世界 の 市況。 【世界の市況】リアルタイム相場情報サイトを使いこなす方法!➡CFD・VIX指数・ドルインデックスの豪華解説付き!※株・FX・仮想通貨対応動画

田中貴金属工業株式会社|マーケット市況情報

世界 の 市況

雇用者数が予想に反して大幅に増えた5月雇用統計を受けて、V字回復への期待が高まるなか5日のNYダウは5日続伸。 この流れを好感して、週明け8日の日経平均は前週末比314. 37円高の23178. 37円と高値引けとなるなか6日続伸した。 一時1ドル=109円台後半まで振れた円安なども支援材料となった。 8日のNYダウは6日続伸し、ナスダック総合指数も過去最高値を更新したものの、9日の日経平均は7営業日ぶりに反落。 米長期金利の低下とともに為替相場が円高方向に振れたほか、前日に節目の23000円台を回復したことで利益確定売りが先行した。 9日のNYダウが7営業日ぶりに反落すると、10日の日経平均も一段安でスタート。 ただ、NYダウ先物の時間外取引での上昇が支援材料となり、前場中ごろからプラス圏へ浮上し小反発で大引けた。 10日のFOMC 米連邦公開市場委員会 では、市場の予想通り、当面の実質ゼロ金利政策継続の方針が示された。 ナスダック指数は史上初の1万ドル大台を上回って引けた。 11日の東京市場は、4-6月期大企業全産業における景況判断指数の悪化が嫌気されたほか、円高などを受けて、朝方から売りが先行。 日経平均は後場に下げ幅を広げ4日ぶりに23000円台を割り込んで大引けた。 11日のNYダウは1861. 82ドル安と、3月9日の2013. 76ドル安に次ぐ過去4番目の下落幅をみた。 FRB 米連邦準備制度理事会 が悲観的な景気見通しを維持して経済のV字型回復期待が後退したほか、ウイルス感染第2波を警戒した売りが先行した。 12日の日経平均も米国株安を嫌気して続落。 朝方寄り付き後に前日比685. 98円安まで下げ22000円台を割り込む場面もあった。 ただ、前日からの下げピッチが速いこともあり、大引けにかけては下げ幅を縮小させ、日経平均は167. 43円安の22305. 48円まで持ち直した。 12日のNYダウは477. 37ドル高と反発。 6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を上回ったことなどが好感された一方、アメリカ疾病管理予防センター CDC が感染第2波に対する警告を発したことが警戒され、一時マイナスとなるなど荒い値動きとなった。 日米株式市場ともに前週は週後半にかけて波乱の展開となった。 米国では新型コロナウイルスの2次感染が広がっていることが懸念されて、V字回復期待が後退しリスクオフの展開に転じた。 パウエルFRB議長は10日、新型コロナウイルスの感染拡大により労働市場が回復するまで景気刺激策を継続する意向を示したが、経済回復が遅れるとの懸念が増す形となった。 東京市場では、相場の下支え要因として働いていた為替の円安が円高傾向に変化したほか、12日のメジャーSQに向けての買い戻しが一巡して、需給面でも転換期を迎えた。 また、日経平均はテクニカル的にみても、累積売買代金が多く利益確定売りが出やすい価格帯である23000円台を回復したことで、一段の上値追いにブレーキがかかりやすい。 米国などでの感染第2波拡大の懸念が抑えられるかが、ここからの相場センチメントを大きく左右してこよう。 このほか、11月の米国大統領選挙への影響も警戒される。 一方、15日から2日間の日程で日銀金融政策決定会合が予定されているが、相場に対してネガティブな材料が出てくることは予想されていない。 15日に中国、16日に米国の5月小売売上高の発表があるものの、米雇用統計、FOMC、メジャーSQといった金融・相場イベントを通過し、スケジュール面で見た波乱要因はここからは少ない。 新型コロナウイルスの感染拡大について都民に警戒を呼び掛ける「東京アラート」が11日に解除され、日経平均は下値抵抗力を試す展開に転じてくることになりそうだ。 18日の大引け後には5月半導体製造装置販売高の発表もあり、半導体関連株の動向がひとつの関心事となる。 一方、ここから月末に向けて3月期企業の株主総会が活発化してくる。 一般的に総会シーズンの相場は堅調というアノマリーがあり、個別株物色が高まりやすい傾向がある。 物色も方向性を模索する展開が予想される。 マザーズやジャスダックでは感染第2波の懸念からバイオベンチャー関連株が売買代金上位に増えてきた。 翌週24日からのIPO再開を見据えて、直近IPO銘柄にも物色人気が巡ってくる可能性がある。 一方、米国など海外主要スケジュールでは、15日に中国5月小売売上高・工業生産・都市部固定資産投資、米6月NY連銀製造業景気指数、16日に米5月小売売上高、米5月鉱工業生産・設備稼働率、米4月企業在庫、17日に米5月住宅着工件数、米5月建設許可件数、18日に米6月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数、米5月CB景気先行総合指数、19日に米1-3月期経常収支の発表が予定されている。 <FA>• 株式投資やビジネスに役立つ最新の株式ニュースを個人投資家にお届けします。 ヘッドラインではみんかぶならではの注目ニュースを紹介しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

