熱 を すぐ に 下げる 方法。 一日でも早く熱を下げる方法!仕事や学校を休めない人へ

体温が高い6つの原因&下げる7つの方法まとめ

熱 を すぐ に 下げる 方法

発熱したとき、皆さんはどうしていますか?発熱して、体がつらいとき、熱を下げるにはどうしたらいいか、困ったことがある人も多いのではないでしょうか? そんなときの対処法として、解熱剤を使用する人もいると思います。 一方、熱の出始めで症状が軽い時など、副作用を気にして、解熱剤を使用せずに熱を下げようと考える方も多いのではないでしょうか。 今回は、解熱剤を使わなくても熱を下げたい!という方のために、どんな方法があるのか、一般内科医、総合診療医523人に聞いてみました。 熱を下げるには、「両脇の下を冷やすこと」が最多 「解熱剤を使用せずに熱を下げる方法として、適切なものはなんですか」という質問に対して、以下の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 額を冷やす• 両わきの下を冷やす• 鼠径部を冷やす• 氷枕を使用する• 冷えピタを使用する• その他 以下のグラフが結果となります。 集計の結果、一番多かった回答は「両わきの下を冷やす」で、その後に「鼠径部を冷やす」、「氷枕を使用する」が続きました。 それでは、医師のコメントを見ていきましょう。 「両わきの下を冷やす」が7割以上の回答• 50代男性 一般内科 両わきの下を冷やす 両わきの下を冷やすのがいいです。 40代男性 一般内科 両わきの下を冷やす 両脇を冷やすのがよいかと思います。 60代男性 一般内科 両わきの下を冷やす 脇を冷やすことが多いです。 50代男性 一般内科 両わきの下を冷やす わきを冷やして安静にすることです。 40代男性 一般内科 両わきの下を冷やす 太い動脈を冷やすと良いと思います。 40代男性 一般内科 両わきの下を冷やす 血流の部分を冷やすのがいいですね。 7割以上の医師が熱を下げる方法として「両わきの下を冷やす」と回答しました。 血液の太い動脈を冷やすことの有効性を主張するコメントが多くみられます。 両脇の下には太い動脈が通っており、冷やされた血液が体を巡ることにより、熱が下がるとされているようです。 複数箇所の冷却が効果的• 30代男性 一般内科 両わきの下を冷やす・額を冷やす 額を冷やしたり、両わきの下を冷やしたりします。 50代男性 一般内科 両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する 3点クーリングがよいと思います。 40代男性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する・冷えピタを使用する 熱がこもる場所を中心にクーリングをお勧めします。 50代男性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する・冷えピタを使用する 頭だけだと不十分ですが、併用するといいと思います。 50代男性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する・冷えピタを使用する まずは脇をひやして額も併用します。 50代男性 一般内科 両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する 両脇と鼠径部を冷やすのが効果的です。 40代男性 一般内科 両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する 腋窩や鼠径部を冷やすことは効果ありです。 50代女性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する 両脇、鼠径部は即効性があります。 60代男性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす 動脈の触知できる部位を冷やすことは有効です。 50代男性 一般内科 総合診療科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する 血管が表面に近い部分が効率よいです。 「両わきの下を冷やす」だけでなく、「鼠径部を冷やす」、「氷枕を使用する」を複数選択している医師が多くいました。 どこか1箇所だけでなく、 血管が集中する部位の2箇所以上を同時に冷やすことが熱を下げるのに有効と考えている医師もいるようです。 また、両わき・鼠径部・後頭部の3箇所を同時に冷却することを推奨する医師のコメントも見られました。 上記の3箇所は血管が表面に近い部分にあるため、血液を冷やすことで、からだの熱を下げることが期待できるようです。 冷えピタだけでは熱を下げる効果はない、という意見も• 60代男性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する 冷えピタだけは意味が無いかと思います。 50代男性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する 冷えピタは温度を下げません。 50代男性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす・氷枕を使用する 冷えピタだけは全く意味ないです。 40代女性 一般内科 額を冷やす・両わきの下を冷やす 冷えピタは解熱効果はないはずだが、気持ちがよいですよね。 30代男性 一般内科 両わきの下を冷やす・鼠径部を冷やす 冷えピタなどは解熱効果はないですが、気分的に改善するのでやってもよいと思われす。 「冷えピタを使用する」という選択肢に対してその解熱効果には否定的なコメントが一部の医師から寄せられました。 否定的なコメントをした医師は、 冷えピタは額に貼ることで爽快感による気分の改善は得られるようだが、熱を下げる効果は期待できないと考えているようです。 熱を下げたい時には、冷えピタを使用するだけでなく、わきの下など、血管が集中する場所を同時に冷やすことが大事そうですね。 一方、熱を下げる必要はない、といった意見も• 50代男性 一般内科 その他 熱は下げない方が良いことがあります。 60代男性 一般内科 その他 下げる必要を感じることが少ないです。 50代女性 一般内科 その他 熱を上げきって発汗を促します。 40代男性 一般内科 両わきの下を冷やす あえて下げなくてもいいと思います。 50代男性 一般内科 氷枕を使用する むきになって熱を下げる必要はないです。 30代女性 一般内科 両わきの下を冷やす 下げなくて良いときは下げません。 50代女性 一般内科 その他 いわゆる感冒であっても、冷やして解熱は逆効果です。 温めて発汗して解熱しなければ、免疫が低下し、肺炎など重症化へと移行します。 上記のコメントのように、熱を冷ます必要がないという医師のコメントもありました。 熱を上げきって発汗した方が良いなどの意見もあるようです。 熱を下げたい時は、両わきを中心に血管の集中する場所を冷やしましょう 今回は解熱剤を使わずに、熱を下げる方法について見ていきました。 本調査によると、解熱剤を飲まずに熱を下げたいときは、両わきの下、鼠径部、後頭部等を冷やすことが適していると分かりました。 大きな血管の通り道を冷やすことによって体全身の体温を下げる効果が期待できるようです。 また、冷えピタの使用では、熱を下げる作用がないという意見もありました。 冷たくて気分を良くすることはありますが、熱を下げる効果は見込めないと考えている医師もいるようです。 また、その他を選んだ医師からは、「熱を冷ます必要がない」というコメントもみられました。 まとめると、解熱剤を使わずに熱を下げる際は、体のどの部位を冷やすかが熱を下げるポイントであると言えそうです。 本記事を参考に、発熱に対処してみてください。

