ねこ いびき。 【獣医師が解説】猫のいびきに潜む危険とは|いびきの原因と対処法|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫の寝言・いびきの理由とは?こんないびきは病気かも?

ねこ いびき

子犬(0〜1歳まで):1日18〜19時間程度と長く、眠りが深い• 成犬(1〜7歳程度):1日12〜15時間程度で、大型犬の方が長い傾向• シニア犬(8歳〜):疲労回復に時間がかかるため、1日18〜19時間程度の睡眠が必要 子犬は、成犬よりも長い睡眠時間が必要です。 では、なぜ犬の睡眠時間は長いのでしょうか? 人間の睡眠は、90分ごとに浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返しています。 しかし犬の睡眠は、浅い眠りの時間の方が長いと言われています。 犬の睡眠メカニズムはまだ解明されていないことが多いのですが、ある研究によると夜8時間の間に「睡眠16分・覚醒5分」という21分周期が繰り返されたという結果が出ています。 これは、睡眠中に外敵に襲われてもすぐに行動できるようにしていた、野生の名残であると考えられています。 このように犬は眠りが浅いため、長時間の睡眠が必要なのです。 犬の睡眠障害とは? もし愛犬がいつもより長く眠りすぎていると感じたら、それは病気のサインかもしれません。 体調が悪くぐったりしていたり、足や関節などに異常があって立ち上がれないときには、眠ることで症状を和らげようとすることがあります。 具合が悪くて寝ているときは、無理に起こすと怒って吠えたり、悲鳴を上げたりします。 反対に、睡眠時間が短く眠りが浅くなった、夜中に起きて吠える、などの状態は認知症の症状かもしれません。 犬の認知症や高齢犬の健康ケアについては、、もあわせてご覧ください。 そのほか、生活環境の変化や、夜でも明るく騒がしい室内で過ごすことによるストレスで、睡眠時間に異常が出ることもあります。 また、歩いていたり遊んでいる最中に突然眠ってしまう様子がみられたら、自分の意志とは関係なく突然眠ってしまう「ナルコレプシー」という病気の可能性があります。 愛犬の睡眠の様子がいつもと違うと感じたら、獣医さんに相談してみましょう。 寝相でわかる犬の気持ち 眠っているときの姿勢、寝相からでも犬の状態を知ることができます。 「ヘソ天」はとてもリラックスしている状態です。 丸くなっている もっとも一般的な寝姿です。 丸くなることで、内臓を守っています。 寒いときには体温を逃さないようにこの姿でいることが多くあります。 また、緊張しているときもこの姿勢を取ります。 横向き 犬にとって楽な姿勢で、リラックスした状態です。 暑いときはさらに足を広げていることもあります。 うつ伏せ 寝ていてもすぐに起き上がれる体勢です。 周囲を警戒しているときに多い寝相です。 あお向け 急所であるお腹を見せる無防備な姿で、「ヘソ天」とも呼ばれています。 非常にリラックスした状態です。 犬のあくびはリラックスのサイン? 人間も犬も、眠たくなるとあくびが出ます。 しかし犬があくびをする理由は、眠気だけではありません。 気持ちを落ち着かせるためのあくびもあります。 犬は、興奮しているときや緊張しているとき、不安なときにもあくびをします。 これは「カーミングシグナル」と呼ばれる、気持ちを落ち着かせるための行動です。 あくびのほか、目を細めたり、背中をかいたり、伸びをするのもカーミングシグナルの一種です。 犬が頻繁にあくびをしていたら、気持ちが落ち着くようにリラックスさせてあげましょう。 いびきをかく原因は? いびきは、睡眠中に喉や気管が狭くなっているため、空気が振動することによって音が出ることで起こります。 犬がいびきをかく理由には、以下のようなものがあります。 短頭種は鼻の構造的にいびきをかきやすくなっています。 肥満:喉の周辺に脂肪がつき、喉が狭くなっているため 肥満が原因の場合は、食事を見直す、運動量を増やすなど、ダイエットをしましょう。 犬種:短頭種(パグ、シー・ズー、ブルドッグなど)は空気が通りにくい構造になっているため 短頭種には、先天的に「鼻腔狭窄症」という病気を持っている犬が多くみられます。 大きないびきを毎日のようにかいているのであれば、「鼻腔狭窄症」が疑われます。 環境:空気が汚れて鼻の粘膜が傷つき、鼻水が出ているため タバコの煙やハウスダスト、花粉などが原因で鼻の粘膜が傷つくと、犬の体は鼻水を出して粘膜を守ろうとします。 空気清浄機などを使用して環境の改善を心がけましょう。 病気:何らかの疾患があるため 鼻炎や「気管虚脱」など鼻や気管に疾患がある場合、腫瘍ができている場合、また心臓病の場合もいびきをかくことがあります。 もし今までいびきをかいていなかったのに、急に大きないびきをかくようになったのであれば、病気のサインかもしれません。 愛犬が急にいびきをかくようになった、いびきの音が大きくなったなど気になることがあれば、獣医さんに相談してみましょう。 犬の睡眠の様子から、気持ちや精神状態、体調がわかります。 「いつもと違うな」と感じたら、すぐに獣医さんに相談してください。 ぐっすり眠る愛しい姿を守るため、愛犬の睡眠時の様子にも注意してあげましょうね。

