デュエル リンクス サイバー エンジェル。 デュエルリンクス・「サイバー・エンジェル」強化イベント実施!?

遊戯王カードWiki

デュエル リンクス サイバー エンジェル

そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。 デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。 このテーマのキーカード。 リリースされた場合に光天使のサーチ。 他の機械天使を持ってくるも良し、「大天使クリスティア」の様な置物をサーチするも良し、「創造の代行者ヴィーナス」のように大量展開の初動を持ってくることも出来ます。 場にいるときの効果は、モンスター戦闘破壊時に破壊したモンスターの守備力分のダメージを相手に与える効果。 の使用する「フレイム」が破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを与えるのに対してこちらは守備力分ではあるが、 十代を意識したような効果でエモい。 相手は自身のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。 そのカードを手札に加える。 GX内最強のサイバーガール。 召喚時に相手依存ながらあらゆる耐性を貫通する墓地送り、儀式モンスターに守備貫通を与え、エンドフェイズにはリソース確保とやり手すぎるぞ。 相手は自身のフィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送らなければならない。 このカードはもう1度だけ続けて相手モンスターに攻撃できる。 自分の墓地の儀式モンスター1体を選んでデッキに戻し、相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 魔法罠版・荼吉尼効果に対象にとる効果に対し妨害を張れる。 自身は連パン効果持ち。 構築の型 サイバーエンジェルには大きく分けて4種類の構築の型があると私は考えています。 ナーサテイヤ型 3. ビシュヌ型 4. バランス重視型 それぞれ軽く紹介していくと、 1. 「美朱濡」の召喚時効果で相手盤面を崩壊させつつ、後手ワンキルを狙う。 破壊代替効果持ちが多い環境では厳しいものがあるが、アニメARC-V再現でアツい。 「十二獣」環境がこの型の一番の活躍どころだったはずが、十二メタの「次元障壁」でれてた。 尖っていない分爆発力はないが、リソース管理の難しい儀式デッキの中では安定感をみせる。 上記デッキタイプの中では最も「儀式魔人」モンスターを組み込み易いため、競技志向で行くならば儀式魔人がカギになる。 構築について メインのパンクラは先で儀式する際に高レベルなことが良い点と罠ビ後手で強い、勅命に屈しない点を評価。 でも公認大会や外部大会で使う際には「朱光の宣告者」か「灰流うらら」のほうが良いと思います。 パーデククリス型ですが、荼吉尼はパーデクに添えると毎ターン1妨害分のコストを拾えるので採用が望ましいでしょう。 1枚採用でも良かったなと思いました。 アルミラージはNSしたを墓地に送ることで墓地天使数の調整を行うために採用。 