ガリバー 苦情。 ガリバーの苦情について【絶対に知っておきたい事】

ガリバー評判がやばい?車買取査定の悪い口コミと良い口コミを公開中

ガリバー 苦情

ネット上で評判の悪いガリバーですが、本当にそうなのでしょうか? たしかに、「営業マンの対応が悪い」とか「車の価格が高い」という口コミが複数あります。 ただ、そのような口コミはどこの会社でも少なからずあることです。 ガリバーに一部対応を改善してほしいがためのクレームも少なからず存在します。 本日は、ガリバーのクレームや苦情について実際の口コミをもとに、筆者の見解と注意点をはケース毎に見ていきます。 クレームガードってどうなの? ガリバーのクレームガードについて 先日ガリバーで車を査定してもらい、自分の満足のいく価格がついたので売却しようと思っています。 ただ、ガリバーの評判を見るとあとから減額されるという話が多く不安に感じております。 買取額が目標額を超えかなり高額(200万以上)のため、クレームガードに数万円程度払っても問題ないと思っているのですが、クレームガードに加入しておけばあとから減額されることは無いでしょうか? クレームガードに関する筆者の意見は? ガリバーのクレームガードとは、 査定時に見つからなかった車の不具合(機関系やメーター類の不具合など)が、後でわかった時に、売り手が責任を負わないようにするものです。 「プロがしっかりと車を見て買取するのだから、後からクレームとかおかしいでしょ!」と普通は思いますが、ほとんどの大手買取店の契約書には「瑕疵担保責任」といって車の隠れた不具合は売り手側の責任という記載があります。 もともとは、査定時には判断できない「スピードメーターの巻き戻し」や「盗難車」であることを想定した悪質車両から買取店側を守る決まりでしたが、 「実は事故車であった」とか「機関系の不具合」により買取店が売り手にクレームをつける理由にもなっています。 一般によくトラブルになるのは「無事故車として契約したのに実は事故車であった」というケースです。 ただ、ガリバーではガリバーの査定ミスで事故車を無事故車と判断した場合は、ガリバーが責任を負い、売り手へ請求しないとのことです。 クレームの対象になるのは、あくまで車の予期せぬ不具合のみとなります。 機関系の不具合でクレームをつけられるのは、「エンジン本体がおかしい」とか「メーターがおかしい」という場合であり、オーディオやエアコンに不具合があったからといって、後からクレームをつけられることはまずありません。 そのため、高年式の国産車であれば、突然不具合が発生することはまずないため、クレームガードに入る必要は無いでしょう。 古い輸入車や改造パーツを多数付けている場合は、予期せぬ車の不具合が起こる可能性があるので、安心のために入っておいても良いかと思います。 クレームガードに入る場合は、 「クレームガードの金額分上乗せしてくれたら契約します!」といって交渉することをおすすめします。 そうすることで、経済的にも精神的にも負担が減ります。 私の車ではなく彼氏の車を売りたかったのですが、本人が忙しかったので私が代わりに見積もりを頼みました。 「お近くの店舗に」と言われましたが、とりあえずおおよその値段を知りたかっただけなのでそのように伝えて電話を切りました。 2日後くらいにまた電話がかかってきましたが、「持ち主と相談します」と言って断りました。 この口コミに関する筆者の意見は? インターネットで見積もりを頼んだということで、無料の一括査定サービスで依頼されと思われますが、そうするとガリバーに限らず各社から営業電話が頻繁に掛かってきます。 営業電話を受けるのが面倒という場合は、飛び込みで大手買取店の店舗に来店することをおすすめします。 前もって予約をすると、確認の電話が掛かってきます。 予約をしなくてもそんなに待たされません。 金額のみを知りたいという時は、 「まだ売るかどうか全く未定で金額のみを知りたい」と伝えたほうが良いです。 売る見込みがあると思わるとすぐに電話が掛かってきます。 その後の電話連絡が不要な時は、「連絡はメールのみでお願いします」と伝えることをおすすめします。 ガリバーに限らず買取店は車を仕入れることに必死です。 営業電話を受けたくない時は上記の対応を参考にしてください。 ガリバーの査定についてより詳しいことは下記を参考にしてみてください。 ネットで申し込む無料査定と店舗に持ち込む査定とではどちらが条件がよいのでしょうか? ネットで申し込むとすぐに電話が掛かってきて地区担当の巡回員が査定に伺うとの事。 