キム秘書はいったいなぜ 3話 ネタバレ。 キム秘書はいったい、なぜ?|3話4話の無料動画は?あらすじ見どころや感想ネタバレも!

キム秘書はいったいなぜ 3話 あらすじ 感想 パク・ソジュン

キム秘書はいったいなぜ 3話 ネタバレ

イ・ヨンジュン … パク・ソジュン キム・ミソ … パク・ミニョン イ・ソンヨン … イ・テファン 5urprise コ・グィナム … チャンソン 2PM , パク・ユシク … カン・ギヨン ここからネタバレになりますので注意してください!! キム秘書はいったい、なぜ?3話のネタバレとあらすじ ユシクに呼び出され遊園地の前で待つミソ。 そこにユシクではなく、 ヨンジュンが現れます。 ヨンジュンの登場に驚くミソでしたが、それは全てヨンジュンが仕組んだサプライズだったのです。 今までの感謝の気持ちを込めたプレゼントだと、遊園地を丸ごと貸し切ったというのです。 幼い頃家の事情で乗れなかったメリーゴーランドに乗りはしゃぐミソと、それを優しく見守るヨンジュン。 これまた貸切のレストランで、優雅な食事を楽しんだあと、二人は花火を見るためにクルーザーに乗り込みます。 肌寒い船の上では、着ていたジャケットをミソの肩に掛けてあげるヨンジュン。 帰りの車の中、完璧なデートのシナリオを思い浮かべ何やら疑わしく思うミソ。 それはまさに、先日友人と訪れたレストランで受けたアンケートの回答そのものだったのです。 ミソの理想のデートを忠実に再現してあげるヨンジュン。 最後は家の前で大きなウシのぬいぐるみを渡します。 そしてミソの回答通り別れのキスをしようとするヨンジュンでしたが、それはミソに阻まれます。 それでも大満足な様子のヨンジュン。 ミソもまんざらでもない様子で家の中へと入っていきます。 翌朝、ミソはヨンジュンにもらったぬいぐるみのカバンから ネックレスを発見します。 自分へのプレゼントかと直接ヨンジュンに確認するミソ。 そうだと答えるヨンジュンに、アンケートの回答にネックレスが欲しいとは書いていないのに、と不思議がるミソ。 「俺は元々期待をはるかに超える男だからな。 」 と自身満々に答えるヨンジュンに、冷静を装いながらも内心喜びを隠せないミソなのでした。 そんな中、友人から一本の電話が掛かってきます。 社会部の記者として働く男性をミソに紹介するというのです。 実はミソは自分の幼い頃の誘拐事件に関して聞くため、その紹介を受けることにしたのでした。 偶然ミソの紹介話を知ってしまうヨンジュンでしたが、ミソは既に自分の仕掛けた呪いにかかっていると言います。 それはまさに、自分が用意した完璧なまでのデートに平凡なデートが敵うはずがない、といったものでした。 ミソは予定通り友人に紹介された男性と会い、平凡なデートを楽しもうとしますが、節々に頭によぎるヨンジュンと過ごした遊園地での時間。 ついつい比較してしまうミソ。 ミソは例の誘拐事件に関して調べて欲しいと頼み、相手の男性もミソを気に入った様子で、ミソの頼みを快く受け入れます。 そんな中一人の男性が韓国に到着します。 ヨンジュンの兄イソンヨンです。 ソンヨンは『モルペウス』という名で活動するベストセラー作家で、米国からちょうど帰国したところでした。 翌日、職場で社内運動会が開催されます。 開会を前に意気込むヨンジュンとミソでしたが、副会長室に入るなり「キム秘書!」と大声でヨンジュンの叫ぶ声が。 