ネクスコ 東日本 コロナ。 ネクスコ東日本エンジニアリング

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための取組みについて(第4弾) ~6月14日まで休日割引適用除外などの取組みを延長します~

ネクスコ 東日本 コロナ

緊急事態宣言が出たことで、外出する人は一層減っている。 経営への影響は計り知れない(写真:PIXTA) いつもと比べればガラガラに見えるこの状況は、コロナ対策の理想にどれくらい近いのだろう。 山手線を運行するJR東日本によると、緊急事態宣言が出る前の4月上旬、平日朝の通勤時間帯は、同線の利用者が2月上旬と比べ35%減った。 一方、他人との1~2メートルの距離を保つと電車に乗れる人数は82~64%減るという試算がある。 単純な比較はできない面もあるが、この数字をみる限り「理想に比べればまだ混雑」といえるのかもしれない。 緊急事態宣言が出たことで、通勤や通学で電車を利用する人は一層減っている。 いまの時点で経営への影響がより大きいのは、出張や旅行の取りやめに伴う新幹線の需要縮小だ。 通勤や通学は定期券を買うため一定の収入が見込める。 新幹線は経営の屋台骨になっている。 JR東の2019年3月期の営業利益(単体)は3918億円あり、このうち新幹線による割合が57%にのぼる。 JPモルガン証券の姫野良太アナリストは「JR東海はさらに割合が大きく、各社にとって影響は甚大」と指摘する。 JR東の3月30日~4月3日の利用者数は前年比62%減で、週末の4月4~5日になると83%減におよんだ。 利用者がそこまで減らなかった2~3月でも、減収額は前年同期比730億円にのぼっており、今後さらに打撃が広がる。 JR各社は鉄道以外の事業として駅ビル、駅ナカの商業施設やホテルに力を入れてきた。 これらも新型コロナの影響で休業などに追い込まれており、収益の下支えにはならない。 各社にとって頭が痛いのは、新型コロナの感染が早く収束しても需要が同じように元に戻るとは考えにくいことだ。 オンライン会議の浸透、業績悪化による経費削減によって、企業は出張を抑える。 姫野氏は「08年のリーマン・ショックでは、東海道新幹線の場合、輸送量が回復するまで4年かかった。 今回は働き方などの構造変化があり、影響の大きさはそれ以上だろう」とみる。 オンライン会議の浸透は山手線のような、新幹線でない路線にも大きく響く。 JR東は18年に策定したグループ経営ビジョンで、人口減少という流れに加えて「働き方改革などで移動のニーズが縮小すると、急激に利益が圧迫される」と危機感を示した。 このリスクが予期せぬ形で現実のものとなった。 研究開発を進めている自動運転をはじめ新たな技術で運行を効率化するなど、事業変革の加速が課題になっている。

次の

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るための取組みについて(第4弾) ~6月14日まで休日割引適用除外などの取組みを延長します~

ネクスコ 東日本 コロナ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 労使対立で一時ストに発展した東北自動車道上り線の佐野サービスエリア(SA、栃木県佐野市)の売店などについて、SAを管理するネクスコ東日本のグループ会社が、現在の運営会社との契約を終了する方針であることがわかった。 現在売店やフードコートなどを運営するのは、地元佐野市のケイセイ・フーズ。 SAを管理する「ネクセリア東日本」によると、SAへの出店に必要な定期建物賃貸借契約をケイセイと結んでいたが、3月末の契約満了後は再契約をしない。 4月からは東北道上り線の那須高原SAなどを運営する日の丸サンズ(本社・東京)と新たに契約を結ぶという。 現在働いている従業員の処遇について日の丸サンズは朝日新聞の取材に対し、「地元の雇用確保に最大限配慮し、できる限り引き続き働いてもらえるようにしていく」としている。 佐野SAでは昨年8~9月にかけ、ケイセイ・フーズが当時の総務部長だった加藤正樹氏を解雇(後日に撤回)したことをきっかけに労組がストを行うなど、労使が対立していた。

次の

「ドラ割」北海道観光ふりーぱす

ネクスコ 東日本 コロナ

お客さまにSA・PAを快適にご利用いただくため、これに記載の各事項を守り、お客さま同士でゆずりあいながらご利用くださるようお願いします。 なお、この禁止行為をされたお客さまへは弊社から是正を求めることがあります。 駐車禁止場所、車路又は所定の区分(小型車、大型車、特殊大型車及び障がい者等)以外の駐車ますに駐車すること。 (なお、混雑時には係員の指示に従ってください。 空ぶかしや不必要にエンジンを作動させること。 みだりに火気の使用をすること。 また、キャンプ、バーベキューなどを行うこと。 許可なく物品の販売、陳列、文書の配布又は掲示等を行うこと。 許可なく募金、署名活動、演説又は集会等を行うこと。 施設、設備、器物、備品、車両、樹木等を滅失し、毀損し、又は汚損すること。 前項に規定の目的に反し長時間にわたる駐車を行うこと。 車両を放置したままSA・PAから立ち去ること。 所定のゴミ箱以外に物を捨てること。 (なお、高速道路外からの持ち込みゴミを捨てることはご遠慮ください。 前各号に掲げるもののほか、弊社の業務の支障又は他のお客さまの迷惑、危険又は利用上の妨げとなるような行為をすること。 なお、当該措置に要した費用は当該放置車両を所有又は使用されるお客さま(以下「所有者等」という。 )の負担とします。 放置車両を発見した日から1ヶ月以上放置されていることを確認した場合、SA・PAの環境保持又は交通に支障をきたしているとして、移動催促の警告書を貼付(公示)し、又は放置車両の登録上の所有者等に通知し、その後更に3ヶ月以上経過してもなお移動されない場合、弊社は当該放置車両を移動することがあります。 なお、管理上必要な場合は、緊急措置として当該期間の経過を待たず移動することがあります。 当該放置車両の所有者等その他の事項を調査するため、当該放置車両に損傷を加えなければ調査の目的を達成できないときは、弊社は必要最小限の範囲内でこれを行うことがあります。 移動催促の警告書貼付後3ヶ月以上経過しても、所有者等の特定ができず、又は当該放置車両が自動車としての機能をすでに失っていると弊社が判断した場合、弊社は処分の予告を一定期間行った後に処分することがあります。 NEXCO東日本公式 SNSアカウント ドライブをもっと楽しくする、 高速道路、パーキングエリアの情報を発信!•

次の