三井ダイレクト損保 安い。 【自動車保険】ネット・ダイレクト損保と国内大手損保の違いと比較

ソニー損保と三井ダイレクト損保を比較!おすすめの自動車保険は?

三井ダイレクト損保 安い

三井住友海上と三井ダイレクトの違いとは!? 三井住友海上と三井ダイレクトは、代理店型と通販型という販売経路に違いがあります。 三井ダイレクトはインターネットで手続きをすることができる自動車保険などを取り扱っており、ネット割引が適応されるので、割安な保険料で契約することができます。 今回は三井住友海上と三井ダイレクトの違いを焦点を当てて、保険料の違いや補償内容の違いについてご紹介します。 三井ダイレクトの保険料は安い? 三井ダイレクトの保険料は三井住友海上に比べると通販型であるため非常に安いです。 具体的には、インターネットで契約をすると、最大で「10. 500円」の割引が受けられますので、保険料を重視する人にはおすすめです。 000円割引と証券不発行 500円)の場合です。 しかし、「代理店型」の三井住友海上とは同じ商品を提供していますが、補償内容や一部取り扱いのない商品もあります。 では、どういったところが違うのかを紹介していきます。 三井ダイレクト損保の回数継続割引 三井ダイレクト損保では、自動車保険やバイク保険の継続した回数に応じて保険料が割引されます。 初めて保険を契約する場合、「1. 0%」保険料がお得になる割引があります。 500万円 後遺障害・・・2. 650円 保険開始期日を翌日とした場合の補償内容と保険料で計算しています。 なお、eサービス 証券不発行 の場合は、さらに500円の割引となります。 830円 になり、三井ダイレクト損保に比べると、三井住友海上の年間保険料は高いです。 三井住友海上「日常生活賠償特約 保険金額・無制限)」 自動車保険にぜひつけておきたい特約の1つに、日常生活賠償特約というものがあります。 日常生活賠償特約とは、自動車の事故とは関係のない特約なのですが、これをつけていると、日常生活において、第三者にけがを負わせたまたは死亡させた、財産に損害を与えたという場合に、法律上の賠償金を支払うことができる特約です。 この特約は、限度額がない「無制限」で補償されますので、高額な賠償金が発生してしまったとしても対応することができます。 日常生活賠償特約は、三井ダイレクト損保ではつけることができず、代理店型の自動車保険にしかつけることができません。 なお、代理店型では、火災保険や傷害保険にもつけることができますが、保険金額は1億円までとなっていますので、自動車保険につける方がお得です。 日常生活賠償特約の支払い例 なぜ、日常生活賠償特約を無制限でつけておいた方がいいのかということを、実際にあった例を挙げて説明していきます。 【事故例】 子供が公園でボール遊びをしていた際、そのボールが道路まで転がって行ってしまった。 たまたま道路をバイクで走行していた人が、そのボールを避けようとしたが、バランスを崩して転倒してしまった。 バイクを運転していた人は、転倒したことで後遺症が残るほどの重傷を負った。 バイクを運転していた人は、ボールが転がってきたことが事故の原因だとして、ボール遊びをしていた子供の親に、損害賠償請求をした。 裁判では、ボールが転がってきたことが事故の原因と認め、バイクを運転していた人に対する治療費、逸失利益(事故が起こっていなっかたら得ていたであろう将来の収入)、バイクの修理費など、総額で1億円を超える賠償が確定した。 このように、個人でも場合によっては、1億円を超える賠償責任が発生してしまうことがありますので、無制限で補償してもらうためにも、自動車保険に日常生活賠償特約をつけておくことが大事です。 三井住友海上と三井ダイレクト損保補償内容の違いは!?のまとめ 三井住友海上と三井ダイレクト損保とでは、補償内容の違いはそれほどありません。 しかし、インターネット割引などで安い保険料で契約することができますので、とにかく安い保険料で補償を受けたい人には、三井ダイレクト損保がおすすめです。 ですが、通販型なので事故を起こした際、担当者がどこまで対応してくれるか、そして保険内容を自分で把握し、管理しなければならない自己完結型の商品であるといえます。 代理店で直接対応してる担当者なら、お客様の保険内容など把握しているので、何かあった際対応し、その後の事故対応や今後どうすればいいか直接相談できます。 同じ商品を取り扱っているので、ほぼ補償内容に変わりはありませんが、通販型で安い保険料を選ぶなら、三井ダイレクト損保をおすすめします。 一方、保険料より補償内容や事故対応を重視させたいなら、三井住友海上をおすすめします。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の

【知らずは危険!】口コミ・評判からみる「三井ダイレクト損保」の正体

三井ダイレクト損保 安い

