ビットコイン 採掘。 ビットコイン採掘(マイニング)で本当に利益が出せるのか実際にやってみた

ビットコイン

ビットコイン 採掘

ビットコイン価格と密接に関係している難易度調整 ディフィカルティ とマイナー損益分岐点の面から、値動きの予測をし、ビットコイントレードに生かしていくという考察をご紹介します。 ビットコインをお店で売っているリンゴだと仮定すると以下のようになります。 ビットコイン お店で売っているリンゴ ハッシュレート リンゴを収穫する効率性(速さ) 難易度調整 直近のハッシュレートを元に、リンゴを収穫するコストと速度を調整されること 損益分岐点 お店が赤字にならないギリギリのリンゴ小売価格 果樹園のリンゴの木の本数が半分になるイベント という感じです。 リンゴ、もといビットコインの価格に大いに影響してくることは想像に難くありませんね。 ビットコインの難易度調整とマイナー損益分岐点から値動きを読む戦略は、ビットコインのトレーダーなら知っておくべき指標でしょう。 ビットコインの採掘難易度調整とは ビットコインの採掘難易度 =ディフィカルティ とは、マイニング(採掘)によりブロックを生成する(ナンスを算出する)難易度のことです。 ハッシュレート(Hash Rate)は、ビットコインのマイニング(採掘)速度を示した数値です。 簡単に言うと、ビットコインのマイニングがどれくらい簡単かを示した数値です。 一般的に、マイナー マイニングを行う人 が増えるほど、ネットワーク全体の計算量も上がり、ブロックの生成時間も速くなります。 ビットコインでは1ブロックの生成時間が平均して 10分に1回になるように、 2週間に1度、あらかじめ組み込まれているアルゴリズムに基づき調整・変更されています。 BLOCKCHAIN社が提供するグラフを見れば、ビットコインの採掘難易度を過去チャート推移で確認することができます。 過去一年の難易度推移 また、次回の難易度調整の日にち、予想変動率を調べるには、「」サイトで確認できます。 採掘難易度上昇によるセキュリティ強化 ネットワーク計算力の過半数 51%以上 を占めることで行われる 51%攻撃という、偽のチェーンを生成する不正行為を防ぐことができます。 採掘難易度の上昇によってビットコインのセキュリティ面がより強固になるメリットがあるので、将来的にも難易度は上昇していく見込みです。 急激な上昇はリスクを生む ただ、ビットコインの採掘難易度が大きく上昇してしまうと、より高性能なマイニングマシンが用意できない中小マイナーはマイニング競争で勝てなくなってしまいハッシュレートが減ってしまいます。 寡占もおきる ビットコインのハッシュレートが減ると、送金遅延などが起こりやすくなる可能性が高まります。 そのため、難易度調整は急激には起こらず緩やかな推移になります。 マイニング ブロック生成 速度は 10分に一回になるよう調整されている。 難易度調整は 2週間に一度行われる。 ビットコインの損益分岐点とは ビットコインの損益分岐点というのは、いわば、 ビットコインの採掘原価です。 損益分岐点を下回ってしまうとマイナーは赤字となるのでマイニングの停止・廃業に陥ってしまいます。 先にも述べたように、マイナーが減ると ハッシュレートが下がると 51%攻撃を受けやすくなりセキュリティリスクが高まります。 なので、 マイナーや ビットコイン開発者たちは損益分岐点を割るような値動きにはしないよう価格を保つ操縦をするはずです。 ビットコイン損益分岐点の調べ方 損益分岐点は常に変化しており、使用しているマイニング機器の性能、稼働している地域の電気代など 中国四川省、内モンゴル新疆ウイグル自治区などは安い によっても違うので、明確な値の算出は難しいのですが、さんが開発した神インジ「」を使えば、TradingViewチャートにおおよその損益分岐点を表示してチェックすることができます。 これは便利…。 にすれば保存できるインジが増えます BTC価格と難易度のチャート比較 この2018年末に難易度が下がった背景には、マイナーの採掘損益分岐点を割ってしまったことにより、採算が取れず休業に追い込まれるマイナーが続出した結果だと言われています。 上の画像のチャート比較を見てもらえばわかる通り、BTC価格と難易度調整には大した相関はないように見えます。 ビットコイン価格の値動きに合わせて、難易度がそれについていく、というような関係であると思います。 つまり、 難易度調整によって恣意的に価格が操作されていることはない、ということが推測できます。 ただ、完全な相関ではないですが、基本的に 難易度と価格は同じ方向に動くことが多いです。 つまり以下のような関係です。 難易度と価格の関係 難易度上昇 採掘コストが上がるので、ビットコイン価格は上昇。 難易度低下 採掘コストが下がるので、ビットコイン価格は下落 してもマイナーは耐えられる。 半減期とハッシュレートの関係から値動きを予測 今まで半減期は2012年、2016年、2020年で実施されました。 半減期とは1ブロック生成辺りのマイニング報酬が半減するというプログラムに組み込まれたものです。 つまり半減期の前にマイナーはより多くの採掘をしたいと考えるので、ハッシュレート採掘難易度が上昇する傾向にあります。 採掘難易度が上がるということはビットコインの原価も上がるということなので、価格も上がりやすくなります。 ビットコイン難易度調整が相場に影響した時の例。 半減期前後(2012年、2016年、2020年)のハッシュレートの増加率を比較した画像を見てもわかる通り、半減期周辺ではハッシュレートが上がっていることが確認できます。 Bitcoin Difficulty Ribbon Bitcoin Difficulty Ribbonは、ビットコインの値動きに対するマイナーの売却圧力の影響について可視化しています。 リボンはビットコインネットワークの難易度の単純移動平均で構成されているので、難易度の変化率を簡単に確認できます。 採掘難易度が上昇すると、資金力のない弱小マイナーは操業を続けるためにビットコインを売却していくことになりますが、体力のあるマイナーは比較的売却しなくともマイニングを継続できます。 つまりBTCの採掘難易度の上昇は、売り圧力の低下と価格上昇の余地を広げることに繋がります。 Bitcoin Difficulty Ribbonで重要なポイントは、リボンが圧縮されるゾーンです。 このリボンが圧縮されるか下落時反転した場合は底がかなり近いので最適な買い場とみることが出来ます。

次の

ビットコイン採掘難易度が史上2番目の下落、その影響とは?

