アイフォンからパソコンに画像。 iPhoneの写真をパソコンへ取り込みiTunesなしで移動する方法

PCの画像をiPhoneに転送するには

アイフォンからパソコンに画像

iTunesでiPhoneに写真を送る まずはiTunesで送信する方法です。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオフ• iTunesで写真を選択• フォルダを選ぶ たったこれだけ! と言うことで、説明をスタートします。 まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選択、 「iCloud写真」をオフにしておく必要があります。 上部メニューからiPhoneを選択し、左にあるリストの「写真」を選択します。 「写真の共有元」で、「ピクチャ」を選択して iPhoneに送りたい写真をまとめたフォルダを指定しましょう。 あとはiTunesとiPhoneを同期すればオーケー。 写真アプリにフォルダ名が付いたアルバムが作成され、写真や動画が送られています。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオン• iCloudのページに入って…• 写真をアップロードする iTunesよりもお手軽ですよね! これを利用するには、まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選び、 「iCloud写真」をオンにしておく必要があります。 まずブラウザを開いてにアクセス。 Apple IDでログインしたら、「写真」をクリック。 右上にある 「アップロード」を選択しましょう。 まずiPhoneのWi-FiとBluetoothをONにしましょう。 そしてパソコンから写真を送りたいiPhoneのロックを解除しましょう。 すると、iPhoneが表示されます。 後は選択するだけで写真を送ることができますよ。 ということで、 以上3つの写真送信方法でした。 他にもサードパーティ製アプリを利用することで写真を送ることができますが、そういったものを使わないのであればこれらの方法が便利だと思います。 チェックしてみてください。

次の

iPhoneの写真をパソコンへ取り込みiTunesなしで移動する方法

アイフォンからパソコンに画像

iTunesの設定を変更して起きます。 メニューの「編集」「設定」 「デバイス」から「iPod, iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェッックを入れます。 これは自動的に同期してデータが消えたり重複しないようにするためです。 iPhoneをライトニングケーブル(USBケーブル)でWindows PCと接続してアクセスを許可します。 iPhone側で確認のダイアログが表示されるので「信頼」を選択 画像ライブラリーが起動するとiPhoneに保存されている写真リストが作成されます。 この状態では全て選択されているので、「選択の解除」をクリックして、取込みたい写真だけクリックして選択します。 その後「インポート」すると写真がPCに取り込まれます。 エクスプローラで見ると「ピクチャ」の下に日付のフォルダができていてその中に写真が取り込まれています。 iPhoneが見えない場合は、ケーブルを指し直したり、PCを再起動するなどで見えてきます。 この中に入っていくとiPhoneの写真アプリに保存されている画像・動画のリストが見えてきます。 後はファイルをコピペすればiPhoneの画像をPCに取り込めます。

