おすすめ メーラー。 iPadのおすすめメールアプリ9選!メーラーはアカウント連携や機能で選ぼう!

おすすめのメーラーがわかる!7ソフトを徹底比較【Windows10】

おすすめ メーラー

Macには標準で「メール」がインストールされているため、サードパーティのメーラーをインストールしたことはない、という方も多いでしょう。 iCloudと連携しておけばバックアップもしてくれます。 起動も申し分なく個人使用でメール送受信数が少なければ十分です。 しかしながら、仕事などで多数の方とメールのやりとりをすると困った問題が発生することがあります。 対策法はあるのですが、Windowsユーザーとのメールのやり取りで基本的な文字コードの違いで文字化けが起きます。 また、複数のメールアカウントを持っている場合は、少々使いにくさを感じます。 「メール」は非常に優れたアプリではありますが、「たくさんの便利な機能が欲しい」「より自分流にカスタムがしたい」「もっとオシャレなデザインのものを使いたい」という方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、2018年に無料で使えるMac対応のおすすめメーラーをご紹介。 それぞれの特徴についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。 そもそもメールソフトって必要? 本題に入る前に、そもそもメールソフトは必要なのかという疑問があります。 ここで言うメールソフトとはパソコンにインストールして利用するソフトの事です。 筆者は普段どちらかと言うとWebメールサービス(Gmailなど)をメインに利用しています。 なぜなら、複数台のパソコンを利用しているからで、Windows、Mac関係なく外出先で自分のパソコンがなくとも、またタブレットやスマホからもメールの送受信が出来るからです。 そう考えるとWebメールのほうが優秀なようですが、安心安全という観点では、Webメールサービスはサーバーの不具合でアクセス出来ない事があったり、メール保存容量の制限(制限がないサービスもあります)、個人情報の漏洩、サービスの廃止の危険といった問題があるため、筆者はバックアップの意味合いも兼ねてメールソフトを利用しています。 メールソフトは基本的には以下のような機能を有しています。 メールの送受信• HTMLメールの送受信• 添付ファイル(画像・動画)の送受信• 受信メールの自動転送機能• メールの仕訳機能• HotmailやGmailなどのWebメールも扱える おすすめメールソフト Thunderbird ブラウザ「Firefox」で有名なMozillaが提供する多機能メーラー。 Windows版もあり、Mac、Windows両方のパソコンを利用している方には特におすすめです。 高機能のうえ、使いやすく、GmailやYahooといった無料メールサービスのアドレスがそのまま使え、他のメールソフトからの移行もスムーズに行えます。 「Thunderbird」の一番の特徴は、ブラウザソフトの定番機能となっている、タブ表示です。 いちいちメッセージを開いたり閉じたりすることなく複数のメッセージをタブで切替えて表示することが出来ます。 また、「Thunderbird」には、メール機能に加え、カレンダー機能、Todo機能、チャット機能もあります。 さらにサードパーティによるアドオンが充実しており、かゆいところに手が届く自分好みのメールソフトに仕上げることも出来、非常に優秀なメールソフトとなっています。 問題は、起動が他のメールソフトに比較すると遅いという点です。 【主な特徴】• 重要度別にメールをタグで色分け可能• カレンダー・スケジュール管理機能の搭載• メール画面からFacebookやIRCのチャットが可能• アドオンも充実しており、機能追加やカスタマイズが容易• 複数タブで表示が可能• ブラウザFirefoxに表示が似ているため、Firefox愛用者にはおすすめ• 画面カスタマイズ機能の充実• 複数アカウントを1画面で管理可能 DL: 【出典】 Airmail 3 Beta版 比較的最近作られたメールソフトです。 直感的に分かる表示と洗練されたインターフェースが特徴で、メールソフトには珍しくショートカットが充実しているため、効率的にメールの作成・チェックを行えます。 現在はiPhoneアプリ版も公開されているため、Apple製品愛用者には嬉しいメーラーです。 Beta版と正規版があり、Beta版は無料で利用することが出来ます。 有料版とベータ版の大きな違いはアップデートを自動で行ってくれないという点で、ベータ版であるため新機能の組み込みなどの実験の場になっており、不具合がたまに起きます。 「Airmail3」が優れているのは機能が充実しているのは当然ですが、利用者の誰もがUI(ユーザーインターフェース)の美しさを訴えるように、Macユーザーならば、標準メールソフトよりもMacっぽいUIを気に入るでしょう。 