東京 消防 団 e ラーニング。 東京消防庁<麹町消防署><消防団>

消防団員は会社以外の業務への従事にあたりますでしょうか

東京 消防 団 e ラーニング

4月1日付で就任しました、新しい団長を紹介します。 平位誠一(ひらい せいいち)団長です。 「麹町消防団・団長になりました平位誠一です。 地域の防災リーダーとして消防団一丸となり、この町を守っていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 」 今後も麹町消防団をよろしくお願いいたします。 麹町消防団とは 麹町消防団には本団と3つの分団があり、令和2年4月1日現在で105名の団員が活躍しています。 火災などの災害が発生した時等、地域と連携した活動などを行っています。 特に大地震時には、地域防災のリーダーとなるのが消防団です。 地域の安心・安全のために活動していただける皆様を募集しています。

次の

防災危機管理eカレッジ

東京 消防 団 e ラーニング

社内で簡単にコンテンツ(動画、クイズ、テスト)が制作できる• マルチデバイス対応&使いやすいインターフェースで受講率アップ• 担当者の負担軽減を考えた管理機能 株式会社サイバー大学が提供する「Cloud Campus」は、インターネット大学が開発した教育機関向けのeラーニングプラットフォームです。 文科省認可のサイバー大学の中核を担うシステムで、10年間積み上げてきたオンライン教育のノウハウが詰まっています。 反転授業やアクティブラーニング、他大学と単位を互換、FD・SD活動、公開講座などに活用でき、実務に直結したオリジナルコンテンツの作成も可能です。 「Cloud Campus」の製品情報• 提供形態:クラウド / サービス /その他 /SaaS• 対象従業員規模:100名以上• 価格:月額固定料金7万円~、登録ユーザ数無制限• 主な対応機能: 動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• PPTや動画ファイルから簡易にeラーニング教材が作成可能• 教育の準備、実施、まとめに沿って管理機能を備えており、特にグループ管理機能では組織体系とは別に仮想的な管理体系を作ります。 柔軟に進捗管理を行えるでしょう。 また、オーサリングツールが標準で装備されており、簡単に教材の作成が可能。 費用は受講者・管理者数にしばられないライセンス数で決定されます。 このように、人数の増加によるコスト増の心配がないことも、このシステムの特徴です。 提供形態:オンプレミス /クラウド /パッケージソフト/SaaS /ASP/サービス• 対象従業員規模:1,000名以上• 価格:280,000円• 主な対応機能: SCORM適合/動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• 1ID110円からご利用可能、初期費用も安価で5,500円から。 ご利用実績に応じた費用のため、研修がない月は最低限の価格で。 従業員向けに貴社のノウハウを浸透させることが可能です。 東日本電信電話株式会社が提供する「ひかりクラウド スマートスタディ」は、少人数からでもスタートしやすい学習支援クラウドサービスです。 教材や資料の配信機能、課題やテストの実施機能、学習進捗管理機能、コミュニケーションツールなど豊富な機能がそろっています。 パソコンだけでなく、スマホ・タブレットにも対応し、いつでもどこからでも利用が可能です。 保有する教材をアップロードするだけで、すぐにオンライン学習のデジタル教材として利用できます。 オンライン学習をサポートする基本機能としてドキュメント・ドリル・レポートメッセージ等の機能を、オプションでビデオ・ライブ機能を提供。 2週間の無料お試し体験が可能です。 「ひかりクラウド スマートスタディ」の製品情報• 提供形態:クラウド• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:別途お問い合わせ• 主な対応機能: 動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• 自社教材はもちろん国際標準規格SCORM教材のインポートも可能!• 親子サイトでまとめて運営・管理可能。 商用利用導入先も増加中!• 見える化されたダッシュボードで総合的な管理が可能! エスエイティーティー株式会社(駿台グループ)が提供する「学び~と」は、駿台の100年間蓄積された教育ノウハウと最新のIT技術を集結させたクラウド型学習管理システムです。 企業内研修や授業補助に幅広く利用されています。 また、日本語・英語・中国語の多言語に対応しており、スマホ・タブレットでも使えます。 月額150,000円で1,000人まで利用可能。 登録数5人までなら2か月間の無料トライアルも利用できます。 