ボックスフレッシュ匿名なのか。 BOXFreshのやり方やインスタで利用できる?詳細と使い方を徹底解説!

BoxFresh 匿名質問アプリ

ボックスフレッシュ匿名なのか

アプリのユーザー登録はTwitterのアカウントを使います。 これでログインすればプロフィールの作成などもないのでとっても楽チン。 Twitterユーザーは連携させて回答と同時にツイートすることもできるのでこちらが良いでしょう。 Instagramだけでいいという人はスキップして始めてもOKです。 アプリをスタートさせたらまずは質問募集しましょう。 プロフィールの上部にあるアイコンからシェア可能。 それぞれ左からTwitterシェア、マイページのURLコピー、Instagramストーリーシェア、通常のシェアのアイコンになります。 Instagramのストーリーシェアはプロフィールにジャンプを誘導させる画面になるので、プロフィールのリンクに『BoxFresh 匿名質問アプリ - ボックスフレッシュ 』のマイページのURLを入れておけばスムーズです。 質問がどんどん届くから飽きない。 SNSのネタにも困らないところが嬉しい。 「質問」のタブをタップすると届いている質問を見ることができます。 アプリをスタートした時点で質問が用意されているのでまずはそれに答えていけばOK。 毎日質問が届くので「家にいてばかりでSNSでつぶやくネタがない……」という人にもぴったりです。 既読のタブは回答済みのものではなく一度開いた質問でも移動するのでそこに答え忘れている質問があることも。 しっかりチェックしてみてくださいね。 また『BoxFresh 匿名質問アプリ - ボックスフレッシュ』では自分に届いた質問に対して画像を用いて返信することもできちゃいますよ。 質問の回答はTwitterの場合は「回答する」をタップしてそれぞれの質問を開き回答を書き込み、さらに「回答する」をタップだけでOK。 Instagramにシェアしたい場合は回答する前にインスタのアイコンタップでストーリーにシェアできるので次に説明します。 Instagramへのシェアですが、デフォルトでは「Instagramに質問をシェアしますか?」とポップアップが出るので「はい」をタップします。 そうするとInstagramアプリが自動で立ち上がってストーリー画面に画像が共有されるので通常のストーリーのように文字を書き込めばOK。 Instagramのアカウントを複数持っている場合直前まで使っていたものでのシェアになるので、『BoxFresh 匿名質問アプリ - ボックスフレッシュ』を使う前にシェアしたいアカウントを選んでその画面にしておいた方が良いです。 ポップアップを表示しないようにした場合は個々の質問画面の「回答する」の左隣にあるInstagramアイコンをタップしてもシェアできます。 「おすすめ」ではみんなが答えられる質問がたくさん用意されています。 暇な時はここにどんどん答えていくのもあり!質問をタップするとみんなの答えも見られます。 現在「おすすめ」の回答はInstagramシェアはできないようです。 お題を投げることもできるので、たくさんの人の意見を聞いてみたいことがある人はこの機能を利用してみてはいかがでしょうか。 また「フィード」では他のユーザーの写真付き回答も見ることができるんです。 「思い出の写真」が多めですが「目つぶりながらカメラロールから1枚写真選んでみて」というネタっぽいものもあって楽しめます。 どちらも機能でも気になるユーザーはTwitterにジャンプできるようになっています。 現在『BoxFresh 匿名質問アプリ - ボックスフレッシュ』はアクセス数が多くなっているため、アプリがダウンロード可能な時間を限定している模様。 またAndroid版は改良中のためもう少々お待ちくださいとのことです。 アプリを使ってみたい人のための新しい情報は公式Twitterに出ているのでそちらを随時チェックしてみてくださいね。 公式Twitter.

次の

BoxFresh 匿名質問アプリ

ボックスフレッシュ匿名なのか

BOXFreshで相手を特定することは可能? 匿名質問サービスの「BOXFresh」では、TwitterやインスタなどのSNSに紐づけておくことで、誰かから匿名の質問が来ることがあります。 SNSでの話題作りや、ちょっとしたエンタメ要素として楽しむことができますが、中には心にもない、アンチのような質問をしてくる人もいるでしょう。 そういった際に質問される側としては、 相手を特定したい、もしくはストーカーのようで怖いなどの思いをすることもあるかもしれません。 BOXFreshではサービスとして、あくまでも「匿名」を第一優先しており、 完全に相手の特定をするのは難しいです。 しかし、場合によっては相手が絞れることもあるので、覚えておくのが良いでしょう。 アカウントで特定 Twitterと連動してBOXFreshを利用している場合、自分が鍵アカであれば相手を限定することは出来ます。 自分が鍵付きのアカウントなのに質問をしてくることができるということは、相手は必ず自分のフォロワー内の人であると言えます。 フォロワー数によってはかなり大きい規模の限定となってしまい、特定までは至りませんが、ある程度絞ることは可能です。 質問内容で特定 質問の内容で一部の人を特定することは可能です。 完全に個人までを当てる事は難しいですが、近い存在までは特定できるかもしれません。 例えば、BOXFreshをTwitterと連動しており、「昨日食べていたカレーおいしかったですか?」という質問が来たとします。 Twitterではカレーの画像や動画を上げておらず、ツイートでも触れていない• カレーは友達のグループLINEで画像を貼りつけた• インスタのプライベートアカウント(鍵つき)で載せた この3つを条件にした際、相手は「グループLINEの友達」or「インスタのフォロワー」というところまではほぼ確定で特定することが可能です。 さらに、ストーリーなどであれば、足跡機能で誰が見たのかまで確認できます。 このように 完全に個人までたどり着くのは難しいですが、質問内容によって、ある程度は人やグループを特定できる可能性があります。 文章で特定 BOXFreshで届いた文章に特徴がある場合、その文脈や顔文字、絵文字などで相手を特定できる可能性があります。 例えば、あるフォロワーは必ず文の最後に「! 」という顔文字をつける、「〇〇っしょ?」などの質問の仕方をしてくるなど、文に特徴がある場合はBOXFreshでも同じように質問をしてくる可能性があります。 ただし、これには致命的な問題があり、 誰かが別の人を装うことができるという点です。 特徴的な人であればあるほど、他の人も真似をしやすいため、偽装して質問ができてしまいます。 そのため、 特定に近いところまでは持っていけますが、絶対ではないので注意が必要です。 時間帯で特定 質問が来ている時間帯で特定することも可能です。 特に深夜帯や、平日の昼間などあまり自由に時間を使える人が少ない時間に来る質問ほど、時間帯での特定はしやすくなります。 例えばインスタなどと連動している場合はわかりやすく、インスタでは設定にもよりますが、相手がどれくらい前までオンラインだったのかを確認することができます。 質問が来た際にすぐスマホを確認したのであれば、インスタで「オンライン」となっている人が非常に怪しいという風に特定することが可能です。 警察に相談する こういった匿名系のサービスでは、行為がエスカレートして、かなり迷惑なことをしてくる人もいます。 あまりにもひどいと感じた場合や、ストーカーのようで怖いとなってしまった場合は、警察に相談をしましょう。 本当に事件性がある場合は、警察が動いてくれるので、 IPアドレス等から個人を特定して問題を解決することが可能です。 しかし、 場合によっては法的措置をとる必要があり、依頼料としてお金がかかることもあるのでご注意ください。