次の

猫のいびきと寝言

ねこ いびき

猫のいびきの原因はなに? 鼻づまり 一般的に鼻よりも、口で呼吸をするときのほうが気道が細くなるといわれているため、鼻づまりを起こして、うまく鼻呼吸ができないときなどは、就寝時のいびきが一時的に増えることがあります。 一過性のいびきの場合は、あまり気にする必要はありません。 肥満 いびきは、口呼吸の際に気道がふさがれることで起こります。 そのため、肥満などで首周りに脂肪がたくさんついている猫は、いびきをかきやすくなります。 病院で肥満を指摘されている場合は、食事量が適切かどうかチェックし、適正体重になるよう計画的なダイエットを心がけましょう。 猫種の特徴 ペルシャ猫のように、猫種の特徴として、鼻がつぶれている特徴をもつ猫種の場合、鼻呼吸がしづらく口呼吸になるため、いびきをかきやすくなります。 このような特徴がある猫種の場合でも、いびきの回数や大きさが気になるようなときは受診した方が安心です。 猫のいびきの原因として考えられる病気ってあるの? 鼻炎 鼻の粘膜が炎症を起こしている状態のことで、くしゃみ、鼻水などの症状がみられます。 鼻腔内の腫れや鼻水などによって、空気の通り道が狭くなり、鼻呼吸がしづらくなるため、いびきをかきやすくなります。 鼻水は、最初はサラサラとした形状ですが、症状が進んでいくと、ネバネバとした鼻水になる、膿(うみ)が混じる、鼻粘膜から出血し血液が混じる、といった症状がみられることもあります。 鼻腔内腫瘍 鼻腔内に腫瘍ができることで、鼻呼吸がしづらくなるため、いびきをかきやすくなります。 鼻腔内に腫瘍ができると、鼻から出血がみられたり、顔が腫れたりすることがあります。 軟口蓋過長症 軟口蓋とは、人でいう「のどちんこ」のあたりのことです。 この部分が長く、垂れさがっていて喉(気道)をふさいでしまうことで、いびきをかきやすくなります。 鼻がつぶれて鼻呼吸ができない短頭種(ペルシャ猫など)で多くみられ、活動時の呼吸の際に、異常な呼吸音がしたり、息切れをしやすかったり、といった症状がみられることが多いです。 また、症状が重度の場合は、呼吸困難などを起こすことがあります。 喉頭虚脱 咽頭にある軟骨が変形して、喉をふさいでしまうことで、いびきをかきやすくなります。 軟口蓋過長症と同様、鼻がつぶれて鼻呼吸ができない短頭種(ペルシャ猫など)で多くみられる病気で、活動時の呼吸の際に、異常な呼吸音がしたり、息切れをしやすかったり、といった症状がみられます。 また、症状が重度の場合は、呼吸困難などを起こすことがあります。 どう対処すればいいの? 早期の受診 いびきの頻度が増える、音が大きくなる、活動中の呼吸が荒くなることがある、といった場合、なんらかの病気の可能性が高いです。 放っておくと、病状が進行して治療が難しくなってしまうかもしれません。 普段から就寝時の様子をよく観察し、異常に早く気づけるようにすること、異常がみられた場合は、たかがいびきと思わずに早めに受診をすることを心がけましょう。 肥満の解消 太っていると、脂肪が気道を圧迫して、いびきをかきやすくなります。 また、肥満が原因で、なんらかの病気になってしまう可能性もあります。 一緒に遊んだり、散歩したりして運動不足を解消する、食事の量をコントロールするなどして肥満を解消するようにしましょう。