慌てて部屋に入ると、そこには ケーブルタイでまとめられたテレビのコードが…。 震えるヨンジュンを背に、急いでケーブルタイを処理するミソ。 「すみません、もうこんな失敗はないようにします。 」と、謝るミソにヨンジュンはどこか寂しげな表情で返します。 「辞めると言う者の言葉をどうやって信じろというんだ。 」 ミソの中に新しい感情が生まれようとしていました。 もしかしたら所有欲ではないのかもしれない…。 本当に私のことが必要なのかも…。 予定通り開催された運動会。 あらゆる種目で活躍するミソを見て「だから俺はキム秘書が好きなんだ。 」と誇らしげなヨンジュン。 そこへミソのもとに駆け寄る一人の男性社員が。 ミソと二人三脚を組む、企画チーム代理のコグィナムでした。 絶妙なコンビネーションで大活躍を見せるミソとグィナム。 その活躍に盛り上がる社員たち。 ついには「付き合え!」コールまで。 気が気ではないヨンジュンは、「来年から車内運動会は中止だ。 」と言い放ち、会場をあとにしようとします。 ところが階段でつまずいて足をくじいてしまうヨンジュン。 病院に連れて行こうとするミソですが、嫌がるヨンジュンを支え家まで送り届けます。 家に着き、患部を冷やそうと靴下を脱ぐように指示をするミソ。 またしても嫌がるヨンジュンでしたが、ミソが無理やり脱がせます。 ヨンジュンの足首には縛られたような生々しい 傷痕が…。 すかさず何もなかったように傷痕を隠すヨンジュン。 話を変えようと、運動会の話を持ち出すも、何故かスキンシップの話になってしまいます。 一位を取るためなら誰とでもスキンシップ出来ると言うミソに、ヨンジュンは「これでもか?」と迫ります。 そしてついに二人の体が密着して… 果たして二人の結末は… Sponsored Link キム秘書はいったい、なぜ?3話の感想 三話目の視聴が終了しました。 急展開に急展開を重ねて、ついにはミソの心も傾き始めた第三話。 序盤のデートが完璧すぎて、まさに「惚れてしまうやろー!」ですね。 ヨンジュンのエスコートの上手さに、本当に母胎ソロなの?と疑ってしまいます、笑 ところどころヨンジュンらしさ ? も垣間見れて、ほっこりする場面でした。 なんだかんだ言って結局ジャケットを掛けてあげるらへんがさすがツンデレ副会長。 乙女ゴコロをわかっていらっしゃいます。 帰りのキスも可愛かったです^^ 拒むミソ…結局ウシさんとチューしちゃうヨンジュン。 こんなことで私の気持ちが変わることはない、と口では言いながらも、 完全にヨンジュンに傾き始めているミソの心。 これまた素直になれない感じがウブで可愛らしいです。 そして新しい登場人物、 ヨンジュンの兄登場。 イケメンお兄さんがとても気になります! お母さんとの会話を聞くだけだと、親子仲は問題なさそうですが、兄弟仲に何か問題が…? 今後の展開が気になります。 果たして紹介された記者が真実を明らかにしてくれるのか…? そしてヨンジュンの足首の傷跡も…。 ケーブルタイと何か関係がありそうですね。 ミソの蜘蛛とヨンジュンのケーブルタイ。 過去の誘拐事件とも何か関係がありそうだな、と推理が進みます笑 少しずつ近づいてきたヨンジュンとミソの距離。 まだまだ完全に重なるには時間がかかりそうですが、その距離感がまた、たまらなくドキドキさせてくれます。 次はどんな展開を見せてくれるのか、期待が膨らみます^^.