三井ダイレクト損保と チューリッヒ保険の自動車保険は、どちらも保険料が安いそうですが、どちらにするか、迷っています。 どちらも、ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険です。 代理店が窓口にならない、新しい形の自動車保険です。 三井ダイレクト損保もチューリッヒ保険も、ダイレクト(ネット通販)型の損害保険会社です。 自動車保険は、代理店型とダイレクト(ネット通販)型に分けることができます。 損保会社と契約している代理店を窓口にするのが代理店型、ネットや電話などで損保会社が顧客と直接にやり取りするのがダイレクト(ネット通販)型です。 ダイレクト(ネット通販)型は、代理店のためのコストがかからないので、その分保険料が安くなります。 しかし、代理店がないので、加入・更新・内容変更・請求といった手続きを、加入者がネットや電話を通じて、損保会社と直接にやりとりしなければなりません。 そのことを大きな負担と感じる方には、ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険をおすすめできません。 三井ダイレクト損保もチューリッヒ保険も、候補から外れます。 安さとブランド力が魅力の 三井ダイレクト損保と、2つの商品で幅広いニーズに応える チューリッヒ保険は、火花散るライバル関係です。 三井ダイレクト損保とチューリッヒ保険は、ここ数年、売上高の面で、激しく競い合っています。 下の図は、主なダイレクト(ネット通販)型損保の過去5年の売上高(元受正味保険料)のグラフです。 ご覧のように、両社は、抜きつ抜かれつの激しい3位争いを続けています。 この2社の持ち味を簡単にまとめると、以下のようになります。 三井ダイレクト損保は 三井住友海上の系列というブランド力と、割安な保険料設定が魅力です。 補償・サービス内容や事故対応の評判などを見る限り、際立った強みはありませんが、トータルでは割安感は高いです。 一方の、チューリッヒ保険は スイスに本拠を置くチューリッヒ保険の、日本支店として営業をおこなっています。 幅広いニーズに応えるべく、2つの個人向け自動車保険を販売しています。 そして、テレビCM・新聞・雑誌など、コストのかかる広告宣伝に積極的です。 チューリッヒ保険は、『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』の、2商品を個人向けに販売しています。 チューリッヒ保険は、2つの自動車保険を販売しています。 『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』です。 『スーパー自動車保険』は テレビ・ネット・新聞・雑誌などで盛んに宣伝している方です。 充実した補償を、手頃な価格で提供する自動車保険です。 もう一つの『ネット専用自動車保険』は 機能を基本的なものに絞り込み、さらに取り扱いにも制限を加える(保険料の支払い方とか、加入年齢とか)かわりに、 保険料の安さを追求しています。 こちらの宣伝は地味です。 三井ダイレクト損保とチューリッヒ保険の成り立ちや業績を比較しました。 保険に入ることは、品物を買うのとは違います。 むしろ、会員になってサービスを受けることに似ています。 ということは、サービスを提供する損保会社の成り立ちや業績なども気になります。 そこで、下表にまとめました。 売上高は正味収入保険料です。 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険 創業 2000年 平成12年 1996年 平成8年 直営の全国拠点数 4(住所で集計) 6(住所で集計) 従業員数 571人 1,080人 自動車保険売上 373億 130億 総売上 379億 304億 ソルベンシー・マージン比率 457. グラフの売上高は元受正味保険料で、表の売上高は正味収入保険料です。 元受正味保険料は単純な売れ行きを表し、正味収入保険料はもうけにつながる売上を表します。 結論だけ書きますと、 単純な売れ行きでは両社は接戦だけど、チューリッヒ保険の方が、売上のために無理をしている、という構図になります。 三井ダイレクト損保とチューリッヒ保険の事故対応は、安心できそうですか?どちらが優れていますか? 事故対応の評判では、チューリッヒ保険が優勢です。 三井ダイレクト損保は、大手損保より品質が低そうです。 補償やサービスに大きな差はなくても、それらの丁寧さとか迅速さとか親切さ、つまり品質に違いがあるかもしれません。 特に大切なのが、事故対応の品質です。 自動車保険では、事故が起こってから、損害保険会社が調査や示談交渉をおこなって、保険金額が決まり、支払われます。 そのスムーズさや迅速さに、損害保険会社の実力の差が出ます。 事故対応の評判を知るには、公正なアンケート調査が一番参考になります。 また、交通事故の当日初期対応の違いも併記しました。 交通事故での当日初期対応 チューリッヒ保険 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険は、20時までに受け付けた事故は当日対応。 三井ダイレクト損保は、19時までに受け付けたも分が当日対応です。 オリコン日本顧客満足度ランキング チューリッヒ保険 三井ダイレクト損保 『オリコン日本顧客満足度ランキング自動車保険2019』によると、三井ダイレクト損保は 圏外、チューリッヒ保険は 7位。 ちなみに、2017年版でもチューリッヒ保険が上でした。 パワー事故対応満足度調査 チューリッヒ保険 三井ダイレクト損保 『J. パワー自動車保険事故対応満足度調査2019』によると、三井ダイレクト損保は 11位、チューリッヒ保険は 10位。 ちなみに、2018年版でもチューリッヒ保険が上でした。 総合 チューリッヒ保険 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険の全勝です。 事故対応の初動の早さでも、有力な口コミ・ランキングでも、チューリッヒ保険の方が優勢です。 と言っても、チューリッヒ保険が高評価というより、三井ダイレクト損保が低調という印象です。 特に、J. パワーのランキングでは、両社の評価にあまり差はありません。 