リゼロ 高設定。 リゼロ スロット 天井 設定判別 フリーズ 打ち方 カスタム 解析

リゼロ スロット 天井 設定判別 フリーズ 打ち方 カスタム 解析

リゼロ 高設定

Contents• そしてミツボシ祖師谷へ 辿り着いたのは小田急線で新宿から20分ほどの祖師谷大蔵。 正義の象徴であるウルトラマンの像 そして国家権力である警察官が駐在する交番の目の前で 何故か3点方式を黙認され続ける謎の存在、 ミツボシ祖師谷店へ到着です。 抽選は運良く30番前半を引きなんとかリゼロが座れる番号かと安堵しながら再整列していると… 『本日はご来店ありがとうございます。 』 『本日はリゼロの日ということで、こちらから始めていただければなと思います!』 『入場も、まずリゼロの島まで進んでいただいてからの入店とさせていただきます!』 『こんな煽り方する店舗、都内にまだ存在したのか。 』 と思ったら僕なのでした。 いざリゼロへ 狙いは勿論エミリアパネルだけど取れるかなぁとか思っていましたが余裕で空いてたわろた。 そして僕は二台目のリゼロを掘るのであった…。 念願の… 島1かつ複数あたりがある島もありそうということで 朝一A天から完走してやめられてる台以外はロクなのがなかったので渋々それをシバきました。 無念の550抜け A天ですか、そうですか…泣 あんなに煽っといて、これも設定1かよ…とうなだれながらA天を目指していた。 その時ッ! A天間際で死んだかと思ったらフリーズを引く世界線に移動して一躍プラ転をキメた件www こんなん完全になろう系の主人公やん… そんなこんなで天井間際に約20万分の1と言われるフリーズを引き 完走確定 その演出としてアニメの1話から最終話までのダイジェストを堪能して 無論即やめです。 笑 その後、ハッピージャグラーの6っぽいのが空いたんで後ツモ〜とか言ったら本当に6っぽくて更にわろた。 この日ばかりはなろう系主人公ばりの引きしてました。 なんか250で全然当たんないしb天は行くしATはそこそこ強いしで もしかしたらこれが伝説の設定5か??? と、思ったんですけど真相は不明です。 ハッピーの方も珍しく、ぶどう良しチェリーレグも良しと久しぶりに良さジャグって感じでしたね。 昔はメインATに設定4を多用しつつ6もあるかもねくらいの配分でしたが、この日は機種1で6ありって感じで抽選人数 2桁半ば と店の規模に対してはかなり頑張ってた印象があります。 【リゼロ】 煽りの割にリゼロが弱い いやね、開店前に通報もんの煽りした割に弱すぎでしょ。 ちなみに打ってる最中に 『今日、思ったより出せなかったんで明日もリゼロ頑張ります。 』 と、耳打ち示唆あり。 翌日データ見ましたが大したことありませんでした 完 まぁ昔からそういう感じのお店だった気もします そのうち通報されて営業停止になるでしょう。 【絆】 こちらもハーフ456の設定6は1台って配分だった説はあります。 朝一リゼロではなく絆行かれてた方もいた気がしますので、普段のイベはここから最初に埋まるのかなと思いました。 【ディスクアップ】 謎の強さを見せていて不気味でした。 【まどマギ叛逆】 朝から粘ってる台が6っぽかったかな? あまり見れてないので内容まではわかりません。 【マイジャグ】 535はこぜ6感。 【ハッピー】 ハッピーはツール上でも6っぽかったです。 総括すると ・ リゼロ 6っぽいのは1. ・メイン機種1〜2で6っぽい ・ジャグも機種1 これであの抽選人数で、かなりの人がリゼロの判別終えて退店していたので後ツモも効きました。 ただ、店舗の規模が小さいので店の中うろついてると目立つしこれ以上人が増えると旨味は減るかな…。 予定が合って、他に行く店も特にないかなって方が1人で遊びに行く分にはいいお店だと思いました こなみ では今日はこの辺で・・・。