また、動作の軽さという点では今回紹介したメールソフトのうちでは一番軽いです。 【主な特徴】• ラベルごとにグループ表示• メール検索機能• 着信メールは通知センターから通知• アーカイブ処理やメール破棄もウィジェットから処理可能• 元々はブラウザソフトの「Opera」にあったメール機能が切り離されて独立したメールソフトとなりました。 「Thunderbird」「Airmail3」と比較するとシンプルな作りで、メールの送受信量の少ないライトユーザー向けのソフトと言えます。 【主な特徴】• ラベルごとにグループ表示• 添付ファイル(画像・音楽・動画など)ごとに一覧表示• 着信メールは通知センターから通知• 複数タブで表示が可能• 複数アカウントを1画面で管理可能 DL: まとめ 今回はMac用のメールソフトのおススメのものを紹介させていただきました。 「Airmail3」を除きiPhone用のソフトは用意されていないので、外出先でのメールチェックは、Webメールサービスを併用する事をおすすめします。 なお、メールソフトの場合、受信したメール・メッセージや送信済みのものなど、多くのデータを保存しておく必要があるので、ストレージ容量が増えてきたとは言えスマホには向いていません。 自宅や社内ではメールソフト、スマホにはWebメールサービスという使い方をしてみてはいかがでしょう。 こちらの記事は、2017年に公開した無料メールソフト比較の記事を2018年向けに再編集したものです。 おすすめの関連記事.

次の

安全に使える無料フリーメールアドレスおすすめTOP5!2020年15社比較一覧!

おすすめ メーラー

はじめに 1ヶ月ほど前、メインのパソコンでLinuxを使い始めました。 Macからの移行です。 それまでは、仮想化で使ったり、サブパソコンに入れてたりと、なんとなくLinuxを使ってたことがありましたが、はっきり言って、「Linuxを使ってる」と言えるレベルのものでは到底ありませんでした。 再設定が必要になる部分が多々ありましたので、メインで使ってみて、やっと、「ああ、Linuxを使い出したんだなあー」ということをぼんやりと思う程度にはなりました。 ということで、まずは、Linuxの使い心地というか、感想から述べていきたいと思います。 ちなみに、メインのパソコンは、 MacBook Air 11-inch Mid 2013 です。 OSは、Arch Linux。 構成 内容 OS Arch Linux メモリ 8GB CPU Core i7 あと、スワップ設定はなし。 ある程度のスペックを備えているパソコンにスワップの設定は必要ないし、あると逆に不安定になる印象があるので、設定していません。 OSごとの比較 割と大雑把に言うと、こんな感じでした。 ちなみに、回数を平均して出しているなどという面倒なことはしていません。 1回で出た数字とか、割と適当な値ですので、あまり参考にならないかもですが。 例えば、一度に大量の負担をかけてしまうと、元に戻りにくかったりという印象です。 他のOSは、時間がたてば、割と元に戻るって感じでした。 ただし、Linux Arch Linux は通常の使用で、メモリの消費量が200MBから300MBの間という値は、素晴らしいです。 私の場合、主に端末くらいしか使用しませんので、Linuxが合っているのかもしれません。 他のOSは、使わない処理をバックグラウンドでスケジュールされていたりと、色々と便利にはなっているとは思いますが、やはり、デフォルトの設定では、無駄が多いのも事実だと思います。 更に、設定変更できなかったり、ブラックボックスに包まれていたりで、何をやってるのか、よくわからないという場合すら存在すると思います。 その点で言えば、Linuxというのは、市販OSよりも分かりやすいと感じます。 そして何より、面白いです。 最初はなんか難しいなっていうのがあると思いますが、使ってるうちに慣れてくるし、応用が効くので、いいなって思います。 例えば、Linuxでスケジューリングしようとした場合、使用する機能によっては、Linux Kernelにアクセスしなければならないって時がありますが、こういうのを調べていても、時間の無駄感があまりないのがいいです。 他のOS、例えば、Ubutunなんかはどうなんだろう。 実は、Ubuntuは、あまり使ったことがなくて、非常に良いOSだと聞いていますが、起動直後のスペックなんかはどんな感じなのだろう。 コメントにて教えてもらえると嬉しいです。 私はこんな感じの初心者ですが、今回は、Linuxで使ってるアプリを紹介していけたらと思います。 Linuxで特に使っているアプリ 例ではyaourtを使用していますが、 yaourtは開発が終了しています。 下記から開発が継続しているパッケージマージャーを使用してください。 