「学び~と」の製品情報• 提供形態:クラウド• 対象従業員規模:1,000名以上• 価格:150,000円 ~ 600,000円• 主な対応機能: SCORM適合/動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応 KnowledgeDeliver 株式会社デジタル・ナレッジが提供する「KnowledgeDeliver」は、1500以上の企業研修や教育ビジネス、学校などで導入実績を持つ、自社開発のeラーニングシステムです。 教材作成・学習・運用管理の3大機能を全て標準搭載。 PC・スマホ・タブレットのマルチデバイスにも対応しています。 また、学習履歴を収集・蓄積し、可視化・解析するだけでなく、解析結果からおすすめ教材を自動的に提示するところまで、一貫したサービスを提供。 運用画面は、直感的に抵抗なく扱える使いやすさと、細やかに配慮された多機能性の両方を兼ね備えています。 価格は100人まで500,000円で利用可能です。 オプションや年間保守もありますので、詳しくは以下の公式サイトからご確認ください。 etudes アルー株式会社が提供する「etudes」は、数人から数10万人まで運用可能な柔軟な管理機能を有するクラウド型eラーニングシステムで、人材育成に課題を抱えている企業におすすめの製品です。 OS・ミドルウェアレベルのセキュリティ対策はMicrosoftが実施するほか、DDoS攻撃対策、WAF・IPSなども設置されており、万全の対策が施されています。 費用は別途お問い合わせください。 LearningWare 株式会社プロシーズが提供する「LearningWare」は、eラーニングの管理だけでなく、集合研修の告知や出欠管理、レポートの提出やアンケート集計などといった研修トータルを一元的に管理できる学習管理システムです。 Webカメラとマイクがあれば簡単にライブ配信を行え、録画機能を使ってライブ内容を後日配信することもできます。 また、独自のクラウド環境を利用し、利用状況によりサーバースペックを自在に変更できるため、数千、数万という大規模ユーザでも安全に運用することが可能です。 初期費用は210,000円で、50人まで月額30,000円で利用可能です。 同時にログインするユーザー数に上限を設け、その上限数に応じた月額費用を支払う「同時アクセス数プラン」の場合、同時アクセス数が25までなら月額96,000円で利用できます。 KnowledgeC fe 株式会社富士通ラーニングメディアが提供する「KnowledgeC fe」は、企業や組織での人材育成を、eラーニングと研修管理の両面から支援するクラウド型学習管理システムです。 富士通ラーニングメディアが今までに培ってきた研修のノウハウや、多数の研修を運営してきた経験をもとに、このシステムが開発されました。 1,500以上の多彩なコンテンツを受講できるだけでなく、多数案件を手がけてきた専任部隊が人材育成をサポートします。 1,450社の導入実績がある「KnowledgeC fe」は、安定稼働したクラウド基盤の上で、強固な情報セキュリティ対策を行い、24時間365日での運用を実現します。 年間取引社数 約250社、累計1,300社以上の導入実績• マニュアル要らずの簡単操作で運用がラク• スマホでもタブレットでもサクサク動く 株式会社イー・コミュニケーションズが提供する「SAKU-SAKU Testing」は、累計導入が1300社以上で、1IDあたり月額390円から利用できるプラットフォームです。 スマホ・ガラケー・タブレット・PCへの対応、日本語/英語切り替え、動画・パワーポイント教材への対応といった機能を有します。 3000問のビジネス知識を問う問題を備え、お客様独自のオリジナル問題も簡単に作成できます。 システムだけでなく、コンテンツや運用設計のサポートも行うことで教育課題をトータルで解決します。 「SAKU-SAKU Testing」の製品情報• 提供形態:クラウド /SaaS / ASP /サービス• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:月額390円 ~• 主な対応機能: 動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• 教育に関連する一連のイベントを一元管理• カリキュラムを組み合わせることでオリジナルの教育コースを構築• 資格の管理と認定、スキルマップ作成や教育への紐付けが可能 株式会社ユニオンシンクが提供する「教育デザイナー」は、さまざまな業種・業界の教育をトータルサポートします。 教育の計画から受講者へのアナウンス、実施から確認(テスト)などの情報を集約管理。 実施するうえで申請や承認作業が必要になった場合もシステム上で完結します。 事前の資料閲覧から参加記録の管理、 アンケートや報告書などの事後学習まで一貫した運用が可能です。 ユーザーそれぞれの教育計画管理と実施、進捗の確認を一括で行えます。 「教育デザイナー」の製品情報• 提供形態:オンプレミス /パッケージソフト• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:別途お問い合わせ• ここでは、モバイルがメインの製品や隙間時間を活用できる製品を紹介します。 モバイルラーニングに関しては以下の記事を参考にしてください。 