次の

リゼロ スロット|設定4と6の挙動の違いとは?判別方法を徹底解説

リゼロ 高設定

もくじ• 実践 まずは設定6を打った時の 台選びと台の挙動を実践記事で紹介します。 台選びについて この日狙ったのはリゼロが全12台あるホールです。 普段から高設定挙動を示している台が 毎日1台以上あるのを確認しており、狙い台を絞れた日に稼働しました。 このホールは台の位置による設定の強弱はなく、また高設定の据え置きもほとんど見られません。 前日稼働の少ない台に入れるというようなこともないため、順繰りに高設定を使っているのだと思われます。 私はよくこのホールの設定状況を確認しに行くので、 いつどの台に高設定が使用されていたのかを把握しています。 今回の稼働日の前々日に、長らく(と言っても12、13日くらい) 設定の入っていない台が2台ありました。 そろそろこの辺の台に設定が入る頃合いかと思い、次の日も確認しに行ったところ、 注目していた台の1台に高設定が使われました。 私の注目していた台の1台に高設定が使われたことで、 次に入るのは順番で行くと残ったもう一方の台である可能性が高くなったので狙ってみることにしました。 台の挙動 これが正解だったらしく、バリバリの 高設定挙動! まずは大事な朝一CZ当選ゲーム数。 ここでいきなりA天井に連れて行かれてはかなり自信を無くします。 これが一番嬉しい256以内の239ゲーム。 撃破率が最初から60%であることに喜びながら、 絶対に勝って欲しいCZで まさかの負け。 高設定はCZでの勝率がほんとに高いのでこの負けはかなりきついです。 といっても高設定でもCZの負けは当然ありますし、この日の狙い台は少し自信があったので当然続行です。 そしてこのCZ後は コンビニステージ非経由でひざまくらレムが出現。 選択されているモードは問題なさそうで、次のCZが239ゲーム。 ここは普通に突破してATを63ゲーム消化。 またしてもコンビニは非経由で温泉ステージ終了後、 パックさんの SSSRが出現。 周りの状況からも高設定だという可能性が非常に高くなってきました。 次の当たりも250ゲームで当選。 しかも直撃。 AT65ゲームを消化して、コンビニ非経由。 次も早い244ゲームでCZ当選。 このCZは負けて一瞬不安になりましたが、他の状況は問題なかったので、迷うことなく続行。 ここでゲーム数的にも有利区間がリセットコンビニステージへ移行。 そこからは浅いゲーム数でのCZ当選連発&直撃込みのCZ9連勝などで高設定を確信。 途中 456確定画面や 246確定演出が出たりで文句の付けようがありませんでした。 最後のAT中、パネルが「ジャージレム」だったので是非とも上乗せに当選したかったのですが、残念ながら失敗。 しかも当選時は「おねだりAttack」「Episode Bonus」「鬼がかったやり方」のいずれかです。 夜9時45分頃に有利区間がリセットされたので、そこで稼働は終了しました。 1日打ち切って危なげなく快勝です。 他設定との比較 ここからは他設定との挙動の違いを紹介していきます。 細かい数字などは省きますので、体感できるレベルでのお話をさせていただきます。 ついでに私がその台を見切る基準も紹介します。 低設定との比較 これは非常にわかりやすいです。 そもそもリゼロは高設定と低設定では出玉の出し方が全く異なります。 高設定は早めのAT当選から短いATゲーム数で少しづつ出玉を増やし、低設定は入りにくいATから一撃で出玉を伸ばすスタイルです。 圧倒的に違いが出るのは、 A天井に行く確率とCZの突破率になります。 高設定はA天井にほとんどいきません。 今回の実践でも1日打って0回です。 逆に低設定は3回に1回はA天井に連れて行かれる印象です。 CZ突破率も同様です。 高設定はこちらも滅多に負けません。 80%くらい勝てるのではないでしょうか。 低設定は 勝率30%くらいのイメージです。 見切りライン 狙い台の自信によって見切りラインは変わりますので、今回は狙い台がなかった場合、台の挙動で見切るラインを紹介します。 狙い台がない場合に打つことはあまりおすすめしません。 午前中で見切るライン• 朝一A天井でのCZ当選• CZ負けが2連続 少し様子を見た後、見切るライン• A天井選択率が1/4以上• CZ負け率が1/3以上 また、中途半端な状況であれば確定演出でも出ない以上は、辞めることをおすすめします。 コンビニはCZ or AT後コンビニステージ(非有利区間)へ移行したことを表します。 開始0G 239 CZ負け 239 CZ勝ち AT63G 250 CZ勝ち ( 直撃) AT65G 244 CZ負け コンビニ 245 CZ勝ち AT50G 243 CZ勝ち AT66(BB1回) 288 CZ勝ち AT50G コンビニ 243 CZ勝ち AT61G(BB1回) 286 CZ勝ち AT65G 245 CZ勝ち AT70G コンビニ 392 CZ勝ち AT70G 233 CZ勝ち ( 直撃) AT75G 320 CZ勝ち AT45G コンビニ 248 CZ負け 545 CZ勝ち AT45G 235 CZ勝ち AT66G コンビニ 538 CZ勝ち AT85G 241 CZ勝ち AT40G コンビニ 244 CZ勝ち AT60G 237 CZ勝ち ( 直撃) AT57G 234 CZ勝ち AT40G 22 CZ勝ち ( 直撃) AT65G 128 CZ勝ち ( 直撃) AT45G コンビニ 544 CZ勝ち AT61G コンビニ ヤメ 投資:500 枚 回収:3950 枚 まとめ CZが24回中21回が勝利です。 A天井も0回でとても安定して出玉を伸ばせています。 設定がわかりやすく、打っている最中も安心できるのでとても優秀な台です。 ただ、実践詳細データからもわかるように 高設定のATはすぐに終わります。 初期ゲーム数も少なく上乗せもほとんどありません。 今回の実践でもATゲーム数が最高で85Gですので、 一気に出玉を伸ばせる可能性は低いでしょう。 低設定のように当たれば完走を狙えるということはなさそうなので、少々作業感があります。 高設定の安定感は大歓迎なので当然そうなるのですが、好みは別れる台かも知れません。 この記事を読んで高設定を判断、低設定を見切る参考になれば幸いです。