yaourt -S slim awesome lilyterm zsh tmux vim git go jq xclip clipit fcitx dropbox spacefm ffmpeg imagemagick feh w3m dwb firefox virtualbox openoffice ログインマネージャー。 設定することで、通常のOSと同じようなログインを実現できる。 テーマもカスタマイズ可能。 これは、とか元からはいってるものを使う人が多いのではないでしょうか。 でもタイル型は便利ですよ。 Awesomeの場合は、マルチディスプレイでも、キー操作でウィンドウを他ディスプレイ側に C-oで持ってったり、 C-S-jでフォーカスを移したりできますし。 そうでなくても全部キー操作でできるのと、自動でウィンドウの大きさを揃えてくれるのが嬉しい。 これは好みによるところが大きいです。 逆に、直感的な操作には全然向きません。 マウスを使ってウィンドウを持ってくるなんてことも高度な設定しない限り しても無理かもですが 無理だと思います。 有名なターミナルエミュレータはに列挙されています。 個人的には、なんかいいんじゃないかなあと思いますが、透過度の設定がlilytermは楽なので、これを使っています。 でも色々と癖がある端末です。 zsh,tmux,vim この辺は、好みが強そうなので、あまり言及はしません。 シェルは、Bashを使っていたり、Ashを使っていたりと人それぞれ。 デフォルトシェルは、Bashが多いですね。 あとは、tmuxの代わりに、screenを使っている人も多いです。 vimはエディタで、emacsを使ってたりといろいろです。 Arch Linuxユーザーは、Emacsを使う人が多いのではないだろうか。 これは、Arch Linuxでは、初期パッケージ base でvimがインストールされないからです。 emacsはインストールされます。 git gitですが、これは、バージョン管理システム。 ここで少しだけgitの一般的な使い方を説明しておきます。 これは、まず、木々の枝分かれをイメージしてもらえれば理解は一瞬です。 しかし、それほど大規模なプロジェクトでもない限り、枝分かれのイメージは少しわかりにくいと思います。 ということで、まずは、飛び石をイメージするのが良いかと思います。 通常、開発というのは、いくつものテスト、バージョンを抱えます。 バージョンは、新しい機能の追加によるものが多いですね。 テストは、それを細かくバラバラにしたイメージ。 ここで、gitによる開発というのは、通常、慎重に行われる傾向にあると感じます。 これは、飛び石をイメージして、開発しているものが安定してきたらmasterにfirst push 最初のアップロードのこと したり、merge 取り込むこと したりします。 masterはbranch ブランチ の一つで、ブランチというのは、枝分かれ。 masterは、ここでは、一番太い主たる枝のことを言います。 ちなみに、慎重派は、最初のpushも、master以外のbranchで行うのではないだろうか...。 ここで言う、first pushはこれをイメージしています。 実は、私は初心者なので、知りませんが。 したがって、小さな開発でも、通常、2つのブランチで行い、安定してきたら、それをmasterに取り込む、開発する、安定してきたら、masterに取り込むということの繰り返しで行われると思います。 もちろん、これはあくまで好みの問題です。 masterにテストを兼ねて、雑にcommit コミット 、pushを繰り返す人もいれば、色々です。 ここでいうcommitとは、対象となるブランチ内の変更履歴の作成のことです。 履歴を作成すると、後でそこに戻ることができます。 これもgitというツールの一つの特徴です。 ただし、大きいプロジェクトなどの場合は、これがひとつの機能につき、ブランチが2,3個あったりと、枝分かれが大きくなるのが通常です。 gitというのは、そんなイメージ。 でここまでは、開発というか、始動の話でしたが、バージョン管理ということもあって、枝を自由に移動できるのが、gitというツールの特徴です。 端末出力の選択的インターフェイスです。 便利です。 派生のツールです。 どちらもめちゃくちゃ使ってましたが、pecoはgolang製。 percolはpython製です。 好きな方を使えば良いと思います。 virtualboxは必須。 しかし、この点で言えば、WindowsやMacのVirtualBoxのほうが圧倒的に使いやすいし、安定している。 だけど、例えば、を使うにしても、Macだと、というよくわからないことになるので、間違いなく、Linuxから使うことをおすすめします。 Linuxからだと、virtualbox経由ではないので。 ワードとかエクセルとかです。 を使っている人も多いです。 