いませんか? このむちまる人形は、二宮在住の人形作家さんが作ったんですよ。 大出さんご夫婦はずっと整体のお仕事をされていました。 なので、このだいちやをオープンするにあたって、この整体ルームも同じ建物内 に設けることを決めておりました。 整体ルームは天然の杉板を使用しており、お部屋は無垢材の良い薫りがします。 室内は靴を脱いで入るため、無垢材の温もりを実感できます。 とても心地良い空間ですよ。 ぜひ身体の痛いところやお疲れの箇所がある方は、だいちやさんに良い状態に整えてもらってみて下さい。 だいちやは地域の皆に愛される憩いの場 てんねんこうぼで作られた優しい蒸しパンは子供からお年寄りの方まで幅広く愛される味です。 近くに来ると、立ち寄りたくなる様なそんなお店。 おだやかでのんびりした二宮町の風土に合っただいちやさん。 大出さん、二宮町に来てくれてありがとう。 所在地:中郡二宮町川匂71-6 電話:0463-71-7113 営業時間:9:00~18:00 (生地がなくなり次第終了となります。

次の