テスラ チャート。 TSLAの株価 — テスラのチャート — TradingView

テスラ時価総額でトヨタ超えは本当に過大評価か? 自動車業界の主役交代へ

テスラ チャート

注目チャート130|テスラ(TSLA)• 2020. 皆さんこんにちは。 今年は暖冬とはいえ、寒い日々が続いています。 暦の上では2月3日の節分を迎えたことで立春となり、春となりました。 節分の日は豆まきをして恵方巻を食べた方も多かったのではないでしょうか。 歳徳神という神様がいる方角に向かって無言で巻き寿司を食べると 願い事が叶うと言われており今年の恵方は西南西でした。 元々、節分とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことです。 昔は1年の始まりが春でしたので、立春の節分が今でいう大晦日のような意味合いとなり 1年の邪気を払い神様に向かってお祈りをするという理由もあったのかもしれませんね。 ところで、日本の相場格言には「節分天井、彼岸底」という言葉があります。 これは年始のご祝儀相場からの流れが節分の時期に天井を付け、 彼岸である3月に向けて下がるという格言です。 今年も2月に向けて上がり調整が入っている銘柄も出てきましたので 格言に近い動きをしていると感じている方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、目線を世界に向けると節分天井どころか青天井の様相を呈しています。 青天井とは連日、最高値更新が続き、大天井が確認できないような状況のことを表します。 今週の注目チャートは「青天井」という表現がぴったりの企業を取りあげます。 では、チャートを見ていきましょう。 テスラはナスダック市場に上場している米国の企業です。 米国のカリフォルニアにある二次電池式電気自動車と電気自動車関連商品、 ソーラーパネルや蓄電池等を開発・製造・販売している自動車会社です。 起業家であるイーロン・マスク氏がCEOを務める企業であり 何かと世間を騒がせている会社です。 イーロン・マスク氏はスペースX社を通して 宇宙航空産業にも投資をしている実業家としても有名です。 また、テスラ社はパナソニックやトヨタ自動車とも提携している企業です。 では、チャートのステージを見ていきましょう。 移動平均線大循環分析によるステージCHECK! 現在のステージは第1ステージです。 第1ステージは移動平均線大循環分析においては上昇期です。 小次郎講師流に見れば、帯に傾きが出て間隔が広がっています。 トレンドに勢いがあるのが分かります。 また、逆Cカーブの上昇となっていることも分かります。 ここで反転するのかに注意しながら 短期移動平均線と帯の関係で「CHECK」していきましょう。 チャートの注目ポイント 2018年通期の決算によると、売上高が214億6126万ドルとなり 前年の117億5875万ドルからは約1. 8倍と大きく伸びました。 しかし、最終損益は9億7609万ドルの赤字となっていました。 前年の赤字幅からは縮小しているとはいえ、厳しい決算内容でした。 ところが2019年第3四半期に1億4300万ドルの純利益を上げ さらに2019年10~12月期の決算発表で純利益が1億500万ドルと 2四半期連続の黒字を達成しました。 同社を空売りしていた投資家たちが慌てて買い戻す動きや 年金基金などを含め多くの投資家が買い増しする動きなどが重なり 空前絶後の上昇となり上場来最高値を更新しています。 日本でもテスラと車載電池事業において提携しているパナソニックが 車載電池の北米工場だけなら四半期ベースで初めて黒字化を達成したと ニュースが発表され注目されています。 今後も激しい動きになりそうですので注目していきましょう。 このチャートをどう見るか? 移動平均線大循環分析でチャートを見てみましょう。 まずは200週EMAの動きを見ると価格はその上で推移する動きが続いていましたが 2019年に入って200週EMAを下回ってきました。 その200週EMAを下回るのに下降チャネルラインを形成して下がっています。 綺麗な右肩下がりの動きとなっていました。 そこからチャネルラインの上限を上抜けてから200週EMAに挑戦するも 200週EMAや下降帯の抵抗を受けて反落します。 ただ、その前の安値を割ることは無く 再び下降帯や200週EMAの上抜けに挑戦して更新してきます。 売りにエッジがあるところから買いにエッジがあるところに移行する局面では 大きなローソク足が出てくることがあり、今回は大きな陽線が出ました。 そして、次に長年の抵抗線となっていたトライアングルの上限の抵抗線を上抜けてから 一気に逆Cカーブの展開となって上昇しています。 このような展開の時は、利益確定売りに警戒をしなければいけないのですが そうは言っても上昇が継続している間はポジションを持ち続けなければいけません。 よって、注意が必要なところは手仕舞いのところとなります。 今回のチャートは週足ですが、日足チャートなど足の短いチャートに変更して どこで流れが変わるかを意識して逆指値を出しておく必要があります。 いずれにせよ、このように長期間トライアングルを形成した銘柄が動き出すと 大きな動きになることがあるということを認識しておきましょう。

