ゲイン スカイ。 ゲインスカイ(GAINSKY)のほぼ勝てるチームと運用額の組み合わせは|脱サラ投資

GAINSKY(ゲインスカイ)の入口・出口戦略について

ゲイン スカイ

Gainsky ゲインスカイ について、収益性の高さ 特に緑チーム が評判ですが、みなさん疑問に思うことが無いですか? 特に緑チームは月利10%以上、CR キャンペーンリベート を合わせれば月利15%も達することもあり、しかも安定して収益を上げているので、自社運用だけにした方がGainskyはもっと儲かり、わざわざ参加者を募る必要がないのではないのかということです。 ナーに参加した際にGainsky社も自社資金を運用していることは説明されていましたが、疑念として引っかかってしまいます。 Gainskyは、Regal Core Marketsからのリベートが入るスキームを作っていますが、それはCR キャンペーンリベート や報酬などで多くはユーザー側に還元されてしまっているはずです。 多くの紹介サイトでは、Gainskyの収益性や安全性は謳っていますが、この部分に触れているサイト見ないため、この部分に少し触れてみたいと思います。 では何故投資するのかというと、収益性とリスクを天秤にかけて、収益性が私が考えるリスクよりも上回っていると考えるからです。 このサイトからGainskyに参加頂くと、100ドルキャッシュバックさせて頂きます。 投資に不安を感じている方は少しハードルが下がると思いますので是非検討下さい。 詳しくは上記リンクをご確認下さい。 Gainskyの口座に直接送金させて頂くことも可能です Gainskyの収益は? 安定的に参加者の利益を出し、更にCR キャンペーンリベート やRP,を参加者に還元している Gainskyはどこで利益を出しているのでしょうか? あくまで想定での記載になりますが、GainskyとRegal Core Marketsとの契約でスプレッド(通貨を売る時の値段 BID と通貨を買う時の値段 ASK の差 が比較的広い契約になっていることが想像できます。 その分取引量に応じたリベートを多くもらう契約になっているのではないでしょうか?これはどういうことかというと、チームを選択して取引を委託しますが、この取引ではスプレッドが広い分、通貨取引での利益が出にくくなっており それでも十分利益はでいますが 、逆にその分リベートがGainskyに多く入っているのではないかということです。 <例> もう一つ考えなくてはいけないのが、入金、出金時のGainskyの利益です。 スプレッド・リベートの件は数値として織り込んだ上で投資していますが、入金・出金時のGainskyの収益は、私たちのコストと相対になっています。 これはどういうことかというと入金・出金時の私たちのコストが増えれば、Gainskyの利益が増え、コストが減ればGainskyの利益が減るということです。 皆さんは、Gainsky Regal Core Markets に入金する際、どのように入金したでしょうか? ナーに参加して現金で入金やからを送金した方がほとんどだと思います。 また、出金する際も、日本円で出金する人や、で出金するのいずれかになると思います。 この入出金の際にもGainskyは利益を上げているということです。 皆さんはこの時のコストを意識されてますでしょうか? 下記の表は、Gainskyのある時の通貨の取引レートです。 1を入金した際は、9,868. 28ドルとして入金されます。 逆に出金する際は、10,067ドルを出金しないと1として出金されないということを表しています。 約200ドルのスプレッドとなっており、このスプレッドの差がGainskyの利益となります。 日本円だと12円以上のスプレッドとなっており、非常に大きなスプレッドです。 【結論】 Gainskyは、自社取引による収益・Regal Core Markets からのリベート以外にも入出金のスプレッドによっての利益を上げていると考えてよさそうです。 参加者はGainskyに入金した資金をいずれ出金することが必要になります。 Gainskyで参加者の利益が増え、出金額を増えれば増えるほど、スプレッドによる利益が増えるという構図になっていると言えます。 Gainskyの入口・出口戦略 私たちがGainskyで利益を最大化するためには、投資金額や投資チームの選択だけではなく、投資資金の入金・出金の入口・出口戦略を考えておく必要があります。 以下にいくつかシミュレーションをしています。 【Liquidの価格】 【】 下の表はGainskyにを入金・出金する際の価格とLiquidの価格差です。 入金時105USD、出金時94USDの差額があります。 また、日本円を入金・出金する際は、FX取引所と入金時3. 3円の価格差、出金時は9円もの価格差があります。 では、ここからシミュレーションです。 ここでは日本の Liquid で日本円からを購入・送金する場合と、日本円をGainskyに入金する方法を簡易的に比較しています。 Liquidからは送金手数料も加味しています。 Gainskyへの日本円入金は手渡しとして送金手数料は0で計算しています。 結果は、100万、50万、10万円を入金する場合を記載してますが、で入金した方が得という結果になりました。 100万円入金する場合、で入金する場合、最終的に8861ドルで入金されます。 同じタイミングで日本円で入金した場合8703ドルで入金されるということです。 ただ利用しているのスプレッドによっては、逆転するほどの差でどちらを利用しても大きな差はないというのが結論です。 続いて、出金についてシミュレーションしてみます。 からの銀行への出金手数料は数百円かかりますが、下記には加味していません。 こちらは大きな差が出ました。 仮に1万ドルを出金する時、で出金し、日本円にする場合は110万5千円になりますが、Gainskyから直接日本円で出金する場合は、102万6千円と約8万円の差額が発生します。 結論 Gainskyへの入金時は、日本円入金、入金のどちらでも好みで構わない。 Gainskyからの出金の際は、特別な事情がなければで出金することが望ましい。 pop1201.

