四十九日 法要 香典。 繰り上げ法要とは?初七日や四十九日法要、納骨の場合も紹介します

お布施・お香典

四十九日 法要 香典

四十九日の香典袋の選び方・水引の色 香典袋(不祝儀袋)の水引の色は多数存在しますが、 四十九日では黒白、藍銀、双銀のものを使います。 ただし、 関西地方では黄白の水引が用いられることがあります。 水引の形は、蝶結びと結び切りがありますが、四十九日など法事の際は結び切りのものを選択します。 香典袋はいくつかの種類が売られていますので、金額によって使い分けます。 一般的には金額が 1万円未満であれば水引が印刷されているもの、1~3万円であれば水引が印刷されておらず色は黒白、5万円以上であれば水引が印刷されておらず色は双銀のものを使うとよいでしょう。 左から印刷済みの水引(1万円未満)、黒白の水引(1~3万円)、双銀の水引(5万円以上) 四十九日以前でも「御仏前」を使うケース 四十九日以前でも「御仏前」を使うケースもあります。 浄土真宗では、亡くなったと同時に成仏すると考えるので、通夜・葬儀のときから「御仏前」を用います。 相手の宗派が浄土真宗とはっきりわかっているときは「御仏前」と書いてお渡しするようにしましょう。 迷ったときは「御香典」や「御香料」を使う 四十九日以前で仏教の宗派がわからない場合や、どう書けばいいか、 迷ったときは「御香典」や「御香料」を使うとよいでしょう。 これらは「お香をお供えします」という意味になり、浄土真宗の場合でも失礼にあたりません。 なお、わからないときは自分で勝手に判断せず、他の参列者や、周りの人に確認するとよいでしょう。 文字は「薄墨」ではなく「濃墨(黒)」で 不祝儀袋に使う文字の色は、葬儀や通夜の香典とは異なり、 薄墨でなく、濃墨(黒)で書きます。 葬儀や通夜や突然の訃報で墨をする準備もままならないという意味も込められていますが、四十九日は「忌明け」の法要でもあるので、黒ではっきり書いても構わないといわれています。 四十九日の香典の相場はいくら? 四十九日は節目となる法事なので、施主の出費等を考えて相応の金額をお渡しするのがマナーです。 故人との関係が近いほど金額が多くなるのが普通です。 法事の後で会食があることがわかっている場合、会食がない場合の金額に5千円から1万円程度上乗せして包むようにしましょう。 「故人との関係性」「参列者の年齢(参列者が就労しているかどうか)」「地域性」「ホテルで行うか自宅で行うか」「故人と同居していたか否か」などによって金額を決めます。 四十九日の香典の金額の目安(単位:円) 故人との関係 会食なし 会食あり 祖父母 1万~3万 2万~5万 両親 1万~5万 2万~5万 兄弟(姉妹) 1万~3万 2万~5万 おじ、おば 5千~1万 1万~2万 その他 親戚・親族 5千~1万 1万~2万 友人・知人・会社関係 3千~1万 1万~2万 四十九日の香典の「お札」について 香典に使うお札に関しては、葬儀や通夜の香典では、新札を使わないことが、いわば「常識」となっています。 一方、四十九日の香典については、「新札」でいいのか、使った札の方がいいのか、これも諸説あるようです。 手元に「新札」しかない場合、わざわざ古い紙幣を探す必要はないでしょう。 ただし、 新札のまま用いるのでなく、いったん折り目を付けるなどして、不祝儀袋に収めるようにした方がマナーとしてもかなっていると思います。 まとめ ・四十九日法要の香典袋の表書きは「御仏前」と書く。 ・四十九日の香典袋は水引の色が黒白や双銀のものを用い、金額によって使い分ける。 ・表書きの名前はフルネームで記載する。 連名の場合は代表者の左側に年長順で記載する。 ・四十九日の香典は、相場を確認して相応の金額を用意する。 ・新札のままではなく、折り目を付けるのが不祝儀のマナー。

