プラス メッセージ 写真。 +メッセージ(プラスメッセージ)とは

携帯3社の新チャットアプリ『+メッセージ(プラスメッセージ)』 便利なポイントはここだ|TIME&SPACE by KDDI

プラス メッセージ 写真

タップで目的地へ• 例えば、あなたがソフトバンクのケータイをもっていた場合… ソフトバンクのケータイを使っている人にも他社(auやドコモ)ケータイを使っている人にもメッセージを送ることができる!! そんなサービスです。 AndroidスマホとiPhoneで使い方が大きく異なります。 (アプリのアイコンは一緒です。 ) Androidスマートフォンでの使い方(プラスメッセージ) いままでAndroidスマホ(Xperia、アクオス、ギャラクシーなど)を使ってきたあなたは知っていると思いますが、すでにスマホの中にメールアプリもしくはメッセージアプリが入っていますよね。 アンドロイドスマホの+メッセージの使い方は 超カンタン• ドコモ、au、ソフトバンクのすべてが共通してこれなので、 初めてスマホを使う人でも、 iPhone からスマホに変える人でもラクラクに使えます。 アプリの仕様がガラッと変わるので気をつけてください。 見た目や使い方は LINE と同じ!と思っておけば大丈夫です!! iPhoneでの使い方(プラスメッセージ) iPhoneではすでに、「メッセージ」と「メール」がはいっていますね。 ショートメール(SMS)は「メッセージ」を使ってメールアドレスあてには「メール」を使っていると思います。 iPhone は 「+メッセージ(プラスメッセージ)」アプリのインストールが必要です。 「App Store」からアプリをインストールすればすぐに使うことができます。 +メッセージ(プラスメッセージ)は普及するのか?LINEとの違いとは 今までLINEを使い続けてる人に「LINEよりも+メッセージが便利だからこっち使おうよ!」といってもハテナになってしまいますよね。 どうしても 既に利用している人が圧倒的に多い ので変えてしまうと不便になりますよね。 これは、ドコモ・au・ソフトバンクも予想済みだと思います。 なのでドコモからも「LINE対抗のサービスではない」と明言されていますね。 であれば、 どの利用者層を狙ってSMSサービスの進化を図ったのでしょうか??• スマホ初心者• LINEサービスよりも強いセキュリティ この2つが大きなターゲットとなると思います。

次の

ショートメッセージは進化していた!「+メッセージ(プラスメッセージ)」アプリでさらに使いやすく便利に!

プラス メッセージ 写真

「エラーを起こして、せっかくの写真が送れない!」と頭を悩ませた経験はありませんか? スマートフォン利用者からの口コミを見てみるとそうした悩みを抱える方は多いようです。 現在電話やメール、カメラにSNSと便利な機能が備わっており、遠く離れた人とも気軽に連絡を取ることもできる便利なスマートフォン。 色々な機能がある反面、その機能の使い方に悩まされることも多いと思います。 そんなお悩みも、設定1つで解決することができます。 写真が送れない大きな原因。 まず、写真が送れない理由として考えられるのは「画像ファイルの容量が大きい」ということです。 例え送信した写真が1枚であっても、写真の容量が大きければエラーが発生してしまいます。 送信できる容量の上限は、各携帯メーカーやサービス内容によっても異なりますが、スマフォ同士なら大体2MB〜3MB、スマフォからガラケーなら大体2MB、スマフォからパソコンメールなら大体25MBとなっています。 また写真を送信する際には相手にも配慮が必要となります。 契約内容によっては、パケット料金が発生してしまい大容量の写真を受信しただねでも多額の費用を請求されてしまうこともあるからです。 つまり写真を送信する際には、画像を圧縮し容量を小さくしてから送るのが両者にとって1番良い方法となるわけです。 それでは!ここからはiPhone・アンドロイドに分けて徹底的に解説させていただきます。 メッセージで写真が送れない!確認すべき解決策〜iPhoneの場合 メールアプリからの送信 相手のメールアドレスが分かっていれば、この方法が1番シンプルで簡単な送信方法です。 今回はこちらを使用して、写真を送信します。 「写真またはビデオを挿入」選択欄が現れるのでそれをタッチする。 「小・中・大・実際のサイズ」の中で希望のものを選択する。 逆に大の場合は相手は見やすい大きさですが、容量が大きくなったしまいます。 その結果から、中が1番適度なサイズになるでしょう。 ものによっては見え方も変化してくるので自身でご判断ください。 アプリからの送信 より便利に効率的に写真を送信するからアプリがおすすめです!今回は「画像圧縮」というアプリを使用して、写真を送信します。 写真のアクセスを求められるのでOKしてください。 上記の方法と比べて何が便利なのかというと1度に圧縮できる写真の枚数が多いことです。 それに比べて、このアプリでは最大15枚の写真を1度に圧縮できます。 大量の写真を送りたいのではあれば、アプリからの送信が断然おすすめです。 スポンサーリンク メッセージで写真が送れない!確認すべき解決策〜アンドロイドの場合 Eメールからの送信 相手のメールアドレスを知っているなら、1番シンプルで簡単な送信方法です。 今回はこちらを使用して、写真を送信します。 容量を「元の画像・中・小」があるので希望のサイズを選択する。 今回は「Image Shrink Lite」というアプリを使用して、写真を送信します。 有料版もありますが、無料版でも十分機能が備わっているのでどちらでも構いません。 ここではサイズと保存フォルダの設定を行いましょう。 Image Shrink Liteという名で表示されている項目を選択する。 設定画面で細かい設定変更、自分好みにカスタマイズできるので、便利に使用できるアプリです。 iPhoneとアンドロイドではインストールできるアプリが変わってくるので注意しましょう。 まとめ いかがでしょうか? 基本的には上記のやり方で送信できるようです。 それでもなおエラーが続いてしまう場合は、契約内容やプランに何か問題を起こしている可能性があるので1度携帯ショップで見てもらいましょう。 せっかくの大事な思い出を大切な人にぜひシェアしてあげましょう。 写真を見返して思い出を振り返る時間を大切にお過ごしください。