次の

無料株式チャート、株式相場とトレードのアイデア — TradingView

テスラ チャート

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• テスラの株が大きく上げています。 上場来最高値を超えていくとそこから上には抵抗ラインがありません。 過去どこで買っている人もみんな含み利益になっているので、 「やれやれ売り」が出てくることもない。 そうすると、所謂、「青天井相場」のチャートになる可能性があるわけです。 テスラの場合も見事にそうなっています。 テスラの時価総額は、トヨタを抜き、自動車メーカーのトップになりました。 生産台数でも利益でもトヨタが大きく上ですから、 世界の投資家はテスラの成長性にそれだけ期待しているということですね。 ただ、現在のテスラの株価の高さに疑問を持っている投資家も多く、 空売りの規模が市場空前のサイズになっているよう... (TSLA)テスラ 週足チャート テスラはナスダックに上場している電気自動車の会社ですね。 チャートを見ると垂直に上昇しているのが分かりますね。 ファンダメンタルズを見てみましょう。 上昇の要因は異次元のテスラ株を空売りしていた投資家による損失覚悟の買い戻しのようですね。 それまでのチャートを見ると、拡大トライアングルを形成していました。 その後、チャネルラインを上抜けしており、2019年の秋に200EMAを上抜けてきました。 赤丸のところが二つありますが、下のところが一つ目のチャート上の変化です。 次にトライアングルを上抜けてから急騰しています。 チャネルラインの上抜けが一番目の変化の兆し その後の「上昇のN波動」からの切り返しが二番目の変化の兆し トライアングル上抜けが三番目の変化の兆し 今回のように見事な上... テスラ(旧テスラ・モーターズ)は、電気自動車やエネルギー貯蔵システムの設計、開発、製造、販売と、太陽光およびエネルギー貯蔵製品の設置、運営、維持を行っています。 テスラには大きく分けて2つの事業セグメントがあります。 電気自動車とエネルギー発電および貯蔵です。 自動車部門は、電気自動車の設計、開発、製造、販売を行っています。 エネルギー発電、貯蔵部門では、住宅および商業顧客へのエネルギー貯蔵製品と太陽光発電システムの設計、製造、設置、販売またはリースと、太陽光発電システムによって生成された電力の顧客への販売を行っています。 テスラは、電気自動車、セダンのモデルSとSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)のモデルXを製造、販売しており、大衆市場用に設計されたセダンであるモデル3も取り扱っています。 また家庭や商業施設、公共施設で使用するためのエネルギー貯蔵製品の開発も行っています。

次の

無料株式チャート、株式相場とトレードのアイデア — TradingView

テスラ チャート

Corporate headquarters in San Carlos, CA 750万米ドルを調達した第一回シリーズA投資ラウンドは、2004年4月に共同設立者によって主導され、Compass Technology Partnersが参加した。 南アフリカ生まれの起業家、イーロン・マスクはテスラモーターズの取締役会長に就任し、2005年2月には1300万米ドルを調達したテスラモーターズの第二回シリーズB投資ラウンドを主導した。 この資金提供チームにはValor Equity Partnersが参加した。 マスクはVantagePoint Venture Partnersと共同で2006年3月4000万米ドルを調達した第三回シリーズC投資ラウンドを主導した。 テスラモーターズの第三回投資ラウンドは、共同設立者であると、元社長、相続人などの著名な企業家からの出資を含み、またベンチャーキャピタル会社のDraper Fisher Jurvetson、Capricorn Management、および管理のThe Bay Area Equity Fundを加えた。 2007年5月の第4回シリーズD投資ラウンドは4500万米ドルを追加し、民間金融で1億500万米ドル以上の総投資をもたらした。 2008年5月の第五回シリーズE投資ラウンドは4000万米ドルを追加した。 