新型コロナ影響、世界半導体市場予測108億ドル下方修正

世界 の 市況

米調査会社のGartner(ガートナー)は2020年の世界半導体市場の売上高を4599億米ドル(前年比9. 9%増)と予測し、2019年12月の前回予測4707億米ドル(同12. 5%増)から108億米ドル下方修正したことを明らかにした。 新型コロナウイルスの影響を加味した形だが、この予測は2020年2月にAppleが収益予測の下方修正を発表する前の時点のもので、中国湖北省での新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めが2020年3月末までに終わるというベストケースでの想定だった。 Gartnerのシニアプリンシパルアナリスト、山地正恒氏は、新型コロナウイルスがいつ終息するか分からないため予測は困難としつつも、「その後の状況を加味すれば、より大きく下方修正することになるだろう」としている。 生産できても、オーダーが止まる状況 山地氏は、新型コロナウイルスは現在のところ半導体メーカーの生産体制に直接的な影響を及ぼしてはおらず、「オーダーさえあれば生産は可能な状況だ」と説明。 今回の予測は中国内にある電子機器メーカーの工場の稼働停止や生産能力低下に伴って、半導体メーカーの受注が減少、在庫積み増しが続く、という状況を想定している。 山地氏は「工場が止まれば半導体メーカーへのオーダーが止まる。 2020年第1四半期は相当な影響を受けると考えられる」と述べた。 また、Samsung ElectronicsとSK hynixという大手メモリメーカー2社を有する韓国において感染者が急増しているが、山地氏は、仮に韓国内の工場が稼働停止となった場合も「依然として在庫があるので、すぐに足りなくなるということにはならないだろう」と説明。 そのうえで、「もともと2020年中に需給バランスが戻ることで価格が上昇に転じ、市場も大きく伸びると予測をしているが、その価格上昇が大きく加速する可能性はある」としている。 自動車メーカーの工場停止に関する影響に関しては、「現在のところ、特に影響は聞いていない」という。 また、車載市場において日系半導体メーカーの中国、韓国依存度は低いため、「影響が大きくなると懸念されるのは欧州系の半導体メーカーだろう」とも説明していた。 売り上げ増見込みの5割が車載、産業機器市場 ただ、中長期的には世界半導体市場が成長へ向かうという予測は変わらない。 山地氏は、「工場の稼働が再開すれば、需要に応えるため当初の予定よりも生産を拡大してリカバーする流れになるだろう」と見通しを述べる。 今後の成長について市場別で見ると、特に車載、産業機器市場はそれぞれ半導体市場全体の1割前後という比較的小規模な市場ながら、向こう5年間で見込まれる売り上げ増の約5割を占めているという。 山地氏は、「ストレージ市場も大きく伸びが期待されるが、その恩恵が得られるのはごく限られたメーカーだけだろう。 一方で車載、産業市場は、非常に幅広い半導体メーカーに恩恵がもたらされる」と、その可能性に言及している。 【訂正:Gartnerからの申し出により、図版を削除しました。 (2020年3月2日午前9時48分/編集部)】 関連記事• 現時点で、市場調査会社のアナリストは、コロナウイルスによる影響をどのように見ているのか。 新型コロナウィルス拡散が半導体/エレクトロニクス市場、さらにはマクロ経済にどれほどの影響を与えうるのだろうか。 ある程度の前提を定めた上で、おおよその影響を定量化してみたい。 米国半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)は2020年2月3日(米国時間)、2019年の世界半導体売上高が前年比12%減の4120億米ドルだったと発表した。 SIAは、「進行中の世界的な貿易紛争や製品価格の周期性などのさまざまな要因が重なった」と分析している。 エレクトロニクス業界の回復を担う技術、今後の開発動向や成長が注目される技術を、10個取り上げる。 2020年はどんな年になりそうなのか。 半導体デバイス、半導体製造装置業界の2020年見通しについて考えてみたい。

