司法 書士 と は。 明成法務司法書士法人|東京都新宿区・埼玉県新座市

江戸川区で相続・登記のお手続きならピクシス司法書士・行政書士

司法 書士 と は

詳しくはこちら• 難関資格といわれる司法書士。 その分資格取得後の社会的ステータスも非常に高く、努力次第で高収入が得られるという点に大きな魅力が。 ユーキャンは挑戦するあなたを応援するため、司法書士講座を受講し、試験に合格された方に、お支払いいただいた学費の全額をキャッシュバックさせていただく制度をスタートします!• 制度概要• 【キャッシュバック金額】 一括払いでご受講の場合 169,000円 分割払いでご受講の場合 171,000円 ご指定口座へのお振込となります。 ご利用条件 1. ユーキャンの司法書士講座を修了した方 2. ご受講開始から指導期限切れ後の次の試験までに司法書士試験に合格した方 3. 合格証書のコピーの提出が可能な方 4. 学びオンライン プラスにご登録済みの方 5. 受講体験取材を受け、取材内容とお写真、お名前などの広告掲載が可能な方 6. 学費を全額お支払い済みの方 当制度の利用は、上記の6つの条件をすべて満たした上で、当社に当制度の利用をご申告いただいた方に限ります。 必ず確認の上、ご申請ください。 ご利用参加方法 司法書士試験に合格後、当制度の利用希望を直接ご連絡いただくか、当社より定期的にお送りしている「受験状況連絡書」にて合格をご報告ください。 後日、担当者より今後の流れや、お振込先のご確認など、詳細をご連絡差し上げます。 支払い期間と標準学習期間は異なります。 法改正や試験に関する情報の変更があった際にはお知らせし、写真の教材と併せて学習していただく場合があります。 テキストに対応した択一問題Webテストを、受講生専用インターネットサービス『学びオンライン プラス』よりご提供いたします。 最新の推奨環境はをご確認ください。 利用規約はをご確認ください。 ご利用にはインターネット回線の契約が必要です。 インターネット接続料金等はお客様のご負担となります。 通信量の上限のない、または上限に余裕のある回線でのご利用をお勧めします。 受講期限内でのみご利用になれます。 紙で提供されるすべての教材が、デジタルテキストとしても提供されるわけではありません。 画面のイメージは変更になる場合があります。 司法書士は、身近な街の法律家として活躍できる、今後ますます注目される存在。 難関な国家資格として知られていますが、努力次第で高収入・高ニーズが望め、社会的ステータスも非常に高い点が魅力です。 資格取得後は、不動産の登記・商業登記などの業務のほか、簡易裁判所における代理・裁判事務、遺言・相続に関する助言、成年後見業務などの業務に携わることができます。 最近ではインターネットでの営業も可能なので、自宅を事務所に比較的低資金で開業できるのも魅力です。 社会からの評価も高く、独立・開業はもちろん、企業の法務部に即戦力として採用されるなど、就職・転職でも大きな武器に! 高い専門性を活かして性別や年齢に関係なく活躍できる仕事なので、近年は女性の有資格者も増加中です。 ユーキャンの「司法書士」講座では、あなたの合格を力強くバックアップ! 過去問題の傾向を把握したうえで、法律用語やロジックをわかりやすく丁寧に解説するので、はじめての方でも無理なく合格力を養成します。

次の

司法書士法人 花沢事務所

司法 書士 と は

Q1:これから学習を始める初心者ですが、おすすめの講座を教えてください。 通信教育は「新・最短合格講座」。 通学講座「本科」が初学者向け講座となっております。 学習経験者の方も今一度基礎から学習し直したい方におすすめです。 Q2:今年は残念ながら不合格となってしまいました。 来年の試験をめざすため のおすすめ講座を教えてください。 答案練習講座(答練講座)など、各資格ごとに学習経験者向けの講座をご用意しております。 お客様に合った講座スケジュールをご提案いたしますので、お気軽にお問合せください。 Q3:土地家屋調査士「午前の部試験」の対策講座はございますか? 本学院の土地家屋調査士講座は全て「午後の部試験」の対策講座となってお ります。 まだ午前の部試験の免除資格をお持ちでない方は、免除資格となる「測量士補」の対策講座をおすすめしております。 Q4:法改正には対応しているのでしょうか? 対応しております。 Q5:通信講座でわからないところは質問できるのでしょうか? 質問票または、質問フォーム(オンライン)からご質問いただけます。 Q6:通信講座の受講タイプ「教材学習タイプ」とはどのようなタイプなのですか? DVDタイプやダウンロードタイプのようにメディアが付かない、印刷教材のみのタイプとなります。 Q7:ダウンロードタイプとは、教材も全てダウンロードなのですか? 原則として教材は印刷教材となります。 講師による解説講義を収録した映像となります。 Q8:ダウンロードタイプは、iPhoneやAndroid等のスマホやタブレットでも視聴できるのですか? 視聴可能です。 ダウンロードいただく際にインターネット環境が必要となります。 1講義(ファイル)の容量は約1GB〜1. 5GBになっておりますので、従量課金環境でのご利用にご注意ください。 Q9:オンラインショップのお支払い方法を教えてください。 クレジットカード・コンビニ払い・代金引換・銀行振込み・郵便振替からお選びいただけます。 Q10:送料はかかるのでしょうか? 送料・事務手数料として一律800円を頂戴しております。 また代金引換でのお申込みの場合は代引き手数料として別途一律440円を頂戴しております。 Q11:分割払いはできるのですか? 現在クレジットカードの分割払いのみ、承ることが可能です。