次の

ドコモの「+メッセージ(プラスメッセージ)」|使い方と料金形態

プラス メッセージ 写真

+メッセージ プラスメッセージ というSMSアプリを聞いたことはありますか。 通常iPhone端末にはメッセージアプリとしてSMSやiMessageアプリがインストールされているので、利用している人が多くいるかと思います。 ですが日本のドコモ、au 、ソフトバンクユーザーであれば+メッセージ プラスメッセージ アプリをダウンロードして利用することができます。 そこでここでは+メッセージ プラスメッセージ のインストール方法から利用方法について紹介します。 +メッセージ プラスメッセージ アプリはまだリリースしてあまり月日が経っていません。 したがってあまり利用していないのですが、実は利用するととても便利な点もあるので是非確認して、インストールしてみてください。 +メッセージ(プラスメッセージ)は、ドコモ、au 、ソフトバンクのお客さま同士で電話番号を宛先にして、文字、スタンプ、写真、動画などの送受信ができるメッセージアプリです。 相手の電話番号を知っていると連絡を取ることができます。 なのでドコモ、au 、ソフトバンクのキャリアを利用している人なら、それぞれの公式ページから+メッセージ(プラスメッセージ)をダウンロードして、利用しているiPhone端末にインストールすることができます。 Apple Storeからだと+メッセージ(プラスメッセージ)がインストールできないこともあるので。 それぞれのキャリアの公式アプリや公式ページからアプリをダウンロードすることをおすすめします。 +メッセージ(プラスメッセージ)の特徴は、SMSやiMessageのようにメッセージを送信したり受信できるアプリになります。 iPhone端末の場合デフォルトでiMessageがインストールされているかと思います。 iMessageアプリは、電話番号を交換した相手ならメッセージで連絡を取ることができるアプリです。 実は+メッセージ(プラスメッセージ)もiMessageアプリに非常に似たアプリになります。 ですが+メッセージ(プラスメッセージ)は、iMessageアプリよりもLINEアプリに非常に近いアプリです。 スタンプっを送ったり、グループを作ったりとLINEの機能を多く持っているのが+メッセージ(プラスメッセージ)アプリです。 +メッセージ プラスメッセージ アプリが対応しているスマホについて紹介します。 4以上搭載スマートフォンやタブレットであれば、+メッセージ プラスメッセージ を利用することができます。 またauのiPhoneのスマホであれば、 iOS9. 0以降のiPhone・iPadであえれば+メッセージ プラスメッセージ を利用することができます。 なのでそれぞれのスマホでOSのバージョンを確認するようにしてください。 また現在利用しているスマホでもバージョンアップすることで+メッセージ プラスメッセージ を利用することができます。 なので定期的スマホのOSのバージョンアップをすることをおススメします。 それでは+メッセージ(プラスメッセージ)アプリをiPhone端末でダウンロードして、インストールする方法について紹介します。 日頃からiPhone端末を利用している人ならそんなに難しいことはありません。 またiPhone端末の場合は、基本Apple Storeからアプリをダウンロードして、インストールすることになるかと思います。 今回の+メッセージ(プラスメッセージ)も基本はApple Storeからダウンロードします。 しかしキャリア公式アプリや公式ページから+メッセージ(プラスメッセージ)をダウンロードした方が自分のiPhone端末が利用できるiOSのバージョンであるかを確認することもできます。 なので公式アプリも活用することをおすすめします。 +メッセージ(プラスメッセージ)は電話番号で相手を指定するので、iPhone端末のアプリの設定で連絡帳の読み取りを許可すると、連絡帳に登録している友達へ+メッセージ(プラスメッセージ)を送信することができます。 また、 連絡帳に登録していない友達へ+メッセージ(プラスメッセージ)アプリよりメッセージを送信するには電話番号を指定して送信するか、LINEのようにQRコードで相手を指定して送信することもできます。 なので日頃からiPhone端末に友達の電話番号を電話帳に登録している場合は、特に+メッセージアプリをインストールした後に友達追加の作業は必要ありません。 自動で友達追加されるので、すぐにメッセージを送信することができます。 それでは最後に+メッセージ(プラスメッセージ)アプリをダウンロードした後に今まで利用していたiMessageやSMSは利用できるのでしょうか。 +メッセージ(プラスメッセージ)アプリを利用し始めても、iMessageを利用することがあるかと思います。 いつも連絡を取っている人が+メッセージ(プラスメッセージ)を利用していないと、今まで通りiMassageやSMSで連絡を取らないといけません。 もし+メッセージ(プラスメッセージ)しか利用できないと困りますよね。 なのでここではiPhone端末で+メッセージ(プラスメッセージ)アプリを利用し始めた後に、iMessageやSMSで送信・受信は今まで通り行えるのかについて紹介します。

次の