LOGOSWARE Spotty ロゴスウェア株式会社が提供する「LOGOSWARE Spotty」は、マイクロラーニングと言われる日常の学びの共有に特化したeラーニングシステムです。 気づいたこと、伝えたいことをすぐ組織内で共有できます。 サイトのアクセス権限と役割を利用者に付与することで、必要な情報を必要な人へ簡単に届けられます。 また、ほとんどの操作はスマホアプリで完結するため、スタッフの個人情報を収集する必要がなく、管理者側のスタッフ登録や配信、状況確認も簡単に行えます。 費用は、従量課金プランで月額4,800円~、月額定額プランだと月額9,800円~です。 セキュリティ対策も万全。 WAFを標準対応• 動画配信、スマホ対応。 通信環境を選ばないアプリも無償提供• シングルサインオン、クレジット課金なども対応 株式会社イオマガジン ジャスダック上場・城南進学研究社グループ が提供する「moodle ムードル 」は、オープンソースの学習管理システムです。 世界で1億4000万ものユーザーに支持され、120言語対応、PC・タブレット・スマホ・アプリで使えます。 講義形式の映像コンテンツも作成できます。 そのほか、テレビ会議との連携やシングルサインオンにすることも比較的低価格で実現可です。 「Moodle」の製品情報• 提供形態:オンプレミス/クラウド/パッケージソフト/ハードウェア/SaaS/ASP/アプライアンス/サービス/その他• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:別途お問い合わせ• 主な対応機能: SCORM適合/動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• わかりやすい社員教育動画コースが受け放題• 誰でもカンタンに自社コースを作成・配信• 受け放題プランでも安心の低価格、初期費用0円 KIYOラーニング株式会社が提供する「AirCourse(エアコース)」は、新人教育・コンプライアンス教育・IT基礎教育などさまざまな教材を、あらかじめ標準コースとして備えているオンラインサービスです。 階層別、目的別など研修にあわせて教材を選択するだけで、すぐに利用できます。 スマートフォンなどで撮影した映像をアップすることにより、簡単にオリジナルの教材を作成・配信でき、社内のナレッジを共有・活用できます。 さらに、ユーザの進捗管理・効果測定を簡単に確認でき、レポート機能も充実しています。 気になる方はホームページ上でシステムの体験ができますので、そちらを参考にしてみてください。 「AirCourse(エアコース)」の製品情報• 提供形態:クラウド/SaaS/ASP/サービス• 対象従業員規模:100名以上• 主な対応機能: 動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• 月額0円~ 使っただけ課金の多機能かつ最安値のeラーニング• 進捗管理や問題の出題機能など、効果的な学習を支援する機能• 販売支援機能も充実 教材販売〜社内教育まで様々なニーズに対応 株式会社大宮商会が提供する「E-learningASP」は、動画・音声・PDFなどさまざまな教材に対応し、教材を販売する機能を持つ低コストのeラーニング・動画配信システムです。 PCだけでなくスマートフォンやタブレットにも対応し、管理者業務もすべてブラウザから行えます。 従量課金制で使った分だけ支払う仕組みで、ID数や同時アクセス数、コンテンツ数による制限はありません。 「E-learningASP」の製品情報• 提供形態:クラウド/SaaS/ASP• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:~100,000円• 主な対応機能: 動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• ビデオ学習によるeラーニングシステム• 業務の合間や現場など、いつでも、どこでも、簡単に• パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスで提供 NTTテクノクロス株式会社が提供している「viaPlatz(ビアプラッツ)」は、社内のノウハウや技術映像、説明会や研修会を実施できるストリーミング映像配信システムです。 配信するグループ(組織や役職など)の視聴者設定をコンテンツ毎に設定できます。 また、動画のURLを社内ポータブルに埋め込めるため、必ず見てほしいコンテンツがある場合は便利でしょう。 「viaPlatz(ビアプラッツ)」の製品情報• 提供形態:オンプレミス/クラウド• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:4万円~• 主な対応機能: 動画対応/教材作成/スマホ対応• オンプレミス無制限ライセンス180万円!!!• オンプレ、クラウド共に自由なカスタマイズが可能!! 株式会社テクノカルチャーが提供する「学びばこ」は、パソコンを使い慣れていない人でも使いやすいインターフェイスで、大企業から中小企業まで導入実績のあるeラーニングシステムです。 