互いのスケジュール合わせのやり取りで都合が付かず面倒になってきたので「自宅近所にガリバーがあるからそっちに勝手に持ち込みます」と言ったらとても困った様子。 店舗営業のガリバーとネット申し込みのガリバーは営業形態が違う別会社なんでしょうか?店舗はフランチャイズ店なのでしょうか?この場合ガリバー同士競合させる事は有効な手段なのでしょうか? この口コミに関する筆者の意見は? 基本的に出張査定はガリバー本体(直営)がやっており、店舗はフランチャイズ(一部は直営)です。 ガリバーは出張査定のほうが高いことが多いので、出張査定を選択することをおすすめします。 店舗に来店すると「競合が無い」と思われて目いっぱいまで値段を提示されない可能性があります。 出張査定での査定情報と店舗での査定情報はシステムで共有しているため、出張査定と来店とで競合させることは有効でありません。 出張査定のみでの対応が良いかと思います。 ただし諸費用でX万円いただきます」なーんて言い出して、かえって持ち出しがあるのでは?と疑ってしまいますが・・・ この口コミに関する筆者の意見は? ガリバーの店舗への来店を条件にどんな車でも3万円で買い取るとのことです。 車に価値が無く廃車となったとしても、スクラップ代として2~3万円程度(排気量によります)をガリバーは受け取れます。 そのため、実はガリバーにそれほど負担はありません。 それよりも宣伝効果として、 次の車の提案営業を目的とした戦略といえます。 なぜに中古車店に行っても査定書は発行してくれないのでしょうか?これはもう埒があかないので、ネットとかで査定書や簡単でもいいので証明書?みたいな書類を発行してくれるサイトとかってないのでしょうか?お願いします。 この口コミに関する筆者の意見は? ガリバーに限らず中古車買取店は査定書を発行したがりません。 なぜなら、その 書面をもとに競合他社と交渉されるのを嫌がるからです。 また、中古車の価格は時間の経過によって変わっていくため、金額を保証できないという理由もあります。 ただ、 「査定結果をメールでください」と依頼すれば、ほとんどの場合応じてもらえます。 もしくは買取相場がすぐにわかるサイトもありますので、そちらを利用しても良いかと思います。 その間も、色々あり、嫌な思いをして乗ってましたが、それからしばらくたって掃除していたところ、5年前のレシートとタバコが助手席のシートの下にあったりしたので、不安に思い、保障期間内の今のうちに買取したらいくらになるかと思って、買った店に行ったところ、リサイクル料の7000円のみと言われました。 店長に交渉して頑張って1万と言われました。 2千キロ乗ったし、下手な買い物したなとは思いますが、あんまりだと思いませんか?しょうがないと思って、納得すべきもんなんでしょうか?夏に30万で売ってる車はもう買い手がいないとか、値段がつけられないとか、無料で治しただけいいとか、12月は売れない時期だからとか、色々言われました。 この口コミに関する筆者の意見は? 中古車の販売価格と買取価格には大きく差があります。 0~100万円の価格帯であれば、20~30万円の差があります。 買取価格50万円の車は販売価格80万円くらいになります。 30万円というとすごく高いと思われるかもしれませんが、販売店ですぐに車が売れるということはなく、その間の場所代や維持費もあります。 また、売れない場合はオートオークションに流したり、値引きをしたりして利益がほとんど出ないこともあります。 そのため、 30万円で買った車が売る時に1万円というのは、ありえないケースではありません。 今回のケースでは、仮にあと3年乗っても買取価格は変わらないと思われます。 車を買ってすぐ売る場合は、販売価格と買取価格の差が特に大きく感じられてしまいますので、なかなか納得できないとは思います。 ガリバーの中古車の価格が高いか安いかの詳細は下記を参考にしてみてください。 今日は店長が対応して下さりとても良い接客でしたし下取り価格も他ディーラーよりも4万程高い金額を提示してくれました。 その新古車もオプション盛り沢山で新車の見積もりより安い金額だった為ガリバーで購入したいのですが、購入後のケア等は実際どうなのでしょうか?10年間保証とかも魅力的で良いと思うのですが… この口コミに関する筆者の意見は? ガリバーは業界最大手のため、口コミの数も多いです。 母数が多ければ良い評判も悪い評判もあります。 下取り価格も高く、接客も良かったのであれば購入を検討しても良いかと思います。 