スーパーカービィハンターズ wiki。 星のカービィ スーパーカービィハンターズ大激闘!の巻

アナザーナイトメア

スーパーカービィハンターズ wiki

カービィニュース [] 正直記載すべきニュースが多すぎるので詳細はをご覧ください!! ゲーム関連のニュース• 【2019年9月13日】 初代『 』発売から10000日!! 【2019年9月5日】 『 』基本無料で配信!! 【2019年4月27日】 27周年!! 【2019年3月7日】 『 』発売中!! 【2018年3月16日】 で『 』発売中!! 【2017年11月30日】 最強カービィ決定戦! 『 』発売!! コピー能力総選挙も開催!! 【2017年7月4日】 『 』配信中!! 【2017年4月13日】 『 』配信中! なんと 無料! 【2016年12月15日】 『 』公式サイト 現『 星のカービィポータル』 がオープン! ゲーム関連のニュース2• 【2018年12月7日】 Nintendo Switch『 』にカービィ・デデデ大王・メタナイト参戦! 書籍・漫画関連ニュース• 【2020年8月28日】 『 』単行本発売! 【2020年7月14日】 角川つばさ第15弾『 』発売! 【2020年7月10日】 『 』傑作選第4弾、 発売! 【2020年7月9日】 『 星のカービィ ホログラムアートシール』発売! 【2020年3月27日】 『 いつでもカービィ』第3巻発売! 【2020年3月14日】 角川つばさ第16弾『 』、単行本第2巻『 』、さらに『 』発売予定! イベント・グッズ関連のニュース• 【2020年7月10日】 第6弾開催! 【2020年7月9日】 Summer2020開催! 【2019年2月14日】! 【2018年11月9日】 バンプレストの一番くじ第10弾 復活第8弾 「 」発売! 【2018年6月26日】 「」の。! カービィWikiでの募集記事 [] カービィWikiでは、現在以下のような記事を書いてくれる人を募集しています! 各種、に関する記事• 『』の4コマ「おちた」・「スライディング」を掲載している雑誌情報• 過去から現在に至るまでに発売・アミューズメントグッズとなったの記事。 できればKB番号の情報も欲しい 最近多すぎて手が回らない…!! こちらの でも募集しておりますのでお気軽にどうぞ! に関する記事• 外国語名セクションの記述、リンク微修正、英名ソースの確認• 情報提供の募集:• の記事の内容の精査• 『』、 『』の「あいことば」に関する情報。 の各作品の記事へのメインキャラクターの活躍の加筆.