次の

司法書士の仕事はAI(人工知能)によって将来なくなるのか [司法書士試験] All About

司法 書士 と は

小数点第3位以下を四捨五入しています。 合格率だけで試験の難易度を比べるのは適切ではありませんが、司法書士試験と行政書士試験はどちらも受験資格のない「誰でも受けられる試験」です。 その条件が同じである中で、合格率が司法書士試験のほうが低いことは、司法書士試験のほうが行政書士試験よりも難しいと言える1つの要素にはなります。 司法書士資格と行政書士資格の取得順序はこれがお薦め 「司法書士と行政書士」の2資格を取得したいと考えた方がまず考えることは、「どちらの資格から取得するか?」でしょう。 このように申し上げる理由は、これです。 「司法書士と行政書士の片方の資格のみを取得したい」という方や「すでに片方の資格を取得している」という方は対象としていません。 行政書士試験の難化 試験ごとに試験科目や出題方法も異なるので、「資格試験同士の難易度を比べるのはナンセンスだ」という意見もあります。 たしかに、資格ごとに試験は別物ですし(以下に比較として示す司法試験と予備試験は重複している問題があります)、人によって合う合わないもあります。 たとえば、私の知り合いで、「司法書士試験に何年も合格できなかったが、目指す試験を司法試験に変更したら1回で合格できた」という方もいます。 この方は、記憶重視の司法書士試験よりも、記憶量は少なくてもよいが法的思考力を論文の答案に示すことが要求される司法試験のほうが向いていたのでしょう。 しかし、そうはいっても、これから資格試験の勉強をしようとお考えの方は、試験の難易度は気になるでしょうし、それを知るには他の資格試験と比べるのが最もわかりやすいです。 よって、私の考えにはなりますが、おそらくそこまで異論のないであろう試験ごとの難易度を示します。 現在の法律系資格試験の難易度を、私は以下のように捉えています。 行政書士試験が難化し、難易度が司法書士試験にかなり近づいてきています。 現在の行政書士試験で出題される問題は、そのまま司法書士試験や司法試験で出題されてもおかしくないものがあります。 ですが、それだけでは、「まだ司法書士試験のほうが難しいんだから、行政書士試験から目指したほうがいいのでは?」と思われるでしょう。 行政書士試験の制度変更 たしかに、行政書士試験が 徐々に難化し、司法書士試験に近づいてきたのであれば、「まずは行政書士試験」と申し上げます。 しかし、平成18年度以降、行政書士試験は 急激に難化しました。 平成17年度までの行政書士試験は、過去問中心の学習で合格できました。 人によっては、過去問を解きその答えを記憶するだけで合格する方もいました。 しかし、平成18年度に大幅な試験制度の変更があり、平成18年度以降の行政書士試験の問題は、司法書士試験や司法試験のように法的思考力を試す問題、簡単にいうと、単に知識を「暗記」するのではなく「理解」していないと解けない問題が数多く出題されるようになりました。 このようなことから、現在の行政書士試験は、「平成17年度以前の過去問レベルの学習では太刀打ちできない。 しかし、平成18年度以降の問題では、過去問の量が少なすぎる」という状況になっています。 また、テキストの選択も難しくなっています。 その証拠に、以前の行政書士試験では予備校本(予備校が作成したテキスト)で学習するのが当たり前でしたが、現在では、いわゆる学者本(法学部の教授が書いた本)をテキストとして講義をする予備校が存在するほどです。 試験の急激な難化により、行政書士試験プロパー(行政書士試験のみ)の対策では合格が容易ではなくなっているのが現状です。 実際に、現在の行政書士試験の合格者の多くを占めるのは、司法試験の受験生、司法書士試験の受験生、司法書士試験の合格者など、より深く法律を学習している人です。 ステップダウン資格取得法 そこで私がお薦めするのが、「ステップダウン資格取得法」です。 まず難易度の高い司法書士試験の学習を先にするということです。 司法書士試験に合格するために必要な学習をしていれば、前述した平成18年度以降の行政書士試験で要求されている「法的思考力」は身につきます。 また、仮に司法書士試験に短期で合格できなかったとしても、司法書士試験(試験日は7月の第1日曜日)受験後、行政書士試験(試験日は11月の第2日曜日)を受験すれば、行政書士試験プロパーで学習されている方よりもはるかに有利になります。 前回の記事でご紹介しましたとおり、司法書士試験と行政書士試験は以下のように科目の重複が多いからです。 以下のオレンジの部分が重なっている科目です。 なお、すでに行政書士試験プロパーの学習をしている方や行政書士試験を受験したが合格できなかった方で、司法書士の資格取得まで考えている方は、一旦行政書士試験の学習を中断し、司法書士試験の学習する選択肢を考えていただきたいです。 行政書士試験プロパーの学習で行政書士試験に合格することが容易ではないのが現状ですが、司法書士試験の学習をすれば、仮に司法書士試験に合格できなかったとしても、行政書士試験に合格できる確率は上がります。 もちろん、「司法書士試験に合格したうえで、行政書士試験にも合格する」ということを目指していただきたいのですが。 急激に難化したために対策が難しい行政書士試験の現状を考えると、難易度の高い資格を先に目指す、「ステップダウン資格取得法」が最も賢明な選択であると言えます。

次の