イーロン・マスク(eBayに買収される前のPayPal社長)はテスラモーターズに個人資金の7000万ドルを提供した。 2009年1月までには、テスラモーターズは1億8700万米ドルを集め、また147台の車両を納入した。 2007年8月、Martin Eberhardの後任に暫定CEOのMichael Marksが就任した。 2007年12月、Ze'ev Droriがテスラモーターズの常任CEOと社長に就任した。 2008年1月、テスラモーターズは新CEOによる勤務評価の後、創業時からの数名の幹部を解雇した。 2008年10月、会長のイーロン・マスクはCEOとしてZe'ev Droriを引き継いだ。 Droriは副会長になり、取締役会に残留した。 2010年1月7日、テスラ・モーターズとは共同で電気自動車用の次世代バッテリーを開発すると発表した。 テスラ・モーターズの最新型のバッテリーパックに、パナソニックのリチウム・イオン・バッテリーを採用する。 2010年4月21日、ロードスターの日本導入を発表し、ロサンゼルス郊外の港で日本向け車両12台を報道関係者に公開した。 それに伴い日本語版ウェブサイトも開発され、ロードスターの予約が開始された。 価格は1,810万円だった。 2010年5月20日、テスラ・モーターズはと電気自動車の分野における共同開発を行う業務提携契約を結ぶことを発表した。 現在は使われていないのの工場を利用し、数千人の雇用を生み出すことが期待された。 この契約にはトヨタ側がテスラの株を5000万ドル分買い取ることも含まれた。 しかし協業は進展せず、2014年にはトヨタがテスラ株式を一部売却。 トヨタによると、残りの株式も2016年末までにすべて市場で売却した。 2018年9月29日、イーロン・マスク最高経営責任者 CEO が誤ったツイートで投資家を惑わせたとして米証券取引委員会 SEC に提訴された問題で、マスク氏は罰金2000万ドル 約22億円 を支払ってSECとの和解に応じ、CEOにとどまる一方、会長職を退くことに同意した。 テスラは11月7日、これまでテスラの社外取締役などを務めていたロビン・デンホルム氏を新たな会長に指名した、と発表した。 2019年4月22日、今まで他社に頼らざるを得なかった自動運転用半導体を、自社で開発したと発表した。 2020年4月23日社外取締役就任。 製品 [ ] 電気自動車 [ ] テスラ・ロードスター 2008 [ ] Tesla Roadster 2008年に販売されたテスラモーターズの最初の生産車両「 ロードスター(Roadster)」はリアドライブ・スポーツカー仕様のであり、車体のベースは「 (Lotus cars 」のものである。 プロトタイプは2006年7月に一般に紹介され、またロードスターは同年12月には誌選出による「Best Inventions 2006 - Transportation Invention」の受賞者として表紙を飾った。 2008年2月、最初の生産型が取締役会長イーロン・マスクに届けられ、そして一般的な生産は2008年3月17日に開始された。 発売から人気は高く、98,000ドル(約1,000万円)の高値にもかかわらず、最初のロードスター「Signature One Hundred」は3週間足らずで完売 、さらに2007年10月には2回目の100台が完売した。 2008年5月2日時点では600台以上のロードスターが予約され、400台以上が順番待ちとなっている。 02米ドルと見積もられている。 非常に排他的だったためロードスターの批評記事はほとんどなかった。 初期の非専門家による で、それまで公開されなかったいくつかの情報が議論された。 完全な電気自動車のためエンジンの始動音がなく、運転者はチャイムで迎えられる。 ダッシュボードは、速度と回転数を表示する以外に、何アンペアが即座に使用されているかを示す。 また残量の状態を示し充電中にも点灯する、特別なバッテリー制御スクリーンもある。 イギリス自動車番組のレビューでは、で同条件のポルシェ911 GT3と同じラップタイムを出したが、ロータスよりも重い車重とエコタイヤによるグリップの低さ、およびサーキット走行時の航続距離の短さが指摘された。 2010年4月21日にはテスラモーターズが「ロードスター」の日本での発売開始を発表し、ロサンゼルス郊外の港で日本向け12台を報道関係者に公開した。 初出荷分は売約済みで、価格は1,810万円。 また、横浜ゴムのブルーアースのCMでも使用されている。 モデルS [ ] テスラ・モデル S テスラモーターズは2008年時点で、2010年モデルとして導入される予定の「 ホワイトスター」というコードネームで呼ばれるにも取り組んでいた。 