チャーチや重葬の絡むアドリブ展開が結構あったので使いやすかったです。 まぁ転生2いたし踏んだんで駄目でした。 ちなみにロンギヌスは光天使なので弁天でサーチ出来ます、 上手ぶっていけ。 拮抗は罠ビに叩きつけるのに一番強いので。 の書はボーダー、超雷龍等強力な置物に対して打てること、更にサークル内に「儀式魔人リリーサー」を使用するプレイヤーが要るため、無限泡影や精神操作では意味をなさないのでこれに。 月書じゃないのはに打てるのもあるけど、影霊衣環境のマンジュへのヴェーラーを皆既で交わしつつ相手のリリクラ超える奴をやりたかったので皆既にしました、 上手ぶっていけ。 タイフーンはPと魔法族の里メタ。 超電磁タートルは世界で一番強いカードです。 バイバイタートル!バイバイタートル! 今回不採用だった主なカード 強欲で金満な壺 2ドローは魅力的だが、墓地4天使を調整するためにEXデッキに複数種類のモンスターを入れたいこと、それとは別に対応力を上げるためのモンスターも入れたかったため、不採用。 魔神儀モンスター エクストラを使っての墓地4天使調整がし辛くなると思い、不採用。 古聖戴サウ チャーチでサーチできてあらゆる対象をとる捲りを手札から止めてくれる。 手札の天使数に関係なくパーデククリスの構えに穴をこじ開けてくる「ブレイクスルー・スキル」の墓地効果を止めてくれます。 環境次第では投入が十分考えられると思います。 クリスティア建ってるんだから嘆きかもしれないですが、他のデッキで4枚スタートならもっとマシな盤面出来る気がします。 但し、影霊衣ギミックを入れる分、デッキ内の天使族の割合が下がること、後手用に荼吉尼を採用したことから今回は採用を見送りましたが、基本的には入れたほうが良いと思います。 5枚スタートと言っても、1,2の展開でも言えることですが、「儀式の下準備」、「儀式の準備」、「おろかな重葬」、「マンジュ・ゴッド」、「サイバー・プチ・エンジェル」らサーチカードもダブらなければ任意の1枚になるので、このデッキを使う際には覚える必要のある展開になります。 この展開の為に生きてる。 弁天パーデク 弁天韋駄天 弁天韋駄天 プチ、トレミス 弁天プチ荼吉尼 クリスティア 場合 トレミス荼吉尼パーデククリス 手札天使2 初手に機械天使の儀式が無い場合、サーチャーNSスタートの際にはプチorマンジュの出すところが変わりますが、パーデククリスです。 サークル大会レポ では、一応サークル大会のレポを書き残します。 2本目 後攻グダっての構えがで抜かれて畳み。 2本目 ロアー大捕りをパンクラで捌くも勅命、Lemon 米津玄師 の出だし状態、、クェッ。 3本目 うらら泡でマンジュエンド、返しにもう一発うららで負け。 2本目 噛み合って行けそうだったのに紫毒強すぎてfin。 素引きが絶対儀式じゃなくて機械天使の儀式ならワンチャンあった。 2本目 先攻LANフォリンクスタイガータイギャラされるも手札が荼吉尼、マンジュ、準備、準備、皆既、拮抗でボコボコにして勝ち、申し訳ないくらいの猿ハンで草。 結果3-1も階段あったりしてオポ破壊されてて入賞を逃す。 パーデククリス三回、クリス単騎一回だったので強かったんじゃないでしょうか、 ダイス強かっただけ。

