ジュピター 歌手。 平原綾香さんの発声(発音)法について

ららら♪クラシック これまでの放送

ジュピター 歌手

最低映画館〜さよならジュピター さよならジュピター BYE-BYE, JUPITER 東宝 1984年 130分 製作 田中友幸、 小松左京 脚本 小松左京 監督 橋本幸治 出演 三浦友和 森繁久彌 平田昭彦 小野みゆき 岡田真澄 マーク・パンソナ この映画を初めて観た時、私は赤塚不二夫のこんなエピソードを思い出した。 書き下ろしの長篇漫画に行き詰まった赤塚は、トキワ荘の兄貴分、寺田ヒロオに相談した。 寺田は赤塚の原稿を読んで、こう云った。 「詰め込み過ぎだよ。 僕ならこの原稿から5つのマンガを作るな」。 私もこの映画を観ながら、こう思った。 「詰め込み過ぎだよ。 僕ならこの原作から5つの映画を作るな」。 しかし、この映画の脚本家は製作者でもあるものだから始末が悪い。 先の例で云えば、赤塚不二夫が出版者の社長だったのである。 寺田ヒロオのアドバイスは聞き入れられずに出版された。 それが『さよならジュピター』である。 物語は複雑怪奇で説明に窮するが、要するに、火星で「ナスカの地上絵」が発見される宇宙古代史物語と、木星を太陽化して宇宙ステーションのエネルギー源にしようとする宇宙開拓物語と、全長120キロに及ぶ「ジュピター・ゴースト」の謎を追う宇宙神秘物語と、巨大なブラックホールが太陽系を直撃する宇宙パニック物語とが複雑に絡み合い、これに「ロミオとジュリエット」が加わる、という分裂症気味の内容である。 失笑を誘うのは、特に「ロミオとジュリエット」の部分である。 「木星太陽化計画」を推進する三浦友和博士はジュピター教団なる反対分子の妨害工作に悩まされていた。 今日もその抗議デモに遭い、機械の一部を壊された。 連中の首謀者はチューリップ・ハットを被った怪しげな女。 帽子を取ると、なんと幼馴染みのマリアではないか。 「会いたかったわ」 「俺も会いたかったさ」 すぐさまSEXする二人。 しかし、幼馴染みが十数年ぶりに出会って、すぐさまSEXするかね?。 で、この映画唯一の売りの 無重力SEXシーンにあいなるわけであるが、そのセコい特撮から生ずる脱力感はただごとではない。 ところで、このジュピター教団、どういう団体かというと、要するに 単なるヒッピーなのである。 自然主義者であり、人為に基づく宇宙の変革の一切を認めない。 教祖はピーターという歌手で、これがまたハナ肇の 「アッと驚くタメゴロー」みたいなベタな風体。 とても80年代の映画とは思えない。 で、このタメゴローの愛するイルカ「ジュピター」がサメに喰われて、涙ながらに一曲歌う。 「君はとても大きくて、 いつも、いつも、輝いていた。 君はとても優しくて、 いつも、いつも、微笑んでいた」 作詞は本作の製作者にして原作脚本担当者、つまり最高責任者である 小松左京御本人。 恥ずかしいなあ。 恥ずかしいけど、アマノジャクな私はこの歌が大好きだ。 で、地球をブラックホールから守ろうとするロミオ=三浦友和と、木星を守ろうとするジュリエット=マリアが、ジュピター教団のテロが相次ぐ中で共に討ち死に。 宇宙の藻屑と消えて、観客が釈然としないままに映画は終わる。

次の

ジュピター(木星)「ホルスト:組曲『惑星』」【その魅力と名盤を解説】宇宙を耳で感じよう!!

ジュピター 歌手

これまでの放送 2018年8月17日 金 の放送 クラシック音楽をこよなく愛するシンガー平原綾香さんが、自分を育ててくれた名曲の魅力を語ります。 初めて出会ったとき、わけも分からず涙が止まらなくなったというホルストの「木星 ジュピター 」、そして平原さんに人生の深みを教えてくれたエルガーの「チェロ協奏曲」を取り上げ、時代やジャンルを超越するクラシックの魅力をひも解きます。 平原綾香 わたしのクラシック ~ホルストとエルガーが切り開いた私の宇宙~ クラシック音楽をこよなく愛するシンガー平原綾香さんが、自分を育ててくれた名曲の魅力を語ります。 初めて出会ったとき、わけも分からず涙が止まらなくなったというホルストの「木星 ジュピター 」、そして平原さんに人生の深みを教えてくれたエルガーの「チェロ協奏曲」を取り上げ、時代やジャンルを超越するクラシックの魅力をひも解きます。 エルガー物語:人生の深みを知るクラシック ホルストとほぼ同時代に活躍した作曲家エルガー。 「愛の挨拶」や「威風堂々」で知られるイギリスの大作曲家ですが、平原さんが注目したのは、知る人ぞ知る渋い曲、「チェロ協奏曲」。 作曲の背景にあったのは第一次世界大戦です。 エルガーは戦時中、国家に作曲で協力。 しかし世の中にあふれる好戦的なムードや多くの戦死者の訃報に嫌気がさし、作曲への情熱をなくして田舎の山荘にひきこもります。 そんなとき、再び作曲への力を与えたのは森の散歩でした。 再生の象徴である森の木々にインスピレーションを得て書き上げたのが「チェロ協奏曲」。 平原さんは「ウッド・マジック」とよばれるそのエピソードに感動して歌詞を書き、「チェロ協奏曲」を「私と言う名の孤独」というタイトルのポップスに仕立て直します。 平原さんは、作曲の背景や作曲家の人生を深く勉強することで、名曲をより身近なものとして感じています。

次の

平原綾香さんの発声(発音)法について

ジュピター 歌手

「ジュピター」ってどんな曲! 平原綾香さんの「ジュピター」は、 イギリスの作曲家「ホルスト」の 「惑星:第4曲:木星 快楽をもたらす者」 が原曲となっています。 平原綾香さん自身が日本語の歌詞で 「ホルスト」の原曲を歌うことを提案し、 作詞は吉元由美さん、 編曲は坂本昌之さんが担当しました。 2006年5月28日に発売された シングルCDの出荷枚数が 100万枚を突破しました。 さらに、 着うたのダウンロード件数も160件を 突破した超人気曲と言えるでしょう。 「ジュピター」の歌詞まとめ! 「ジュピター」の歌詞の意味とは? 「ジュピター」の歌詞の中でも 以下の部分に関しては、 平原綾香さんの書いた言葉です。 Every day I listen to my heart• 私のこの両手で 何ができるの?• ありのままでずっと 愛されている• いつまでも歌うわ あなたのために これらに着目して 歌詞全体を見なおしてみてはいかがでしょう。 平原綾香さんの「ジュピター」の歌詞には、 フジテレビ放送の 「ザ・ノンフィクション 『短い命を刻む少女:アシュリーの生き方』」 の影響もあります。 平原綾香さんの「ジュピター」は 下記のように色々なシーンで 使用されました。 TBS系列ドラマ 「3年B組金八先生」第7シリーズ• 新潟県中越地震 被災者を元気づける応援歌• 20005年から長岡まつり大花火大会 復興祈願花火「フェニックス」BGM• FNS音楽特別番組• 第58回NHK紅白歌合戦 今もなお聞き続けられている 名曲となったんですね。

次の