その段階で、モデルSの推定価格は60,000米ドルであり、やなどの車に代わる物として設計されていた。 カリフォルニア州知事 はこの新しいモデルの発表会に出席し、モデルSがカリフォルニア州の新工場で造られることを発表した。 2012年6月にアメリカで発売され、2013年日本で発売された。 乗車定員5人のセダンタイプで、家庭用コンセントから充電可能。 2020年6月現在、最も航続距離の長い市販電気自動車であり、EPA基準で402 マイル 647 km。 ルーディクラスパフォーマンスモデルは2. モデルX [ ] テスラ・モデル 3 2016年4月1日に発表されたより小型で低価格な5人乗りセダン。 日本国内では2019年9月に納車を開始し、スタンダードレンジプラス、ロングレンジAWD、パフォーマンスの3グレードが発売されている。 モデルY [ ] モデルY 2019年3月14日に発表されたコンパクトSUV。 モデル3の車台をベースにし、部品の75%はモデル3と同じものを使用している。 2020年1月に生産を開始した。 オプションの3列シートでは最大7名が乗車できる。 計画中のモデル [ ] Semi セミ [ ] テスラ・ロードスター 2020 Semiと同時に発表された新型ロードスター。 初代とは異なりテスラのオリジナルデザインで、4人乗りとなり、頭上のガラスルーフを脱着するタルガトップを採用する。 2021年に生産開始予定。 価格は20万ドルから。 パッケージでは、後部座席の代わりに、10個の小型ロケット推進システムを装着し、加速や最高速、ブレーキ、コーナリングなどの各性能を劇的に引き上げる、としている。 Cybertruck サイバートラック [ ] 2019年11月21日に発表された、6人乗りのピックアップトラック。 9秒、航続距離は500マイル強となる。 生産は2021年終盤に開始する見通し。 価格は3万9900ドルから。 強度の高いステンレス鋼やガラスが使用され、発表会では9ミリの銃弾にも耐えられることを示すビデオを公開し、けた外れの耐久性をアピールしたが、実演としてアシスタントの一人が鉄のボールを窓に投げつけたところ、はじき返したもののガラスに大きなひびが入る一幕があった。 スレッジハンマーによるボディ強度のデモも行われ、2度ほどのハンマーのフルスイングでもドアにへこみがつくことはなかった。 事前注文は発表会後の2日間で14万6000台 、5日間で25万台に達した。 電力システム [ ] 住宅太陽電池パネル [ ] テスラはソーラーシティ社 イーロン・マスク氏が会長を務める別会社 を買収し、家庭の屋根に取り付けるシステムを米国内で提供している。 これは、家庭の充電器により使用される電力を相殺することを意図しており、の負担なしで1日当たり80 km(50マイル)の旅行を可能にする。 ソーラールーフ [ ] Tesla Solar Roof 2016年10月に発表された、太陽光パネルと屋根用タイルを一体化した建材一体型太陽電池。 従来の太陽光パネルと違い、屋根の上に取り付けるのではなく、屋根そのものが太陽光パネルになっている。 浅い角度から見るとごく普通の屋根タイルに見えるようになっており、外観に影響なく太陽光パネルを導入できる。 また、主にガラス素材でできているが、通常のテラコッタやスレートのタイルに比べても高い耐久性を持っているため、実用性には問題ないとされている。 「スムース」、「テクスチャード」、ストーン調の「スレート」、テラコッタ風の「トスカーナ」の4タイプがある。 アメリカ国内では2017年中に出荷・設置が開始され、それ以外の地域では2018年の開始を予定している。 パワーウォール [ ] Tesla Powerwall 2 家庭用リチウムイオン蓄電池。 現在販売されているのは第2世代のもので、電池容量は13. 最大で10台まで連結可能。 パワーパック [ ] 企業および電力会社向け蓄電池。 電力需要のピークカット、停電時のバックアップ、太陽光発電電力の出力変動対策などさまざまな用途で実績があるとしている。 米国や豪州などで導入が先行している。 日本でも2017年から販売をはじめ、すでに6カ所の実績がある。 このほかにも受注しており、さらに納入実績が増えるとしている。 太陽光発電と蓄電システムの組み合わせにより、燃料費が不要になり、安定供給が可能な電源によるマイクログリッドを実現できる。 充電器 [ ] スーパーチャージャー [ ] のスーパーチャージャー テスラは同社のEV専用の急速充電器「スーパーチャージャー」を設置している。 車載充電器を介することなく直接バッテリーへ充電を行う。 規格充電器の最大モデルの2倍以上のスピードで充電が可能とされ、約20分でモデルSのバッテリーの半分(約250 km分)を充電できる。 小型で最大出力75 kWの都市型タイプも存在する。 