スター ウォーズ パドメ 役。 4月29日の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』パッケージが待ちきれないファンに向けて。豪華吹き替え声優陣からメッセージが届いた

スターウォーズ3のアナキン役の俳優さんはボロカスに言われたみたいです...

スター ウォーズ パドメ 役

概要 銀河共和国の末期、貧しい平民の家に生まれた。 本名はパドメ・ネイベリー(またはナブリエ、ナベリー)。 27年の生涯の中で、故郷の惑星の封鎖から、クローン戦争、銀河帝国の誕生まで、パドメは何度も銀河の歴史の中心人物となってきた。 銀河系で最も個体数の多い知覚種族である人間の中でもとびぬけた美貌と勇気のある決断力・行動力によってナブーのみならず、民衆の人気は非常に高かった。 それゆえに何度も暗殺や身柄拘束の危機に陥るが、そうした途方もない危険に対して固い決意と大きな勇気を持って望んだ。 女王や元老院議員としての活躍だけでなく、の扱いや護身術にも長ける聡明かつ行動的な女性。 『』で少年時代のがパドメに渡した「ジャポーのお守り」を長年大切に保管し、『』のアナキンと会う際には身に付けているなど、純粋な女性でもある。 葬儀の際には、無垢だった頃のアナキンの象徴である「ジャポーのお守り」がその手に握りしめられていた。 人物 幼少期 惑星の平民の家に生まれた。 パドメという名前は『』でに替え玉を使い、自分が侍女に変装していた際に用いていた名前でもある。 家族は父のルーウィー、母のジョバル、姉のソーラ、姪のリョーとプージャ。 幼くして才覚を現し、理想を抱いて政治の道を志す。 初恋の人の名はパロらしいが、どれほどの関係だったかは語られていない。 ナブー女王時代 ナブーには選挙で王を選ぶ伝統があり、パドメも女王候補として王宮に入った。 女王になるための訓練をすべて終えた後に「アミダラ」の称号を授かる。 前ヴェルーナ王の退位を受け、民主投票でわずか14歳で女王に即位。 ところが、共和国による関税強化に反発した通商連合がナブーを取引材料にするという事態が発生。 一時、都のシードを一派に占拠されるなど、パドメは国家元首としていきなり難しい舵取りを迫られた。 だが、天性の知力と行動力を持つパドメは、通商連合がナブーへの侵略を開始したときも動揺を表には出さず、周囲が驚くほど冷静さと落ち着きを保っていた。 そして通商連合のヌート・ガンレイ総督に身柄を拘束されるが、この屈辱にも歯をくいしばって耐えた。 救助に駆けつけたジェダイたちによって解放された後、選択の余地がなくなるまで国民を戦争に巻き込むことを拒否し、パナカ隊長や侍女たちと共にナブーを脱出。 その途中で宇宙船が損傷し、修理のため辺境の惑星のタトゥイーンに向かう。 このとき、パドメは周囲には秘密に侍女に化けて 奴隷の少年と出会う。 このことが彼女の人生を大きく変えることとなる。 首都コルサントに到着した彼女は同じナブー出身のシーヴ・パルパティーン議員と共に元老院議会に出席し、勇気と情熱を持ってナブーの現状を訴えた。 だが、腐敗した元老院がナブーを救う可能性はほとんどなく、パルパティーンの忠告によって最高議長の不信任動議を起こす以外、彼女に打つ手はなかった。 不信任案が可決されたことで最高議長は罷免されたが状況が一変するはずもなく、アミダラは大きな危険を冒しつつも、国民の支えとなるべくナブーへと戻るのだった。 自らの影武者を巧みに操り、同じナブーに住みながら長年断絶状態にあった人と接触し、彼らを味方につけた。 グンガン人率いる戦力を陽動部隊とし、自らは義勇軍を伴い、敵の占領下にあったシード宮への突入に身を投じた。 後に「」として記憶される、大々的なによる侵略戦争に打ち勝ち、民衆から絶大な支持を受けることとなった。 銀河元老院議員時代 人々は法律を改正してまで彼女の女王としての任期を延長させることを願ったが、パドメはこれを辞退。 任期満了で退位した後は姉に影響され、結婚して家庭を持ちたかったが、相手もおらず、後任のジャミーラ女王の要請により元老院議員となる。 そして10年後、ナブー女王であった頃よりさらに美しく聡明に成長した彼女は、共和国の有力者として政治の場で活躍するようになる。 やがて率いる数千の星系が共和国からの脱退を表明したことにより、銀河元老院で行われる共和国軍創設案の是非をめぐる重要な投票のため赴いたで、何者かによる暗殺未遂事件に遭遇。 この時、ナブーの戦いの際に出会った少年アナキン・スカイウォーカー(愛称:アニー)と再会。 