次の

Gainskyって安全と言われているけどリーガルコアマーケットが潰れても大丈夫の?

ゲイン スカイ

10,000ドルで運用すると、CRは3%の利益が確定なので、最悪資産の3%が減ってもプラスマイナスゼロになるので、トレードでの リスクは ゼロということになります。 黄チーム 迷った方にオススメ! 青チーム リスクは二の次!利益特化型のあなたにオススメ! 5~6月の運用結果では9%前後の利益を出し、一時緑チームを凌ぐ結果に。 緑チーム 30,000ドル以上用意できる方は、間違いなく緑チームがオススメです! 元々、会社の資金を運用しているエリートトレーダーを集めたチームです。 運用に自信があるため、20日後の運用結果が仮にマイナスになったとしても、補填が入り、CP(運用収益)はプラマイゼロになるので、 元本が減ることはありません。 更に、 運用を依頼した時点で『CR 手数料バック として20日後には最低でも4. 25%』が確定しているので資金に余裕がある方は、これ一択ですね! 私も運用依頼していますが、毎度なかなかの利益を頂いています。 《目安》 赤黄緑チーム:20日で大体3~8%前後増えています。 緑チーム:20日で大体5~10%前後増えています。 自分にあったチームに依頼してみてください。 登録費や年会費などを取らず、更に運用で出た利益はすべて顧客のもの。 では、ゲインスカイはどこから利益を得ているのでしょうか? 答え ゲインスカイは、 証券会社のRegal Core Marketsから、紹介手数料(IB報酬)を貰っているのです。 この手数料収益から『CR』や『紹介報酬』として顧客に還元されています。 又、これ以外にも会社の資産を『緑チーム』と同じ手法で運用しており右肩上がりで利益を増やしていることから、ゲインスカイ運営はかなり儲かっていることがわかるので、投資先としての安心度は高まりますね。 Domain Name: GAINSKY. namecheap. namecheap. com Updated Date: 2020-01-26T15:52:27Z Creation Date: 2019-01-11T08:41:18Z Registry Expiry Date: 2021-01-11T08:41:18Z Registrar: NameCheap, Inc. namecheap. namecheap. com Updated Date: 2019-04-09T17:51:55Z Creation Date: 2000-12-14T19:00:31Z Registry Expiry Date: 2020-05-02T03:59:59Z Registrar: NameCheap, Inc. 出典: 出典:ドメイン検索サイト このドメイン取得日からわかる事は、RegalCoreMarkets リーガルコアマーケッツ はGAINSKY(ゲインスカイ)の為に作成した証券会社ではなく、元々あった既存の証券会社であることが裏付けできます。 『AUM Qualification』のバーが緑色になっていると、直紹介の運用額が前月より1%以上増えていると事です。 逆に前月より、+1%に満たない場合は、バーが赤色になります。 バーが緑色の状態で、月末最終日の0時0分前を迎える事ができれば翌月に『RP』を受け取る権利が発生します。 逆に、赤色で迎えてしまった場合は、翌月は『RP』を受け取る事ができませんのでご注意ください。