2018年12月19日には京都に北米以外で初の都市型スーパーチャージャーが設置された。 2019年3月7日、テスラは第3世代のスーパーチャージャーV3を発表した。 出力は最大250 kWとなり、第2世代のように2機1組となっていたため隣り合わせで同時に充電すると出力が半分になることもなくなった。 最大充電速度120 kWだったV2も改訂することで、145 kWを提供する。 ヨーロッパおよびアジア太平洋地域では第4四半期から設置開始する計画。 日本国内の設置場所はを参照 公共の充電設備 [ ] 普通充電設備 J1772 専用のアダプターや、CHAdeMO用の専用アダプター、モバイルコネクターを使用すれば、公共の充電設備やコンセントからも充電できる。 オートパイロット [ ] テスラ・オートパイロットは、テスラが提供するで、レーンのセンタリング、アダプティブクルーズコントロール、セルフパーキング、車線の自動変更機能、ガレージやパーキングスポットへの出入り等を可能にする。 テスラは、オートパイロットのソフトウェアアップデートによる機能改良で完全自律運転を可能にするとしているが、大半の自動車メーカーが開発するが頼りにしているを必要としておらず、代わりにや、、、センサー、ソフトウェアの組み合わせに頼っている。 ハードウェア1 [ ] オートパイロットは2014年10月9日にモデルS用に最初に提供され、その後モデルXにその発売時に提供された。 オートパイロットを初めて顧客に提供するソフトウェアは、Teslaのバージョン7. 0の一部として2015年10月中旬にリリースされた。 当時のオートパイロット機能には、半自動運転と駐車機能が含まれていた。 オートパイロットの初期バージョンはと共同で開発された。 テスラとMobileyeは、2016年7月にパートナーシップを終了した。 ハードウェア2 [ ] Tesla HW2 2016年10月20日、テスラは生産する全ての車両に完全自動運転の実現に必要なカメラやセンサーなどのハードウェアを搭載することを発表した。 エクステリアに設置された8台のカメラを利用して、車載システム「テスラビジョン」にデータを送る。 12台の超音波センサーはアップグレードされ、レーダーも改良されている。 AIチップとして製DRIVE PX2を搭載、処理能力が前機種の40倍で、必要なAIソフトウェアを稼働する。 ハードウェア3 [ ] 2019年4月22日、テスラは自動運転に関する投資家説明会「Autonomy Day」で、自社設計の自動運転コンピューターを搭載した車の生産を開始し、がテキサス州オースティンで生産する自社設計の半導体に切り替えたことを明らかにした。 マスクCEOによるとNVIDIAチップが映像認識性能で200fpsなのに対して、テスラチップは2000fpsを実現。 冗長性やフェイルオーバーの仕組みを取り込みマージンを取った状態で、NVIDIAシステムを10倍上回ると述べた。 施設 [ ] テスラは、ロードスターの開発の多くが行われたカリフォルニア州サン・カルロスで設立された。 2010年、テスラは本社をパロアルトに移転し、パワートレイン開発施設を開設した。 工場 [ ] テスラファクトリー [ ] 「」も参照 ギガファクトリー1はテスラがとの合弁で米国スパークス郊外に建設中のの生産工場である。 2014年6月に着工し、建設は段階的に行われ、完成した生産ラインから順次稼働を開始している。 2018年半ばには、ギガファクトリー1におけるバッテリー生産は年間でおおよそ20GWhに達し、世界最大のバッテリー生産工場となった。 2019年3月現在、ギガファクトリーではモデル3のドライブトレインおよびバッテリーパック、PowerwallおよびPowerpackが製造されている。 工場内は3階建てとなっており、パナソニックとテスラのフロアで分かれている。 床には資材運搬用の穴が開けられており、パナソニックが生産したセルをテスラに搬送して最終仕上げを行う。 工場と周辺の土地をあわせた総敷地面積は3200エーカー 13平方キロメートル と、東京ドームに換算すると約280個分に相当。 敷地内には、風力発電などの設備も作られる予定で、2020年までに最大生産能力に達することを目指している。 ギガファクトリー2 ギガ・ニューヨーク [ ] ニューヨーク州にある120万平方フィートの工場。 パナソニックと提携し、2017年に太陽電池とモジュールの生産を開始し、2019年にはスーパーチャージャーおよびエネルギー貯蔵製品の電気部品をサポートする新しい生産ラインを追加した。 ギガファクトリー3 ギガ・上海 [ ] 2018年6月にマスクはテスラ初の海外工場をのに建設することを発表 、2019年1月7日に着工した。 