次の

キム秘書はいったい、なぜ?13話のネタバレと感想!スキンシップ炸裂でドキドキが止まらない♡|韓国ドラマネタバレサイト

キム秘書はいったいなぜ 3話 ネタバレ

イ・ヨンジュン役:パクソジュン• キム・ミソ役:パクミニョン• イ・ソンヨン役:イ・テファン• パク・ユシク役:カン・ギヨン キム秘書はいったいなぜ?3話のあらすじ プロポーズを受けたミソは、酔っぱらっているから変な事を言っているのだと思った。 ヨンジュンは「 9年間2人で力を合わせてきたのに、急にやめられたら俺は…不便だ」と言い、自分の気持ちに素直になれないでいた。 突然怒ったジランが、ミソの家に訪れた。 初めは2人が恋愛関係なのかと疑うものの、副会長は今世紀最高のナルシストだから自分以外は目に入らなく、誰とも恋愛できない人間だと誤解を解いた。 ミソは、いくら金持ちでも彼は自己愛の塊、あなたを大切に思ってくれる人がいるはずだから、自分自身を忘れないでと恋愛のアドバイスをする。 その言葉を聞いたジランはミソを姉のように思い、「心から大切に思ってくれる人と出会ったのか」と聞く。 ミソはその言葉を考えながら、『私のお兄ちゃんへ』と幼い頃に書いた絵日記のような物を眺めていた。 ヨンジュンは、自分のような完璧な人間が、結婚を断られるはずがないと思い、親友のユシクに相談をする。 副会長と秘書の関係ではなく、女性としてキム秘書が好きなのか?と尋ねられるが、「キム秘書は、自分のために作られたオーダースーツのような存在だ」と言い、自分の気持ちに気が付いていない様子だった。 結婚からではなく、まずは段階を追って恋愛から始めろとアドバイスされる。 ミソはジアに引継ぎをしている最中に、行事の記録で残した写真を見つけて過去を振り返った。 9年前、副会長とアメリカ支社にいた時、ミソは重要な席でドレスコートを聞き間違えてしまい、また英語もろくに話せなく失敗の連続でひどく叱られた。 面接の時、学歴や経歴がなくてもベストを尽くと言ったのに、君はこの程度か?と副会長に言われて、仕事や英語の勉強で3時間も眠れない程、毎日頑張っていたつもりなのにあんまりだと思い、今すぐ辞めて帰国すると言ってしまった。 しかし姉の学費や借金の返済がまだあるのに、辞めるといったことを後悔していると、副会長から明日からまた仕事に来いと言われた。 ヨンジュンの優しさに心を打たれながら、負担にならないよう必死に働いたことを思い出した。 早めに仕事を終わらせたミソは、いつも副会長のせいで欠席をしていたので、たまには歓迎会も兼ねて会食に行こうと同僚を誘った。 みんなで和気あいあい会食をしていると突然、副会長が会食の場に来てしまった。 慣れない庶民の食事に、ぶっ飛んだ言葉を連発し、周りは気を使ってしまった。 場を盛り上げようと、褒めるゲームをする事になった。 周りは、副会長を褒めまくりいよいよミソの番になった時、ヨンジュンは当然俺を褒めるだろう思った。 しかし、ミソは今まで懸命に働き、退職を決意した自分を褒めたいと言った。 新入りであるため状況が上手く掴めていないジアは、二次会はカラオケに行こうと言い、副会長も行くことになってしまった。 この他にも、韓国ドラマは日本と同様に漫画が原作となっている作品が多くあります。 例えば、同じくパク・ソジュンさんが出演していて、最近Netflixで話題となっている『梨泰院クラス』です。 これも『六本木クラス』という題名で、日本版の漫画が出版されています。 他にも、もし王室が現代も続いていたら?という設定で大人気となった『宮クン~Love in Palace~』や『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』に、主人公で高校生役のキム・ゴウンさんが出演している、『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』も漫画が原作となった作品です。 日本のドラマが韓国版になってリメイクされたり、また逆に韓国ドラマが日本版となって新しく作られている事も多くあり、両国の同じ作品を比較してみると新たな発見があったりして面白いです。 余談ですが、私は最近『 女神降臨』という韓国漫画にハマっています。 外見に自信がなく、友達にいじめられていた主人公のジュギョン(麗奈)は、高校デビューと同時に化粧で別人となって、さまざまなことが起きる三画関係の恋愛漫画です。 この作品は、近々人気なアイドルを起用してドラマ化されるといううわさがあります。 ストーリーも面白いですが、韓国のコスメやファッションが頻繁に描かれているので読んでいて勉強にもなります。 LINE漫画でも見ることができますがNAVERという韓国サイトで毎週最新話が更新されているので、気になる人は見てみてください。 2話までは、ヨンジュンを「 史上最高のナルシスト男」として変わった性格の場面が多く描かれていましたが、3話では9年前ミソが辞めると言ったのに、何事もなかったように向かい入れてくれたシーンが描かれています。 今まで、自己中心的な男だと思っていましたが、優しい一面が見られて、そのギャップに惹かれました。 パク・ソジュンさんは、背が高く顔もキレイで全てのシーンがカッコいいのですが、特にこの作品はシャワーシーンがなぜか多いので、ファンの方は必見です。