彼は・パダワンとして、パドメを護衛する任を与えられていた。 パドメはジェダイ評議会の命により、首都コルサントを離れ、故郷ナブーの邸宅でアナキンと逃避生活を送ることになる。 この期間に、パドメとアナキンは急速に互いの距離を縮め、許されざる恋であることを自覚し葛藤しながらも惹かれ合った。 その後、アナキンが母の苦しむ姿を夢で察知したことを重く受け止め、命令に反してナブーの地を離れ、へ向かう。 アナキンの母の死やアナキンの抑えざる情緒の揺らぎを目の当たりにし、アナキンを意中の人として意識するに到る。 ジオノーシスに潜入したオビ=ワンからのメッセージを受けた二人は、メッセージ内での彼の指示通りにそのメッセージをコルサントに転送するが、同時に彼が分離主義者のバトル・ドロイドの部隊に襲われて危機に陥っていることも知る。 これに対しメイス・ウィンドゥはアナキンにその場に留まり、オビ=ワンの救出は自分達が行うと告げるが、パドメは「遠いコルサントからの救出は困難だけど、タトゥイーンからジオノーシスまではたったの1パーセク」という理由を付けて自分達も救出へ向かうべきとアナキンに提案し、さらにはメイスの指示の手前苦悩するアナキンに「あなたの任務は私の護衛。 私は行きます」と告げた上でオビ=ワンを救出するためにに潜入。 ドロイド工場に迷い込んだパドメは入り口の通路から落下してしまいアナキンとはぐれるも、工場の危険な機械の中を優れた身体能力で切り抜ける。 しかし、見張りのジオノージアンには力で圧倒され、大ポッドに落とされた。 あわや高温の銑鉄をポッドへ注がれる直前でR2-D2によって救われるが、直後にジオノージアンに包囲され、逃げ場を失った彼女は拘束された。 ほぼ同時にアナキンも工場の機械に巻き込まれた末にライトセーバーを破壊されたところをジャンゴ・フェットに銃口を向けられて拘束される。 拷問こそされなかったが彼女に対する取調べは相当理不尽なものだった。 パドメはこの屈辱にも歯をくいしばって耐え、ドゥークーからはナブーを分離主義者側に付ければ命を救うと交渉されるもこれを拒否する。 彼女とアナキンの2人は死刑を宣告された。 死を目前にして、パドメは自分がいかに深くアナキンを愛しているかを悟り、アナキンと二度目の口づけをかわした。 そして二人はアリーナへ連行される。 民主主義のリーダーとして活躍した彼女にとって、独裁国家を営むジオノージアンの前に引き出され、大衆の前で鎖で繋がれる姿を晒すことはこの上ないほど屈辱的なことだったが、まだ諦めたわけではなかった。 処刑では自分を殺そうと迫る怪物ネクスーに対して機転を利かし、自分を拘束していた鎖を逆に利用して攻撃し、背中を引き裂かれる傷を負うも撃退する。 増援に駆けつけたジェダイ・オーダーと共に戦い、戦闘の最中拾ったブラスターを手にジェダイ達にも劣らぬ戦いぶりを見せ、ヨーダがクローン軍を交えて救援に駆けつけるまで生き延びた。 クローン軍は独立星系連合のドロイド軍と壮絶な戦いを繰り広げるが、やがて形勢は逆転し、独立星系連合は撤退。 アナキン、オビ=ワンと共にドゥークーを追うが、敵の砲撃を受けた振動でガンシップから転落し、砂漠の地面に叩きつけられ、数メートル転がり、気を失う。 意識を取り戻した頃にはすでに遅く、同じく転落していたクローン・トルーパーに命じて増援を要請して彼らと共にドゥークーが逃げ込んだ宇宙船格納庫に到着するが、そこでドゥークーが乗る宇宙船が発進するところに遭遇し銃撃するも致命傷を与えられず、逃げられてしまった。 共和国はこの戦いに大勝するが、結果として銀河系は後に「クローン大戦」と呼ばれる、歴史の分岐点となる全面戦争へと突入することになる。 そしてパドメは後に第一次ジオノーシスの戦いと呼ばれるこの戦闘を生き延びた後、ジェダイには一切の恋愛が許されない掟があることを知りつつ密かにアナキンと結婚した(そのため公式には独身のままだった)。 この結婚はアナキンの師匠であるオビ=ワンやジェダイ評議会はもちろん、パドメの家族や友人にも秘密にされたものであり、真相を知るのはナブーで秘密裏に行われた結婚式に立ち会った進行役の聖職者アゴラーガとC-3PO、R2-D2だけであったが、神父を通じてパルパティーンも2人の結婚を知ることとなる。 また、クローン大戦でアナキンの副官を務めていたの・キャプテンのも2人の結婚については知らされており、パドメらが夫婦の時間を過ごせるよう軍やジェダイ評議会に根回しをするなど隠蔽に協力していた。 