次の

【遊戯王デュエルリンクス】「天上院明日香」の解放条件とドロップスキル&カード一覧

デュエル リンクス サイバー エンジェル

機械天使デッキに採用される3種の儀式モンスター サイバー・エンジェル-荼吉尼- サイバー・エンジェル-荼吉尼- サイバーエンジェルキニ 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 儀式モンスター 効果モンスター 8 天使族 2700 2400 「機械天使の儀式」により降臨。 1 :このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 相手は自分のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。 2 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の儀式モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。 3 :自分エンドフェイズに自分の墓地の、儀式モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 入手可 SR 収録 略号連番 発売日 レアリティ コレクターズパック-閃光の決闘者編- CPF1-JP014 2016年05月14日 Super• レベル8儀式モンスター• サイバー・エンジェル儀式モンスターの中で 攻撃力が突出している• 光属性 【注意】「エネミー・コントローラー」で奪われると、発動した前半の効果により自身が墓地に送られます。 サイバー・エンジェル-弁天- サイバー・エンジェル-弁天- サイバーエンジェルベンテン 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 儀式モンスター 効果モンスター 6 天使族 1800 1500 「機械天使の儀式」により降臨。 1 :このカードが戦闘でモンスターを破壊し、墓地へ送った場合に発動する。 そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。 2 :このカードがリリースされた場合に発動できる。 デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 入手可 R 収録 略号連番 発売日 レアリティ コレクターズパック-閃光の決闘者編- CPF1-JP012 2016年05月14日 Normal• レベル6儀式モンスター• ラヴァゴーレムにリリースされても効果発動できる• 「場合」の任意効果なのでタイミングを逃さない• 光属性 サイバー・エンジェル-韋駄天- サイバー・エンジェル-韋駄天- サイバーエンジェルイダテン 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 儀式モンスター 効果モンスター 6 天使族 1600 2000 「機械天使の儀式」により降臨。 1 :このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。 2 :このカードがリリースされた場合に発動できる。 自分フィールドの全ての儀式モンスターの攻撃力・守備力は1000アップする。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 天上院明日香 レベルアップ報酬一覧 11 入手可 R 収録 略号連番 発売日 レアリティ コレクターズパック-閃光の決闘者編- CPF1-JP013 2016年05月14日 Normal• レベル6儀式モンスター• リリースされることで攻撃力1000アップさせる• ラヴァゴーレムにリリースされても効果発動できる• 光属性 名前を覚えにくいですが、それぞれ優秀な効果を持つ儀式モンスターです。 「センジュ・ゴッド」のようなサーチカードによって 戦況に応じて選択的に手札に加えることで、柔軟かつ安定したプレイングを可能にします。 とりわけ破壊効果と墓地回収の効果を持つ「サイバー・エンジェル-荼吉尼-」(ダキニ)は優秀ですが、レベル8なので、別の「サイバー・エンジェル-荼吉尼-」が手札に無い場合は2体以上のリリースを要求される点に注意が必要です。 儀式魔法「機械天使の儀式」の防御効果も優秀 機械天使の儀式 キカイテンシノギシキ 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 儀式魔法 - - - - - 「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要。 1 :レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 2 :自分フィールドの光属性モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 入手可 R 天上院明日香 レベルアップ報酬一覧 3 入手可 R 収録 略号連番 発売日 レアリティ コレクターズパック-閃光の決闘者編- CPF1-JP015 2016年05月14日 Normal 通常の儀式魔法カードは使い捨てですが、「機械天使の儀式」は墓地に落ちた後でも「自分フィールドの光属性モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる」という防御効果を持ちます。 「サイバー・エンジェル-荼吉尼-」は打点2700あるのであまり必要に迫られませんが、弁天と-韋駄天-は打点が2000以下と低いため重宝します。 なぜ機械天使デッキは安定しているか? 機械天使の 抜群の安定性を生み出す、サーチ、回収カードをご紹介します。 