ゴロンダ。 【ポケモン剣盾】特性かたやぶりのポケモンを徹底比較!【ドリュウズ・ゴロンダ・オノノクス・ルチャブル他3匹】

【ポケモン剣盾】ゴロンダの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ゴロンダ

2倍になる。 相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 ただし、攻撃後に受ける効果は消えない。 第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 変化技を使えなくする Lv. 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 ダブルバトル用。 [Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 [ヤンチャム:Lv. 48 USUM〜XY ,Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 5倍にする。 後攻になった場合や、相手の技が変化技や第7世代のZワザの場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が場を離れると効果は消える。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。

次の

ゴロンダ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ゴロンダ

ゴロンダ Goronda 英語名 Pangoro 675 - - - - - - 092 - - - 221 - - 093 - 285 - - 106 - 112 - - 分類 こわもてポケモン 2. 1m 136. 第六世代: 173• 第七世代: 173• ポケモン徹底攻略• ゴロンダとはのNo. 675のポケモンのこと。 初登場は。 外見・特徴 進化• Lv32以上のときに手持ちにタイプのポケモンを入れてレベルアップで ポケモンずかんの説明文 、 きしょうが あらく ケンカっぱやいが よわいものいじめは ゆるさない。 はっぱで てきの うごきを よむ。 漢字 気性が 荒く ケンカっ早いが 弱いものいじめは 許さない。 葉っぱで 敵の 動きを 読む。 、 こうげきを うけても ひるまずに とっしんして でんちゅうを へしおる パワーの わんりょくで ぶちのめす。 漢字 攻撃を 受けても ひるまずに 突進して 電柱を へし折る パワーの 腕力で ぶちのめす。 うでっぷしが じまんで ごうかい。 ゴロンダの トレーナーに なりたいなら こぶしで かたりあう しかない。 漢字 腕っぷしが 自慢で 豪快。 ゴロンダの トレーナーに なりたいなら 拳で 語り合う しかない。 たけの はっぱの ゆれで てきの うごきを よむ。 ケンカっぱやいが なかまへの じょうは あつい。 漢字 竹の 葉っぱの 揺れで 敵の 動きを 読む。 ケンカっ早いが 仲間への 情は 厚い。 うでっぷしが じまんの ワイルドな ポケモン。 ごうかいな せいしつに ほれこむ トレーナーも おおい。 漢字 腕っ節が 自慢の ワイルドな ポケモン。 豪快な 性質に 惚れこむ トレーナーも 多い。 こぶしで かたる タイプ。 ガタガタ いわず ぶんなぐり ダンプカーも ふっとばす とっしんを かます。 漢字 こぶしで 語る タイプ。 ガタガタ いわず ぶん殴り ダンプカーも ふっ飛ばす 突進を かます。 きしょうが あらく わんりょくで だまらせる。 との いっきうちに とうしを もやす。 漢字 気性が 荒く 腕力で 黙らせる。 タチフサグマとの 一騎打ちに 闘志を 燃やす。 はっぱで あいての うごきを よむ。 おおがた ダンプカーを いちげきで スクラップにする パンチを もつ。 漢字 葉っぱで 相手の 動きを 読む。 大型 ダンプカーを 一撃で スクラップにする パンチを もつ。 種族値 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 95 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 32 手持ちにタイプがいるときにをレベルアップさせる。 OR・AS - - S・M Lv. 24-27 Lv. 32 手持ちにタイプがいるときにをレベルアップさせる。 24-27 Lv. 31-34 US・UM Lv. 24-27 Lv. とを両立できる唯一のポケモンである。 では・も存在しないため、タイプにを当てられる貴重な存在である。 系統、を使える、予めを遺伝したポケモンを除けば、唯一をに遺伝させることができるポケモンである。 におけるゴロンダ• で初登場。 では野生の個体が登場。 ではの夢の中でがする形で登場。 におけるゴロンダ• マンガにおけるゴロンダ 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 関連項目 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ゴロンダ Pangoro Pandagro Pandarbare 부란다 流氓熊猫 Pangoro 英語に同じ.