聡明で思慮分別に富みながらも、若さゆえに時として直情的な行動に走るパドメの一面は、警備を担当していたグレガー・タイフォ隊長の危惧するところでもあった。 クローン大戦末期 が続き共和国の混迷が進むと、軍事的権力の集中を画策し始めた元老院のパルパティーン最高議長を牽制すべく、交渉による戦争回避を模索するグループのリーダーとして積極的に政治活動を行っていた。 しかし、パドメの死を示す予知夢を回避しようとしたアナキンはパルパティーンの誘惑に屈しての暗黒面に堕ち、「」となってしまう。 そして彼はの発令に伴いジェダイ聖堂を襲撃し、子供を含めた数多くのジェダイを殺害した。 オビ=ワンからそれを聞かされ、最初は信じられずに否定したものの、続けてパルパティーンこそが全ての元凶であるシス卿、であったことを告げられる。 それによりEP1におけるヴァローラム前最高議長の不信任動議の提出や、EP2で自らの判断の末にパルパティーンへ非常時大権がもたらされたことなど、自分自身もパルパティーンに言葉巧みに操られてシスの陰謀に利用されていたことを知り、愕然とする。 しかしオビ=ワンがアナキンを討とうとしていることを察したパドメは協力を拒否し、自らは真実を確かめるためにアナキンのいるへと向かった。 だが再会したアナキンは既に暗黒面の力に魅入られて別人同然の凶悪な人物へと変貌しており、パドメは「死にたい」と口にするほどの絶望を受ける。 それでも何もかも捨てて自分の所に帰り、誰も知らない土地で平穏な家族生活を営むよう懸命にアナキンを説得したが、密かにパドメを尾行していたオビ=ワンがその場に姿を現したことで、パドメが自分を裏切ったと誤解したアナキンに、によって頸部を圧迫され昏睡状態に陥る(後に治療に当たった医療ドロイドが述べたように、直接的な死因ではない)。 オビ=ワンとアナキンが勝敗を決した後、で意識を取り戻し、とを秘密裏に出産するも、医学的には全くの健康体であったが、生きる希望を見失ったかのように命を落とした。 しかし死の間際に、オビ=ワンに対して「アナキンにはまだ善の心があります」と言葉を残しており、当のオビ=ワンはアナキンの変貌を目の当たりにしたがために本気で受け止めてはいなかったものの、この言葉は後にベスピンのクラウド・シティでルークと対面したアナキン改めダース・ベイダーの心理や、第2デス・スターでルークを救うべく自己犠牲的な最期を迎えるという、アナキンの未来を暗示した物となった。 小説版では死に際にアナキンへの謝罪と愛の言葉を遺しており、死に至るほどの絶望を受けてもなお最期までアナキンを愛し続けていたことが分かる。 誕生間もないは、銀河全体にジェダイに対する不信感や嫌悪を抱かせるため、パドメはジェダイによって殺されたと公式発表され 、ナブーの新女王アペイラーナもパドメ自身のプライバシーを優先させる為、パドメに関する様々な謎(彼女の妊娠や行方不明になったなど)について一切の調査を行わず、盛大な国葬を執り行った。 パドメは女王退位後も多くのナブー市民に慕われており、それを証明するかのように国葬には何千人もの市民が集まった他、パドメの功で親交を結んだグンガンの長やも参列した。 真実を知っていたのはオビ=ワンなどほんの一握りの人物だけであった。 、のロイヤルファッション、1908年 左 パドメ・アミダラの上院議員 右 脚注• クワイ=ガン・ジンには早い段階で気付かれていたらしく、ボス・ナスに正体を明らかにした時も彼だけは平然としていた。 彼はこのことを誰にも話していなかったようで、彼のパダワンのオビ=ワン・ケノービは驚いた様子を見せていた。 パドメは懐かしき友に出会えたことで、激務で疲れた心が安らいだが、一瞬とはいえ、大人になり容色が変わったアナキンが分からなかったことで、ずっと思いを馳せていたアナキンが傷つくことになった。 ただしアナキンの任務がパドメの護衛である以上、彼女がナブー以外の場所へ行くのに際してアナキンも同行しなければならないため、厳密な意味では命令違反ではない。 TVアニメ クローンウォーズ ファイナルシーズン 第2話• パルパティーン皇帝はアナキン改めダース・ベイダーに公式発表された内容ではなく、(恐らく皇帝がフォースで察したと思われる)「そなたの激しい怒りが、彼女を殺したようだ」という死の真相を自分の口で伝えている。 関連項目• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 in the StarWars. com Databank• - : a Star Wars wiki.