次の

【パチスロリゼロ】設定2の挙動まとめ

リゼロ 高設定

もくじ• 設定2の特徴 まず前提としてリゼロは低設定ほどCZ・ATに当選し辛く、ATに入ればロングATに期待できるという特徴があります。 私が設定を判断するときに重視する点は以下です。 CZの当選G数(選択されているモード)• CZの勝率• ATの初期ゲーム数(おねだりAttackの強弱) その中でも設定2が設定46と大きく違う点をあげるとすれば、 「 CZの勝率」でしょう。 他の要素も十分に違いはあるのですが、最も顕著に現れるのがCZの勝率だと感じます。 設定6との違いは 別格です。 設定4との違いは展開によってはわかりづらいのですが、少し時間をかければ十分に見抜けるでしょう。 設定2と設定4の違い それでは設定2と4では具体的にどのような違いがあるのかということ上の設定判別要素に基づいて説明をしていきます。 CZの当選G数(選択されているモード) 設定2は A天井にいきやすいです。 しかし、設定4でもA天井に連れていかれることは多々あります。 また、設定2でも256G以内でのCZ当選も普通にあり、鬼天国への移行もそんなに珍しいことではありません。 当然設定2と設定4ではモード選択率に設定差はあるので、どちらも設定4の方が優秀ではあるのですが、簡単に見分けがつくとは言いづらい要素です。 ここだけで 見抜くのはかなり難しいでしょう。 以下挙動なら設定2と判断。 鬼天国や花は好きなどの確定演出を除き、CZでの勝率が3割程度なら設定2、6割程度あれば設定4と判断します。 アイテムの有無で変わる部分はあると思いますが、256以内にCZ当選した時はあまりアイテムも持っておらず白鯨撃破率も50〜60%になることが多いでしょう。 ここで3回に2回勝てるようであれば設定2の可能性は低くなるでしょう。 3回に1回勝てる程度だときついです。 設定確定演出が出ていない限り私ならやめます。 逆にこれで負けた時は強めの低設定挙動と判断します。 ATの初期ゲーム数(おねだりAttackの強弱) 補助的な要素です。 設定2でも早めに当たれば弱おねだりが多く、設定4でもA天井で当たれば強おねだりが来ることが多いです。 以下の場合のみ設定判別で使える挙動としています。 私はこれでは判断できません。 設定2と設定6の違い これは非常にわかりやすいです。 設定4と6で迷うことはあっても設定2と6で迷うことはありません。 CZの当選G数(選択されているモード) 以下挙動なら設定6と判断。 有利区間も目一杯使う挙動を示します。 CZの勝率 設定6は8割程度勝ちます。 256以内のCZ当選でアイテムなしの状態でも勝つのが普通です。 ATの初期ゲーム数(おねだりAttackの強弱 設定6はどこで当たろうと弱おねだりが基本です。 稀にA天井であれば強になることもありますが、モードBでは弱ばかりです。 まとめ 迷うところは設定2と挙動の良くない設定4。 設定6と挙動の良い設定4です。 設定2と6ではあまり迷うことはないでしょう。 他にも、確定演出やそもそもの狙い台の強弱で少し判断基準が変わることもありえるのですが、大まかにいって私はこれを基準としています。 幸いこれで設定2を一日中打ったり、設定6を捨ててしまったりということはないです。 場合によっては設定4を捨ててしまったことはあるかもしれませんが、それは問題視していません。 この基準で捨てた台は低設定だったことの方が圧倒的に多いので、例え稀に設定4を捨てても低設定を追いかけるよりはマシだと判断しています。 パチスロは確率で挙動が変わるので、時にはかなり挙動の良い設定2、かなり挙動の悪い設定6もありえます。 長くリゼロで立ち回っていく時に、この基準で立ち回った方が効率が良いと思っているものです。 ご興味ありましたらこちらもご一読ください。

次の