次の

解熱剤を飲まずに熱を下げる方法って何があるの?医師523人に聞いてみました

熱 を すぐ に 下げる 方法

Sponsored Link 微熱がある時に気をつける4つのポイント 1. 体を冷やさない 風邪をひいた時にまず注意すべきポイントです。 微熱が出た!ということは 体がウイルスと戦っている証拠です。 そのためには、体に余計な負担をかけさせてはいけません。 疲労や冷えは悪化のもとになってしまいます。 温かくして、ゆっくり横になっているのがベストといえます。 熱があがる状態なのに、下げてしまうと治りが遅くなってしまうので要注意です。 入浴はぬるめのお湯でOK 37. 5度までの微熱であれば、入浴しても問題ありません。 ぬるめのお湯に15~20分程度、リラックスも兼ねてゆっくり入浴します。 湯冷めを防ぐために、脱衣所は温かくしておきましょう! さらに、入浴後は早めに布団に入るようにした方が良いですね。 冷えは大敵なので、湯冷めしない内に布団の入りましょう! 3. 食事は無理をしない 微熱がある時は、食欲が落ちることも多いと思います。 そんな時に、栄養を取ろうとして、無理に食べようとする人もいますね。 でも、それは逆に体には良くないとされています。 食欲のままに食べられるものを食べられる分だけ、自然にまかせましょう。 体は正直です。 その時その時で体が欲している状態があります。 この時に消化にエネルギーのいる肉などを食べるとそちらに力が注がれてしまい、回復に時間がかかるので要注意です。 食欲が出たら、しっかり食べて栄養をつけてくださいね! 4. 解熱剤に頼らない 風邪による発熱は、ウイルスと体が戦うために起きる症状です。 ですから、むやみに熱を下げようとしてはいけません。 早く熱を下げようとして、解熱剤を使いたい!という人もいると思います。 でも、熱を抑えてしまうとかえって、微熱が続いたり治り際が悪くなります。 なぜかというと、熱を持つことで、戦っている細胞が働けなくなってしまうからです。 体の自然な経過を妨げてしまうと、しっかり治しにくくなってしまうんです。 熱を出す力を、体が忘れないように 薬に頼り過ぎないことも大事です。 微熱に効果バツグンな4つの方法とは? 1. コーヒーや小麦粉を控える コーヒーは利尿作用がありますが、 その反面、体を冷やします。 さらに、小麦粉の加工品も体が冷えるので、微熱がある時または寒気や悪寒があり熱が上がってきているは控えましょう。 生姜やニンニクを摂る 体を温めるためには、生姜湯などで生姜を摂るようにした方が良いです。 梅肉エキスを生姜湯に入れて飲むとさらに効果アップです。 食欲があれば、生姜やニンニクを使った 料理も体が温まり効果的です。 エキナセアを飲む 「エキナセア」とは、キク科のハーブで、免疫強化の効果があり、注目されています。 欧米では、常備薬として昔から用いられています。 消炎作用もあり、 ウイルスによる炎症を和らげ 熱を下げる効果があります。 サプリメントやハーブティーとして販売されています。 後頭部を温める 電子レンジで、濡らしたタオルを気持ち良い程度の熱さに温めます。 そして、後頭部に当てます。 