わがまま ジュリエット コード。 「わがままジュリエット / BOOWY」の楽譜一覧

わがままジュリエット / ケツメイシ のタブ譜(Tab譜)

わがまま ジュリエット コード

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

わがままジュリエット

わがまま ジュリエット コード

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

わがままジュリエット

わがまま ジュリエット コード

背景 [ ] 当初側は、前年にリリースされたシングル「」のB面曲であった「」を改めてシングルA面としてリリースする計画を立てた。 しかし、メンバーの間では既にリリース済みの楽曲を再びリリースする事は気が進まず、ボーカルのが「もっといい曲を書くからもう少し待ってほしい」とレコード会社側に伝え、その後に作成されたという経歴を持つ。 また、アルバム制作の過程で、レコード会社はシングル候補曲としてロックバンドらしい『』(1986年)収録の「ROUGE OF GRAY」を推していたが、メンバーの意向によりこの曲が選ばれた。 が当時の妻であるのレコーディングに参加していたこともあり、この曲の作曲に当たっては氷室が初めて4chMTRにより打ち込みやフルパートの演奏を自ら行ってデモテープを作成した。 リリース履歴 [ ] No. わがままジュリエット 4:34• 監督は映像ディレクターの。 当時にテレビ放映された他、ライブビデオ『』(1986年)にも一部収録されている。 その後、フルバージョンがビデオ『』(1991年)に収録された。 オリジナルはフェードアウトだが、ビデオではフェードアウトすることなく、最後まで演奏されている。 ビデオバージョンはCD化されていない。 ライブでは、シンセやBメロのコーラス・サビのハモリのパート(氷室)をMTRで流しているため、ドラムのがをしてクリックを聞きながら演奏している。 BEGINNING FROM ENDLESS 3:16• 作曲・編曲:布袋寅泰 布袋作曲のインストゥルメンタル曲であり、本シングルではライブ音源を収録している。 後半部分にアルバム『』()に収録されている楽曲「ENDLESS」のフレーズが登場する。 〜GIVE IT TO ME LIVE VERSION 4:07• 「MORAL」に収録されている物とはアレンジが全く異なっているだけでなく、オリジナルにはない歌詞も含まれている。 また、エンディング付近で聴こえるギターの音色は、「」のイントロ部分。 - スタッフ• 布袋寅泰 - サウンド・プロデューサー• - サウンド・アドバイザー• マイケル・ツィマリング - レコーディング・エンジニア• - レコーディング・エンジニア、マスタリング・エンジニア• (ユイ・ロック・プロジェクト) - プロダクション・プロデューサー• 子安次郎(東芝EMI) - レコーディング・ディレクター• 土屋浩(ユイ音楽工房) - プロダクション・マネージャー• - エグゼクティブ・プロデューサー• - エグゼクティブ・プロデューサー ライブ版 [ ] わがままジュリエット• ライブ音源• (1986年) - 1986年の高崎市文化会館公演から収録。 (1988年) - 1988年の公演から収録。 () - 1987年の、1987年の公演から収録。 () - 1987年の公演から収録。 (2007年)• ライブ映像• (1986年)• (1987年)• (2001年)• (2001年)• (2008年)• テレビ出演• 『』(1983年 - 1991年、) - 1986年放送。 他に「JUSTY」、「ミス・ミステリー・レディ」を演奏。 『』(1985年 - 1989年、フジテレビ系列) - 1986年放送。 この放送では氷室の希望により、氷室の初恋の人との対面が行われている。 カバー作品 [ ] 音楽・音声外部リンク 、氷室京介公式• 氷室京介 - 『』(2003年)• from - 『』(2003年)• ヴォーガス イマージュ - 『』(2003年).

次の