次の

猫がいびきをかく時に考えられる理由や心理

ねこ いびき

子犬(0~1歳まで):1日18~19時間程度と長く、眠りが深い• 成犬(1~7歳程度):1日12~15時間程度で、大型犬の方が長い傾向• シニア犬(8歳~):疲労回復に時間がかかるため、1日18~19時間程度の睡眠が必要 子犬は、成犬よりも長い睡眠時間が必要です。 では、なぜ犬の睡眠時間は長いのでしょうか? 人間の睡眠は、90分ごとに浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返しています。 しかし犬の睡眠は、浅い眠りの時間の方が長いと言われています。 犬の睡眠メカニズムはまだ解明されていないことが多いのですが、ある研究によると夜8時間の間に「睡眠16分・覚醒5分」という21分周期が繰り返されたという結果が出ています。 これは、睡眠中に外敵に襲われてもすぐに行動できるようにしていた、野生の名残であると考えられています。 このように犬は眠りが浅いため、長時間の睡眠が必要なのです。 犬の睡眠障害とは? もし愛犬がいつもより長く眠りすぎていると感じたら、それは病気のサインかもしれません。 体調が悪くぐったりしていたり、足や関節などに異常があって立ち上がれないときには、眠ることで症状を和らげようとすることがあります。 具合が悪くて寝ているときは、無理に起こすと怒って吠えたり、悲鳴を上げたりします。 反対に、睡眠時間が短く眠りが浅くなった、夜中に起きて吠える、などの状態は認知症の症状かもしれません。 そのほか、生活環境の変化や、夜でも明るく騒がしい室内で過ごすことによるストレスで、睡眠時間に異常が出ることもあります。 また、歩いていたり遊んでいる最中に突然眠ってしまう様子がみられたら、自分の意志とは関係なく突然眠ってしまう「ナルコレプシー」という病気の可能性があります。 愛犬の睡眠の様子がいつもと違うと感じたら、獣医さんに相談してみましょう。 寝相でわかる犬の気持ち 眠っているときの姿勢、寝相からでも犬の状態を知ることができます。 「ヘソ天」はとてもリラックスしている状態です。 丸くなっている もっとも一般的な寝姿です。 丸くなることで、内臓を守っています。 寒いときには体温を逃さないようにこの姿でいることが多くあります。 また、緊張しているときもこの姿勢を取ります。 横向き 犬にとって楽な姿勢で、リラックスした状態です。 暑いときはさらに足を広げていることもあります。 うつ伏せ 寝ていてもすぐに起き上がれる体勢です。 周囲を警戒しているときに多い寝相です。 あお向け 急所であるお腹を見せる無防備な姿で、「ヘソ天」とも呼ばれています。 非常にリラックスした状態です。 犬のあくびはリラックスのサイン? 人間も犬も、眠たくなるとあくびが出ます。 しかし犬があくびをする理由は、眠気だけではありません。 気持ちを落ち着かせるためのあくびもあります。 犬は、興奮しているときや緊張しているとき、不安なときにもあくびをします。 これは「カーミングシグナル」と呼ばれる、気持ちを落ち着かせるための行動です。 あくびのほか、目を細めたり、背中をかいたり、伸びをするのもカーミングシグナルの一種です。 犬が頻繁にあくびをしていたら、気持ちが落ち着くようにリラックスさせてあげましょう。 いびきをかく原因は? いびきは、睡眠中に喉や気管が狭くなっているため、空気が振動することによって音が出ることで起こります。 犬がいびきをかく理由には、以下のようなものがあります。 短頭種は鼻の構造的にいびきをかきやすくなっています。 肥満:喉の周辺に脂肪がつき、喉が狭くなっているため 肥満が原因の場合は、食事を見直す、運動量を増やすなど、ダイエットをしましょう。 犬種:短頭種(パグ、シー・ズー、ブルドッグなど)は空気が通りにくい構造になっているため 短頭種には、先天的に「鼻腔狭窄症」という病気を持っている犬が多くみられます。 大きないびきを毎日のようにかいているのであれば、「鼻腔狭窄症」が疑われます。 環境:空気が汚れて鼻の粘膜が傷つき、鼻水が出ているため タバコの煙やハウスダスト、花粉などが原因で鼻の粘膜が傷つくと、犬の体は鼻水を出して粘膜を守ろうとします。 空気清浄機などを使用して環境の改善を心がけましょう。 病気:何らかの疾患があるため 鼻炎や「気管虚脱」など鼻や気管に疾患がある場合、腫瘍ができている場合、また心臓病の場合もいびきをかくことがあります。 もし今までいびきをかいていなかったのに、急に大きないびきをかくようになったのであれば、病気のサインかもしれません。 愛犬が急にいびきをかくようになった、いびきの音が大きくなったなど気になることがあれば、獣医さんに相談してみましょう。 犬の睡眠の様子から、気持ちや精神状態、体調がわかります。 「いつもと違うな」と感じたら、すぐに獣医さんに相談してください。 ぐっすり眠る愛しい姿を守るため、愛犬の睡眠時の様子にも注意してあげましょうね。 注:この記事は、2018年12月にアクサ損害保険のホームページで紹介された内容です。 このサイトについて たすけくんのペット保険~いぬと暮らす、ねこと暮らす。 ~は、アクサ損害保険株式会社から提供を受け、パナソニック保険サービスが媒介で掲載し運営しています。 ご利用の前に 記事はアクサ損害保険株式会社が企画・制作した記事の他、外部提携先の責任において編集・執筆した記事が含まれています。 アクサ損害保険株式会社およびパナソニック保険サービスは、情報によって生じたいかなる損害に対しても一切の責任を負いません。 予めご了承ください。

次の