どちらも、大手損保(損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上など)より低い評価です。 なお、利用者による、両社の口コミ情報は、とをご覧ください。 三井ダイレクト損保とチューリッヒ保険の2つの自動車保険の補償内容は、どう違うのですか? 3つの自動車保険には、それぞれ特長があるので、ご自分にあったものを選んでください。 3つの自動車保険の補償内容を簡単にまとめると・・・ 三井ダイレクト損保の 自動車保険は、ダイレクト(ネット通販)型の平均的な内容です。 安心して選べるかわりに、これという強みも見当たりません。 チューリッヒ保険の『スーパー自動車保険』は 保険料がそんなに高くならない範囲で、補償充実させることに重きを置いています。 保険料は他の2つより高いですが、補償内容からすると、割安感はあります。 もう一方の『ネット専用自動車保険』は 保険料を安くすることを重視しています。 補償内容は平凡で、取扱に制限(加入できる年齢とか、保険料の払い方とか)があります。 対人賠償保険 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険 スーパー ネット専用 『スーパー自動車保険』は臨時費用保険金も出る。 対物賠償保険 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険 スーパー ネット専用 対物賠償保険の補償は、3つとも横並び。 人身傷害保険 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険 スーパー ネット専用 『スーパー自動車保険』は、示談終了前でも支払われる。 また、臨時費用と訴訟費用も補償される。 『ネット専用自動車保険』には搭乗者傷害保険が無い。 『ネット専用自動車保険』は、特約が少ない。 ロードサービス 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険 スーパー ネット専用 三井ダイレクト損保は、宿泊費用・帰宅費用の補償なし、レンタカー費用は薄い。 『ネット専用自動車保険』は、ガソリンの無料給油無し。 プラン作成の自由度 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険 スーパー ネット専用 『ネット専用自動車保険』は、ロードサービスも付け外し可能。 『スーパー自動車保険』は、自動付帯の保険が多く、自由度が低い。 総合 三井ダイレクト損保 チューリッヒ保険 スーパー ネット専用 最下位の『ネット専用自動車保険』でも、車の通常使用には対応できます。 『ネット専用自動車保険』に、搭乗者傷害保険が用意されていないのは、珍しいです。 ただし、人身傷害保険は自動付帯になっています。 搭乗者傷害保険が無いことは、さほど大きな問題点ではないでしょう。 『ネット専用自動車保険』には、保険料の払い方や加入条件などに制約があります。 要注意です。 チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』は、保険料の安さ優先なので、補償内容がいくらかシンプルになっていました。 同様に、取り扱い上・手続き上の制約が、いくつか設けられています。 というか、こちらの方が、障害になるリスクは高そうです。 その特徴をわかりやすくするために、標準タイプの『スーパー自動車保険』との違いを、下表にまとめました。 ネット専用 自動車保険 スーパー 自動車保険 見積もり・申込 インターネットのみ 電話、インターネット、郵送 加入できる条件 21~69歳の個人契約のみ。 18歳以上で、個人契約・法人契約とも可。 保険料の払込 クレジットカードの一括決済のみ。 クレジットカード、ネットバンク決済、銀行振込、コンビニ払。 継続手続き 自動継続。 継続通知書による手続き。 チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』の制約の中で、特に気になるのは、 年齢制限(28~58歳)と、保険料が 一括払いのみ、というあたりでしょうか。 一括払いというのは、1年分をまとめて支払うということです。 毎月払いを選べません。 三井ダイレクト損保の自動車保険と、チューリッヒ保険の2つの商品とでは、どれの保険料がもっとも安いですか? 保険料の安さでは、三井ダイレクト損保とチューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』が、直接のライバルです。 見積もりの条件をできるだけそろえて、保険料を比較しました。 車両保険の有無で金額が大きく変わるので、別々に比較します。 なお、車はトヨタのアクアの中古車(市場価格100万円)での見積もりです。 車両保険あり 車両保険を付けるときの一括払い保険料です。 それぞれの年齢・等級での最安値を、赤文字にしています。 26歳7等級 三井ダイレクト損保 86,590円 チューリッヒ保険 スーパー 83,440円 ネット専用 67,750円 35歳10等級 三井ダイレクト損保 55,030円 チューリッヒ保険 スーパー 62,200円 ネット専用 55,400円 45歳14等級 三井ダイレクト損保 50,800円 チューリッヒ保険 スーパー 58,570円 ネット専用 53,370円 55歳19等級 三井ダイレクト損保 44,760円 チューリッヒ保険 スーパー 48,130円 ネット専用 46,260円 比較した4つパターンのうち、3つで三井ダイレクト損保が最も安くなりました。 