中古車販売時のアフターフォローは、 結局のところ営業マン次第ですので接客が良かったのであればそれほど心配することは無いと思います。 ガリバーは10年間という長い期間の保証を提供していますが、 有償であることと車検をガリバーで受けなければならないという条件があるので注意が必要です。 引っ越して住所が変わっても全国のガリバー店舗で保証は継続するので、安心して乗りたいのであれば保証の加入を検討しても良いかと思います。 ただ、国産車で高年式(だいたい新車から5年以内)であれば、不具合が起こる確率は低いので加入しなくても良いかと思います。 ガリバーの10年保証の注意点は下記に記載していますので参考にしてみてください。 20万円頭金で、他はローンでお願いしました。 車を購入することが初めてであまりわからないまま手続きをしてきたのですが、金利が9. また、残金130万円に対して分割手数料276,640円は正しいのでしょうか?金利9. 分割手数料の計算は正しいかと思います。 ビッグモーターやカーチスなどの中古車販売大手のローン金利もだいたい同じ利率です。 ガリバーでローンを組むメリットとしては、手続きがラクで審査も通りやすいということがあります。 ただ、長期で組むと金利が高額となるため、支払総額を抑えたい場合は、なるべく短期間のローンを組むか、銀行などの金利の安いローンを組んだほうが良いと思います。 ガリバーの手続きってどうなの? 自動車税の還付金について これって普通の事ですか?本日、ガリバーより債権譲渡通知書なる書類が送られてきました。 ガリバーに電話をしたら自動車税の還付金がガリバーに入ると言われました。 「そんな事を査定の時に聞いていないんだけど…」と言うと、「自動車税未経過相当額に関する確認書に記入して頂いています。 」と言われました。 数枚の書類に記入をしたのは覚えていますが自動車税の還付金がガリバーに入る事は聞いていません。 この口コミに関する筆者の意見は? 大手買取店では、 自動車税の未経過分相当額(年度末まで)は買取金額に含まれるというのが一般的です。 ただ、そのことは契約時にしっかりと説明するのが普通です。 言った言わないの話なのかもしれませんが、ガリバーの担当者の配慮不足と思われます。 ガリバーフリマってどうなの? 車の売買サイトでガリバーフリマって有りますけどこれは、危険ではないでしょうか買う側は特にですが利用された方いらっしゃいますか? ガリバーフリマとはカリバーが中古車の個人売買を仲介するというサービスです。 個人売買のため、売る側は高く車が売れ買う側は安く車を買えるというメリットがあります。 個人売買でトラブルになりやすい名義変更や代金の支払いをガリバーが仲介することで、安全な取引としています。 買う側の注意点としては、 掲載されている車両がガリバーの査定を受けているかどうかということです。 ガリバーの査定を受けていない車は、売る側の自己申告のため車の情報が正しくない可能性があります。 欲しい車がガリバーの査定を受けていない場合は、ガリバーの査定を受けるよう依頼することをおすすめします。 そうすることで、車の詳細が明確になり不明な点はガリバーに聞くこともできます。 また、車の価格は売る側が決めていますので、安いこともあれば高いこともあります。 実際に購入する際は、カーセンサーネットなどで同様の車の相場を確認したほうが良いです。 ガリバー査定を受けていて、価格にもメリットがあるという場合は利用しても良いかと思います。 ガリバーフリマについての詳しい内容は下記を参考にしてみてください。 最後に ガリバーは最大手ということもあり様々なクレームがあります。 ただ、ネット上に口コミを投稿する人は、何かしら対応が悪かったことを相談していますので、良い評判はほとんど載ってきません。 逆の見方をすると、ガリバーにクレームを入れている方は、ガリバーに改善を期待している表れとも見ることができます。 ガリバーは最大手ということもあり問い合わせ窓口もしっかり設けています。 ガリバーとしては口コミで悪い評判が流れるのを避けたいため、問題があったとしても責任をもって対応してくれると思われます。 人によってとらえ方は様々です。 ガリバーの対応が問題ない、むしろ良いという評判もあります。 車の売買は担当者との相性もありますので、ガリバーが一概に悪いとも言えません。 業界最大手であり、他社より優れている点もありますので、比較検討する際の1社に加えるのはありかと思います。