次の

キーラナイトレイはスターウォーズ/ファントム・メナスの影武者役で出演してた!|スターウォーズ・全エピソードのあらすじや登場人物を語ろう!

スター ウォーズ パドメ 役

しかし!! 本作は出だしから話がややこしいのなんの 笑 通商連合? 共和国? なんのこっちゃ 笑 冒頭から意味不明になる人続出です・・・。 そこで、 この記事ではストーリーをめちゃくちゃ解りやすく解説しています。 この記事は基本的にネタバレ全開です。 まだ観ていない方は先に動画配信サービスで観ることをおススメします。 以下の表は 本作をフル視聴できるサイトの一覧です。 各サービスとも2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 ぜひ利用してみて下さい。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 しかし、のっけから複雑な展開に「?」となる人続出です。 そこで!! ここからは、 本作のあらすじを解りやすく説明しちゃいます! まず、ストーリーに入る前に頭に入れておきたいのは、 本作は単なる元老院議員でしかなかったパルパティーンが共和国最高議長に上り詰めるまでの話だということ。 本作のタイトルは 「ファントム・メナス」・・・これは 「見えざる脅威」という意味です。 パルパティーンの正体はシスの暗黒卿ダース・シディアスです・・・しかしジェダイたちや多くの人々はそのことに気付いていません。 つまり、シスの暗黒卿ダース・シディアスは、パルパティーンとして歴史の表舞台に立ちながら堂々と世界を征服していこうと企んでいるのです。 基本的に全てのことがパルパティーンによって仕組まれた事だということを覚えておいてください。 では、ここから本題です。 物語の舞台となっているのは、「遠い昔、はるか彼方の銀河系」・・・様々な国が1つになり「銀河共和国」を形成している世界です。 冒頭は、この共和国で問題が勃発しているって話! どんな問題かって? 辺境惑星と通商連合の間で貿易関税率をめぐる論争です。 通商連合とは、外国との取引をしている組織ですね! で、この通商連合の最高権力者が ヌート・ガンレイです。 ここまでの関係性が分かれば後はスムーズに物語に入っていけると思います。 その後、惑星ナブー侵略を始めようとする通商連合の降下艇に忍び込んだクワイ=ガン・ジンとオビ=ワンは、ナブー入り・・・ジャー・ジャー・ビンクスと出会い、アミダラ女王を拘束寸前で助けることに成功。 そして、共和国首都惑星コルサントに戻る途中でアナキンと出会います。 なんとか惑星コルサントに辿り着いた一行・・・アミダラ女王は緊急議会に出席して惑星ナブーの現状を報告、解放を訴えます。 しかし、元老院は腐敗が進み機能していない状態・・・失望したアミダラ女王は、ナブー選出の元老院議員パルパティーンの案を受け入れ、最高議長を不信任とし、選挙の実施を要求するのでした。 razorable がシェアした投稿 - 2020年 1月月12日午前7時50分PST 議会が機能してないならトップの奴変えちゃえばいいよ!俺なっちゃうよ~!ミーに任せちゃいなYO!! ・・・と、パルパティーンは言っていませんが、つまりそういうこと 笑 その頃、通商連合は惑星ナブーをドロイド軍を使って侵略を開始。 ナブーに戻ったアミダラ女王とクワイ=ガン・ジン、オビ=ワン一行は、長年ナブー人と対立していたグンガンの協力を得て見事ドロイド軍を撃破するのです! この時ダース・モールにクワイ=ガン・ジンやられちゃうのが残念・・・。 そしてラスト、アナキンはオビ=ワンの弟子となりジェダイの修業を受けることになり、惑星ナブーでは勝利を祝う式典が行われ、パルパティーンは元老院最高議長に・・・平和が訪れ一件落着という展開です。 