特に、中高年での安さが目につきます。 一方、『ネット専用自動車保険』は、20代が飛び抜けて安いです。 もう一つの『スーパー自動車保険』は、20代こそ三井ダイレクト損保より安いですが、その以外は最も高くなっています。 車両保険なし 車両保険を付けないときの一括払い保険料です。 上と比べて、金額はかなり減ります。 26歳7等級 三井ダイレクト損保 49,120円 チューリッヒ保険 スーパー 47,710円 ネット専用 36,830円 35歳10等級 三井ダイレクト損保 31,310円 チューリッヒ保険 スーパー 35,160円 ネット専用 28,280円 45歳14等級 三井ダイレクト損保 27,620円 チューリッヒ保険 スーパー 32,630円 ネット専用 26,830円 55歳19等級 三井ダイレクト損保 24,080円 チューリッヒ保険 スーパー 26,300円 ネット専用 23,080円 こちらでは、すべてのパターンで、チューリッヒ『ネット専用自動車保険』が最安値になりました。 『ネット専用自動車保険』は、補償内容が最も薄い上に、保険料の払い方等の制約があるので、これが本来の結果でしょう。 ただ、中高年になると、『ネット専用自動車保険』と三井ダイレクト損保との金額差は、さほど大きくありません。 三井ダイレクト損保やチューリッヒ保険と、いっしょに検討したい自動車保険には、どんな商品がありますか? 保険料の安さを最重要視するか、安さと補償・サービスとのバランスを重視するかで、競合商品は異なります。 三井ダイレクト損保の自動車保険と、チューリッヒ保険の2つの自動車保険の、保険料の関係は、以下のようになります(見積もり条件によって、例外はあるかもしれません)。 ネット専用 < 三井ダイレクト < スーパー 安さを重視するなら 『ネット専用自動車保険』と三井ダイレクト損保に、さらに安さに定評のある商品を加えて検討したいです。 バランス重視なら 『スーパー自動車保険』と三井ダイレクト損保に、コストパフォーマンスに定評のある競合を交えたいです。 安さ重視で検討するときに、候補に加えたい商品はこちらです! 『ネット専用自動車保険』は業界最安値レベルですが、上で説明したように、いくつかの制約(加入年齢、保険料払込方法など)があります。 一方、三井ダイレクト損保は、『ネット専用自動車保険』のような制約はありませんが、保険料は少し高くなります。 と言っても、ダイレクト(ネット通販)型の中でも割安です。 保険料の安さでこの2つと比べるなら、業界トップレベルに割安な自動車保険です。 SBI損保 SBI損保の自動車保険には、『ネット専用自動車保険』のような制約はありません。 補償内容も、充実しています。 ただし、 事故対応の評判は、チューリッヒ保険よりも、そして三井ダイレクト損保よりも劣ります。 そのかわり、 SBI損保の保険料は、『ネット専用自動車保険』と並んで、業界最安値レベルです。 一例として、以下のグラフをご覧ください。 見積もり条件をそろえて、SBI損保、三井ダイレクト損保、チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』の保険料を、6 パターンで比較しました。 参考までに、代理店型とダイレクト(ネット通販)型の平均も載せています。 3社とも、すべての年齢・等級で、ダイレクト(ネット通販)型の平均より下です。 ただし、三井ダイレクト損保は、他の2社より高めです。 一方、SBI損保とチューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』の線は、何度も交差しています。 若い年代は『ネット専用自動車保険』が、中高年になるとSBI損保が優位です。 とは言え、差が小さいので、見積もり条件・内容によって、優劣は入れ替わりそうです。 自分の設定で見積もりをしないと、どれが一番オトクか、わかりませんね・・・ 補償・サービスの品質を確保しつつ、お手頃な保険料を目指すなら、こちらが競合します。 チューリッヒ保険『スーパー自動車保険』は、『ネット専用自動車保険』のような制約がない、標準仕様の自動車保険です。 三井ダイレクト損保の自動車保険も、契約取扱いや補償内容に制約はありません。 『ネット専用自動車保険』の保険料は、ダイレクト(ネット通販)型の平均と同じか、少し高いくらいです。 三井ダイレクト損保より、高くなる可能性が高いです。 ただし、チューリッヒ保険の方が事故対応の評判良いです。 さらに候補に加えるなら、以下をおすすめします。 イーデザイン損保• 保険料は、ダイレクト型の平均に近い。 事故対応の評判が良く、東京海上グループの強みがある。 事故ときに現場に駆けつけてサポートしてくれる。 セゾン自動車火災• 保険料は、ダイレクト型の平均よりやや高い。 損保ジャパンの系列という強みがある。 事故ときに現場に駆けつけてサポートしてくれる。 以下で補足説明します。 イーデザイン損保は、品質と安さのバランスが魅力 国内の損保市場では、東京海上日動と損保ジャパンが、激しく首位を争っています。 そんな東京海上日動系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、イーデザイン損保です。 会社の規模はまだ小さいですが、定評ある東京海上グループのサービスネットワークを利用できる、という強みがあります。 実際、 イーデザイン損保の事故対応の評判は、代理店型の大手損保(損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上など)に引けを取りません。 