次の

ガリバーの苦情と口コミを調べてみました!買うのはアリ?

ガリバー 苦情

ガリバーは苦情やクレームが多いって本当? ガリバーは苦情やクレームが多いのは本当なのでしょうか? ガリバーについてネットで少し検索をしてみると、苦情やクレームの口コミが多いことに気付くと思います。 特に買取の際に他社より安い価格を掲示されたという口コミが多く、ガリバーで車は売ってはいけないとも言わんばかりの内容も少なくありません。 ですが、果たしてこれは本当なのでしょうか? ここでは ガリバーへの苦情の真偽について考えてみます。 ガリバーへの苦情が多いというのは所詮、口コミ ガリバーへの苦情が多いという口コミは、 あくまで口コミです。 それもネットに載っているような匿名のものとなると、その信憑性が疑われても仕方ありません。 しかし、ガリバーのような車業者の評判を調べる際には有益なことも多く、そのほとんどが匿名なのも、匿名だからこそ本当のことが書けるとも言うことができます。 ネット上のガリバーの苦情を含む口コミを見てみると、まず買取についてのものが多いのが分かります。 他社では査定には影響しない程度の傷でも減額された。 見積もりの有効期限内なのに後日に売却を決断したところ、そこで減額された。 といった内容を多く見掛けますが、これらはウソとまでは言いませんが、ガリバーの担当者によるところが大きいと考えていいでしょう。 雑なガリバーの査定員には苦情を入れよう 雑な査定をするガリバーの査定員には苦情を入れてください! こういう言い方をしては何ですが、その当日に査定が何件か入っているなど、急いでいる場合にはどうしても査定が雑になることがあります。 運悪くそういう時に当たってしまうと、ガリバーの口コミに多いような苦情やクレームとなってしまうことがあります。 そして、当日に買取を保留し、後日になってその時には見付からなかった傷などが発見されて減額となることがありますが、これに対しては逆に ガリバーに対して苦情を言って構いません。 そのための見積もり有効期限なので 「あの時は確かにこの値段だと言った」 と堂々と対応してください。 しかし、このような対応はガリバーだけに限ったことではありません。 どちらも査定の担当者によっては、どの業者でもありえることです。 何もガリバーだけの苦情だと言うことはできません。 ガリバーの苦情は情報操作の可能性もある ガリバーの苦情が多いように思うのは、 情報操作の可能性もあります! 今の時代では、この可能性が全くないとも言えないところが今のネット社会の諸相です。 いわゆる ステマと呼ばれる他社からの 妨害工作の可能性がないとは言えないのです。 もしくは、ガリバーで実際にそのような目に遭ってしまった人が事実以上に大袈裟な口コミを書いて可能性も捨て切れません。 ネット上の口コミにはこのようなものも多いので、そのまま 全てを信じてしまうのは危険と言えるでしょう。 ガリバーは実際には大手の名に恥じない業者 ガリバーは車業者の中でも最大手の存在で、口コミのような苦情ばかりではとてもその座に留まってはいられません。 確かに担当者によっては上記に書いたように、当たり外れがあるかも知れませんが、少なくとも平均点以上なのは間違いありません。 見積もり価格についても、ガリバーの見積もりは同業者の間でもとても信用されているという事実があります。 それを基準にして、最低でもその金額、場合によってはもっと高く買取をするという業者もあるくらいです。 他社の見積もりが先に出ていれば、後からそれに負けじともっと高い見積もりを出してもおかしくありません。 よって、決して ガリバーの見積もりが安いという訳ではないのです。 ガリバーの苦情は自分で確認 ガリバーの苦情の実際については、ご自分で確認してみることをおすすめします! ネットで見られるガリバーへの苦情やクレームが本当なのかどうかは、実際に 自分で確認するのが一番です。 車の売却の際には何社にも査定を依頼するのが当たり前とも言えるので、ガリバーも含めて他社の査定価格を伏せて数社に依頼をすれば、実際のところが分かるでしょう。 口コミを参考にするという行為自体は決して否定しませんが、特に苦情についてはその本人でないと本当のところは分からないものです。 例え全く同じ対応をされたとしても、その人によって感じ方も違うので、最後は自分自身で判断することが大切になります。

