トク する サポート 解約。 SoftBankを解約してもずっと【まるトク株式会社】から請求が?!同時解約はされないので注意【ソフトバンク】

端末購入補助「トクするサポート+」を徹底解説!(メリット、デメリットなど)

トク する サポート 解約

ソフトバンクからの SIMロックの即日解除を10月1日から対応 クレジットカード払いが条件 半額サポート+を巡っては、総務省で開催されている「モバイル市場の競争環境に関する研究会」において、 ソフトバンク回線を契約していない購入者が購入から100日間「SIMロック」を解除できないことが問題視された。 店頭での手続きとなるため、 別途3000円(税別)の事務手数料が必要となる。 なお、 ソフトバンク契約者における即日解除への対応は現在検討中とのことだが、現時点でも ひも付ける契約で過去にSIMロック解除手続きをしたことがある場合は、前回手続き日から100日を経過していればその時点でSIMロック解除できる。 同社では今後、 SIMロックの即時解除に「デポジット(預かり金)制」の導入を検討している。 導入時期やデポジット額などの詳細は準備が整い次第告知される。 関連記事• 消費者庁が9月26日、携帯電話の広告表示について注意喚起を行った。 auの「アップグレードプログラムDX」とソフトバンクの「半額サポート+」が該当する。 端末を下取りに出す代わりに支払額の半額を免除するが、実際には半額の免除にはならないことを問題視している。 auとソフトバンクの端末購入プログラムは、他社ユーザーに開放した一方、100日間はSIMロックを解除できない。 これを受け、総務省ではSIMロック解除のルール見直し進めている。 20日の有識者会議で、ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが見解を述べた。 ソフトバンクが、新たな端末購入補助サービスとなる「半額サポート+」を発表。 2019年9月13日から提供する。 改正電気通信事業法に抵触しないよう、他キャリアのユーザーでも利用可能とした。 ソフトバンクの「半額サポート+」とauの「アップグレードプログラムDX」は、改正電気通信事業法の趣旨に反するのでは? という声が挙がっている。 いずれも48回払いで指定機種を購入し、25カ月目以降に返却して端末を購入すると、最大で半額の支払いが免除される。 しかし結局のところ「囲い込みになる」という見方もある。 大手キャリアが中古端末や他者から譲り受けた端末の「SIMロック解除」に応じ始めました。 しかし、Webでの手続きが可能なのはNTTドコモだけ。 auとソフトバンク/Y! mobileは来店手続きのみ受け付けています。 なぜ、このような違いが出るのでしょうか……? 関連リンク•