タオルがぬるくなったら、再度温めてください。 これを15分程度、繰り返すと、汗が出てきます。 そうなれば、熱がスムーズに 下がりやすくなります。 血流促進と全身を温める効果がある為、体の免疫機能が高まり、また汗をかく事で、微熱を下げる効果もあります。 さらにこの首を温めるは風邪に即効性の効き目があります。 すぐに熱を下げるたった2つの方法とは? そうは言っても明日は休めない!すぐに熱を下げる方法が知りたいという方におすすめがあります。 方法は簡単です!• 熱を上げきるタイミングを見逃さない• 熱を冷ますタイミングを外さない この2つだけです! これをタイミング良くできれば、最短で体調は回復傾向に向かいます。 1)熱を上げきるタイミングを見逃さない 熱を上げきる!というのは、熱はある程度上がったあとは下がる傾向にあるからです。 そもそも熱が上がってくるのは、• 体内で風邪ウイルスの増殖を抑制するため• 白血球の機能を促進してウイルスを攻撃する• 免疫系の機能を高めるため という3つ理由があるからです。 なので、風邪で熱が出ているときは、この戦いが体内で行われている最中なのでそれを外からも助けてあげようというわけです。 また、熱をあげる手助けをするタイミングも重要です。 むやみに上げ続けてもしんどいので、ポイントを抑える必要があります。 そのポイントとは、 【寒気がなくなった時!】 です。 寒気がなくなれば、熱産生が落ち着いたことを示すので、寒気悪寒がなくなれば水分補給をして安静にするといいですよ。 また何とかこの段階までくれば、解熱剤や栄養ドリンクも効果的です。 解熱剤で熱を下げつつ、栄養剤で元気を取り戻して仕事にいく!大事な会議などがあればこれで乗り切れると思います。 ただ、これは一時的な処置のため、数日は安静が必要です。 たとえ体が一時的に軽くなってもまだウイルスはくすぶっているので、仕事終わりに飲み行きたくなっても我慢して数日は安静にしておいて下さいね。 2)熱を冷ますタイミングを外さない 熱を冷ますタイミングは、先ほどもお伝えした、寒気悪寒が止まり、熱が上がりきった後が有効です。 熱による体の影響は、ふらふらしたり、ぼーとしたり、と仕事に影響もあるので、なるべくなら熱を下げて仕事開始したいですよね。 正しい熱冷まし!クールダウンの方法!• 熱を冷ますには、血液を冷やして上げると効果的• 体の中の大きな血管が通っている所を冷やす 場所としては、わきやまた下に大きな動脈がと通っているので効果的です。 小さなアイスノンなどを使用すると簡単ですよ。 まとめ 微熱が出た時の対処法• 体を冷やさないようにする• 入浴する際にはぬるめのお湯にする• 食事は無理をしない• 解熱剤はできるだけ使わない 微熱を下げる効果的な方法• コーヒーや小麦粉の加工品は控える• 生姜やニンニクを努めて摂る• エキナセアを飲む• 後頭部を温める 熱を早く下げる方法• 熱を上げきる• 熱を冷ます いかがでしたか? 最近はなかなか休めないとこも多いですからねw 今回紹介した方法を試して、なるべく早く回復してください! お読み頂き、ありがとうございました。 こちらの記事もおすすめです! Sponsored Link.