次の

ガリバー査定しつこい最悪?トラブルやクレーム苦情嫌がらせも?

ガリバー 苦情

車を査定に出す時、皆さんはどのような基準で業者を選定するでしょうか。 知名度や会社の規模で選ぶ方もいるでしょう。 また、 安心して自分の車の査定を依頼できるということも重要な要素です。 インターネットで車買い取り業者の評判を調べてみると、ネガティブな評判が多いのが事実です。 中にはポジティブな評判もありますが、ネガティブな評判の中に埋もれてしまっていることがあります。 これから車を査定に出す方にとっては、ネガティブな評判は不安材料となってしまいます。 そういった不安を払拭するために、 ガリバーでは苦情相談窓口を開設しています。 ガリバーへ車を査定に出してトラブルが発生してしまった場合、苦情の報告と相談をすることができるので、安心して車の査定を依頼することが可能です。 査定依頼者へ安心を提供するガリバーの苦情相談窓口とはどのようなものなのか?• どのような対応をしてくれるのか? といった点についてこの記事で紹介をしていきます。 ガリバーの苦情相談窓口とは? ガリバーで愛車を査定に出した際にトラブルがあった場合、ガリバーの苦情相談窓口に相談しましょう。 苦情相談窓口は駆け込み寺のような存在であり、依頼者が泣き寝入りをしないためや、顧客満足を高めるために創設されています。 安心してガリバーに査定依頼を行うことができる要因である苦情相談窓口ですが、どういったものであるのかを紹介していきます。 専門部署へ相談を行うことができる ガリバーの苦情相談窓口は、千葉県浦安市にある「ガリバーお客様相談センター」が担っています。 ガリバー本社の所在は東京都なので、 苦情相談窓口は本社とは切り離された専門部署で運営されていることが分かります。 ガリバー本社が苦情相談窓口を担っていると、業務の片手間に行っているようなイメージを持ってしまう方もいらっしゃるでしょう。 また、依頼者よりも会社側に有利な回答やコメントを行ってしまうことも考えられます。 その点、本社所在地と離れた場所に専門の窓口を構えていることで、「お客様のために」というガリバーの本気度が伝わります。 安心して愛車を査定に出すことができるでしょう。 自分に合った利用方法で相談を行うことが可能です。 まず、電話にて直接相談を行うことができます。 トラブルが発生してから、早い段階で解決をしたい場合には電話を利用しましょう。 しかし、電話受付時間と曜日が決まっていますので注意が必要です。 トラブル内容によっては気が焦ってしまうこともあるかもしれませんが、落ち着いて相談を行いましょう。 そして、メールでの相談も可能となっています。 メールは24時間受付をしていますので、いつでも相談を行うことが可能です。 電話口で口頭で伝えるのが難しい相談でも、メールであれば落ち着いて正確に伝えることができます。 しかし、回答までに時間を要してしまうことがありますので、急ぎの相談であれば電話での相談を行うようにしましょう。 どのように対応してくれるの? 苦情やトラブルになっていることなどを苦情相談窓口へ相談すると、お客様目線になって親身に対応してもらうことができます。 ガリバー側の従業員の対応が発端での相談であれば、まずは窓口の従業員から謝罪をいただきます。 顧客の気持ちが収まるまで、誠心誠意対応をしてくれます。 必要であれば、再度従業員から顧客へ、直接謝罪の電話をさせるといった対応も行います。 顧客が納得いくまで、とことん誠実な対応を行なってくれるでしょう。 苦情相談窓口は、専門のスタッフが対応を行っています。 苦情相談対応のスペシャリストに対応してもらえるので、顧客側からしても「相談して良かった」と思うことができます。 インターネット上でも、苦情相談窓口の対応の良さが挙げられています。 トラブルが発生した時には残念な気持ちになってしまったが、苦情相談窓口が真摯に対応してくれたことで逆にガリバーに対する評価が上がった という声もあるほどです。 