次の

【韓流ドラマおすすめ】キム秘書はいったい、なぜ? キャスト、相関図、あらすじ

キム秘書はいったいなぜ 3話 ネタバレ

世紀のナルシスト副会長とレジェンド秘書が繰り広げるラブコメディ、第4話。 今回の見どころ1どんなアプローチをしても一向になびかないミソにヨンジュン早くもあきらめモード?! 今回の見どころ2徐々に片鱗を覗かせるヨンジュンの悲しき過去とは? 第4話 あらすじ フェーズ1. 自信満々だったプロポーズはあえなく失敗、親友のユシクに「まずは恋愛から始めろ。 」とアドバイスされたヨンジュンの次なる一手は…。 ミソの後任キム・ジアの歓迎会に突然現れたヨンジュン。 2次会の庶民的なカラオケ店が気に入らず、自分の馴染みの高級店へ秘書室の一行を連れていきます。 社員たちが盛り上がる中、楽しそうにするミソに満足げなヨンジュンは、 オードブルを取ってあげたりお気に入りのお酒を飲ませたりとミソの世話を焼きます。 戸惑いながらも世話を焼かれるミソですが…。 そんなとき、悪酔いしたポン課長が「キム秘書より、キム・ジアよりわたしが副社長の秘書に相応しいはず。 」と ヨンジュンに絡みだします。 ポン課長がヨンジュンに抱きついたことで会はお開きに。 帰りの車の中でミソはヨンジュンに「なぜ急にいらしたんですか?」と聞きますがヨンジュンは答えません。 ミソの自宅前に着くと、突然「今日の俺は優しいだろ?」とヨンジュンが言い出します。 「会食にも出て、わざわざ自宅に車で送り届けた。 」 「こんな幸せで甘い日々を君に贈り続けよう。 」 ザ・ありがた迷惑。 困惑するミソに「俺が、君の恋人になってやるという意味だ。 」 照れ笑いしながらも自信満々に告白するヨンジュンにミソは、 「副会長はわたしのタイプではありません。 」と拒否します。 配慮ができる人が好きだ、というミソに「君の日常になじもうと配慮した。 」と食い下がるヨンジュンですが、 望んでいないことをされるのは配慮ではない、と2人は口論に発展してしまいます。 フェーズ2. 幼少期のヨンジュンの忌まわしき記憶。 それは大人になった今でも夢の中で彼を恐怖に陥れていた。 ジアの歓迎会後、自宅へ戻り眠りにつくヨンジュン。 夢の中に現れたのは幼い頃の記憶。 女の息遣いが聞こえる人影のない夜道。 ハイヒールの音を立てながら廃墟のような館へと向かう女の姿。 暗い館の中には古びたぬいぐるみ、蜘蛛の巣が絡まったハンガー。 女の近づいてくる足音、錆びた鉄の扉が開く…。 ベッドで激しく震えるヨンジュン。 扉が開き、赤いハイヒールが見える。 階段を上り、ヨンジュンの目前に現れたボサボサの髪の毛に赤い口紅の女が 「坊や…」 と振り返ったその瞬間… 目覚めたヨンジュンは体中にびっしょり汗をかいていた。 フェーズ3. 告白が不発に終わり、ついに秘書解任宣言?! 新人歓迎会の翌日、神妙な様子で出勤したヨンジュンはミソが副会長室に現れると、 「確かに俺は利己的だ。 君が辞めたくなる気持ちもわかる。 」と言い、 「解放してやる。 」 と退職承諾を宣言します。 引継ぎ期間の残り1ヶ月だけ頑張ってくれ、と言いミソを秘書デスクに戻します。 それ以降ヨンジュンは、スケジュール管理をジアだけに把握させたり、 ヨンジュンがふいに質問した仕事のデータを用意できていなかったジアの「教育がなっていない。 」とミソを叱ったり、 副会長室からの呼び出しもジアに対応させるようにしたりとミソに何かとつらく当たります。 でも1ヶ月で引き継ぐんだから当然な対応の気もする…w ヨンジュンから自分への風当たりが突然厳しくなったのは、昨日メールで言い過ぎたことが原因かもしれない…と考えたミソは 「昨日のメールのことですが…」とヨンジュンと話そうとしますが「私的な話は控えて。 」と取り合ってもらえません。 その後、 副会長室への呼び出しに応じるミソですが、部屋に入るとヨンジュンから「キム・ジア秘書を呼んだ。 」と言われジアと交代します。 副会長室で何やら話し込む二人の様子が気になって仕方ないミソ。 副会長室ではジアがヨンジュンに「今後はネクタイもわたしが結びますか?」と嬉しそうに聞きますが、 ヨンジュンは「1ヶ月間、引き継ぐフリをしろ。 君の仕事は、キム・ミソの補助だ。 」と言います。 負けない男、最高すぎる リッチイケメン限定。 友人たちとの食事を楽しんでいると、レストランの店員からアンケートを依頼されます。 アンケートに書かれた質問が「好きな人とやりたいことを書け。 」「好きな人からもらいたいものを書け。 」と馴染みのある命令口調であることに疑問を抱きながらも回答するミソ… ヨンジュン邸では、アンケートを回収したユシクがミソの回答紙を探します。 手の込んだアンケートを行ったことに疑問を抱いたユシクは「夢を叶えてやるのか?」と聞きますが 「俺が?」とヨンジュンは否定します。 そしてミソの元にユシクから連絡が…。 明日の夜、指定する場所に来て欲しいというその連絡を受けた翌日、ミソはタクシーで言われた場所に向かいます。 指定された場所は夜の遊園地。 誰もいない暗くなった遊園地でユシクを待つミソ。 暫くすると遊園地に明かりが灯り、背後から登場したのは… ヨンジュンでした。 第5話へ続く。

次の