次の

急な高熱をすぐに下げる方法!一晩でできる発熱対処法まとめ

熱 を すぐ に 下げる 方法

Sponsored Link 微熱がある時に気をつける4つのポイント 1. 体を冷やさない 風邪をひいた時にまず注意すべきポイントです。 微熱が出た!ということは 体がウイルスと戦っている証拠です。 そのためには、体に余計な負担をかけさせてはいけません。 疲労や冷えは悪化のもとになってしまいます。 温かくして、ゆっくり横になっているのがベストといえます。 熱があがる状態なのに、下げてしまうと治りが遅くなってしまうので要注意です。 入浴はぬるめのお湯でOK 37. 5度までの微熱であれば、入浴しても問題ありません。 ぬるめのお湯に15~20分程度、リラックスも兼ねてゆっくり入浴します。 湯冷めを防ぐために、脱衣所は温かくしておきましょう! さらに、入浴後は早めに布団に入るようにした方が良いですね。 冷えは大敵なので、湯冷めしない内に布団の入りましょう! 3. 食事は無理をしない 微熱がある時は、食欲が落ちることも多いと思います。 そんな時に、栄養を取ろうとして、無理に食べようとする人もいますね。 でも、それは逆に体には良くないとされています。 食欲のままに食べられるものを食べられる分だけ、自然にまかせましょう。 体は正直です。 その時その時で体が欲している状態があります。 この時に消化にエネルギーのいる肉などを食べるとそちらに力が注がれてしまい、回復に時間がかかるので要注意です。 食欲が出たら、しっかり食べて栄養をつけてくださいね! 4. 解熱剤に頼らない 風邪による発熱は、ウイルスと体が戦うために起きる症状です。 ですから、むやみに熱を下げようとしてはいけません。 早く熱を下げようとして、解熱剤を使いたい!という人もいると思います。 でも、熱を抑えてしまうとかえって、微熱が続いたり治り際が悪くなります。 なぜかというと、熱を持つことで、戦っている細胞が働けなくなってしまうからです。 体の自然な経過を妨げてしまうと、しっかり治しにくくなってしまうんです。 熱を出す力を、体が忘れないように 薬に頼り過ぎないことも大事です。 微熱に効果バツグンな4つの方法とは? 1. コーヒーや小麦粉を控える コーヒーは利尿作用がありますが、 その反面、体を冷やします。 さらに、小麦粉の加工品も体が冷えるので、微熱がある時または寒気や悪寒があり熱が上がってきているは控えましょう。 生姜やニンニクを摂る 体を温めるためには、生姜湯などで生姜を摂るようにした方が良いです。 梅肉エキスを生姜湯に入れて飲むとさらに効果アップです。 食欲があれば、生姜やニンニクを使った 料理も体が温まり効果的です。 エキナセアを飲む 「エキナセア」とは、キク科のハーブで、免疫強化の効果があり、注目されています。 欧米では、常備薬として昔から用いられています。 消炎作用もあり、 ウイルスによる炎症を和らげ 熱を下げる効果があります。 サプリメントやハーブティーとして販売されています。 後頭部を温める 電子レンジで、濡らしたタオルを気持ち良い程度の熱さに温めます。 そして、後頭部に当てます。 タオルがぬるくなったら、再度温めてください。 