次の

田中貴金属工業株式会社|マーケット市況情報

世界 の 市況

56 5,940. 91 5,824. 63 5,683. 90 5,599. 56 5,719. 76 5,985. 12 6,485. 63 6,577. 17 6,807. 60 6,826. 55 6,833. 85 7,006. 52 6,799. 18 6,851. 51 6,825. 27 6,965. 86 6,250. 75 6,051. 05 6,050. 76 6,219. 59 6,195. 92 6,075. 10 6,300. 49 6,439. 46 6,438. 36 6,017. 90 5,882. 23 5,941. 20 5,709. 44 5,759. 25 5,757. 30 5,859. 95 6,077. 21 5,687. 75 5,182. 63 5,057. 97 5,239. 09 1,741. 95 1,480. 44 1,591. 93 1,377. 32 1,417. 38 1,373. 78 1,782. 50 2,601. 67 2,848. 41 年 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 銅 2,661. 48 2,338. 78 2,281. 16 1,913. 08 2,307. 42 2,935. 61 2,294. 86 2,276. 77 1,654. 06 1,572. 86 年 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 銅 1,813. 47 1,578. 29 1,559. 48 1,779. 14 2,865. 88 3,678. 88 6,722. 13 7,118. 23 6,955. 88 5,149. 74 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 銅 7,534. 78 8,828. 19 7,962. 35 7,332. 10 6,863. 40 5,510. 46 4,867. 90 6,169. 94 6,529. 80 6,010. 15 年 2020 銅 5,439. 34 671. 75 658. 27 625. 58 628. 59 634. 36 672. 69 712. 87 728. 25 768. 96 771. 36 771. 72 756. 01 720. 72 736. 68 748. 74 766. 42 696. 45 672. 02 677. 36 701. 41 702. 52 683. 89 695. 25 716. 11 718. 93 661. 09 635. 62 643. 08 606. 76 619. 02 622. 50 637. 52 663. 12 625. 50 556. 06 545. 91 562. 30 383. 66 368. 04 378. 27 326. 58 338. 45 232. 01 255. 01 332. 50 391. 34 年 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 銅 385. 43 314. 96 288. 83 213. 72 234. 65 276. 11 249. 17 274. 72 216. 82 178. 39 年 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 銅 195. 47 191. 62 195. 59 205. 55 309. 91 407. 45 781. 09 838. 20 726. 30 479. 93 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 銅 659. 43 706. 16 635. 45 714. 51 726. 39 666. 66 529. 85 692. 07 720. 41 655. 51 年 2020 銅 589.

次の