苦情やトラブルに関しての相談の場合、どういう経緯で発生したかや、従業員の対応はどうであったかなどを詳細にヒアリングします。 顧客からの詳細なヒアリング内容は、従業員の教育や会社体質の改善に役立てることができます。 もちろん、査定や購入についての疑問点などにも真摯に対応をしてくれます。 どんな些細なことでも誠実に対応してくれますので、安心して相談を行うことができるでしょう。 よくある相談の苦情を調べてまとめました。 あらかじめ知っておくことで、不用意なトラブルを避けることが可能となります。 「クレームガード」とは一体何? よくある相談や苦情内容として、「クレームガードとは何なのか」という内容が挙げられます。 クレームガードとは、 査定時には問題無く正常であると判断された車が、後になって車の不具合が発見された際に売り手側の責任とならないようにする保証です。 クレームガード保証は、売買契約金額によって金額は変動します。 また、保証を付けるか付けないかは、顧客側によって選択します。 もちろん、保証費用は顧客負担となります。 そのため、 「専門のプロが査定時に問題無しと判断したのに、後から不具合が発見されたら売り手側の責任になってしまうのか」という声があります。 しかし、 多くの車買取業者は「瑕疵担保責任」というものを定めており、後になって発見された不具合は売り手側の責任となります。 この部分は、意外と知られていません。 そのため、クレームガード保証はとても有意義な保証サービスと言えます。 車のどこかに欠陥があるのを分かっていながら「ばれないから申告せずにそのまま売ろう」という考えで車を売ると、大きなトラブルの元となります。 欠陥があるのを分かっているのであれば、トラブル防止のためにも正直に申告しましょう。 当然ですが、自動車査定業者は数多くあります。 どの会社も、他社ではなく自社で売却してもらうために必死に営業活動を行います。 その結果、営業の電話が何度も掛かってきたという苦情となってしまうケースが多いです。 企業は利益を追求するため、必然的に営業の電話が多くなってしまいます。 それが気になるようであれば、メールのみの対応を事前に依頼しましょう。 それによって、トラブルになるのを防ぐことができます。 なぜガリバーは苦情相談窓口を設置したの? 「お問い合わせ窓口」ではなく、なぜ苦情相談窓口やお客様相談センターと銘打った専門部署を設置したのでしょうか。 その内容を紐解くことで、ガリバーの品質改善への本気度を見ることができます。 業界最大手であるが故 ガリバーは、自動車買取業界では最大手と呼ばれる会社です。 全国に約550店舗と数が非常に多く、全国津々浦々に展開をしていることが分かります。 全国津々浦々に展開していることで、全店舗や従業員にガリバーの良好な企業品質が行き届いていない可能性が考えられます。 大企業になればなるほど全てに目が行き渡らなくなるため、全従業員に企業理念や良好な品質は浸透しづらくなります。 そのため、 大手であるが故に苦情が目立ってしまうという事態になります。 そして、インターネット社会の現在では、何かトラブルが発生すればすぐに発信されて公になってしまいます。 そのため、最大手であるガリバーの評判がネット上でも目立ってしまいます。 企業に対する評判を改善していくために、企業品質改善や顧客満足向上を目的として苦情相談窓口を設置したものと考えることができます。 インターネット上では、自動車買取業者の中でもガリバーの評判が特に目立ってしまいますが、業界最大手であるが故と言えます。 また、企業品質改善のために苦情相談窓口を設置していることで、ガリバーの企業品質はより向上していくと考えられます。 苦情相談窓口が存在することによって、ガリバーで安心して中古車売買を行うことができます。 是非、業界最大手のガリバーで中古車売買をしてみてはいかがでしょうか。

次の