xclip ですが、Linux X11のデフォルトのクリップボードと簡単に連携することもできます。 xselとかも有名です。 strings バイナリファイルの中身を確認するためのコマンド。 jsonファイルの値を取り出すためのコマンド。 ffmpeg メディアファイルを変換するためのコマンド。 imagemagick 画像ファイルを編集するためのコマンド。 dropbox WANのファイル共有サービスのクライアントアプリ。 fcitx IME spacefm です。 機能は豊富ですが、扱いは難しいです。 ただ、私の場合は、タイル型のデスクトップを利用していますので、統合型 ツリー系 のファイルマネージャーは合っています。 w3m インターネットブラウザです。 テキストベースなので、端末上で起動します。 画像ビューアです。 軽量です。 firefox ブラウザは通常、 firefoxをおすすめします。 私の場合、USBにもArch Linuxを入れて運用していますが、Chromium, Chrome系のブラウザは遅すぎて動きません。 ただ、Chromiumなどは、Webサイトを作る際に、便利な機能があり、その場合は、Chromiumなどをおすすめします。 好みの問題ですが、私は、MacではSafariを使うことをおすすめし、LinuxではFirefoxをおすすめします。 軽量のインターネットブラウザです。 キーボードのみで操作したいのならこれを使うのをおすすめします。 Firefox-Vimperator, Chromium-Vichromeなどの組み合わせよりも順当です。 特定のキーにスクリプトを割り当てるなども可能。 xdotool こちらは、ウィンドウをキー操作するためのツール。 特定のウィンドウに特定のキーを送りつけることができる。 arandr マルチディスプレイを常用している人に便利なアプリ。 設定をスクリプト化してくれる。 pasystray マネージャー。 この前までは、を使っていたのだけど、Bluetoothを使う上では不便だったので乗り換え。 しかし、個人的には、Alsaのほうが好きだなあ。 ちなみに、ボリューム調整は、 pamixerを使うことにしました。 これは、Bluetoothを使うときに便利なツールですが、ほとんどのOSには元からはいってる系統のツールかもしれません。 これは、動画プレイヤーです。 私の場合は、 cvlcで特定のインターフェイスを使用しています。 ちなみに、 rateは再生速度。 5 音楽プレイヤーです。 私は、PulseAudioを使うので、その場合、特別なオプションを設定する必要はあるかもです。 バッテリーの消費がわかります。 一応、残り時間も算出してくれます。 特に、Linuxの場合は、バッテリー消費量が変化してくることもある 激しく劣化の方向で ので、見てみると良いかもしれません。 htop プロセス管理コマンドです。 分かりやすいです。 gthumb 画像ビューアです。 特にディレクトリ指定するときに使用します。 高度な画像編集するときに使います。 メディア系は、のページが参考になります。 軽度な画像編集するときに使います。 maim スクリーンショットです。 handbrack GUIの動画変換ソフトです。 ghbで起動します。 動画関連は、のページ。 sysstat プロセス監視ツールです。 こんな感じで監視します。

次の

Windows10の標準メールは使いにくい!代わりとなるおすすめメーラーソフトのご紹介

おすすめ メーラー

こんにちは、「」編集部のダイゴです。 無料で作れて便利なフリーメールアドレスですが、「有料のメールとは何が違うの?」「フリーメールって結局何を作れば良いの?」などなど便利だからこそ迷ってしまうことがありますよね! メールアドレスは一度作ったら長く使う物ですし、作り替えるのも手間ですから、しっかりと調べて納得できるところでフリーメールアドレスを作りたいという人は多いと思います。 そこで今回の記事では、 人気のフリーメールアドレス15個を徹底比較した上で「フリーメールアドレスと有料アドレスの違い」や「おすすめのフリーメールアドレスTOP5! 」などについて紹介していきます。 フリーメールに関して迷っていることがあるようでしたら必ず参考になります。 少しでも目を通していただければ幸いです。 そもそもフリーメールアドレスとは?有料や使い捨てとの違いを解説! フリーメール アドレス 有料メール アドレス 使い捨てメール アドレス 利用料 無料 有料 無料 信頼性 利用期間 サービス終了まで 利用料を払っている間 1日〜1週間 フリーメールとは、字面の通り無料で使う事ができるメールアドレスのことです。 代表的なサービスとしてgmailやYahooメールなどが挙げられます。 同じくメールアドレスとして、有料メールアドレスや使い捨てメールアドレスがありますが、それぞれ表で示した様な違いがあります。 