PowerPointで作成した素材データを市販のツールでHTML5に変換して利用するため、簡単に教材を作成できます。 ユーザ別の受講状況やテスト結果を確認できる機能もあり、自社に合ったデザインや機能をカスタマイズできます。 クラウド型、オンプレミス型どちらでも提供が可能なため、社内での利用人数に合わせて選択も可能です。 「学びばこ」の製品情報• 提供形態:オンプレミス/クラウド• 対象従業員規模:100名以上• 価格:1,800,000円 ~• 主な対応機能: 動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• 東京書籍と『月刊総務』のコラボレーション• 社員研修にかかるコスト改善• 自社オリジナルにカスタマイズ 東京書籍株式会社が提供する「business pocket ベーシック」は、ビジネスマナーやコンプライアンスなど社会人の基礎知識を解説シートと動画、確認問題で定着できるeラーニング教材です。 マルチデバイスにも対応しています。 管理者側はオリジナルの解説スライドの作成や一斉配布ができます。 受講者がいつ、どこで、どのスライドを受講したのかを把握することも可能です。 「business pocket ベーシック」の製品情報• 提供形態:クラウド• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:120,000円 ~• 主な対応機能: 動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応• 研修の内製化を容易に実現!誰もが驚くかんたんさ!• およそ5,000社導入!累計学習者数5,500万人以上!• サポート力!低コスト導入に加え円滑に運用できるサポートつき! 株式会社ネットラーニングが提供する「かんたんeラーニング」は、およそ5,000社導入、累計学習者数5,500万人以上の利用実績を持つeラーニングシステムです。 パワーポイント・エクセル・動画・ PDFのファイルを使って教材作成未経験の方でも簡単に作成・配信できます。 テストに合格基準を定めて、満たさない場合には次に進めない設定や、解答可能回数の設定、学習者の進捗状況・テストの正答率・学習履歴などを管理者画面から閲覧・活用する機能を有します。 クラウド型であるため、サーバ設定やソフトのインストールも不要で、利用料が低価格であることも魅力です。 「かんたんeラーニング」の製品情報• 対象従業員規模:1,000名以上• 価格:別途お問い合わせ• オリジナルコンテンツを簡単に作成できる機能が搭載された製品もあるので、教材コンテンツがうまく作成できない企業におすすめの製品です。 既存のHTMLやPowerPointもコンテンツとして活用できます。 また、作成しなくとも豊富にあるコンテンツを購入でき、教材に困ることはありません。 マルチデバイス対応や受講管理機能はもちろんのこと、テストやアンケートで受講者の進捗状況を見える化します。 料金体系も定額制と従量課金制の2つのプランを選択できます。 提供形態:クラウド• 対象従業員規模:100名以上 1,000名未満• 価格:別途お問い合わせ• 主な対応機能: SCORM適合/動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応 セールスeラーニング 株式会社セレブリックスが提供する「セールスeラーニング」は、営業代行・営業コンサルティングにおいて業界最多の実績を誇るセレブリックスが提供する、法人営業の初期教育に特化したeラーニングサービスです。 コンテンツには、営業の初期教育だけでなく、新入社員が学ぶべきTPOにふさわしい敬語や効果的なジェスチャーの使い方などのビジネスコミュニケーションスキルも含まれています。 反転学習式の研修として、内定時にeラーニングを学習し、入社後にアウトプット中心の体験学習をさせるプログラムを行うことで、より効果的な研修を実現できます。 内定者・新入社員向けのスマホ教材• 新入社員が知っておきたい知識 厳選8カテゴリ 約300問を搭載 株式会社イー・コミュニケーションズが提供する「ビジネスの達人モバイル」は、内定者と新入社員に向けたモバイルラーニングシステムです。 内定基幹のモバイル学習と入社後の集合研修を組み合わせた反転学習により、効果的に新人教育を行えます。 研修で教えるべき基礎知識を網羅しつつ、ゲーム感覚で楽しく学習ができ、また、モバイル環境でも使いやすいよう一旦学習をやめた後に1タップで再開できる機能を搭載しています。 さらに1IDあたり9,800円とコストパフォーマンスが高く、管理工数がかからない点もメリットです。 「ビジネスの達人モバイル」の製品情報• 提供形態:サービス/ クラウド/SaaS• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:~9,800円• 主な対応機能: 成績管理/受講管理/スマホ対応 株式会社富士通ラーニングメディアが提供する「KnowledgeC fe(ナレッジカフェ)」は、研修の効果を高めるノウハウや、様々な研修運営業務の経験をもとに考え出された学習管理システム(LMS)です。 