モデル3とモデルYの2車種を生産し、初期段階の年間生産能力は25万台となる予定。 2019年12月30日に従業員顧客向け、2020年1月7日に一般顧客向けのモデル3 初ロットの出荷式を行った。 ギガファクトリー4 ギガ・ベルリン [ ] 2019年11月12日、マスクはテスラにとって欧州初となる工場をのに建設すると明らかにした。 電池と駆動装置も製造し、生産はモデルYから始めるとの見通しを示している。 テスラロードスターの車台はノルウェーで作られている一方、ブレーキ及びエアバッグはドイツで作られている。 テスラモーターズはのReductive Chargingの特許を認可された。 それは数を減らし簡素化する方法で充電をインバータに集約する。 テスラモーターズはAC Propulsionから認可を受けた技術を組み込むオリジナルの機構、モーター、駆動系部品などの設計と製造を行った。 テスラモーターズはと重要な関係を持っている。 当時コードネーム「ダークスター」(Dark Star)と呼ばれていた、テスラ・ロードスターの最終的なスタイルのためデザインコンテストが開催され、ロータスのデザインスタジオが優勝した。 フロントガラスやエアバッグシステムのように、テスラ・ロードスターはからのいくつかの部品を含んでいるが、車台もボディパネルのどれもロータス・カーズから供給されない。 ロータスから認可された、ロータス・エリーゼの車台を基にした車台設計は、エリーゼの車台を作るために使われる物と同じロータスのソフトウェアツールを用いて、同じノルウェーの製造業者によって作られた。 同様に、テスラモーターズと提携する契約の下でロータス・デザイン・スタジオのBarney Hattによってボディパネルが設計されたが、製造は炭素繊維を用いて第三者の業者で行われた。 テスラ・ロードスターの最終組み立ては、・のヘセル( Hethel )にあるロータス・カーズで、ロータス・カーズとテスラモーターズ両方の従業員により行われる。 テスラ・エネルギー・グループ [ ] テスラモーターズの電池技術への探究心は「テスラ・エネルギー・グループ」と呼ばれる部門を成立する事となる。 がテスラモーターズの電気自動車用電池の開発と配送を発注した最初の顧客となった。 テスラモーターズは生産と技術上の遅れにより計画を保留し、またその結果、Thinkは新しい電池供給者としてを見つけた。 テスラモーターズの動力および駆動系ビジネスは2008年10月時点で利益をもたらしていた。 パナソニック [ ] パナソニックエナジー社の野口直人社長とテスラのJ・B・ストラウベルCTO 2010年1月12日、テスラモーターズとパナソニックは共同で電気自動車用次世代バッテリーの開発を行うと発表した。 パナソニックはテスラへ3000万ドルを出資し、従来の18650と比べ容量がおよそ2倍にまで高められている新しいリチウムイオンバッテリー2170セルを開発。 パワーウォールやモデル3に搭載される。 テスラは2016年12月、ニューヨーク州バッファロー工場で太陽電池セルとモジュールの生産を開始することで合意したと発表した。 Solar Roofの生産を開始する際には、パナソニックのセルが使用されるとしている。 2017年1月4日、米ネバダ州リノに建設を進めていたリチウムイオン電池の生産工場で、パナソニックと共同でリチウムイオン蓄電池の量産を開始したと発表した。 ダイムラー [ ] テスラモーターズは電気自動車版用の電気駆動系装置を造るためにと提携した。 10月21日、ダイムラーは保有するテスラ株約4%を売却、テスラとの資本提携を解消したと発表した。 トヨタ自動車 [ ] 、EVそのものや部品の開発も含めての業務・資本提携に合意したと、の社長とテスラのCEOがカリフォルニア州で発表した。 また、先日閉鎖されたでや共同開発のEVを生産する予定であるとも発表した。 5月、テスラ製のバッテリーシステムを搭載した「」をカリフォルニア州において年内に発売すると発表。 、トヨタ自動車はテスラ株(一時は3. 訴訟 [ ] 2008年3月、テスラモーターズは ()に対する訴訟を起こしたと発表した。 ( Henrik Fisker )が「ハイブリッド車および電気自動車の設計に関する発案と機密情報を盗んだ」("stole design ideas and confidential information related to the design of hybrid and electric cars")としている。 テスラモーターズはホワイトスター セダンの設計のためにフィスカーを雇用したが、イーロン・マスク会長に「基準以下」と見なされ、その設計を採用しないことを決定した。 同様にの自動車番組「」2008年12月放送分に対するものがある。 