主な違いは信頼性で、有料メールはわざわざお金を払って契約して使っているため信頼性が高いです。 一方で、使い捨てアドレスは誰でも無料で簡単に作れる上に足が付かないので信頼性が低いです。 フリーメールアドレスは有料アドレスと使い捨てアドレスの良いとこ取りをしたようなアドレスで、ある程度の信頼性がある上に無料で長く使うことができます。 各ポイントごとにパートを区切って解説していくので是非参考にしてくださいね! ポイント1:容量の大きさ フリーメールアドレスの選び方1つ目のポイントは、メールボックスの容量です。 メール1通の容量は平均的に10kB程度です。 ファイルが添付されている場合は10MB〜25MBになることが多いです。 そのため、添付ファイル付きのメールが多い人は100通以上保存すると、ボックスの容量を1GB消費することになります。 メールが100通しか保存できないと考えると、ボックスの容量が1GBでは少し心もとないですよね? 最近では、フリーメールアドレスでもメールボックス容量が10GB以上のものが増えてきているので、 容量が10GB以上あるものを選ぶことをおすすめします。 ポイント2:ドメイン名 フリーメールアドレスの選び方2つ目のポイントは、ドメイン名です。 ドメイン名とは、メールアドレスの@以降の文字列のことです。 人にアドレスを伝えることを考えると、ドメイン名はなるべく短くてわかりやすい方が良いです。 例えば、Gmailの場合「@ジーメール」と言えば誰にでも伝わるのでとても便利ですよね・・・? 逆にoutlookなどは、「 アウトルック」といっても、ドメイン名が複数あるので伝わりません。 そのため、 なるべく短くてわかりやすいドメイン名フリーメールアドレスを選ぶと便利に使うことができます。 ポイント3:アプリの有無 フリーメールアドレスの選び方3つ目は、アプリの有無です。 フリーメールアドレスの中には、専用アプリがリリースされているアドレスが存在します。 専用アプリがあれば、メールボックスの管理がとても快適に行えるので便利です。 さらに、 専用アプリがある=企業が力を入れて運営しているフリーメールアドレスであると判断できます。 そのため、専用アプリがあるフリーメールアドレスはサービス終了となる可能性が低いアドレスであると考えられます。 フリーメールアドレスの一番のリスクは「サービス終了」なので、そのリスクを最低限に抑えることはとても大切です。 無料で作れるおすすめフリーメールアドレス15社一覧を比較! 容量 ドメイン スマホアプリ gmail 15GB gmail. com 有り Yahooメール 10GB yahoo. jp 有り AOLメール 無制限 aol. jp 無し iCloudメール 5GB icloud. com 無し Outlookメール (旧hotmail) 無制限 hotmail. com live. jp outlook. biglobe. jp 無し exciteメール 1GB excite. jp 無し YandexMail 10GB yandex. ru 有り tutanotaMail 1GB tutanota. com 有り ZohoMail 5GB zoho. com 有り vivaldiMail 5GB vivaldi. net 無し mail. com 2GB mail. com 有り protonMail 500MB protonmail. com 有り CookMail 無し cook. li 無制限 disrootMail 1GB disroot. org 無し 比較的日本人の利用者が多いフリーメールアドレス15種類を表で比較してみました…! 多くの人が気にする「容量」「ドメイン名」「アプリの有無」の3つのポイントで比較しています。 こうして比較してみると、各メールサービスの特徴がよくわかりますね!フリーメールの中で特にgmailが人気の理由も良く分かります。 今回の15社比較を参考に、容量やドメイン名から自分に合ったフリーメールサービスを選んで活用してみてくださいね…! 次のパートでは、15社比較した結果を元にオススメのフリーメールアドレスTOP5を紹介していきます。 【ランキングの基準】 今回は、多くの人が気にする 「容量」「ドメイン名」「アプリの有無」の3つのポイントを基準に、おすすめのフリーメールアドレスランキングを組みました…!その他、UIの使いやすさやウイルス対策の有無なども考慮に入れて比較しているので是非参考にしてください。 1位:gmail 開発元 Google 容量 15GB ドメイン gmail. com ウイルス対策 有り スマホアプリ 有り 添付ファイル 25MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 なし 有料プランの有無 あり 備考 — GmailはGoogleが提供するフリーメールサービスです。 