次の

四十九日での香典袋の包み方は?水引の選び方や表書きについて解説|終活ねっとのお坊さん

四十九日 法要 香典

から初まり、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)と行い、 7回目の追善法要を七七日(なななのか)、いわゆる「四十九日」と呼びます。 そして、四十九日までは「忌中」(中陰)といい、この四十九日をもって(満中陰)となります。 また、「四十九日」は、7回目の「忌」ということで、「七七日忌」と言うこともあります。 四十九日では、閻魔大王の裁きを受けるとされており、法要の中でも最も重要なものとなりますので、忌中の法要は省略されることはあっても四十九日法要は、 近親者、親戚、友人、知人などを招いて、皆で行うことが一般的です。 なお、となり、法事は五十日祭を行います。 四十九日法要の準備 四十九日法要については、などと異なり、あらかじめ出席する方を招待して行います。 四十九日では、親族以外に故人の友人、知人なども呼ぶことが多いため、法要の日時は早めに知らせてあげるようにします。 法要の日時を知らせるにあたっては、を使用するのが便利ですが、人数が少ない場合には直接電話などで連絡をして知らせるとよいでしょう。 法要は四十九日前に行う必要がありますので、日時は菩提寺の僧侶と相談して早めに決めるようにしましょう。 なお、 法要日については出席者のことも考えて、四十九日前の土日祝で調整する場合が一般的です。 法要後には通常、会食「お斎(おとぎ)」を行うことが多いですが、その場所も法要の日時が決まったら、早めに予約するようにします。 予約をする時点では出席者がまだ確定していませんので、おおよその人数で予約をすることになります。 貸し切りなら別ですが、通常は会食会場のお店もその人数で部屋や席を確保しますので、多少減ることあっても、大幅に増える場合には部屋や席の対応が難しくなる場合があります。 そのため、あまり少ない人数で予約をしないほうが良いと思います。 (大幅に減ることも会食会場のお店に迷惑をかけることになるので、難しいですが) いずれにしても、葬儀を済ませてから、四十九日まで一か月ちょっとしかありません。 法要に参列する方への案内は、出席する方の都合も考えて、一か月くらい前には行うことを考えると、も忙しいかとは思いますが、 「僧侶と法要日時の調整」「会食会場の予約」「法要出席者への案内」までは、早めに行うことをお勧めします。 四十九日法要のお返し(引き出物) 四十九日法要当日に、出席者は「香典」「」を持参されます。 これは、葬儀や告別式でいただいた「」とは別になりますので、 法要当日には別途「(引き出物、)」を準備するようにします。 法事のお返しの相場としては、3,000円~5,000円程度が一般的となります。 会食を行う場合、お食事の相場が、3,000円~5,000円程度となりますので、香典を一人一万円包んできていただいた場合には、 会食会場での飲み物代なども考えると多少持ち出しが発生する場合がありますのでそれを踏まえて考えましょう。 (会食会場で食事をしない場合にも、折詰の弁当とお酒などを代わりに法事のお返しといっしょに渡す場合もあります。 ) 法事のお返しは通常、夫婦で出席している場合でも、「香典」を1つしかいただいていない場合には、お返しも「1つ」だけ渡すようにします。 ただ、ある程度年齢を重ねた親子が出席する場合、それぞれ別々に「香典」をいただく場合があります。 その場合には、お返しも「2つ」用意する必要があります。 四十九日のお返しを渡すタイミングは、会食をする場合には、「会食がお開きになる前」に渡すようにして、会食をしない場合には、「法要後」にそれぞれ渡すようにします。 また、法要を欠席された場合でも、香典やお供えを別途送ってくる方もいらっしゃいますので、宅配で送るなどして同様にお返しをしましょう。 をしてもらった僧侶にも法事のお返しは通常はお渡しますが、地域よっては、その分「」を多めにして、法事のお返しは渡さない場合もありますので、 わからない場合には確認するとよいでしょう。 四十九日法要のお返しの品物とのし紙 四十九日法要のお返しでよく使われるのは、昔から後に残らないようにということで、「消えもの」が一般的となります。 具体的には定番の、などから、、、、などの食品から、、などの日用品がよく選ばれています。 2品用意する場合には、通常の品物と1品「お菓子」を添えてつけるところもありますので、その場合の袋は2品入る大きさの袋を用意するとよいでしょう。 また、地域によってはお供えのお下がりを皆で分けて持ち帰る場合もありますので、その場合は少し大きめの袋を準備するようにします。 高齢の方や遠方からの出席者がいる場合には、「大きくないもの」「重くないもの」を選ぶようにするなど、配慮すると良いと思います。 最近では、法事のお返しでも「」よく利用されるようになりました。 カタログギフトはもらった方が自由に品物を選ぶことが出来ることや、持ち運びに便利なため少しずつ人気が出てきていますが、 高齢の方で「カタログギフトのシステム(もらったら、カタログからハガキなどで注文すること)」をよくわからない方もまだいらっしゃいますので、高齢の方が多い場合には通常の品物を選ぶようにするとよいかもしれません。 のし紙については、上側には「志」「粗供養」と入れて、下側には「苗字」(又は苗字と家)もしくは「フルネーム」を入れるようにします。 (地域によっては、四十九日のお返しを「」とするところもあります) のしの種類については、「黒白結びきり」または「黄白結びきり」の水引のものを使用するようにします。 蓮の絵柄のある「黒白結びきり」の「のし紙」については、仏教のみでしか使用できませんので、神式の場合には注意するようにしましょう。 法事のお返しの品物やのし紙でよくわからない場合には、同じように法事を行った近親者、または専門の仏事ギフト業者に相談すると良いと思います。