次の

匿名質問サービス「BOXFresh」で質問相手を特定することは可能?詳細を徹底解説!

ボックスフレッシュ匿名なのか

もくじ• そもそも「質問箱」サービスって何? そもそも今はやっている「質問箱」とは、どのようなサービスなのでしょうか? SNSのプロフィールページに掲載する私書箱 簡単に言うと 「SNS のプロフィールに掲載するための私書箱」と言えます。 Twitterで質問を受け付ける場合は、それまでは毎回質問募集のツイートをしなくては行けなかったり、Instagramで質問を受け付ける場合、ストーリーズでアンケート用のスタンプなどもありますが、一定時間が経過すると消えてしまうため常設できる、というものはありませんでした。 「質問箱」の登場と流行により、 「いつでも質問を受け付けます」というスタンスの表明と、タイムラインのオープンな場ではなく、閉じられた・ クローズドな中でコミュニケーションをとる、という文化が発生しました。 匿名での質問受付が基本 今回ご紹介するいくつかの質問箱のサービスに共通するのが、全て 「匿名で質問を受け付ける」という点です。 「質問箱」を使って特定のユーザーに質問を投稿する人は、自分のアカウントや「誰であるか」を完全に隠して質問することができます。 質問箱を設置する側のユーザーとしては、当然、質問の中に誹謗中傷が混ざる可能性がありますが、そのあたりは質問箱を提供するサービス側が ネガティブなワードを検知したりするようなフィルターの開発・提供を行っています。 また、いくつかの質問箱サービスでは、あまりにも酷い誹謗中傷が何度も行われた場合、所持している個人情報を捜査機関・裁判所に引き渡す、という利用規約を明示しているところもあります。 インタビューされている状況を作り出せる 「質問箱」として機能する他に、「自分が質問をされたふりを装い、 自分が答える」という文化もあります。 TwitterやInstagramのタイムライン上に「いつも大量の質問を受け取っている」ような見せ方を作り出し、自分が「他のユーザーから沢山の興味を浴びている」という演出をするユーザーも確認されています。 どのユーザーが自作自演をしているかは判別できませんので、 たくさんの質問に答える演出をすることで、「人気者」っぽく見せることが可能になるわけです。 という形で、興味深い面が沢山の「質問箱」サービスですが、既に一定の人気を獲得しているサービスがありますので、それらがどのような特徴があるかも踏まえてそれぞれご紹介していきます! BoxFresh 今人気急上昇の「質問箱」サービス 「BoxFresh」です。 ただし、Botからの質問が多いという指摘も 使いやすい、且つ人気の高い「BoxFresh」ですが、質問箱を作成して、すぐさま気づくことが「Botから飛んでくる質問がかなり多い」という点です。 一定時間経過するとそれほど連続して質問は来なくなりますが、一般ユーザーからの質問が最初から多いユーザーにとってはどれが「人間から来た質問」かはわからないため、実際に寄せられた質問に返答するタイミングが遅くなってしまう、などの状況が発生します。 しかし、ある程度、判別してブロックする機能などもありますので、設定をうまく活用しましょう。 マシュマロ 最後にご紹介するのは、「マシュマロ」という質問箱サービス。 こちらのサービスは本記事でご紹介する中で唯一アプリでのサービス提供を行っておらず、Webからアカウント認証することで使用可能になります。 マシュマロへはからアクセスして、アカウント認証・作成を行いましょう。 『 マシュマロ』の特徴 マシュマロが「BoxFresh」や「Peing」と一線を画しているところは、• 唯一のWebサービス• AIがネガティブなコメント検知・シャットアウトしてくれる• 有料会員プランが存在する という点です。 『マシュマロ』の特徴 マシュマロの特徴は、質問投稿ユーザーは匿名での質問を行うことができつつ、質問を受け取る側はネガティブなコメントや誹謗中傷などを受け取る心配が無いことです。 唯一「有料プラン」が用意されている 今回ご紹介するサービスの中で唯一、有料プランが用意されています。 その有料プランの中身の一部は、広告の非表示や回答文字数制限の解除のほか、AIで削除されるワードを削除しない、AIが干渉しないという機能も提供されます。

次の