三井ダイレクト損保はもちろん、チューリッヒ保険と比べても、イーデザイン損保のほうが安心です。 イーデザイン損保の保険料は、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近い水準です。 三井ダイレクト損保より高くなることが多く、『スーパー自動車保険』とは同じくらいか、少し安くなります。 また、同社は、 事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスを、全加入者に無料で提供しています。 ダイレクト(ネット通販)型は、補償が薄いというイメージをくつがえす、注目のサービスです。 大手損保系列なら セゾン自動車火災 東京海上日動のライバル、損保ジャパン系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、セゾン自動車火災です。 同社の主力商品は『おとなの自動車保険』です。 保険料は 代理店型より安いのは当然としても、かなりクセのある料金体系です。 10〜20代はかなり高額です。 この年代の人は、候補から外してください。 30代以降になると、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近づきますが、それより高くなることが多いです。 三井ダイレクト損保よりは高くなります。 『スーパー自動車保険』とは同じくらいか、少し高くなります。 例外は、運転する同居の子どもがいる世帯です。 このケースに限り、トップクラスに安くなります。 事故対応の評判は 代理店型の大手損保並の評価を受けているので、不安を感じることは無さそうです。 三井ダイレクト損保より品質は高そうです。 チューリッヒ保険と比べても、セゾン自動車火災のほうが良さそうです。 事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスを セゾン自動車火災もやっています。 無料一括見積りなら、 保険スクエアbang! 自動車保険へ 自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。 サイトの利用はもちろん無料。 サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。 自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。 その後、 個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。 このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して 約25,000円安くなったそうです。

次の

チューリッヒと三井ダイレクト損保の自動車保険を徹底比較!

三井ダイレクト損保 安い

自動車保険(車両保険付き)の加入に際し、何社か検討した結果 SBI損保と三井ダイレクトで迷っています。 特に事故対応について気になるのですが、どちらが良いでしょうか。 価格は同条件で三井ダイレクトの方が9000円程度安いのですが、 事故後の対応が安かろう悪かろうでは困るため、どちらに加入すべきか大変迷っております。 車は軽自動車(スバルステラ L)の新車で初購入です。 どなたか回答をお願いいたします。 他に回答がありましたが・・・。 先ず、通販型損保業界は「一社も、自己責任」という損害保険は販売していません。 こんな商品を販売していれば、関係部署から販売禁止命令及び改善命令がでます。 そも前に、既に倒産・営業停止になっています。 今では、損保の雄であった東京海上でもネット専業損保を設立した程です。 ネット型だから・・・は、気にする事はありませんよ。 >何社か検討した結果、SBI損保と三井ダイレクトで迷っています。 双方とも、店舗型損保の通販ですね。 SBI損保は、あいおいニッセイ同和損害保険。 三井ダイレクトは、三井住友海上火災保険。 (以下、三井住友損保) どちらも、事故対応は最寄の損保支店・営業所の事故対応部門が原則行ないます。 実質的に、店舗型損保と契約しているのと同じです。 顧客満足度ランキングにおいても、SBI損保は週刊ダイヤモンド調査で第1位。 年齢別満足度ランキングでは、三井ダイレクトがオリコン調査の30代・40代部門で第1位。 どちらも、人気があるようですね。 >事故後の対応が安かろう悪かろうでは困るため、どちらに加入すべきか大変迷っております。 結局は、損保会社云々よりも「担当者次第」ですね。 SBIだから駄目、三井ダイレクトだから駄目・・・。 ましてや、ネット通販損保は駄目!とかね。 事故翌日には、ディーラーが修理見積りが損保会社に提出。 その後、何故か3ヶ月間も音信不通だったのです。 放置プレイには、興味が無いのですがね。 そこで、「国民生活センター・県消費者センターに相談するので、状況を教えて欲しい!」と担当者に電話。 不思議な事に、翌日「指定口座に入金しました。 これで、示談が成立しました」との速達が届きましたよ。 (爆笑) 示談の話は、今まで一切無かったのですがね。 私自身が加害者になった場合、非常に怖いと感じたので・・・。 原付バイク・中型バイク・自動車の三井住友損保の自賠責・任意保険は、全て更新を止めました。 まぁ、担当者がポンコツだっただけですがね。 「坊主憎けりゃ、袈裟まで憎し」で、三井住友損保も完全に信用出来ないのが本音なのです。 