しかーし!! これ全部パルパティーンが仕組んだシナリオなんです・・・。 あー、恐ろしや~。 以上、本作のストーリーを分かりやすく解説してみました。 次はアナキンを演じたジェイク・ロイド君の現在についてです。 アナキンを演じたジェイク・ロイド君の現在は? ここからはアナキンを演じた ジェイク・ロイド君の現在についてです。 エピソード1~3の主人公であるアナキン・スカイウォーカー。 本作のアナキンはまだ子供時代です。 演じているのはジェイク・ロイド君、当時10歳です。 どうやら、本作出演以降、結構大変な思いをしたようです。 スター・ウォーズに出演したことがきっかけで学校でいじめられるようになってしまったそう。 2015年には、停止を求められた警察車両から逃げるために40キロにも及ぶカーチェイスを起こし、その末に逮捕され刑務所に収容されています。 2016年には統合失調症の為に精神病院に移されたようです。 の人生めちゃくちゃにした責任はとってあげてほしい。 当時はディズニーじゃないけど こどもに夢を与える企業であってほしいなあ。 アナキン子役 刑務所から精神病施設へ via — エメットXL. ブラウン EmmettBrown1955 ジェイク・ロイド君の母親がインタビューで語ったところによると、2019年の時点でも精神病院に入院中とのことでしたが、病状は安定してきているそうです。 色々大変だったようですね・・・。 スターになるってことは、僕らには想像できないほどの重荷を背負うことにもなるんでしょう・・・。 まだまだ若いので是非またスクリーンで元気な姿を観たいですね! しかし、 ターミネーター2の エドワード・ファーロングなんかもそうですが、子役のうちにバカみたいに売れちゃうと割と大変な人生を歩む人が多いですね・・・。 以上、アナキンを演じたジェイク・ロイド君の現在についてでした。 次は続編と時系列についてです。 続編と時系列 続編と時系列については別に記事を用意します。 準備ができ次第更新します。 次は世間での評価と個人的な感想です。 評価と感想 ここからは世間での評価と個人的な感想です。 まずは世間での評価から。 世間での評価 本作の世間での評価は 5点満点中3. 8点 Yahoo! 映画 となっています。 実際の声はこんな感じ。 俺はファントムメナスが一番好きや — 山哲 te28pon 嫁さんとファントムメナス観た。 まず初めのロールで一時停止しないと内容が把握できなかった。 途中もちょいちょい止めて解説しながら、見終わって一言、「難しい…」。 ジェダイとかナブーとか用語が難しいらしく、フォースもなかなか理解しがたい模様。 シスの解説はおいおいわかってもらうため省略。 次は個人的な感想です。 個人的感想 ここからは僕の個人的な感想を書いていきます。 僕は世代的にオリジナル三部作の世代ではなく、本作からがリアルタイムでした。 とはいえ、オリジナル三部作は勿論鑑賞済みの状態で本作を観たのですが…出だしからなんともややこしい話だなという印象でした。 この記事を書くにあたり、再度観直したのですが、やはりその印象は変わりませんでした笑 しかし、きちんと理解するととっても良くできたストーリー展開に感心させられます。 本作から始まる三部作は、ダース・ベイダー誕生の秘密と、銀河帝国誕生までを描いています。 その始まりとして、とても良くできた話です。 今後のストーリーに向けた伏線を張り巡らせている点が素晴らしいですね! 結末を知ってから観るとまた違った観方もでき、何度でも楽しめる内容になっている点も良くできてるなと感心します。 内容に関しても具体的な感想を! 本作で印象的なのは、まず アナキンがめちゃくちゃ可愛い!! 強力なフォースの力を秘め、今後の展開で最重要人物となっていくアナキンですが、本作ではまだまだ子供…ちょっと生意気な所もありますが、そこもかえって可愛らしく感じます。 