サイバー・プチ・エンジェルによる抜群のサーチ能力 サイバー・プチ・エンジェル 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 効果モンスター 2 天使族 300 200 「サイバー・プチ・エンジェル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「サイバー・エンジェル」モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を手札に加える。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 天上院明日香 レベルアップ報酬一覧 11 入手可 R 収録 略号連番 発売日 レアリティ コレクターズパック-閃光の決闘者編- CPF1-JP011 2016年05月14日 Normal 召喚するだけでデッキからサイバー・エンジェル儀式モンスターをサーチする効果を持つカードです。 戦況に応じてサイバー・エンジェルを選択的に手札に加えることが出来るので大変便利。 儀式召喚デッキは召喚権が残りやすいので、その点でも兼ね合いが良いカードです。 召喚して効果を発動してから儀式のリリース要員にするのも有効です。 さらに、儀式モンスターだけでなく「機械天使の儀式」のサーチも可能なため、「センジュ・ゴッド」より採用優先度は高いカードです。 センジュ・ゴッドとソニックバードの存在 儀式デッキといえばほぼ100%採用される「センジュ・ゴッド」「ソニック・バード」といったカードとも抜群に相性が良いです。 特に「センジュ・ゴッド」は可能であれば3枚採用しておきたいですね。 もちろん、その場合でも「サイバー・プチ・エンジェル」をフル採用しておくことによって、かなりの安定感を得ることができます。 サイバー・エンジェル-弁天-のサーチ能力 「サイバー・プチ・エンジェル」「センジュ・ゴッド」だけでもかなり安定性が高くなりますが、「サイバー・エンジェル-弁天-」を儀式リリースに絡めることによりサイバー・エンジェル儀式モンスターを手札に加えることが可能です。 「サイバー・エンジェル-弁天-」はレベル6なので、同名カードの儀式召喚や「サイバー・エンジェル-韋駄天-」のリリース要員としても活躍するため、非常に重宝します。 サイバー・エンジェル-韋駄天-のサーチ能力 「 サイバー・エンジェル-韋駄天-」も儀式召喚に成功した時点でデッキ・墓地から儀式魔法カードをサーチできるカードです。 このカードは儀式モンスターをサーチできないため、サーチ能力としては3儀式モンスターの中で一番劣っていると言えます。 が、出すだけで手札に儀式パーツが揃うのに変わりなく、その上リリースに使えば攻撃力を1000も上げてくれるカードということで非常に有用です。 サイバー・エンジェル-荼吉尼-の儀式魔法回収効果 「サイバー・プチ・エンジェル」「センジュ・ゴッド」に加え「サイバー・エンジェル-弁天-」のサーチ効果がある機械天使デッキですが、それに加え切り札「 サイバー・エンジェル-荼吉尼- サイバーエンジェルキニ 」にも儀式魔法回収効果があります。 自分のエンドフェイズ毎に墓地の儀式モンスターか儀式魔法カードを回収する効果があるため、デュエル後半戦でスタミナ切れしがちな儀式デッキの弱点を克服できます。 初動の展開力が抜群に高い。 スタミナも切れにくい。 上記サーチカードを柔軟に使うことによって、手札をどんどん増やしつつフィールドに上級儀式モンスターを展開することが可能です。 1ターン目で2体以上の儀式モンスターを揃えることも可能です。 特に後攻は手札5枚スタートということもあり展開しやすいです。 一見火力が低いモンスターが多く貧弱にも見えますが、「サイバー・エンジェル-韋駄天-」を適宜サーチして儀式リリースにするだけで打点が一気に上昇するため、相手のレッドアイズをパワーで押し切ることも十分可能です。 さらに中盤戦~後半戦においてもスタミナ切れしにくいです。 例えば「機械天使の絶対儀式」というカードもあり、こちらも合わせて採用しておけば墓地のモンスターを使って「サイバー・エンジェル」儀式モンスターを展開できるので便利です。 パーツがデッキに戻るので、「センジュ・ゴッド」などを召喚しつつ繰り返しアドバンテージを取り続けることができるデッキというわけですね。 各儀式モンスターの採用バランスをどうするか 機械天使デッキを組む上で課題になるのは、3種類の儀式モンスターをどのようなバランスでデッキ投入するかという点です。 以下のようなバランスが安定していて良いと思います。 サイバー・エンジェル-荼吉尼-は2枚• サイバー・エンジェル-韋駄天-は1枚• サイバー・エンジェル-弁天-は3枚 「サイバー・エンジェル-荼吉尼- サイバーエンジェルキニ 」をピンで刺す人もいますが、ルキニの儀式召喚にルキニを使えればリリース要員を節約できるので便利なので2枚投入がオススメです。 「サイバー・エンジェル-弁天-」はデッキを安定させるのに必要なカードなので3枚ほしいところ。 打点も1800なので前半のアタッカーとしては十分仕事してくれます。 「 サイバー・エンジェル-韋駄天-」は弁天の打点を2800まで爆アゲしてくれるカードなので、最低1枚は欲しい。 火力が欲しいと思ったタイミングでサーチして使うことが可能になるため1枚あるだけでかなり戦略の幅が広がります。 しかし、サイバー・エンジェルデッキは儀式魔法のサーチは結構「サイバー・プチ・エンジェル」だけで足りるので、リリース要員としても使える儀式モンスターをサーチできない「 サイバー・エンジェル-韋駄天-」は他の儀式モンスターよりは採用優先度が下がります。 安定性を重視した場合 サクリファイス登場以来ひさびさ!儀式デッキがTOP環境入り 儀式モンスターは消費が激しすぎるので、「サクリファイス」のような軽量儀式モンスターでなければなかなか活躍できませんでしたが、機械天使デッキは消費が激しいもののサーチ・回収能力が非常に高いため安定したプレイングが可能です。 先手から儀式モンスターを2体並べることも十分可能です。 そんなわけで機械デッキはすでに環境で活躍しているわけですが、複数儀式を行うことを活かした「輝神鳥ヴェーヌ キシンチョウヴェーヌ 」採用型のデッキもあるようですね。 構築難易度は高いものの、これは頑張って組んでみたくなりますね! この記事を評価する.