次の

SoftBankを解約してもずっと【まるトク株式会社】から請求が?!同時解約はされないので注意【ソフトバンク】

トク する サポート 解約

そこで、25か月目以降に機種変更する時には、今使っているスマホをソフトバンクが回収する代わりに、最大24カ月分の残債は免除するということにしました。 おかげで、ユーザーは高額なiPhoneを安く購入することができるようになりましたが、しかし、ここで「4年縛り」という問題が発生します。 もし、2年後にソフトバンクで機種変更するのであれば、24か月分の残債を免除して新しいスマホを購入できます。 しかし、2年後に機種変更しなかった場合はどうなるでしょうか? 残債免除の条件は、スマホの返却とソフトバンクでの機種変更です。 これらの条件を満たせない場合、残債は免除になりません。 例えば、2年後にワイモバイルの方が自分に合った料金プランで月額料金も抑えられることがわかったとします。 だからと言って、ワイモバイルに乗り換えるならば、残り24カ月分の残債は丸々残ってしまいます。 ソフトバンクで機種変更しないのであれば、4年間の分割の縛りと向き合わなければいけません。 また、他社に乗り換えではなく、紛失などの理由でスマホの返却が出来ない場合、これも残り24か月分の残債が丸々残ってしまいます。 2年間支払えば残り2年は免除、ただし、4年の分割契約を結んでいるため、条件を満たさなければ4年間縛られるわけです。 参考: 4年縛りの解約方法 相談者は「4年縛りから抜け出したい」というのが望みですが、実際4年縛りから抜け出すのは簡単ではありません。 それでも4年縛りを抜けたいのであれば、動き出すタイミングは25カ月目となります。 25か月目で端末を返却して機種変更をして、トクするサポートを終わりにしてしまいましょう。 ただし、機種変更時には「トクするサポート」に加入してはいけません。 またトクするサポートを利用してしまうと、また4年縛りで抜け出せなくなるためです。 そのため、機種変更では新しいスマホの分割を割引なしで購入する必要があります。 その際、できれば機種は一括購入がお勧めです。 今のソフトバンクは2年縛りがないので、解約に違約金はかかりません。 2年後に新しい機種をソフトバンクで一括購入してしまえば、そのスマホを使って他社に乗り換えられます。 SIMロックも一括購入した機種に関してはすぐに解除ができるので、解約後もスムーズに他社へ乗り換えられます。 ソフトバンクで購入した端末を格安SIMで運用するなら、「LINEモバイル」がオススメです。 ソフトバンク回線を選択することで、SIMロック解除も不要です。 公式サイト: 2年後にもっとスムーズに抜け出せる可能性も 4年縛りの抜け出し方として、25か月目で「トクするサポート」を引き継がずに機種変更すること、その際出来れば一括購入がお勧めです。 2年後に機種変更する理由は、それが残債免除の条件の1つだからです。 理想は、2年後にソフトバンクに端末を返却して、それで綺麗さっぱり整理できる状況だと思います。 返却に関しては割引も受けているし、契約上仕方がないとしても、次の機種変更まで強制なのはいかがなものかと思いませんか? 実はこの件に関して、総務省や有識者会議でも問題視されています。 次もソフトバンクで機種変更が条件というのは、利用者の過度な囲い込みになるのではないかという話が実際に出ています。 もしかしたら、2年後には次回機種変更という条件が緩和されている可能性もあります。 (現にドコモは返却のみで次回端末購入は条件ではありません。 )もしそうなれば、25か月目に端末を返却してしまえば、それで4年縛りを抜け出せるようになります。

次の

「トクするサポート」はお得なのか?メリットとデメリットを解説【ソフトバンク】

トク する サポート 解約

2019年9月30日に で 「半額サポートプラス」のプログラム名を2019年10月10日から「トクするサポート」へ変更する発表がありました。 プログラム名称の変更の要因としては消費者庁から「半額サポートプラス」は実質的には半額になっていないと判断され、注意喚起されたことにより今回の名称変更に繋がったようです。 このほかにもソフトバンクSIMロック解除の問題 (総務省から指摘を受けている) もありましたが、こちらも2019年10月1日から一部の条件を満たすことでソフトバンクショップでSIMロックを購入してから101日以内でも即日解除できるようになりました。 今回はこの「トクするサポート」プログラムについて徹底解説していきたいと思います。 トクするサポートの特典内容・適用条件をはじめ、2019年9月12日で終了した「半額サポート」との違い、メリット・デメリットや一番有効活用できる機種変更のタイミングなど、できるだけ詳しくご紹介します。 ソフトバンク系回線以外の携帯会社・ワイモバイル利用者でもプラス3,000円の追加料金で利用できる 他の携帯会社の回線を利用している人も利用できる点だけを見れば魅力的ですが、 ソフトバンクで販売している端末についてはソフトバンクのSIMロックがかかっています。 ドコモ・au系の回線を利用している携帯会社やワイモバイルを利用している人の場合、SIMロックを解除しないと購入したスマホを利用することができない(SIMロック解除も購入してから101日以降でないとできない)という罠があったのですが、 2019年10月1日よりSIMロック解除の条件が緩和されました。 以下の 2つの条件を満たした場合にはソフトバンクで端末を購入してから100日以内でも ソフトバンクショップでSIMロックを即日解除することができるようになりました。 25ヶ月目~48ヶ月目での 対象のソフトバンクの機種を購入する• ただし、あんしん保証パックなどの保証オプションに加入している場合は最大2,000円の減額で済む• 2つ目のポイントは結構重要で、特典の適用には機種変更するまでに使用していた トクするサポートに加入時のスマホ端末はソフトバンクに回収させることで初めて適用されます。 もし、 故障機になってしまった場合には、査定額が下がったり、回収できず特典利用ができなくなる場合がある点にも注意が必要です。 3つ目のポイントとしては、今回のトクするサポートではプログラム料が必要なので、24回分、合計9,360円(不課税)の料金を支払っている必要があり、このプログラム料以外にもソフトバンクへの何かしらの料金の未払いがあると特典利用ができなくなるので注意しましょう。 ドコモについても新プランが登場した2019年6月以降は24回から36回に支払い回数を増やしています。

次の