でも、その生意気さも今後の展開に向けた伏線にもなっているというね…。 その アナキンの最初の見せ場として描かれるポッドレースも迫力、スピード感共に最高! 撮影は嵐に見舞われ、マシーンや撮影セットが大破するなど大変だったようですが、間違いなく本作のハイライトシーンとして最高に盛り上がりますね! そして、パルパティーン!!! スター・ウォーズシリーズはパルパティーンの物語でもありますからね! エピソード9の公開によってそのことがより鮮明になりましたしね! 本作のパルパティーンは不気味で最高です! 内なる狂気・・・まさに見えざる脅威・・・ファントム・メナスですね!! 歴史の表舞台から堂々と世界を侵略していく・・・ この展開考えたルーカス天才かよ!! 他にもダース・モールとクワイガン、オビワンの戦いも大好きです! クワイガン好きだったのに~ 死んじゃうのが悲しいです。 オビワンの「マスターーーー!!!」という叫びが悲しいんだよなぁ~。 ジェダイで言ったら、シリーズの代名詞的な存在となっているヨーダや、マスター・ウィンドゥは本作では重要なポイントでサラっとしか出てきませんが、逆にそれが重鎮感を醸しだしていて、次作以降への期待感を煽っている点も個人的にはお気に入りの点です。 それから、 アミダラ女王が影武者で実はパドメが女王だったというどんでん返し的展開もグッド!! そしてなにより、 表向きはハッピーエンドなのに、真実は全く逆というのも奥行きがあるエンディングで個人的には気に入っています。 で、やはり思うんです・・・ スター・ウォーズはシリーズ全体で1つのサーガなんだなと。 だから、作品単体で評価するのは意味のないことだと個人的には思います。 この傾向はアベンジャーズシリーズよりも全然強いです。 つまり、2020年時点ならエピソード1~9、スピンオフの「ローグ・ワン」や「ハン・ソロ」、アニメシリーズも含めたそれら全てで「スター・ウォーズ」という1つの作品なんです。 そして、その壮大なサーガの第1章としてはとてもよくできていると感じます。 だから本作はこれでOKなんじゃないかというのが僕の個人的な見解です。 世間での評価は低いですが、個人的には本作は面白いと思いますよ!! うん、僕は面白いに1票!! 個人的満足度• 各サービスとも2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 ぜひ利用してみて下さい。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 本サイトの編集長。 37歳。 年間300本以上の映画を観る無類の映画好き。 ジャンル問わず好きなものは好きのスタンスでオールジャンル幅広く鑑賞します。 特に好きな映画のジャンルはサスペンス系やどんでん返し系です。 基本的にアッと驚きたいんです 笑。 他にもハリウッド大作や話題の映画ももちろん大好きです!基本的にはミーハーなもんでして・・・。 クリント・イーストウッドとクリストファー・ノーランが大好きです。 一番好きな映画は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です! 映画のほかに音楽やサッカーをこよなく愛しています! 本サイトは映画に関することならなんでも発信している総合映画サイトです。 特にネタバレ解説では、その映画に関してちょっとだけ詳しくなった気になれる絶妙なラインを狙っています!映画を観た人の世界を少しだけ広げてあげるイメージです。 そして、鑑賞後の映画話のお役にも立てていただけたら嬉しいです! 皆さんの映画ライフがより一層素晴らしいものになるよう、少しでもお手伝いできたらと思い一生懸命更新していきます!末永くよろしくお願いします!.