で、今は掛け金が安いSBI損保を数年間継続しています。 断っておきますが、免許を取っていままで無事故です。 SBI損保でも、加害者になった事がありません。 ですから、SBI損保の事故対応が実際どうなのか?は分かりません。 先に書いた通り、担当者次第ですからね。 まぁ、最後には質問者さまが決める事です。 事故対応の良し悪しは、保険会社と言うより事故処理の担当者しだいで大きく変わりますので、どちらの保険会社も変わりません。 私見ですが、通販系と外資系の保険会社は良い担当者が少ない為に悪い担当者に当たる可能性が高いと思います。 事故後の対応をきにするなら、通販系ではなく代理店を通す保険会社に加入した方が良いと思います。 保険会社にもよりますが、車対車の車両保険の場合、車同士が接触すれば保険が適応されると言う物ではありません。 最初に車同士が接触する事故でないと保険が下りない等の落とし穴があります。 新車で初購入なら、車対車ではなく一般車両保険に加入して自己負担は0円にした方が良いです。 もし、ローンを組んで購入しているのなら尚更です。 通販はすべて自己責任、自己完結型の保険です。 どちらが良いかも貴方が選ぶしかありません。 >事故後の対応が安かろう悪かろうでは困るため・・ 事故対応なんか、 1 事故状況 2 事故担当責任者の知識と交渉力 3 事故相手の人間性 無理難題云うとか) 4 双方の保険内容 車両保険の有無、解決に役立つ特約など) 5 契約者の事故知識 これらにより事故ごとに大きく解決の難易度が変わるのです。 また、人の噂、評判もまったく当てになりません。 事故を起こした人の話も上記とまったく同じ事故でないかぎり 信用できません。 要は、通販は貴方にどれだけ、複雑な自動車保険の知識や事故処理 知識があるかで決まるのです。 それが困難だから、95%の人が代理店に頼っているのです。 A ベストアンサー うーん、難しい質問ですね。 私は加入してますが、被害事故にしかあってないのでわかりません(笑)一度ハンドルロックにきづかずぱにくってロードサービス頼みかけましたが、込んでいるのでちょっと待ってくださいといわれて待っている間に解決したので結局利用しませんでしたし・・・。 保険料についての違いは、比べたところとの違いでよくチェックしてほしいのですけど。 搭乗者障害保険は症状別か、ということです。 以前の保険が日数払いであるならこれは結構事故のときもらえる金額に差ができます。 あとは等級プロテクトをつけられません。 このくらいでしょうか、注意するのは・・・。 通販系が初挑戦なら、家族限定などの対象範囲や年齢制限、運転目的、免許の色などで事故の際に問題がおこらないように気をつけてくださいね。 ただ、アクサは電話がつながるまでに待たされることがほとんどないのが個人的には気に入っています。 三井ダイレクトも安いっていいますけど比較しましたか?お子さんが運転する場合は三井ダイレクトのほうが安いと思います。 ただ、保険会社への印象は対応してくれる人で決まるので苦情がでない保険会社はないと思って間違いないです。 信頼できる代理店がないのであれば、保障を十分に厚くして保険料を安くするのが一番であると思います。 うーん、難しい質問ですね。 私は加入してますが、被害事故にしかあってないのでわかりません(笑)一度ハンドルロックにきづかずぱにくってロードサービス頼みかけましたが、込んでいるのでちょっと待ってくださいといわれて待っている間に解決したので結局利用しませんでしたし・・・。 保険料についての違いは、比べたところとの違いでよくチェックしてほしいのですけど。 搭乗者障害保険は症状別か、ということです。 以前の保険が日数払いであるならこれは結構事故のときもらえる金額に差ができます。 A ベストアンサー 黒色の高級車を良く洗う機会があります。 拭き残しが目立つため、洗車を依頼したあとのお店の技量がよくわかります。 長期的に見るといくら小さな研磨剤でも傷が入りやすくなります。 ワックスも然りで、研磨剤(コンパウンド)入りのものは避けた方がいいです。 お勧めはシャンプーはグロスシャンプー、ワックスはシュアラスターです。 一番気をつけなければならないのは、拭き上げ時です。 固く絞ったタオルを使用してもいいのですが、がんがん新しい物に交換して拭き上げることが重要です。 同じタオルで拭き上げていると汚れを引きずってしまいそれで傷が入ります。 タオルの代わりに人工セームでも構いません。 きれいになれーとばかりに力を入れて拭き上げるのは逆効果です。 とにかく黒は大変です。 意外に水垢も目立ちますのでたまには水垢取りもする必要があります。 難しいですのでできれば洗車が得意なお店に依頼されるといいです。 黒色の高級車を良く洗う機会があります。 拭き残しが目立つため、洗車を依頼したあとのお店の技量がよくわかります。 Q そろそろエンジンオイルが汚れてきたので、オイル交換をしようと思っているのですが、 どこでするのが料金的にもお得なのか迷っています。 近所のディーラーで聞いてみると、オイルのボトルキープが出来て、 10リットルで6300円。 有効期間は1年間だそうです。 工賃込み。 ちなみにオイルは一回で4リットルほど使うとのこと。 オイルは「最高級エンジンオイル」とのことです。 ですが、エンジンオイルにはグレードがありますよね? たしかAPI規格とかいうものだったと思うのですが…。 (SG、SH等) どのグレードかはちょっとわかりません。 ディーラーではすごくお得ですよと薦められましたが、 オートバックスにもオイル会員っていうものがあることを知り、 どっちが安いんだろうと悩んでます。 