これを15分程度、繰り返すと、汗が出てきます。 そうなれば、熱がスムーズに 下がりやすくなります。 血流促進と全身を温める効果がある為、体の免疫機能が高まり、また汗をかく事で、微熱を下げる効果もあります。 さらにこの首を温めるは風邪に即効性の効き目があります。 すぐに熱を下げるたった2つの方法とは? そうは言っても明日は休めない!すぐに熱を下げる方法が知りたいという方におすすめがあります。 方法は簡単です!• 熱を上げきるタイミングを見逃さない• 熱を冷ますタイミングを外さない この2つだけです! これをタイミング良くできれば、最短で体調は回復傾向に向かいます。 1)熱を上げきるタイミングを見逃さない 熱を上げきる!というのは、熱はある程度上がったあとは下がる傾向にあるからです。 そもそも熱が上がってくるのは、• 体内で風邪ウイルスの増殖を抑制するため• 白血球の機能を促進してウイルスを攻撃する• 免疫系の機能を高めるため という3つ理由があるからです。 なので、風邪で熱が出ているときは、この戦いが体内で行われている最中なのでそれを外からも助けてあげようというわけです。 また、熱をあげる手助けをするタイミングも重要です。 むやみに上げ続けてもしんどいので、ポイントを抑える必要があります。 そのポイントとは、 【寒気がなくなった時!】 です。 寒気がなくなれば、熱産生が落ち着いたことを示すので、寒気悪寒がなくなれば水分補給をして安静にするといいですよ。 また何とかこの段階までくれば、解熱剤や栄養ドリンクも効果的です。 解熱剤で熱を下げつつ、栄養剤で元気を取り戻して仕事にいく!大事な会議などがあればこれで乗り切れると思います。 ただ、これは一時的な処置のため、数日は安静が必要です。 たとえ体が一時的に軽くなってもまだウイルスはくすぶっているので、仕事終わりに飲み行きたくなっても我慢して数日は安静にしておいて下さいね。 2)熱を冷ますタイミングを外さない 熱を冷ますタイミングは、先ほどもお伝えした、寒気悪寒が止まり、熱が上がりきった後が有効です。 熱による体の影響は、ふらふらしたり、ぼーとしたり、と仕事に影響もあるので、なるべくなら熱を下げて仕事開始したいですよね。 正しい熱冷まし!クールダウンの方法!• 熱を冷ますには、血液を冷やして上げると効果的• 体の中の大きな血管が通っている所を冷やす 場所としては、わきやまた下に大きな動脈がと通っているので効果的です。 小さなアイスノンなどを使用すると簡単ですよ。 まとめ 微熱が出た時の対処法• 体を冷やさないようにする• 入浴する際にはぬるめのお湯にする• 食事は無理をしない• 解熱剤はできるだけ使わない 微熱を下げる効果的な方法• コーヒーや小麦粉の加工品は控える• 生姜やニンニクを努めて摂る• エキナセアを飲む• 後頭部を温める 熱を早く下げる方法• 熱を上げきる• 熱を冷ます いかがでしたか? 最近はなかなか休めないとこも多いですからねw 今回紹介した方法を試して、なるべく早く回復してください! お読み頂き、ありがとうございました。 こちらの記事もおすすめです! Sponsored Link.

次の