次の

四十九日】香典・香典袋・金額・相場・忌明け法要・挨拶・服装・お返し・花

四十九日 法要 香典

死亡した日を入れて7日目を初七日(しょなぬか、しょなのか)• 14日目を二七日(ふたなのか)• 21日目を三七日(みなのか)• 28日目を四七日(よなのか)• 35日目を五七日(いつなのか)• 42日目を六七日(むつなのか)• 49日目を七七日(しちしちにち) 上記の法要のなかでも、特に重要とされるのが7日目の 初七日と49日目の 七七日とされています。 七七日を過ぎると、百カ日の法要が行われ、そのほか毎月の命日(月忌)にも法要を営むのが本来のしきたりですが、現在では毎月の命日に僧侶を招いて読経することは少なくなっています。 七七日忌の四十九日法要では、初七日同様に僧侶を招いて読経をし、埋骨のあと、会食をする流れが一般的です。 尚、地方や宗派によっては、五七日を忌明けとし、盛大に法要を営むこともあります。 四十九日の香典はいくら包むべき? 四十九日法要に参列する場合には、法要で用意される 会食やお返しの粗品のことも配慮し決定するのがマナーでもあります。 なお、四十九日法要は身内だけで行われることが一般的です。 金額の相場は、 1万円~1. 5万円程度を基準として、夫婦で参列される場合は 2~3万円、家族で参列する場合は、 子供1人あたり5千円程度をプラスして包むのが一般的です。 金額については、上記の相場を基準に、故人との関係や親族との間柄によって考慮される方が多くいらっしゃいます。 スポンサーリンク 一般的に葬儀などでも供花や供物は、親族や故人と特に親しかった友人などが贈るものです。 四十九日の法要は、親族だけで行われることが多いため、香典とは別にお供えの品を持参するのが一般的なのかもしれません。 四十九日の香典は新札でもいいの? 葬儀などと違って、四十九日の法要は事前にわかっているものでもあるため、 香典に包むお札は新札でもいいのかな?と悩まれる方がいらっしゃいます。 通常、不祝儀では新札を用意するのは 「不幸を待っていたようで、してはならないこと」とされています。 四十九日の法要に関しても、決してお祝い事ではありませんので、 不祝儀のマナーに則ったほうが無難です。 新札しかない場合も、新札の真ん中を一度折って折り目をつけてから包むようにすれば失礼がないでしょう。 マナーは相手の気持ちに立って考えるのが基本です。 故人の親族がどう感じるか?を配慮して行動すると間違いがないかもしれませんね。 四十九日の香典の書き方などのマナーは? 四十九日の法要に参列する際、香典の表書きで悩む方も多いものです。 四十九日法要の御香典で一番悩むことに、 表書きを「御仏前」とするのか「御霊前」とするのか?で悩む方が多いようです。 これは、四十九日の忌明け法要は、故人が極楽浄土に行けるかどうか決まる日、すなわち「成仏する日」の供養にあたるため、当日から「御仏前」を用いるとするところや、四十九日法要は、厳密には僧侶に読経を上げていただいた後、成仏するという考えから四十九日法要当日までは「御霊前」を用いるべきという考えが混在するためです。 また、現在では四十九日の前に法要をされることも多くなっており、その場合も法要によって成仏できるとして「御仏前」とする考えと、まだ、「中陰(死後、四十九日間)」であり、霊は成仏していないので「御霊前」とする考え方があります。 宗派、地域によっても、いろいろな考え方があるため、それに従うのが一番ですし、おすすめは 住職や僧侶にお尋ねすることです。 どうしてもわからない場合は、 「御香典」「御香料」「御香資」などの中立的な表現で用いられる表書きを用いるようにするといいでしょう。 尚、仏式のなかでも 浄土真宗の場合は、「往生即成仏」との考えから 「御霊前」は用いません。 四十九日前でも 「御佛前」と書きます。 スポンサーリンク 香典の書き方は? 金額の数字は、漢数字を用います。 数字は 「壱・弐・参・伍・七・八・拾」で書きます。 香典の書き方のマナー 個人の場合 下段中央にフルネームで書きます。 宗派、地域に応じて「御霊前」または「御仏前(御佛前)」を用いることもございます。 夫婦の場合 下段中央に夫の氏名を書き、その左側に妻の名だけを書きます。 宗派、地域に応じて「御霊前」または「御仏前(御佛前)」を用いることもございます。 連名の場合 右側が目上の方を書きます。 宗派、地域に応じて「御霊前」または「御仏前(御佛前)」を用いることもございます。 3名以上の連名の場合 下段中央に、代表者名を書き、「外一同(他一同)」と左側に書きます。 宗派、地域に応じて「御霊前」または「御仏前(御佛前)」を用いることもございます。 香典【中包みの書き方】 中包みの書き方 中袋の表側に金額を書きます。 そして裏側に自分の住所・氏名を書きます。 中袋には糊付けしないのが普通です。 中包みの入れ方 紙幣のおもて面を中袋の裏面に向けてお札を入れます。

次の