これは同番組特有の過激な表現がロードスターに対する信頼性を損なうものであることが理由とされている。 また、番組中起こったトラブルに対する見解の違いも理由となっている。 逆にテスラが他者に訴えられた例としては、2008年3月、提供したサービスの代金が一度も支払われていないとして、はテスラモーターズに対して訴訟を起こした。 テスラモーターズはロードスター用2段を設計するためにマグナを起用した。 マグナ設計の変速機は現在のモデルには使用されていない。 呼称 [ ] テスラモーターズは、およびであるにちなみ名付けられた。 先見の明が有りやの送電システムは彼の考案・設計によるものである。 この発明により、はるか遠方から安定した電力を送配電し提供することが可能となった。 これはがニコラ・テスラととの間で何年にもわたり争い続けた「」の問題であり、最終的にはニコラ・テスラとジョージ・ウェスティングハウスが勝利を収めた。 テスラ・ロードスターの発電機は基本的にである。 2017年2月1日、テスラモーターズは社名を「テスラ」に変更した。 2016年11月に太陽光発電事業を手がける米ソーラーシティの買収を完了したため、交通・エネルギー企業として事業が拡大している実態を社名に反映させた。 イーロン・マスクCEOは、社名に「ファラデー」を考えていた。 ファラデーは、別の人物が後に創業している。 また、テスラの正しい発音について、"Tez-lah テズラ " だとしている。 取締役会 [ ] 2018年12月現在の取締役会 :• Robyn Denholm, 会長、CFO and Head of Strategy of Telstra• , CEO兼Product Architect、設立者 CEO兼CTO、SolarCity会長• Brad W. Buss, SolarCity前CFO、Cypress Semiconductor Corp前CFO• Ira Ehrenpreis, General Partner at Technology Partners• Larry Ellison, Co-founder, Chairman and CTO of Oracle Corporation• Antonio J. Gracias, CEO and Chairman of the Investment Committee at Valor Equity Partners• Steve Jurvetson, Managing Director, Draper Fisher Jurvetson• Kimbal Musk, Co-founder of The Kitchen• James Murdoch, CEO of 21st Century Fox• Linda Johnson Rice, CEO and Chairman of Johnson Publishing Company• Kathleen Wilson-Thompson, Senior Vice President and Chief Human Resources Officer of Walgreens Boots Alliance Walgreens Boots Alliance, Inc. 脚注 [ ]• 2008年6月22日閲覧。 Tesla Motors. 2008年6月10日閲覧。 English. Bloomberg. com. 2009年2月10日閲覧。 Crunchbase. com 2008年11月18日. 2009年2月10日閲覧。 2007年8月15日閲覧。 Anita Lienert, Correspondent 2008年1月11日. Edmund's Inside Line. 2008年1月22日時点のよりアーカイブ。 2008年2月8日閲覧。 2010年5月20日閲覧。 ロイター. 2017年6月4日. 2017年11月4日閲覧。 日本語. CNN. 2018年10月9日閲覧。 2019年3月18日閲覧。 Bloomberg. com. 2019年5月1日閲覧。 2020年4月23日閲覧。 2009年1月20日閲覧。 Tesla Motors 2008年3月17日. 2008年3月20日閲覧。 Megawatt Motorworks. 2016年4月11日時点のよりアーカイブ。 2009年1月20日閲覧。 AutoWeek. 2008年5月2日. 2008年5月5日閲覧。 2009年3月20日閲覧。 [ ]• 2009年2月15日閲覧。 2012年6月7日閲覧。 Engadget. 2008年7月1日閲覧。 ] 2009-08-01閲覧。 [ ]• 2009年1月20日閲覧。 Gigazine 2020年6月16日• Tesla. 2019年9月19日閲覧。 2019年3月18日閲覧。 Tesla. 