Androidが普及した事などから今や誰もが知っているフリーメールサービスですよね。 Gmailの特徴は完全無料のサービスで何アカウントも作れる上に、UIが非常に見易く使いやすいことです。 また、日本国内であれば「@ジーメール」と伝えるだけでドメイン名が伝わるのもとても便利ですよね。 Gmailはやも可能で、機能性も高い点がポイントです。 専用のスマホアプリもリリースされており、性能・使いやすさ・容量のどれをとってもNo1フリーメールサービスと言えます! 2位:Yahooメール(ヤフーメール) 開発元 Yahoo 容量 10GB 有料プランは無制限) ドメイン Yahoo. jp ウイルス対策 有り スマホアプリ 有り 添付ファイル 25MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 — YahooメールはYahooが提供するフリーメールサービスです。 おそらく日本で2番目に多く作られているフリーメールアドレスだと思います。 Yahooメールの特徴は、YahooBBやYahooプレミアムに登録していればメールボックスの容量が無制限になることです…! その他に関してはGmailと比べて若干劣るので、YahooBBやYahooプレミアムに登録している人におすすめできるフリーメールサービスです。 3位:AOLメール 開発元 AOL Asia Limited 容量 無制限 ドメイン aol. jp ウイルス対策 有り スマホアプリ 無し 添付ファイル 16MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 米国のサービス(日本語対応) Aolメールは、一昔前に日本で流行ったフリーメールサービスです。 米国の会社が運営していますが日本語にも対応しています。 Aolメールの一番の特徴は、無料アカウントでもメールボックスの容量が無制限なところです…! 添付ファイルの容量や、UIの利便性などはGmail・Yahooメールに劣ります。 そのため、無料で容量無制限のメールボックスが使いたい人におすすめのサービスです。 4位:iCloudメール 開発元 Apple 容量 5GB ドメイン icloud. com ウイルス対策 有り スマホアプリ 無し 添付ファイル 5GB 取得難易度 取得時間 7分 広告の有無 なし 有料プランの有無 あり 備考 appleIDを作成する必要あり iCloudメールはAppleのAppleIDに紐付いたメールサービスです。 AppleIDを作る必要があるので作成は面倒ですが、 icloudを活用して5GB icloud容量を有料で増やせば無制限)までのファイルをメールに添付することができるのが特徴的です。 無駄な広告も無く使いやすいメールアドレスですし信頼性も高いので、普段からapple製品を使っている人には非常におすすめのメールアドレスです。 5位:Outlookメール 開発元 Microsoft 容量 無制限 ドメイン hotmail. com live. jp outlook. com ウイルス対策 有り スマホアプリ あり 添付ファイル 20MB 取得難易度 取得時間 5分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 — OutlookメールはMicrosoftが提供するメールサービスで、昔はHotmailとしてサービスが提供されていました。 SrfaceやXboxなどのマイクロソフト製製品を持っている人は、Outlookメールを所有しているかと思います。 icloudメールと同様に信頼性は高い上に容量無制限で使えますが、メールボックスに広告が表示されるためランキング5位となりました。 Microsoft製品を普段から活用している人は、Outlookメールをメインアドレスにすると便利なので活用すると良いでしょう! 仕事でもプライベートでもおすすめフリーメールアドレスはgmail Gmailは仕事にもプライベートにも使えるおすすめのNo1フリーメールアドレスです…! 優れたUIに、15GBまで保存できるメールボックス・専用のスマホアプリなど「無料で使っていいの?」と思ってしまう程優れたフリーメールアドレスと言えます。 また、アカウントが何個でも作成可能なので「仕事用」「プライベート用」などと複数のアドレスを作る事ができるのも魅力ですね。 一昔前までは「仕事にフリーメールアドレスなんてあり得ない」と考えられていましたが、最近では仕事でGmailのアドレスを使う人も増えてきたので全く問題ありません。 迷わず「gmail」のアイコンをクリックしてください。 すると、gmailのログイン用ページが表示されます。 画面右上の「アカウントを作成する」ボタンをクリックしましょう。 すると、アカウント作成用の画面に遷移します。 まずは「氏名」「ユーザー名」「パスワード」を求められるので入力しましょう。 