次の

デュエルリンクス カオスネオス機械天使サイバー・エンジェル伊舎那デッキ!!!

デュエル リンクス サイバー エンジェル

遊戯王デュエルリンクス 2018. 07 渡瀬公一(わたせこういち) 【デュエルリンクス】荼吉尼の墓地へ送る効果では竜の尖兵の効果は発動できない理由 遊戯王デュエルリンクスでモンスターカード「竜の尖兵」をよく使います。 相手の効果で竜の尖兵が墓地に送られた時に墓地からドラゴン族モンスターを特殊召喚できるので尖兵の効果で墓地に送ったブルーアイズを召喚しています。 相手の効果で墓地に送られた時なので人喰い虫のようなモンスター効果で破壊された時にも発動できます。 ただ、サイバーエンジェル荼吉尼の効果で墓地に送られた時は竜の尖兵の効果は発動しないようです。 竜の尖兵の効果が破壊されたなら分かるのですが、墓地に送られたなのに発動できません。 どうしてなのでしょうか。 もう一度、荼吉尼と竜の尖兵の効果を確認してみましょう。 荼吉尼の墓地へ送る効果は荼吉尼の効果という扱いにはならないらしい 【竜の尖兵の効果(一部抜粋)】 フィールド上のこのカードが相手の効果によって墓地へ送られた時、自分または相手の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を選択して特殊召喚できる。 【サイバー・エンジェルー荼吉尼ーの効果(一部抜粋)】 このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 相手は自身のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。 と、なっています。 一見、墓地へ送る効果なので竜の尖兵の効果が発動しそうな気がするのですが、この「相手は自身のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。 」という言葉がミソらしいですね。 相手(竜の尖兵側)が自分の行動で墓地に送るから竜の尖兵の効果は発動しないそうです。 あくまでも相手が送るわけであって、荼吉尼の効果で送るわけじゃないんです。 あなたが送ったんだから相手の効果で発動する竜の尖兵の効果は発動しないよね。 という理由になるのだとか。 へ?なんだよ。 もう訳が分かりませんね。 まぁ、確かに荼吉尼のコントローラー側が墓地に送るモンスターを指定してるわけではありません。 墓地に送るモンスターを選んでるのは尖兵側です。 この辺が遊戯王というかカードゲームの効果の難しいところです。 デュエルリンクスのように自動で処理されるから大丈夫ですが、実際のカードで友達と遊んでいたら間違えますよね。 でも納得いかないですよね。 青竜の召喚士の効果は荼吉尼の効果でも発動できるのはなぜ? 青竜の召喚士の効果は発動できるんですよ。 これも墓地に送られたら発動なのに。 でも、これも効果説明をよく見ると竜の尖兵とは少し違うんです。 【青竜の召喚士の効果】 このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキからドラゴン族・戦士族・魔法使い族の通常モンスター1体を手札に加える。 フィールドから墓地へ送られた場合に発動と書かれています。 竜の尖兵の場合は相手の効果によって墓地へ送られた場合です。 つまり青竜の召喚士の場合は自分の効果でも適用されるというわけです。 その証拠にアドバンス召喚で生贄としてリリースした場合も発動できますよね。 逆に竜の尖兵だと無理です。 相手の効果ではないので当たり前ですが。 こんな感じで一見、同じように見える効果でも全然違っていたりします。 遊戯王って難しいですね。 ホント、デュエルリンクスのアプリじゃないと私はルールを把握できないと思います。 しかし、荼吉尼は制限されたとはいえ効果が強すぎませんかねー。。。 エネコンくらいしか対策がないですし。 【関連記事】•

次の