次の

ゲインスカイ(GAINSKY)の入金方法を徹底的に解説【ビットコインの購入方法も解説します】

ゲイン スカイ

怪しい投資案件の中には資産をどのように運用しているのか不透明なものも多いです。 大切な資産がどうなっているのかわからないと不安ですよね。 「進行中」のキャンペーンの詳細をクリックするとMT4で利用可能なIDとPWが表示される 「進行中」のキャンペーンの詳細をクリックすると上のような画面が表示されます。 MT4パスワードの「パスワードを示す」をクリックするとパスワードも確認することが出来ます。 ここに表示されているMT4 IDとMT4パスワードをMT4アプリに登録するとライブで取引を確認することが出来ます。 MT4アプリで取引状況を確認する方法 ゲインスカイはMT4というアプリを使うことで実際の取引をいつもでライブで見ることが出来ます。 今回はiPhoneアプリの画面で解説します。 アンドロイドでも大きく操作方法は変わらないので参考にしてください。 アプリを開いて「設定」をタップ 「既存のアカウントにログイン」をタップ RegalCoreMarketsを検索 ゲインスカイはRegalCoreMarketsという証券会社と契約しています。 「RegalCoreMarkets」と検索をします。 Regalと入力するだけで以下のように出てきます。 「RegalCoreMarkets-Live」をタップしてください。 ログインIDとPWを入力する 「RegalCoreMarkets-Live」をタップと以下のような画面が表示されます。 先程ゲインスカイで確認したMT4 IDとMT4パスワードをこちらに入力します。 入力が完了すれば右上にある「サインイン」をタップします。 リアルな取引や取引の履歴を確認する サインインが正常に完了するとMT4で取引の状況を確認することが出来るようになります。 「トレード」をタップすると実際に取引をしている状況を確認できます。 「履歴」をタップすると当日や週・月や自身でカスタムした期間の履歴を確認することが出来ます。 以上がMT4を使ったゲインスカイのリアルな取引の確認方法です。 それぞれ特徴があるので自分が好きなチームを選んで投資をしましょう。 チームの特徴については後ほど詳しく解説します。 投資ができる日は「利用可能なキャンペーン」と記載がされています。 レッド・イエロー・ブルーチームの投資は月曜日・水曜日・金曜日 月曜日・水曜日・金曜日に投資オプションを確認すると以下の画像のような表示になっています。 グリーンチームは日曜日のみ投資可能 日曜日に投資オプションを確認すると以下のような表示になっています。 火曜日・木曜日・土曜日はすべてのチームが「利用不能なキャンペーン」 火木土曜日はどのチームにも投資をすることが出来ないので注意してください。 4つの投資チームの違いをわかりやすく解説 それではここからはゲインスカイの4つのチームについて出来るだけわかりやすく解説いたします。 ゲインスカイには4つのチームがある ゲインスカイは資産を運用してくれるチームが4チームあります。 それぞれリスクや期待できる利益に違いがあり、その中から自分にあったチームを選んで投資することが出来ます。

次の