次の

ゴロンダの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ゴロンダ

あけましておめでとうございます.つしまというものです.シーズン1が終わったので,使用していたパンダについて書こうと思います. 注意 HP,攻撃,防御etcの能力値について,h、a、b、c、d、sなどの略称を使用します。 A124+悪・格闘という優秀な攻撃範囲 両方の技を半減で受けられることは少ないです.苦手なフェアリータイプには鋼技を打てます.• つけあがります からやぶバトン後のつけあがるの威力は140です.A2段階上昇のつけあがるは大マックスせずとも多くのダイマックスした敵を屠ることができます.よって火力的な不安からダイマックスを焦って切り,躱されるということが少なくなります.• 回復します バトン受けだしの際に受けたダメージをドレインパンチで回復する動きが可能で,場持ちがよくなります.,など自然に打つ機会は多いです.• ポットデスとの相性 ポットデスの苦手な悪技,ゴースト技を半減しながらバトンをもらい,一致抜群技で殴ることができます.特にの苦手なやに滅法強いです.• かわやぶりかたやぶり ばけの皮を貫通して相手がダイマックスしようが一撃で倒せます.ついでに天然でもとまりません. 短所• 4倍弱点持ち フェアリー技を打たれると即死します.今流行のダイジェットが抜群なのも厳しい.• 特性:かたやぶり ミミッキュに強くなりたいので確定.• 努力値:h4、a252、s252(意地っ張り)• 個体値:C以外31• 持ち物:達人の帯• 性格 意地っ張りを推奨します.理由は現環境でが非常に多く,またゴロンダにタイプ相性上非常に出てきやすいからです.H252トゲキッスを倒すためにA実数値190+火力上昇アイテム(1. 2倍)+ダイサンダー(かみなりパンチ)が必要なため,性格補正が必要です.• ポットデス育成論 yoidore365様、ありがとうございます• 起点づくり あくび,おきみやげを使えるポケモン.すりぬけが多い都合上壁はりは安定しません.ちょうはつを使えるとなお良いです.• ただダイマックスされたり、耐久振りだったら耐えられますし、スカーフは諦めて素直につけあがるをうったほうがいいと思います。 そもそもどんな構築も無理なポケモンの型はありますし、バトン構築は特に多いです。 これは自分の考えなのですが、 サイクルパが9割のパーティに対して7割の勝率を目指すものなら、 バトンパは7割のパーティに対して9割の勝率を目指すものだと思ってます。 だから無理なポケモンがいてもしょうがない。 勝てるパーティに確実に勝とうと割りきるのは必要かと。 そうですね、仮想敵 パーティー は明確にして勝てる時に勝つのが基本ですね。 リリバの実を持っている可能性もあるので、ミミッキュ対面ではつけあがるを打つのが一番確勝てる確率が高いと思います。 ただ、 ・ポットデスの耐久が落ちてバトンを積みにくくなる 連続技持ちや先制技持ち ・ゴロンダに他の持ち物を持たせられなくなる h振りトゲキッスが倒せなくなる ・砕ける鎧は能動的に発動できず、それを前提とした素早さ調整はできない ・スカーフ持ちの攻撃はダイマックスして耐える動きが可能 の理由から達人の帯にしました。 もちろん、その分ポットデスに持ち物が持たせられるので一概に優劣は付けられませんが。 ですから、先発以外のスカーフミミッキュは事故と考えていいと思います。 あと育成論本文について、もう少し太字や下線があればさらに読みやすくなると思います。 このデスパンダを見て役割対象として認識されない事を祈るしかないですね笑 論の読みやすさに関して確かに改善の余地があるので、時間ができ次第直したいと思います。 ご指摘に感謝します!.

次の