予防接種 腫れ 冷えピタ。 医師がオススメする糖尿病患者にやって欲しい4つの習慣。食事やお酒について

確定申告でうがい薬・冷えピタって戻ってきますか?

予防接種 腫れ 冷えピタ

毎年10月からインフルエンザの予防接種を受けましょう! と言われますよね。 みなさん、受けに行きましたか? 長女、次女が保育園に通っていることもあり、我が家は三女以外みんな受けに行きました。 子どもは予防接種を2回受けなければいけないから大変だし、何よりそのたびに腫れたり痛みが出たりとなんだか怖いですよね。 今年は長女が2回ともすごい腫れて「これって大丈夫なのかな」と心配しました。 長女は5歳にもなるので「痛い」とか「かゆい」とか言えるんですが、まだうまく言えない・話せない子どものそういった症状ってどうやって見極めたらいいか悩みますよね。 そこで、インフルエンザの予防接種の副反応について調べてみました。 パパッと読むための目次• インフルエンザの副反応って何? そもそも予防接種とは、その病気に対して免疫を獲得するためのものです。 その免疫を獲得する以外の反応のことを副反応と言います。 注射を打ったところが腫れたり赤くなったり、痛くなったりというような症状のことです。 主な副反応 注射をしたところ• 腫れる(腫脹)• 赤くなる(発赤)• 痛み(疼痛) 予防接種を受けた20~30%の人にこう言った副反応が現われ、その多くは2~3日で消えていきます。 長女も午前中に受けて、夕方には大きく腫れてきましたが、3日後にはきれいに腫れはひいていました。 このような副反応は正常な反応であって、抗体ができたことを示します。 なので大きな心配はいらないってことなんです。 まだ言葉を上手に話せない子どもでも、こういったところをみてあげると大丈夫かどうかっていうのがわかりますよね。 長女は腫れたところが気になってちょこちょこ触っていましたが、腫れ以外に特に症状はなかったのでほっとしました。 対処法:冷やすのが一番。 痛かったり熱っぽかったりする症状を緩和させてくれます 主な副反応(全身の症状) よく、注射を打った後熱がでることはありませんか?それも副反応のひとつ。 全身に現れる副反応なんです。 熱が出る(発熱)• 寒気(悪寒)• だるさ(倦怠感) などが全身に現れる副反応です。 これらの症状は5~10%くらいの人に起こって、これも腫れたり痛くなったりするのと同様、2~3日で治ります。 10%というと10人いれば1人はなるってことで、けっこう多いなぁという印象。 頭痛なんかだと、言葉をまだ上手に話せない子どもだったら泣きぐずって訴えるでしょう。 あとは、あやしたり話しかけたりしても笑わない、いつものように反応しないなんてようだとちょっと注意が必要かも。 20人くらいいる私の部署では3人が「インフルエンザの予防接種を受けると、必ず熱が出るから次の日が仕事の休みの日にする」と言って、あとでシフトを見たら本当に休みをとっていました。 本当にその割合で当てはまって納得です。 対処法:風邪っぽい症状ならそのまま様子をみて大丈夫、冷やした方がよければ冷やしてOK では、要注意すべき副反応について説明していきますね! 要注意の副反応 発疹や蕁麻疹などのアナフィラキシー反応を起こしたときです。 予防接種に対して過剰なアレルギー反応を起こしてしまったときに現れます。 肩や肘、背中など広い範囲に痛みや腫れ、熱が広がったときにはその可能性があるので、すぐにでも病院を受診する必要があります。 この反応は、予防接種を受けて30分以内に起こることが多いので、その30分は特に注意して子どもを見ておくことが大事です。 以前までかかりつけにしていた小児科は、インフルエンザの予防接種に限らず、どの予防接種を受けても30分は病院で待っていることを推奨していました。 30分とは言いますが、できれば24時間は大事をみた方がいいと言われています。 接種後24時間は注射したところだけでなく、あやしても笑わない、反応が乏しいなどなど、注射する前と変化がないか子どもの様子もしっかりみておいた方が安心ですね。 対処法:すぐ受診する この副反応が出たらすぐ受診!• 汗がたくさんでる• 嘔吐、下痢• 身体や顔がむくんでくる• 濡れタオルや冷えピタシートなどでゆっくり冷やすと効果的! まとめ 予防接種を受けるにもメリットだけではなく、デメリット=副反応があるということを知っておくべきです。 怖いと思っていた副反応でも、対処の仕方や受診の目安など知っていれば慌てずにすむかもしれませんよね。 ちょっとでもおかしいなと気がつけるのは、常に子どものそばにいるのはお父さん、お母さんです。 接種後24時間、特に30分は子どもの様子をしっかりみて、異常があればすぐに受診できるようにしておいた方が安心だと思います。 言葉を上手にはなすことのできない子どもの場合、親がしっかりみてあげる必要がありますね。 「重症な副反応がでたら怖い」といって予防接種を受けずにインフルエンザにかかって重症化したら、それはそれで辛い思いをするかもしれません。 万が一に備えて、副反応について知って、いざなったら対処できるようにその方法を知っておくことが大事なんだと思います。

次の

インフルエンザの予防接種で腫れたら冷えピタで冷やす対処!お風呂はダメ?