次の

ナタリー・ポートマン

スター ウォーズ パドメ 役

『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』シーズン7の第2話「エコーの呼ぶ声」は、第1話に続いてこの番組が打ち切りになったときに何が失われたのかを思い出させ、7年のブランクを経て実現されたその復活が「スター・ウォーズ」ファンにとって素敵なプレゼントである理由を分からせてくれる。 最初の2つのエピソードを見る限り、「クローン・ウォーズ」のファイナル・シーズンは12話からなる1つのシリーズというよりも、4つの三部作で構成された1本の映画に近い作品になりそうだ。 第1話「不良分隊」は奇天烈なクローン・コマンドーたちを登場させ、エコーの復帰というサプライズのためのお膳立てをしたが、第2話は「不良分隊」が終わったところからの物語の続きとなっている。 「エコーの呼ぶ声」の後半はある程度の既視感、あるいは「もう分かっているから」という感情を喚起するだろう。 どちらのエピソードもキャプテン・レックスと仲間たちが分離主義勢力の前哨基地を見て回ったり、たくさんのドロイドを倒したりする場面に多くの時間を割いている。 第2話ではアナキン・スカイウォーカーが任務を遂行するレックスたちに付き従っているが、多くのファンが想像したほどこれまでの様式を変える要素にはなっていない。 公平な見方をすれば、この問題は時間を置いて2つのエピソードを観る場合よりも、両者を立て続けに視聴するときにとりわけ顕著になる。 ディズニーが全12話を一気に配信してくれたらファンは嬉しかったかもしれないが、シリーズが4つの三部作に分けられた映画のような様相に近づきはじめている以上、週ごとにエピソードを公開するアプローチには良い点が数多くある。 任務でのアナキンの役割はかなり単純明快なものだが、「エコーの呼ぶ声」の前半は「エピソード3」の直前という時代設定におけるこのキャラクターを十分に活用している。 キャプテン・レックスが見張り番を務めているとき、アナキンがひっそりパドメに連絡するシーンは本当に素晴らしい。 巧妙にミックスされた喜劇と悲劇の要素がこのシーンを力強いものにしている。 パドメがムスタファーにいるときの制服を着て、夫に別れを告げる最中に反射的に自分のお腹を触る様子は、このカップルを待ち受ける恐ろしい運命を痛ましく思い起こさせる。 このシーンには仔細に吟味する価値のある要素がいくつもある。 アナキンとパドメの場面がシーズン7のトレーラーで最初に登場したとき、パドメの態度と自分の妊娠を知っているかのような言動は、その瞬間が「エピソード3」の最中に起こっているという印象をファンに与えた。 しかし、アナキンは妊娠に全く気がついていないので、その考えは間違いだったようだ。 自分の妊娠に対するパドメの反応や、その事実をいつ、どのように夫に話すべきかという彼女の葛藤について、ファイナル・シーズンがもっと深く掘り下げてくれることを願いたい。 また、オビ=ワン・ケノービの短い登場は、私たちが思っていたよりも、彼が「エピソード3」の前にアナキンとパドメの恋愛関係について多くを知っていることを明示している。 シーズン7におけるオビ=ワンの役割はそれほど重要ではないように見えるが、2人の関係に対する彼の考えをもっと知ることができるならば、それは非常に興味深いストーリー要素となるだろう。 明かに、ファイナル・シーズンはキャプテン・レックスとアソーカ・タノのショーである。 そのため、エコーを失った悲劇に立ち向かい、彼に再び会えるかもしれないという微かな希望にすがるレックスが引き続き描かれる。 レックスは「クローン・ウォーズ」で最も綿密に描写されているクローン・ヒーローであり、今シーズンはすでに彼のストーリーを完結させ、『スター・ウォーズ 反乱者たち』と架橋するという仕事を上手くこなしている。 この側面でも、アナキンの登場は大いに役に立っている。 第2話はたとえクローンであっても任務と個人的欲求を分けて考えるのに苦労する場合もあることを示しながら、戦争の過程でレックスとアナキンが築いた絆にハイライトを当てている。 アナキンがレックスの振る舞いに煩わされている理由は、彼がこの忠実なキャプテンに我が身を投影しているからだと推定することはできるだろう。 速攻攻撃の任務の内容は以前と大差ないが、エコーが本当に生存していて、分離主義勢力の道具として利用されていることが判明するシーンは、エピソードのクライマックスとして十分なものだ。 エコーはクローンたちが銀河共和国の戦争マシーンに噛み砕かれては吐き出されるというむごい現実を、目に見える形で思い出させてくれる。 このストーリーの後半で、キャプテン・レックスと不良分隊のメンバーたちがどのようにそれを解決するのか見物である。 総評 『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』ファイナル・シーズン第2話「エコーの呼ぶ声」は、主にお馴染みのクローン対ドロイドの戦闘を多く描写する後半のせいで、第1話ほどパワフルではないが、キャプテン・レックスの新しく魅力的なストーリーラインを描き出している。 この勇敢なクローン戦士は、個人的な感情が数字的な任務にぶつかるという側面において、アナキンとまるで瓜二つである。 このエピソードは、破滅を迎える運命にあるアナキンとパドメの恋愛関係の描写においても輝いており、「エピソード3」の恐ろしい出来事がすぐ近くまで来ていると実感させてくれる。

次の