次の

iPhoneの写真をWindowsやMacパソコンに転送する方法まとめ

アイフォンからパソコンに画像

はAndroidとiPhoneの画面をPCに出力し録画し、PCからAndroidスマホを操作できるソフトです。 このソフトを使ってiPhone画面をPCに表示する手順は以下のとおりです。 まず、以下のボタンをクリックして、ApowerMirrorをパソコンにダウンロード・インストールします。 アプリをiPhoneにダウンロードしてインストールします。 次、iPhoneとPCを同じWi-Fiネットワークに接続します。 iPhoneでコントロールセンターを開きます。 iOS 10以上であれば、「画面ミラーリング」をタップし、「Apowersoft」が付いている項目を選択します。 (iOS 10の場合は「AirPlayミラーリング」をタップします。 iOS 10以下であれば、「AirPlay」をタップし、「Apowersoft」が付いているアイテムを選択し「ミラーリング」をオンにします。 これで、iPhoneの画面がコンピュータに映されます。 方法2: LetsView LetsViewはスマホの画面をパソコンに出力する用の専門アプリです。 完全無料ですが、画質が高くて操作も安定しています。 LetsViewを使って、画面と音声をリアルタイムでパソコンにストリーミングできます。 では、下記のガイドをご覧ください。 パソコンとiPhone同じWi-Fiに接続して、下記のボタンをクリックしてLetsViewをスマホとパソコンにインストールします。 パソコンもスマホもLetsViewを起動します。 iPhoneから接続したいパソコンの名前を選択します。 iPhoneのコントロールセンターで「画面ミラーリング」をタップして、「LetsView」がついているパソコンの名前を選択します。 iPhoneの画面をパソコンにリアルタイムでミラーリングできます。 方法3: ApowerManager(Windows10にも対応) はAndroid及びiOSスマホに保存しているあらゆるファイルを管理するために開発されたソフトです。 iPhoneの最新機種にもうまく対応しています。 iPhoneの着信音はM4R形式ですが、当該ツールを使用し、こともできます。 ケーブル経由でiPhoneをコンピュータに接続するだけで、iPhoneの画面をパソコンに出力できます。 iPhoneのスクリーンをPCに表示する操作手順は以下のとおりです。 「ダウンロード」ボタンをクリックし、ソフトをダウンロードして、インストールします。 ソフトを起動し、ケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。 iPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」というダイアログが表示されたら、「信頼」をタップします。 接続できた後、ApowerManager画面の左にiPhoneの画面が見えます。 その画面の下に「投射」のアイコンがあります。 「投射」をタップした後、「フルスクリーン」アイコンを押せば、iPhone画面が全画面で表示されます。 接続を切断したければ、「切断」をクリックしてください。 上記の方法では、音声は出力できず、画面しか出力できません。 iOS9. 1以降のiデバイスで、音声付きの画面をパソコンに出力したい場合、当ソフトに新たに追加した「」ツールをご利用ください。 そのツールでは、iPhoneの画面をPCにリアルタイムに表示できる上、音声付きで録画できます。 そのソフトはさらに以下の機能を備えています:したり復元したりできます。 PCからショートメッセージの送信・作成・受信ができます。 方法4: iTools iToolsを使えば、アイフォンの画面をPCで見ることもできます。 上記のApowerManagerと同じく、フルスクリーン形式でアイフォンの画面表示が可能です。 しかし、表示した後、アプリの処理速度が遅くなることがあります。 そのため、デモビデオやチュートリアルを作成したい方にはあまり推奨しません。 iToolsを利用してアイフォンの画面をPCに映したい場合は、まずこのアプリをインストールします。 アプリを起動させて、iPhoneをパソコンに接続します。 接続ができたら、iToolsのインターフェースにデバイスの詳細が見えます。 その後、インターフェースの左側から「デスクトップ」-「ライブデスクトップ」をクリックします。 方法5: Reflector ReflectorはiPhoneの画面をPCで見ることに特化して作成されたツールです。 iToolsと比較すると、このツールのほうが速度が速いです。 Reflectorを使ってiPhoneの画面をパソコンに出力するには、ソフトをMacにインストールしてiPhoneをコンピュータに接続してください。 Airplay設定に行って自分のPC名の部分をタップしてチェックを入れ、ミラーリングを「オン」にします。 すると、iPhoneの画面をPCで見ることができます。 ただし、reflectorが備えているのはiPhone画面をPCに映す機能のみで、スマホの中のファイルの管理などはできません。 上記は iPhoneの画面をPCに出力するために最適な三つの方法です。 いずれも安全に使えます。 個人的には、ApowerManagerがもっとも優秀だと思います。 ことができるうえに、スマホの中のデータのバックアップ・復旧、PCとスマホとの間でデータの転送がもできるからです。 上記の方法でiPhoneをPCにミラーリングできたら、ぜひこの記事をTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアにシェアしてくださいね。 シェアした投稿のリンクをお送りいただいて確認ができ次第、方法1と方法2で紹介したソフトのうち、お客様の好きなソフトのVIPアカウントを無料提供いたします。 また、他にも良い方法がある場合は、ぜひコメントでお知らせください。

次の