2019年9月17日閲覧。 2019年3月17日閲覧。 CNET Japan 2019年3月4日. 2020年2月6日閲覧。 Response. 2019年3月15日. 2020年2月6日閲覧。 TechCrunch Japan 2020年1月30日. 2020年2月6日閲覧。 Electrek 2018年4月25日. 2019年4月25日閲覧。 Gigazine 2017年11月19日. 2019年3月16日閲覧。 Response. 2017年11月28日. 2019年3月31日閲覧。 Response. 2018年6月11日. 2019年4月27日閲覧。 Response. 2017年11月20日. 2019年4月27日閲覧。 Gizmodo 2019年1月11日. 2019年4月27日閲覧。 日本経済新聞 2019年11月22日• Reuters 2019年11月22日• AFP 2019年11月22日. 2019年11月23日閲覧。 Response 2019年11月24日• CNN. jp 2019年11月24日• Reuters 2019年11月27日• 2017年11月11日閲覧。 テスラモーターズ. 2015年10月8日閲覧。 2017年11月11日閲覧。 、2014年9月11日• SankeiBiz. 2018年12月18日. TechCrunch 2019年3月08日• テスラ ジャパン 2020年2月17日閲覧• テスラモーターズジャパン• テスラ ジャパン 2019年9月27日閲覧• テスラ ジャパン 2020年2月17日閲覧• テスラ・ジャパン. 2019年5月18日閲覧。 Reuters 2019年3月11日• TechCrunch 2019年4月23日• Lambert, Fred 2016年11月10日. Electrek. 2016年11月13日閲覧。 Nelson, Gabe 2015年10月14日. Automotive News. 2015年10月19日閲覧。 Engadget 2014年10月9日. 2014年10月10日閲覧。 AutoblogGreen. 2014年10月10日閲覧。 White, Joseph B. 2014年10月10日. 2015年3月21日閲覧。 gigazine 2016年11月7日• WIRED 2017年2月22日• Engadget 2018年8月2日• Bloomberg 2019年4月22日• gigazine 2018年8月3日• 日刊工業新聞電子版. 2018年7月21日閲覧。 Tesla 2020年1月25日閲覧• ロイター 2018年1月10日• 2018年10月1日. 2019年3月25日閲覧。 ロイター 2019年1月7日• AFP BB NEWS 2020年1月7日• ロイター 2019年11月13日• Forbes. 2007年3月18日. 2009年6月9日閲覧。 プレスリリース , Tesla Motors, 2007年5月22日 ,• Musk, Elon 2008年10月15日. Tesla Motors. 2009年1月8日閲覧。 BusinessWire 2010年1月12日• Response 2017年12月11日• スマートジャパン 2017年1月11日• Greentech Media. 2009年6月9日閲覧。 Teslamotors. com 2009年5月19日. 2009年6月9日閲覧。 Daimler. com 2009年5月19日. 2009年6月9日閲覧。 レスポンス. 2010年5月21日. 2011年2月15日閲覧。 朝日新聞デジタル(2017年6月3日)2017年6月3日閲覧• Autoblog. 2009年1月20日閲覧。 Response 2011. Autoblog. 2009年1月20日閲覧。 Tesla, Inc.. 2018年6月30日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (日本語)• (英語)• 27 ()• 28 ()• 32 ()• 34 ()• 35 ()• 41 ()• 44 ()• 47 ()• 51 ()• 52 ()• 55 ()• 60 ()• 61 ()• 62 ()• 63 ()• 64 ()• 66 ()• 67 ()• 69 ()• 70 ()• 71 ()• 72 ()• 73 ()• 74 ()• 80 ()• 82 ()• 84 ()• 85 ()• 86 ()• 87 ()• 88 ()• 89 ()• 93 ()• 100• 101 ()• 102• 103• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年6月22日入替銘柄.

次の