スマートフォンやタブレットに対応しており、外回り営業や社外活動が多い社員でも、移動中や外出先で学習が可能です。 ログイン後、最短ワンクリックで学習を始めることができ、利用者の視点に立ち、見やすさ・使いやすさにこだわった、直感的な操作を実現できる画面になっています。 「KnowledgeC fe(ナレッジカフェ) 」の製品情報• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:別途お問い合わせ• 質の高い研修を行いたい企業は必見のサービスです。 Schoo 株式会社Schooが提供する「Schoo」は、4,500以上の動画の教材と参加型の生放送の授業が1IDあたり1,500円~利用できる受け放題のeラーニングサービスです。 授業のラインナップとしては、業界最先端のITスキルや、ビジネススキル、プログラミングやWebデザインなどがあり、業界大手の企業や専門分野の第一線で活躍する専門家が自ら授業を行っています。 日々開講される参加型生放送授業では、毎回異なるテーマで先生と受講生たちが対話を行い、一人では得られない答えを知れます。 社員の受講状況もリアルタイムでわかるので、社員の興味度合いや、受講履歴の可視化も可能です。 TOP ESLオンライン英会話 株式会社ジージー(グローバルリンクス・グループ)が提供する「TOP ESLオンライン英会話」は、法人・教育機関に向けたオンライン英会話の授業配信システムです。 コミュニケーション能力の育成を重要視した独自のメソッドを使って授業を進めていきます。 専門の教材チームによる開発とネイティブによるチェックで国際標準に沿う教材リテラシーを追求します。 レッスンのフィードバックや教材の進捗管理以外にも、レッスン内で使用したホワイトボードやレッスン動画をポートフォリオ化することが可能です。 Skypeに加えてAppear in、Zoom、HangOutなどの映像通話アプリにも対応しています。 株式会社ラーニングエージェンシーが提供する「Biz CAMPUS Online」は研修を好きな時間に全国どこでもオンライン動画で受講できるストリーミング配信サービスです。 導入実績10,000社・累計受講者数200万人の実績経験をもつ、定額制ビジネス研修をオンラインで受けることができます。 新入社員から管理職・経営層まで全階層を網羅し、150テーマ以上の研修を受けられます。 「Biz CAMPUS Online」の製品情報• 提供形態:サービス• 対象従業員規模:全ての規模に対応• 価格:45,000円 ~ 225,000円• 社員のキャリアアップやモチベーション管理などを統合して行いたい、と考えている企業におすすめです。 研修管理とeラーニングを一括管理できる!• 研修とスキルを連動させ成長に合わせた教育レコメンドが可能に!• 標準コンテンツで必須レベルのeラーニングも提供! 株式会社プラスアルファ・コンサルティングが提供する「タレントパレット」は、人事データをうまく活用するためのタレントマネジメントシステムで、その中の機能の1つにeラーニング機能がある製品です。 人事情報から人材配置、モチベーション分析など人事に関するすべての情報を一元管理できます。 eラーニング機能の中には、研修管理やスキルアップ分析といった社員の成長を可視化する機能から、自社オリジナルの教材コンテンツの登録機能もあります。 基本的な研修コンテンツは標準搭載されているので、導入後すぐにeラーニングを開始できます。 「タレントパレット」の製品情報• 提供形態:SaaS• 対象従業員規模:250名以上• 価格:別途お問い合わせ• 主な対応機能: SCORM適合/動画対応/成績管理/受講管理/教材作成/スマホ対応 株式会社アックスコンサルティングが提供する「Motify HR」は、入社サポート業務を効率化できる人材育成プラットフォームです。 人材開発専門家である元Google社エグゼクティブ ピョートル・グジバチと元RECRUITのドレ・グスタボが日本企業のために開発協力したツールです。 で、HRのマネジメントの専門家のサポートも受けられるので、新入社員の立ち上がりやモチベーションの管理、社内文化浸透に課題を抱えている企業のおすすめの製品です。 「Motify HR」の製品情報• 提供形態:クラウド• 対象従業員規模:100名以上 1,000名未満• 価格:別途お問い合わせ• 主な対応機能: 動画対応/受講管理/スマホ対応 EGG 株式会社Giftedが提供する「EGG」は、営業組織において、「忘れないアプリ」と「迷わないマニュアル」を使ってスキルをシェアし、組織を改善することを目指したサービスです。 過去に優秀な営業経験を持つ担当者が、上役から新人まで「なぜやる・どうやる・こうやる」をヒアリングし言語化することで、お客様の会社オリジナルの営業テクニックを集約したマニュアルを作成します。 