文鳥 メス。 文鳥のオスメスの見分け方。文鳥の性別を見極めよう

文鳥が死んだのは何故? メスのシナモン文鳥が一昨日死にました。3年7

文鳥 メス

文鳥の卵 メスの文鳥は発情すると産卵します。 産卵は成長のあかしであり、自然の摂理でもあります。 個体差はありますが、文鳥は一般的に生後半年くらいで産卵可能な成鳥に育ち、5歳くらいまで産卵します。 産卵時期は9月~翌5月くらいで、寒くなると繁殖の季節を迎えます。 平均して1週間ほどで計5~6個、1日約1個のペースで産卵します。 文鳥は1羽で飼っていても、飼い主やおもちゃなどに発情して無精卵を産むことがあります。 一方で、オスとメスのペアで飼っている場合でも、相性が悪いと産んだ卵が無精卵であることがあります。 相性がいいペアは発情期になると頻繁に交尾し、有精卵を産みます。 メスは体内に精子を保存できる器官があり、卵巣から送り出される卵子を一つずつ授精させながら産卵していきます。 産んだ卵が無精卵もしくは有精卵であっても、メスにとって産卵はカラダに大きな負担がかかる行為であり、「卵詰まり」という命に関わる病気の原因となる場合もあります。 繁殖を前提としてペアで飼育している場合にはおめでたい出来事ですが、文鳥の健康を保つために、無精卵はなるべく産ませないようにすることが大切です。 文鳥にとって無精卵を産むことによるメリットは、何もありません。 出典 無精卵の場合 1羽飼いのメスが産む卵は、ふ化することがない無精卵です。 産卵後すぐに抱卵が始まりますが、この時に卵を取りあげてしまうと、不足分の卵を補充しようとしてさらに産卵することがあります。 産卵数の増加は文鳥のカラダにさらなる負荷をかけることになるため、無精卵を見つけた場合は、そのまま何もせずに放置しましょう。 文鳥は卵が17日前後を経てもふ化しないと、抱卵をやめるため、そうなったら無精卵を取り上げても大丈夫です。 抱卵中の無精卵は腐敗が進むので、衛生面で気になるようなら、ショップで販売している偽物の卵「偽卵」を入手し、本物の卵とすり替えておく方法もあります。 偽卵を温める文鳥の姿を見ると心が痛みますが、気が済むまで抱卵させるのも文鳥のためです。 産卵によるリスクを避けるためには、最初から産卵させない工夫をすることも重要です。 文鳥は発情しなければ産卵しないので、日頃の生活環境からメスの発情の原因を取り除きましょう。 発情の要因としては、以下のようなものが挙げられます。 過度なスキンシップは控えることや、気温は一定にせず、ある程度の気温変化から季節感を感じさせるようにすることも大事です。 部屋を明るくすることも対策に繋がりますので、一日11~12時間以上暗くしないようにしてください。 また、ケージ内に壺巣やおもちゃを置くと、繁殖の気分を起こしてしまいますので、これらを置くことは避けましょう。 出典 有精卵の場合 繁殖を前提にペアで飼育している場合は、ケージ内に壺巣を用意しておきます。 壺巣があるとメスは発情しやすくなり、産卵場所としても壺巣は最適です。 産卵後はオスとメスが交代で抱卵します。 前述のとおり抱卵してから17日前後で雛がふ化しますが、その間に飼い主ができることは、いつもよりカルシウムとビタミンが豊富なエサと水を用意することくらいです。 壺巣の中を飼い主が頻繁に覗いたり、卵に触れたりすることは、文鳥にとって大きなストレスとなります。 また、卵には無精卵と有精卵が混在していることがあり、1週間ほど経つと卵の中に血管が形成されて検卵が可能になります。 飼い主としては巣の中の様子を見たい、検卵して無精卵があったら取り除きたい、という気持ちになりますが、卵に触れると文鳥が抱卵をやめてしまうことがあります。 エサと水のお世話以外は手を出さず、静かに見守ってあげましょう。 ふ化した雛には、親鳥がエサを吐き戻して食べさせます。 そのため、親鳥に与えるエサの量は、普段より増やす必要があります。 主食のほか、小松菜や豆苗などの青菜類やアワ玉も与えましょう。 ただし、太り気味の文鳥はアワ玉は避けた方がいいので、要注意です。 有精卵であっても無精卵であっても、産卵は文鳥のメスにとって命がけの作業です。 産卵時にかかりやすい病気、「卵詰まり」にも要注意。 お尻のあたりが膨らんでいたり、エサを食べずに水ばかり飲んだりしている時は、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