次の

星のカービィ ロボボプラネット

スーパーカービィハンターズ wiki

概要 専用DLソフト。 3DS配信ソフト『』のグレードアップ版。 「スーパー」の通り、内容がさらにパワーアップしている。 「Nintendo Direct 2019. 5」で情報が公開され、放送終了後に配信された。 主な変更点• スタンプの追加。 詳しくは後述。 サポートの書の種類が増加。 新規ボスが追加。 詳しくは後述。 クエストが100種類以上に増加。 みんなでクエストがオンラインに対応。 勇者ミッションの数が約3倍増加。 総数は900にものぼる。 装備の増加。 詳しくは後述。 HPが満タンの時に「元気アタック」が発生し、その状態で敵に与えるダメージが1. 2倍になった。 これにより前作で冷遇されていたヒールドクターにも活躍の場が増えた。 BGMがリミックスを中心にほぼ新規のものに。 オンラインプレイが可能になった。 ただ、海外ユーザーとマッチングした場合、特にアナザーランディア戦では、処理落ちが激しくなるという報告もある。 ボスキャラクター 前作の『カービィハンターズZ』に登場したボスも一部を除いてほとんど登場し、計30体以上のボスがカービィ達の行方を阻む。 因みに、3Dモデルや攻撃モーションは『カービィハンターズZ』や『』、『』などので発売されたタイトルのものが基準になっており、『』でモデルが新しくなったMr. フロスティやクラッコなどの一部のボスは各3DSタイトルで登場した際のモデルを元にしている。 前作にも登場していたボス• グラン・カブー• グラン・ホットヘッド• ラージローパー• 今作で初登場したボス• 『』に登場した巨大なカブトムシのボス。 チュートリアル戦で最初に戦うボスでもある。 槍を携えた巨大。 槍による一撃は強力。 『カービィハンターズZ』におけるグラン・ワドルディのパワーアップ版。 『』に登場したが巨大化したようなボス。 他の「グラン」系ボスと徒党を組み、「ウェーブショット」や「なみのり」で攻撃を仕掛ける。 『トリプルデラックス』に登場したを巨大化させた様なボス。 太眉がトレードマーク。 トゲトゲヘアーが特徴のの亜種。 雷を纏ったハンマーを武器にして戦い、電気が迸るココナッツを投げつけてくる。 燃え盛る重厚な赤い鎧を纏ったの亜種。 炎を纏った大剣を振るう。 角が増えているなど赤の おそらくマッシャー師団長 に酷似しているが差別化の為か、頭頂部の角はモヒカンになっている かと言って別にモヒカンを投げつけたりしない。 水着姿が特徴的なの亜種。 爽やかに水しぶきを上げつつ動き回って翻弄し、水球を口に含むと豪快に水流を放てる。 ちなみにスーパーカービィハンターズ発表前日にが• 青い鎧に氷の力を纏わせたの亜種。 氷のカッターを投げ飛ばして攻撃する。 雷の力を操るの亜種。 電気を吐いてきたり、周囲に電磁波を発生させて攻撃を行なう。 尚、アイスドラゴンの亜種の話に関してはロボボプラネットの時に仄めかされていた。 毒雲で構成されたの亜種。 雷のみならず、周囲に広範囲の毒ガス攻撃を仕掛ける危険なヤツ。 CV: 本作の主要ボス。 プププ王国の支配を目論む、謎の魔術師。 前作のに相当する立ち位置。 カービィが戦ったに酷似した姿を持っている。 因み、声を担当する銀河氏はでナイトメアウィザードの声を演じている。 ただ、声色はどちらかと言うとそちらの手下であるに近い。 異空をさまよった末に、さらなる力を得た美しき侵略者。 火の山をおさめるマグマ界のトップ・オブ・。 ちなみに似た名前、配色なため勘違いされやすいが、登場していたのは DXであり、姿も微妙に異なっている。 本作のラスボス。 アナザーナイトメアによって呼び出された戦士。 その姿はそのものだが…。 本作の真のラスボス。 上記の存在が光に染まったような神々しい姿を持つ。 本作の裏ボス。 上記の存在が闇に染まったような毒々しい色合いになっている。 なお、この3体はある攻撃の際にが映りこむことがある。 装備 前作はランク10までだったが、最大ランク15に到達。 さらに一つのランクに対して複数のぶきやぼうぐが用意されていることもあるため、前作以上にジェムリンゴとかけらが吸われる。 前作にも存在した「Z強化」でぶきやぼうぐも強力なものになる要素は健在。 さらに今作では、Z強化をはるかに上回る「 SZ強化(スーパーZ強化)」が存在する。 その性能たるや、 ランク1の装備ですら、SZ強化すれば無強化のランク15装備の性能を倍以上も上回るほどに強力。 わいわいクエストの導入で貰える数が増えたとは言え要求されるジェムリンゴ数は更に多くなり、前作よりもジェムリンゴを得る機会が増えてはいるものの枯渇必至。 なお、最強のランク15装備 スターライト装備 のSZ化は最高難度のクエストをクリアしないとできない。 性能は前作から変更されており、特にマジックビームは全体的にチャージスピードが減少し、チャージビームで時間を停止させてハイスコアを狙う戦術が弱体化している(前作でのZ化したプラチナセット装備と本作でのSZ化したスターライトセット装備のチャージスピードを見比べるとZ化したプラチナセット装備のほうがチャージスピードが速いのがわかる)。 スタンプ 戦闘準備と戦闘中にメッセージ入りのキャラスタンプを使用できる。 使用できるスタンプは主に関連のもので殆ど公式イラストからの流用となっている。 関連動画 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