できあがったマニュアルを、ストイックな追試機能を持つアプリで反復徹底させ、知識を行動へつなげるために行動チェックをしてスキルを定着させます。 学まね 株式会社 CMC Solutionsが提供する「学まね」は、大学と共同で開発された学習管理システムで、「生徒にとって使いやすいか」や「教師にとって管理しやすいか」を追求した製品です。 学校だけで使う機能のみ搭載されているので、複雑な設定や、管理が必要なく、扱いやすい構造になっており、パソコンやスマホなど、さまざまなデバイスに対応しています。 また、クラウド型なので初期投資を抑えつつ運用管理の負担を軽減でき、必要な時に必要な分だけ利用ができます。 気になる方は、30日間の無料お試しアカウントで試してみてください。 CODEPREP 株式会社ギブリーが提供する「CODEPREP」は、、実践型でプログラミングを学習するサービスです。 フォーム実装・オブジェクト指向などプログラミングの基礎技術を深めるブックから、チャットやWebカメラなどを作って動かして学ぶブックまで100冊以上の幅広いブックを有しています。 最初は1冊10分程度の穴埋め問題でサクサク学習でき、次にコードを自由編集したり、編集したコードをダウンロードして自分の環境で動かせます。 ディスカッションボードを使って他のユーザーに質問する機能も搭載。 法人向けの「track」というシステムもあるので、社内でのエンジニア育成を考えている企業にうってつけの製品です。 派遣のミカタ 株式会社manebi(マネビ)が提供する「派遣のミカタ」は、派遣業界に向け、改正派遣法に特化して管理者の工数を大幅に削減できる、eラーニングシステムです。 「研修を行う時間がない」「派遣社員の研修ってどうすればいいの?」という企業にぴったりの製品です。 3000以上の豊富な教材に加え、習得させたいコースを作成しカリキュラム学習させる機能、ID管理機能、学習場所特定機能、定期配信メール機能、オリジナル教材作成機能などを有します。 また、厚労省提出の報告書を自動で作成でき、教育カリキュラムの3ヵ年計画を作成するサポートも行っています。 初期費用100,000円+月額15000円~とリーズナブルな価格設定も魅力です。 eラーニングとは eラーニングとは、インターネットを活用した学習形態であり、オンライン教材を配信し、PCやスマホから「いつでも」学習できます。 主に学校や企業で使われることが多く、eラーニングの要となる「学習管理システム(LMS)」やオリジナルのコンテンツを用いて、研修や学習内容の定着を行います。 近年ではさまざまな学習コンテンツが揃っているeラーニングサービスもあり、個人で利用するケースも増えてきています。 なぜ普及した?eラーニングの歴史 eラーニングは「通信教育」を電子化したことから始まりました。 紙を郵送してやり取りしていた通信教育がPCの普及により、CD-ROMに変化し、さらにインターネットの普及によってeラーニングが生まれました。 以前はWeb上で学習を行なっていましたが、スマホの普及に伴い、eラーニングもさまざまなデバイスに対応し始めています。 今後はスマホがeラーニングのツールとして、さらなる広がりをみせるでしょう。 現在ではスマホやタブレットといったスマートデバイスが普及したことで、通勤・通学といった隙間時間を活用した学習がメインになってきました。 スマホならば若い世代の利用率が高く持ち運びしやすいため、学習スタイルにも適しており、学習効率の良さやコストを抑えられることから、企業や学校での導入も進んでいます。 学習管理システム(LMS)の準備が必要 学習管理システム(LMS)は、インターネット配信を行うためのプラットホームです。 いわば、eラーニングの土台となる存在です。 学習管理システムの導入により、手作業で管理する手間が省かれ、大量の情報を一元管理できるようになります。 学習管理システムは、学習者機能・管理機能・指導機能からなります。 学習者機能 学習管理システムの「学習者機能」は、ログインやコンテンツの閲覧など、受講者が学習する上で必要な機能になります。 コースの目次を表示したり、テストの得点を表示するなど、受講者にとって必要な機能がひと通り揃っています。 この機能によって、受講者はインプット学習とアウトプット学習の両方を行えるようになります。 受講者それぞれの学習スタイルに合わせた学習環境を作るとともに、質問やディスカッションなど、インタラクティブなやり取りも可能になります。 「管理機能」では、受講者や履修の管理や成績管理、教材管理を行います。 コースを作成したり、作成したコースを編集したりすることも可能です。 これにより、大規模な運用でも手間をかけずに行えます。 指導機能 「指導機能」では、学習状況やレポート管理、質問管理などを行います。 指導機能を使えば、レポートの回収状況や学習状況、寄せられた質問などを確認できます。 受講者の全体状況を見ながら指導にあたれるため、学習の効率化に役立ちます。 学習教材を揃える 学習管理システムが整ったら、次に学習教材を用意しましょう。 より高い学習効果を得るためにも、ただテキストを読むだけでなく、学習者がわかりやすいような教材を揃えることが重要です。 