次の

文鳥の鳴き声の種類からわかる感情と気持ち【11項目】

文鳥 メス

文鳥のオスとメスの見分け方、雌雄判別 見分けるのはプロでも難しいようです。 ペットショップの店員さんがオスだろう。。 といった文鳥は二匹ともメスでした。 オスとメス、別々に売られているショップでも、間違いがあったらお取り替えします。 と買いてありました。 おかしい話です。 自分が飼っている文鳥がオスなのかメスなのか、さっぱり分かりませんでした。 あるとき、卵を生んだのでわかりました。 あと、オスは成熟すると、さえずり(囀り)といって、ぴーーーひょろひょろひょろ、、ぴーぴーぴー、、、、、とエンドレスに繰り返しています。 メスは明らかにそういう鳴き方はしません。 ピー!ぴー!ぴっ!でした。 嘴が赤い方がオスと言われています。 オスとメスで比較すれば確かに色が濃いですが、単体では分かりません。 オスとメスは行動で見分けるのがベストだと思います。 オスの行動の特徴 オスは好奇心旺盛、特に外のことに対して興味があるようで常に外へ出ようとしています。 また、最大の特徴である囀り(さえずり)という行動をとります。 これは求愛行動だと言われていますが、オスだけが長い間、よく鳴きます。 決してここちよい、小鳥のような声とは違います。 いわゆる「ホーホケキョ」というやつと一緒の原理ですが、生息地が違うため、得てして、国内の野鳥のような 声とは違います。 なにか、南の島の鳥は色は派手ですが、鳴き声は大きくてどぎつい感じのものが多いような気がします。 寒い地方のほうがここちよい鳴き声の鳥がいるようです。 みんながうるさいから騒がしくなったのでしょう。 熱帯雨林のジャングルなんて騒がしくて仕方がありません。 しかし、日本の森は静かで怖ささえあります。 音をすべて吸収してほとんど、何も聞こえない、鳥の声がひときわ目立ちます。 それに鳥に対して天敵の猛禽類は圧倒的に少く、森の中では小鳥などは、ほとんど目立ちませんので気にせず、鳴いていられるのでしょう。 あとは、くちばしが気持ち太いかな、ということと、 くちばしが気持ち赤いかなという程度です。 これらは並べてみないと分からないくらいです。 また、変化しますので分かりません。 メスの行動の特徴 メスは鳴きません。 鳴きますが、単発で鳴く感じです。 また、鳴き続ける時も、短い鳴き声を続けて何回も鳴らしている感じです。 とにかく、うるさい声で鳴けるのですが、オスは長い鳴き声であるのに対し、メスは短く、叫ぶような鳴き声を単発でだします。 鳥同士ではメスも会話のような感じのことをしています。 2匹いれば、片方が鳴いて、片方が答える、これは、メスの短い鳴き声でも可能なようです。 この場合、メスのケージを2匹ならべて飼育しているような場合は、互いに呼び合っています。 また、人を呼ぶ事があります。 人というよりは仲間を呼ぶのですが、メスを二匹飼育していて、一匹が姿が見えないところへ移動すると、とにかく、呼びまくります。 これは迷子になった子供のようにものすごい勢いで、泣き続けます。 泣き叫ぶという表現が適切です。 ほんとうにどういうわけか、1匹はじめに飼ったのがメスの文鳥だったのですが、いきなり、1匹でいることが不安なようでした。 人が仲間だと思っていて、人が視界から見えなくなると、ギャーギャーとなくような感じで、さらには朝も起きる前から早く起きろ、となき続けました。 これは個体差もあるのですが、 とにかく、人が家に居なければ鳴かないのですが、同じ家に居て姿が見えないと、トイレへいっている時でさえ鳴き続けます。 これにはさすがにたまらないと思い、もう1匹をかってきました。 しかし、同じケージだと喧嘩するのです。 ものすごい勢いで喧嘩します。 生命のリスクもあるかと思い、ケージを2つ買いました。 これで並べて飼育すると、今度は仲間がいるからか、安心して人が居なくても鳴かなくなりました。 そして、餌を食べる時には2匹でピーピーと会話をしているのです。 片方が呼べば片方がすぐに答える。 こんな仲良しなのに、近すぎると喧嘩するのです。 ケージの感覚がいつもより近いだけで大げんかです。 それは、ものすごいけたたましい声で連続して威嚇する鳴き方をします。 一体、なんなんだ、、このわがままな鳥は。。 という感じです。 正確としては、温和ということはないのですが、どうも、新聞紙などをちぎっては集める、巣作りをするような行動が多く、比較的、 ケージの中で座ったり、自分の空間を作るような意識のようです。 そのため、自分の巣に入ってくるのは勘弁してくれということなのでしょうか。。。

次の

もしかして発情してる!?文鳥の発情期で気をつけるべき事

文鳥 メス

文鳥のメスが発情期になったようです。 皆さんはしっぽを振ってきたらどうしてますか? いつもお世話になっています。 うちの生後約7カ月のメス文鳥が発情期になったようです。 放鳥して手にのるとプルプルしっぽを振ってきます。 気を紛らわせようと声をかけたり、移動させたりしてみるのですが気に入っている場所(カーテンの上など暗いところ)に戻ります。 カゴに入れている間もふだんより鳴いています。 「出して~」のような訴えかけるような鳴き方です。 (キャン!キャン!と聞こえる・・)放鳥は朝と夜40分くらいずつ、家にいるときは昼間も30分~1時間くらい出すようにしています。 わかっていたことですが、いざ発情期になったのを見ると何もしてあげられないのかなと・・・しっぽプルプルのときもこちらをじっと見つめてくるのでなんだかかわいそうになってしまって・・・。 まだ11月、こんなのが来年までずっと続くのでしょうか? メス文鳥さん飼ってらっしゃる方、どのように過ごされてますか?おしえてください。 発情がひどいのであれば、少し放鳥を控えた方がいいですよ。 通常の飼い方で考えると、一日に一回で十分ですよ。 (30分~1時間) ただ中には、ほとんど一日中放鳥している方もいますが、その場合も一日に何回も出したり、戻したりではなく、朝だして夕方まで出しぱっなしという感じです。 一日三回出しては、戻すを続けると、本来鳥は、(今日も籠から出してくれた)と喜ぶのですが、どちらかというと(籠に入れられた)と、放鳥の生活がメインで考える様になると思いますよ。 ですので、毎日同じ時間に、決めた時間出してあげる方がいいかと思います。 最初は甘えて、鳴いたりするかと思いますが、発情と今後の事を考えると、放鳥を抑えていかれた方がいいかと思います。 ちなみに私は、毎日夜1時間位だしています。 複数羽いるので、3グループにわけて、3時間費やしています。

次の