ユーザー名はそのままメールアドレスになるので、後悔の無いユーザー名にしてください。 パスワードは忘れない物を入力しましょう! 入力が終わったら、画面下部の「次へ」ボタンをクリックします。 次に、本人確認ようの電話番号とパスワードを忘れたときに連絡するためのメールアドレス・生年月日・性別の入力を求められます。 電話番号はSMSが受け取れる携帯電話の番号が好ましいです。 国際電話識別番号が既に入力されているので、最初の0を省いて「90-0000-0000」の様に入力してください。 また、再設定用のメールアドレスは今使っているメールアドレスか身内のメールアドレスなど必ずいつでもアクセスできるアドレスを入力してください。 入力が終わったら、画面下部の「次へ」ボタンをクリックします。 次に、携帯電話番号を使った本人確認のステップです。 画面下部の「配信ボタン」を押すと、電話番号を入力した携帯電話にSMSが送信されてきます。 このような感じですね!届いたSMSの「G-」以降の番号を次のステップで使用します。 今回の場合は「716382」ですね! それでは、先ほど届いたSMSに書かれている番号を入力していきます。 このように、入力欄にG-以降の番号を入力できたら画面下部の「確認」ボタンをクリックしましょう。 すると「電話番号の活用」と言うステップに入ります。 この設定はメールアドレスを作成してからいくらでも変更できますし、ほとんど使わない機能です。 画面下部の「スキップ」ボタンを押して飛ばしてしまいましょう。 最後に、プライバシーポリシーと利用規約の確認を行います。 表示される文章に目を通せたら、画面最下部の「同意」ボタンを押しましょう。 こちらもチェックしてみてくださいね。 気になる点はチェックしてみてくださいね! Q1.フリーメールって安全なの?危険性は? A.Gmailなら間違いなく安全です。 危険性はないと言い切れるでしょう。 Gmailは大手のGoogleが運営しているフリーメールです。 安心してご利用ください。 Q2.iPhoneなどスマホでも使えるフリーメールはある? A.iPhoneでもGmailが使えるのでおすすめです! Gmailのアプリでも使えますし、iPhone標準のメールアプリにGmailを入れる事も可能です。 Q3.GMOのフリーメールはどうなの? A.GMOで提供しているのはフリーメールではなく、「freeml」というメーリングリストサービスです。 freemlは無料でメーリングリストが運営できたのですが、2019年12月2日にサービス終了となってしまいました…。 Q4.マイクロソフトのフリーメールはどうなの? A.マイクロソフトが提供しているフリーメールは「Outlook」です。 記事中で解説していますので、そちらをご覧ください。 Q5.捨てアドとして使えるおすすめの使い捨てメールはある? A.Gmailを捨てアドとして使っている方も多いです。 アカウント作成が少し面倒ですが、Gmailで問題ないかと思います。 もっと楽に作りたい場合、ドメイン名が怪しくなりますが「」などもおすすめです。 Q6.フリーメールソフトでおすすめは? A.「Thunderbird」や「Becky! 」はOutlookに近い使用感なのでおすすめです。 ブラウザ上で動作するGmailは外部メールを取り込む事も可能で、メールソフトとして使う事もできます。 メールソフトとして使う場合もGmailはおすすめできます! Q7.フリーメールが使えないことってある? A.2020年現在、フリーメールが使えない事はほとんどないでしょう。 会員情報の登録などにフリーメールが使えず、キャリアメール( softbank. jpなど)が必須なサイトも多かったのですが、2017年~2018年頃からフリーメールでも大丈夫なサイトが増えてきました。 2020年1月現在、よくあるサービスでフリーメールを使えないという事はないでしょう。 まとめ 今回紹介したこと• 日本語対応で使い物になるフリーメールアドレスは7種類しかない• 比較するときは「容量」「ドメイン名」「スマホアプリの有無」をチェック• おすすめフリーメールアドレス1位は「Gmail」• おすすめフリーメールアドレス2位は「Yahooメール」• おすすめフリーメールアドレス3位は「Aolメール」 今回の記事では、そもそもフリーメールアドレスとは何なのか?やおすすめのフリーメールアドレスTOP5! について紹介してきました。 記事作成のための調査の結果、比較的日本人が良く使っているフリーメールアドレスは15種類ありました。 その中でも、ほとんどの人がGmailを活用しているのが実情です。 15種類のフリーメールアドレスを比較した結果も、 最もおすすめできるフリーメールアドレスはGmailでした。 フリーメールアドレス選びに迷ったら、とりあえずGmailを選んでおけば失敗することは無いと言えそうです!.

次の