カービィWiki

スーパーカービィハンターズ wiki

概要 専用DLソフト。 3DS配信ソフト『』のグレードアップ版。 「スーパー」の通り、内容がさらにパワーアップしている。 「Nintendo Direct 2019. 5」で情報が公開され、放送終了後に配信された。 主な変更点• スタンプの追加。 詳しくは後述。 サポートの書の種類が増加。 新規ボスが追加。 詳しくは後述。 クエストが100種類以上に増加。 みんなでクエストがオンラインに対応。 勇者ミッションの数が約3倍増加。 総数は900にものぼる。 装備の増加。 詳しくは後述。 HPが満タンの時に「元気アタック」が発生し、その状態で敵に与えるダメージが1. 2倍になった。 これにより前作で冷遇されていたヒールドクターにも活躍の場が増えた。 BGMがリミックスを中心にほぼ新規のものに。 オンラインプレイが可能になった。 ただ、海外ユーザーとマッチングした場合、特にアナザーランディア戦では、処理落ちが激しくなるという報告もある。 ボスキャラクター 前作の『カービィハンターズZ』に登場したボスも一部を除いてほとんど登場し、計30体以上のボスがカービィ達の行方を阻む。 因みに、3Dモデルや攻撃モーションは『カービィハンターズZ』や『』、『』などので発売されたタイトルのものが基準になっており、『』でモデルが新しくなったMr. フロスティやクラッコなどの一部のボスは各3DSタイトルで登場した際のモデルを元にしている。 前作にも登場していたボス• グラン・カブー• グラン・ホットヘッド• ラージローパー• 今作で初登場したボス• 『』に登場した巨大なカブトムシのボス。 チュートリアル戦で最初に戦うボスでもある。 槍を携えた巨大。 槍による一撃は強力。 『カービィハンターズZ』におけるグラン・ワドルディのパワーアップ版。 『』に登場したが巨大化したようなボス。 他の「グラン」系ボスと徒党を組み、「ウェーブショット」や「なみのり」で攻撃を仕掛ける。 『トリプルデラックス』に登場したを巨大化させた様なボス。 太眉がトレードマーク。 トゲトゲヘアーが特徴のの亜種。 雷を纏ったハンマーを武器にして戦い、電気が迸るココナッツを投げつけてくる。 燃え盛る重厚な赤い鎧を纏ったの亜種。 炎を纏った大剣を振るう。 角が増えているなど赤の おそらくマッシャー師団長 に酷似しているが差別化の為か、頭頂部の角はモヒカンになっている かと言って別にモヒカンを投げつけたりしない。 水着姿が特徴的なの亜種。 爽やかに水しぶきを上げつつ動き回って翻弄し、水球を口に含むと豪快に水流を放てる。 ちなみにスーパーカービィハンターズ発表前日にが• 青い鎧に氷の力を纏わせたの亜種。 氷のカッターを投げ飛ばして攻撃する。 雷の力を操るの亜種。 電気を吐いてきたり、周囲に電磁波を発生させて攻撃を行なう。 尚、アイスドラゴンの亜種の話に関してはロボボプラネットの時に仄めかされていた。 毒雲で構成されたの亜種。 雷のみならず、周囲に広範囲の毒ガス攻撃を仕掛ける危険なヤツ。 CV: 本作の主要ボス。 プププ王国の支配を目論む、謎の魔術師。 前作のに相当する立ち位置。 カービィが戦ったに酷似した姿を持っている。 因み、声を担当する銀河氏はでナイトメアウィザードの声を演じている。 ただ、声色はどちらかと言うとそちらの手下であるに近い。 異空をさまよった末に、さらなる力を得た美しき侵略者。 火の山をおさめるマグマ界のトップ・オブ・。 ちなみに似た名前、配色なため勘違いされやすいが、登場していたのは DXであり、姿も微妙に異なっている。 本作のラスボス。 アナザーナイトメアによって呼び出された戦士。 その姿はそのものだが…。 本作の真のラスボス。 上記の存在が光に染まったような神々しい姿を持つ。 本作の裏ボス。 上記の存在が闇に染まったような毒々しい色合いになっている。 なお、この3体はある攻撃の際にが映りこむことがある。 装備 前作はランク10までだったが、最大ランク15に到達。 さらに一つのランクに対して複数のぶきやぼうぐが用意されていることもあるため、前作以上にジェムリンゴとかけらが吸われる。 前作にも存在した「Z強化」でぶきやぼうぐも強力なものになる要素は健在。 さらに今作では、Z強化をはるかに上回る「 SZ強化(スーパーZ強化)」が存在する。 その性能たるや、 ランク1の装備ですら、SZ強化すれば無強化のランク15装備の性能を倍以上も上回るほどに強力。 わいわいクエストの導入で貰える数が増えたとは言え要求されるジェムリンゴ数は更に多くなり、前作よりもジェムリンゴを得る機会が増えてはいるものの枯渇必至。 なお、最強のランク15装備 スターライト装備 のSZ化は最高難度のクエストをクリアしないとできない。 性能は前作から変更されており、特にマジックビームは全体的にチャージスピードが減少し、チャージビームで時間を停止させてハイスコアを狙う戦術が弱体化している(前作でのZ化したプラチナセット装備と本作でのSZ化したスターライトセット装備のチャージスピードを見比べるとZ化したプラチナセット装備のほうがチャージスピードが速いのがわかる)。 スタンプ 戦闘準備と戦闘中にメッセージ入りのキャラスタンプを使用できる。 使用できるスタンプは主に関連のもので殆ど公式イラストからの流用となっている。 関連動画 関連タグ 関連記事 親記事.

次の