教材のバリエーションは広がりを見せていますが、その中でも主流となっているのは、動画や映像を用いた教材です。 動画や映像では、学習内容をわかりやすく表現することができるため、学習効果の向上が期待されています。 動画の他にも、テスト問題形式のドリル型教材や、見栄えのいいスライドを簡単に作成できるPowerPoint、リアルタイムで講義を配信するLIVE授業など、さまざまなコンテンツがあります。 eラーニングシステムの種類 一概にeラーニングシステムといっても、提供されるサービスには以下のような種類があります。 eラーニングの種類を把握して、自社に合うeラーニングを洗い出していきましょう。 eラーニングシステム導入のメリット eラーニングシステムを導入することで、さまざまな効果が得られます。 導入メリットを確認して、従業員の教育に役立ててください。 導入メリット1.受講者のモチベーションの向上 業務効率化や資格取得のためのコンテンツを用意しておけば、社員の好きなタイミングで受講できるためモチベーションの上昇につながります。 社員がモチベーションを維持しながら、eラーニングを積極的に活用できるように、コンテンツを充実させましょう。 テスト形式のコンテンツを用意してその場で採点させ、習熟度を可視化して受講者のモチベーションアップに繋げることも可能です。 ただし、受講タイミングや進捗は受講者任せになるため、モチベーションが低い受講者の対策も必要になります。 テスト形式のコンテンツを作成して習熟度の確認を実施したり、受講者の進捗度を定期的に確認して進捗が思わしくない受講者には受講を促したり、管理者側で受講者のモチベーションを維持したりする工夫も必要です。 導入メリット2.コストを削減できる 従来、集合研修で必要になっていた会場費や移動費などを削減できます。 集合研修を行う準備も不要になるので、運営側の業務の効率化にもつながります。 研修内容は何度も活用できるので、受講者はわからない部分だけを繰り返し閲覧可能です。 導入メリット3.学習効率のUPと学習管理ができる 隙間時間に学習できるため、資格取得のための学習も効率化できます。 特定の資格取得を推進している場合は、その資格に関するコンテンツを多く用意しておけば、各自で効率的に学習が可能です。 また、受講者の受講内容や進捗を管理者側で確認できるため、受講内容や習熟度に応じた資格の提案も可能になります。 テスト形式のコンテンツも作成でき、間違いが多い項目を確認して、内容の充実・改善を図れるでしょう。 システムを導入する前に確認するべきこと eラーニングシステムを導入するにあたって確認しなければならないのは、準備期間と費用についてです。 一口にeラーニングといっても、異なる型があるため、それぞれのメリットやデメリットなどを把握しておく必要があります。 準備期間・費用はどれくらい? eラーニングは、クラウド(SaaS/ASP)型とオンプレミス型の2種類に分けることができます。 種類によって準備期間や費用は異なりますので、それぞれの視点から紹介します。 オンプレミス型eラーニングシステム イントラネット型は、システム利用ライセンスを一括購入して利用する形態です。 専用サーバーや回線などを自社に構築する必要があるので、整備するまでに時間や費用がかかります。 しかし、一旦導入してしまえば長期利用するほどコストが安くなるメリットがあります。 イントラネット型をできるだけ安く購入したい人には、パッケージ購入が向いています。 必要なツールやサービスがひと通り揃ったパッケージ商品であれば、低価格で購入することが可能です。 クラウド型eラーニングシステム クラウド型は、オンライン上でサービスを提供する形態になります。 事業者が提供するeラーニングシステムを利用するため、低コストで導入できるうえに手間がかからないメリットがあります。 初期費用と月々の利用料金を支払うだけで利用できるため、利用中も無駄なコストがかかりません。 専門知識を身につける必要もないため、すぐに導入することができます。 開発・構築はオープンソースのシステムで オープンソースのeラーニングシステムを使えば、自社内に構築して運用できます。 自社内に構築すれば、自由にカスタマイズできるメリットがあります。 ただし、一旦構築してしまうとトータルで運用する必要があるため、システム管理や技術サポートを行う運用スタッフが不可欠な存在になります。 無料でオープンソースされているものを自由にカスタマイズして、自社内に構築することも可能です。 オープンソースであれがば、ユーザー制限もなくサーバー環境を選ばないので手間はかかりません。 ただ、オープンソースは基本的に人的工数がかかるので、事業部や人事部署で導入を手動する場合は、e-ラーニングツールを導入するのがおすすめです。 5つの比較ポイント!最適なeラーニングシステムとは? eラーニングシステムもさまざまな製品があります。 会社規模や業務形態によって、重要視すべき項目が異なります。 製品選びに失敗しないよう、製品比較のためのポイントを紹介します。 比較ポイント1.対象人数が適切か 一度にアクセスできるユーザー数に制限のある製品があり、制限数も製品によって大きく異なります。 