予防接種 腫れ 冷えピタ

受けた生後4か月の予防接種 4ヶ月になって受けるべき予防接種は以下の3つです。 ヒブ(インフルエンザ菌b型)• 小児用肺炎球菌• 四種混合(DPT-IPV (それと、任意接種でロタウイルスの5価を選んでいれば4つ。 ) 上記3つを受けました。 ロタは1価を選んだのでもう終わっています。 予防接種前 予防接種前は平熱で37度でした。 ミルクもよく飲み、よく寝て、いつもと変わりませんでした。 予防接種を受けに小児科へ 時間通りに小児科へ着き、呼ばれたので診査室へ。 喉や胸の音を先生に診てもらい、正常なので予定通り3つ予防接種を受けました。 予防接種 当日 特に変わりはありませんでした。 受けたところも赤くなったりはしていなかったと思います。 お風呂も通常通り入りました。 寝るのもいつも通り18時半頃で特にぐずったりはせず。 予防接種 翌日 左腕に受けたところが赤く腫れていました。 本人は元気です。 熱はお昼頃に上がってきました。 38度ありました。 これは風邪じゃないだろうと今までの経験から分かったので、横浜市から届いた『予防接種のご案内』を引っ張り出し、その中にあった『予防接種のしおり』を読みました。 『予防接種のしおり』によると 予防接種のしおりの『接種後にみられることがある一般的な症状』という項目を読みました。 腫れている場所は小児用肺炎球菌の場所です。 【小児用肺炎球菌】 接種後、接種部位の症状(赤み、腫れ、痛みなど)や発熱がみられることがありますが、通常は数日で消失します。 引用:予防接種のしおり と、ありました。 本人も元気で不機嫌ではないし、様子を見ることにしました。 明日になっても高熱があったなら病院へ行こうと思い、今日はとりあえず冷えピタと、脇に保冷剤を当てておきました。 そして夜に体温を測ってみると、37. 5度まで下がっていました。 予防接種 2日後 朝から元気です。 熱も下がっていたので一安心。 腕は昨日ほど赤くなく、腫れも少し引いています。 その後 熱は上がることなく、腫れもなくなりました。 次(生後5ヵ月)に受けるのは四種混合とBCGなので、そのときに一応今回熱が出たことを小児科の先生に伝えようと思います。 こんなときはすぐに病院へ 機嫌が悪くて抱っこしても泣き止まない、ミルクを飲まない、排尿が6~8時間ないなど、おかしいと感じたり心配なことがあれば受診したほうがよいでしょう。 引用: 赤ちゃんの様子をしっかり見て判断してください。 いつもと違う!どうしよう!と思うなら、病院へ連れて行ってあげてください。 何もなくてもお母さんが安心できます。 最後まで見てくださってありがとうございました。

次の

インフルエンザ予防接種で腫れたら冷えピタを貼って大丈夫なの?

予防接種 腫れ 冷えピタ

スポンサーリンク 予防接種で腫れてしまった時の体験談 インフルエンザの予防接種で腫れてしまう人と腫れない人がいます。 腫れてしまう人と腫れない人の違いについては インフルエンザの予防接種で腫れてしまうのは割とあることなので、接種当日は接種部位を清潔に保ち、激しい運動や大量の飲酒は避けていれば、いつも通りの生活を送って大丈夫です。 接種部位が腫れてしまっても通常2~3日ほどで収まりますが、肘まで腫れたりする場合は医師に診察してもらいましょう。 そこまで腫れればさすがに「病院に行こう!」という気持ちが起こると思うのですが、虫刺されぐらい、もしくは虫刺され以上になった時にどうしようか判断に迷ってしまうこともあるかと思います。 我が家も真ん中の子がインフルエンザではありませんが、予防接種の同時接種をした2回目から腫れてしまい、接種部位が硬くなってしまったことがありました。 大きさは500円玉大ぐらいです。 腫れた場所を触ったりしなければ痛いとか言わなかったので痛みに関しては心配なさそうでしたが、硬くなってしまったのが気になるのか、たまに触ったりはしていました。 しかし吸収されるまでの間に軽い炎症が起きて腫れ、痛みます。 それでも痛かったり痒い場合は塗り薬を塗ったりします。 予防接種以外にインフルエンザ対策にオススメなのが この時期に怖いノロウィルスの対策にも使えますし、病院や飲食店でも使われてるそうです。

次の