店頭では980円とか言う特価品(確かSG)もありましたが、 それってどうなんでしょうか? オートバックスだと工賃は確か500円ぐらいだったと思います。 オイル会員は年会費1000円が必要で1年ごとに継続料500円がいるとのこと。 これらのことを含めどちらがお得なのでしょうか!? そろそろエンジンオイルが汚れてきたので、オイル交換をしようと思っているのですが、 どこでするのが料金的にもお得なのか迷っています。 近所のディーラーで聞いてみると、オイルのボトルキープが出来て、 10リットルで6300円。 有効期間は1年間だそうです。 工賃込み。 ちなみにオイルは一回で4リットルほど使うとのこと。 オイルは「最高級エンジンオイル」とのことです。 ですが、エンジンオイルにはグレードがありますよね? たしかAPI規格とかいうものだったと思うのですが…。 (SG、SH等) どのグ... A ベストアンサー 夫婦間なので、現契約での車両入替処理は出来ます。 問題ありません。 自動車保険では次の3つの名義を設定します。 1.契約者・・・契約を交わす人です。 誰でも(赤の他人でも)OKです。 2.記名被保険者・・・主にその車を使う人であり、等級の継承者です。 名義の中では最も重要で、これが実態と異なる場合は、約款の規定により契約が解除されることがあります。 解除された場合は、事故が起こっても保険金が支払われません。 記名被保険者は、同居の親族間に限って変更することができます。 (夫婦に限っては別居でもOK) 3.車両所有者・・・その車を実態上所有する人。 車検証上の所有者と同一でなくてもかまいません。 Q 私はド近眼で度数は0. 02なのでメガネをかけると目がかなり小さくなってしまいます。 新しいメガネ購入で眼鏡市場とJINSで悩んでいます。 ネジを閉めてもらってもフレーム時代の問題だと言われたのでフレームもそれなりの強度がほしいと思っています。 このふたつの条件でしたらどちらがオススメですか? また他におすすめのショップがありましたら教えてください。 予算は20000円です。 A ベストアンサー セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。 一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。 予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、 1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。 そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。 眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。 視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。 マメな視力検査とメンテとレンズ交換は必要。 安売り系のメガネショップは、その買い替えサイクルを短くして、いつも調子の良いメガネを安定して買い替えできるように大量生産で安価で安価に提供できる、 今までの同じ店に数年おきに通い、メンテなどのサポートを受けるリピーターで成り立つ眼鏡店の、高額な眼鏡とは考え方が違うのです。 正直、JINSのショップと店員の知識サービスはあまりよくありません。 でも、商品はかなりいいです。 開発力と品質が高い。 でも寿命は短い。 眼鏡市場は店員はJINSより大分マシですが、フレーム品質があまりよくありません。 値段なり。 どちらも非球面レンズにしても追加料金はかかりませんから、まともな眼鏡店で買うよりレンズ+フレームで1万以上安く済むと思います。 ちゃんと眼科行って、処方箋を出してもらって、自分にフィットする眼鏡を自分で選んだら、どちらの店でも、かなり快適な眼鏡を作ることができます。 その店頭サービス料が安いのです。 自分で知識を持ち選べるならJINS、それなりサポートがほしいなら眼鏡市場になると思いますが、 2万円だとフルサービスのサポート技術料は含まれていないと思ったほうがいいです。 セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。 一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。 予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、 1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。 そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。 眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。 視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。 マメな視力検査とメ... 既に駐車場は契約済みです。 現在ディーラーと交渉しています。 車庫証明書を自分で取得したいと考えています。 まだ車購入の契約はしていませんが、仕事の都合上近日中に車庫証明を自分で取得したいと考えています。 車庫証明書取得から2週間程度で車購入の契約を行いたいと思っています。 