ですので、以下の2点は気をつけましょう。 比較ポイント2.モバイル対応しているか モバイル対応している製品であれば、スマートフォンやタブレット端末からでも利用が可能です。 外出先での活用が期待できるため、営業職の多い商社では活用の幅が広がります。 学習途中の状態を保存しておく機能が搭載されている製品は、外出が多い従業員でも細切れの時間で効率的に学習が可能です。 逆に、従業員の外出が少ない企業ではモバイル対応が不要な分、安価な製品を選択できます。 比較ポイント3.カスタマイズが可能か 自社の要件に合わせてカスタマイズできることも重要です。 従業員の習熟レベルに応じて、内容をカスタマイズすると学習効率の向上も期待できます。 柔軟にカスタマイズに対応してもらえる提供事業者を選択することは、管理のしやすさにつながります。 比較ポイント4.セキュリティ機能が十分か 機密事項を扱う場合や、モバイル対応させて外出先での利用も想定している場合は、セキュリティ機能の内容も確認が必要です。 管理ページのパスワード設定や、あらかじめ指定したIPアドレス以外からはアクセスできないように、ログイン制限機能が搭載されている製品もあります。 比較ポイント5.既存コンテンツを持っているか 自社で作成したコンテンツだけでなく、既存のコンテンツを利用できる製品もあります。 新人研修やセキュリティ研修など、汎用的な内容のコンテンツがすでに用意されている製品であれば、すぐに利用開始できます。 マイナンバー制度のコンテンツを用意している製品もあります。 今すぐに従業員の教育が必要だが、コンテンツ作成の時間が取れないという場合には、既存コンテンツが充実している製品を活用しましょう。 eラーニングシステムの効果的な活用方法 eラーニングを他のツールと組み合わせることによって、幅広い知識やスキルを効果的に習得することができます。 集合研修と組み合わせ 集合研修の前にeラーニングで学習しておけば、受講者の知識習得のばらつきを防ぐとともに、全体の学習レベルを向上できます。 基礎的な知識は事前にeラーニングで学び、実践的な知識は集合研修で学ぶようにすれば、無駄なく学習を進めていけるでしょう。 研修後はeラーニングで確認テストなどの復習を行えば、受講者の理解度をさらに深めることができます。 eラーニングを利用すれば、研修を受けていない人や成績が一定のレベルに達していない受講者を抽出して、再度研修を受けさせることも簡単です。 個別のフォローアップをすることで、全体の理解度を均一にしてから研修を完了できます。 eラーニングの導入によって、集合研修のコスト削減と効率化を図れるでしょう。 仮想的な教室として eラーニングを仮想的な教室として、ディスカッションや発表などを行えます。 自宅学習だけだと、どうしても都合のいい解釈をしてしまいがちです。 そこで活躍するのがeラーニングです。 eラーニングで他の受講者と意見を交わすことによって、協調性や多角的を持つことができるようになり、講義内容の理解度をさらに深めることができます。 紙テキストと組み合わせ 事前に紙テキストで学習を行った後、eラーニングで質疑応答をすれば、自宅学習で解決できなかった疑問点を素早く解消することができます。 また、テキスト学習の課題をeラーニングでこなすようにすれば、自分の実力を確かめるとともに、学習内容の理解度をさらに深められます。 自社に合うシステムを選定して、効果的な学習を! 導入のポイントやメリットをしっかり把握して、自社に合った製品を導入しましょう。 ぜひ気になる製品の資料を取り寄せて、疑問を質問してみるといいでしょう 新着記事• 企業の研修を効率化させるeラーニング。 社内ネット... eラーニングシステム(e-Learning / イーラーニ... eラーニングは、その手軽さや優れた学習効果から業... パソコンやスマホなどのデバイスを使って学習するe... 派遣法改正に伴って、派遣元企業には派遣労働者に... LMS(学習管理システム)とはどのようなものなので... マイクロラーニングとはどのような学習方法なので... eラーニングの大きな魅力に「時間と場所のとらわれ... eラーニングは、その自由度や社員教育における効果... 昨今企業内研修での利用も多くなっているeラーニン...

次の

消防庁、災害時臨時消防団員制度導入へ

東京 消防 団 e ラーニング

4月1日付で就任しました、新しい団長を紹介します。 平位誠一(ひらい せいいち)団長です。 「麹町消防団・団長になりました平位誠一です。 地域の防災リーダーとして消防団一丸となり、この町を守っていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 」 今後も麹町消防団をよろしくお願いいたします。 麹町消防団とは 麹町消防団には本団と3つの分団があり、令和2年4月1日現在で105名の団員が活躍しています。 火災などの災害が発生した時等、地域と連携した活動などを行っています。 特に大地震時には、地域防災のリーダーとなるのが消防団です。 地域の安心・安全のために活動していただける皆様を募集しています。

次の