車庫証明書の有効期限は一ヶ月ということなので、実際に車庫証明書が必要になる前に車庫証明書の有効期限がきれてしまうのか確認したいと思っています。 ディーラにはまだ商談中なので、値引き交渉の駆け引きもあって聞きにくいです。 車購入の2週間前位での車庫証明書取得は早すぎますでしょうか?だいたい、契約後何日くらい後に必要になってきますでしょうか? もし、ご存知の方がおりましたら教えてください。 宜しくお願い致します。 A ベストアンサー skyearlさん こんばんは 車購入の2週間前位での車庫証明書取得は早すぎるでしょう。 契約してからでも遅くはありません。 ずばり、車の納期を確認されることをおすすめします。 >値引き交渉の駆け引きもあって 相手はプロです。 あなたはもう最有力見込み客となっているでしょう。 値引き交渉に車庫証明の話題も取り混ぜて、買う気を見せて、どんどん、値切ってください。 ただし、値引きの上限はある程度、決まってますよ。 おっしゃるように、有効期限は1ヶ月です。 ディラー側の注文書の社内処理が済んで、 在庫車があるとき配車(車を割り当てる)となります。 納車まで最短でも1週間前後かかります。 ただ、人気車でオプションがはいったり、 在庫車が無いときは、1ヶ月以上かかるときもありますよ。 印鑑証明(有効期限3ヶ月)もいりますよ。 Q 昨年買った中古の軽自動車を今度、姉に譲渡する予定で、車検証の名義変更を自分でやろうと思うのですがそこで、自賠責保険証明書を見て、ふと、疑問に思ったので是非教えて下さい。 昨年、中古車ショップで買った軽自動車には、前所有者(大阪市の甲さん)を契約者とする自賠責保険証明書(来年3月までの保険期間)が付いています。 購入に際して、中古車ショップには、諸費用の中で自賠責保険料を払っているのに保険証明書が私を契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。 自賠責保険は車体に対してのものなので、契約者の名義変更をしなくても、車検証の名義人に保険期間が引き継がれると聞いたのですが、本当でしょうか。 私は神奈川県在住で現在は川崎ナンバーです。 大阪ナンバーだった車が川崎ナンバーになっていても、自賠責は車を特定されているものなのでしょうか。 今度、姉に車を譲渡する際も、車検証の名義変更をして、私の前の所有者(大阪市の甲さん)名義の自賠責保険証明書を渡しておけば良いことなのでしょうか。 そして、来年3月の保険期間満了時に姉の名で改めて保険契約を結べばいいのでしょうか。 初歩的なことかも知れませんがどうか、教えて下さい。 昨年買った中古の軽自動車を今度、姉に譲渡する予定で、車検証の名義変更を自分でやろうと思うのですがそこで、自賠責保険証明書を見て、ふと、疑問に思ったので是非教えて下さい。 昨年、中古車ショップで買った軽自動車には、前所有者(大阪市の甲さん)を契約者とする自賠責保険証明書(来年3月までの保険期間)が付いています。 購入に際して、中古車ショップには、諸費用の中で自賠責保険料を払っているのに保険証明書が私を契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。 自賠責保険は車体に対して... A ベストアンサー 車検制度の適用される自動車の場合、「初度登録」「車検」似合わせた形で自賠責保険の契約がされることが一般的です。 ですから契約者はその時点における所有者となることが一般的です。 また自賠責保険は対象車1台ごとに1つの契約というのが原則です。 契約の際には車体番号か登録番号が必要となり、それによって車を特定することになります。 >契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。 おそらく、正式な「名義変更」という手続きをとったわけではなく、それぞれの所有期間に応じた保険料を負担しあうなどの方法が取られたのではないでしょうか。 ちなみに契約者が誰であれ保険の機能自体にはまず問題がありません。 被害者側から請求がある場合、加害者が自分に責任の無いことを立証しない限り保険は使えてしまいます。 また使ったとしても任意保険と違い保険料に影響することはありません。 運転する車に自賠責保険があれば、名義はあまり気にする必要がないのかもしれません。 >大阪ナンバーだった車が川崎ナンバーになっていても、自賠責は車を特定されているものなのでしょうか。 先程も書きましたが、車体番号が証明書に記載してあれば特に問題はありません。 >車検証の名義変更をして、私の前の所有者(大阪市の甲さん)名義の自賠責保険証明書を渡しておけば良いことなのでしょうか。 これは質問者さんのケースと同じです。 金銭的な問題が絡まなければ車検証と一緒に渡せば終わりです。 >来年3月の保険期間満了時に姉の名で改めて保険契約を結べばいいのでしょうか。 その通りです。 実態はわかりませんが、任意保険のほうもちゃんと処理をしておかないと、後々困ったことにもなりかねません。 車検制度の適用される自動車の場合、「初度登録」「車検」似合わせた形で自賠責保険の契約がされることが一般的です。 ですから契約者はその時点における所有者となることが一般的です。 また自賠責保険は対象車1台ごとに1つの契約というのが原則です。 契約の際には車体番号か登録番号が必要となり、それによって車を特定することになります。 >契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。 おそらく、正式な「名義変更」という手続きをとったわけではなく、それぞれの所有期間に応じた保険料を負担...

次の