ビットコイン 採掘

そもそもBitcoin(ビットコイン)って? 皆さん、そもそも、Bitcoin(以下ビットコイン)というものがどういったものなのかをご存知でしょうか。 ビットコインとは、仮想通貨の一つの種類の名前です。 私たちが日常的に使っている通貨にも、円やドル、ユーロのように様々な種類がありますが、このビットコインも、仮想通貨の一つの種類になります。 仮想通貨ってなに? では、仮想通貨とはどのようなものかイメージがつきますでしょうか。 これらは、円やドルと交換することで、ゲーム内のアイテムに交換することができます。 ゲーム上で使える「仮想」の「通貨」ということになります。 仮想通貨としてのビットコインの特徴 それでは、これらのオンラインゲーム上の仮想通貨とビットコインはどのような違いがあるのでしょうか。 オンラインゲーム上で使用することのできる通貨は、あくまでそのゲームの中でのみ利用可能なものです。 基本的には、それらのゲームを運営している会社が利益を上げるために作られたものです。 一方、ビットコインはその目的が大きく異なります。 ビットコインは、円やドル、ユーロなどと同じく、世界中で日常的にビットコインで様々な商品の購入や支払いができるようになることを目的として作られています。 先日、日本でも が利用できるようになったり、リクルートライフスタイルの運営している でビットコイン決済が利用できるようになることが発表されました。 このように、ビットコインは単なる1ゲーム内の仮想通貨ではなく、世界中での利用を目的として作られた通貨なのです。 ビットコインを手に入れる方法とは? 続いて、本題に入っていきましょう。 ビットコインを手に入れる方法には、主に2つの種類があります。 ビットコイン採掘(マイニング)とは? ビットコインは、その性質上、全ての取引記録を取引台帳に記録をします。 それらの処理には、非常に莫大な計算量が必要になります。 そのためビットコインでは、これらの追記作業に、世界の各地に存在する有志のコンピュータリソースを借りています。 どういうことかというと、コンピュータを使っていない時間や、余っているCPUのリソースの一部を、ビットコインの運営に必要な計算に当ててもらっているのです。 この作業のために、コンピュータリソースを貸してくれたユーザーに対して、見返りとしてビットコインが支払われます。 これが、ビットコインマイニングと呼ばれる、ビットコインを手に入れるための方法の1つです。 実際にビットコインマイニングをやってみよう それでは、実際にビットコインマイニングを行ってみましょう。 今回は、初心者にもおすすめのマイニングツール「MINER GATE」を使ってビットコインのマイニングを行ってみましょう。 MINER GATEをダウンロードする まずは、下記の公式サイトからMINER GATEをダウンロードしましょう。 MINER GATE(URL: ) MINER GATEでアカウントを作成する MINER GATEのダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを開き、インストールを行います。 インストールが完了したら、続いてアカウント登録を行いましょう。 こちらのアカウント登録が完了すれば、必要な作業はほぼ終わりです。 MINER GATEでビットコインを採掘する 実は、このMINER GATEではビットコイン以外にも様々な仮想通貨を採掘することができます。 登録完了時に自動で選ばれている「SMART MINER」では、そのときに最も効率の良い仮想通貨を自動的に発掘してくれます。 今回はビットコインを採掘したいので、「MINER」を選び、ビットコインを選択してみましょう。 これで必要な作業は全て終了です。 実際にビットコイン採掘で利益は出せるのか計算してみた 今回ご紹介した、このビットコイン採掘ですが、実際に利益を出すことはできるのでしょうか。 今回使用した一般的なノートパソコンを利用すると、 24時間あたり、 0. 00002BTC(現在のレートで約2. 4円)のビットコインを採掘することができました。 一見、「無料でビットコイン手に入れることができる!」と思いがちなのですが、実はそうではありません。 ビットコイン採掘のためには、マイニングに使うパソコンを起動させておくための電力(電気代)が必要になります。 ディスプレイがオンの状態でノートパソコンを起動させておき、マイニングの処理を走らせている状態では、おおよそ5. 5Wの電気使用量となります。 92円かかります。 92円の赤字 となるため、この状態では掘れども掘れども電力(電気代)のほうが多くかかり、損をしてしまうことになります。 今回のケースはあくまで普段使っているノートパソコンでビットコインの採掘をおこなったらどうなるのか?という実験でしたが、ビットコインマイニング専用にチューニングしたハイスペックマシンを使用すれば、電気代などのコストを上回る量のビットコインを採掘できる場合もあります。 今回の実験でお分かりいただけたように、ビットコインマイニング専用でないパソコンを用いて、ビットコインマイニングを行い、利益を出すというのは現実的ではありません。 では、仮想通貨の採掘では、もう利益を上げることはできないのでしょうか。 クラウドマイニング(プールマイニング)という方法 現在は、ビットコインのdifficulty 採掘難易度 が非常に高くなっているため、専用のハイスペックマシンを用意しないと利益を上げることが難しくなっているのは前述のとおりです。 しかし、このビットコインマイニング専用マシンを構築するためには、数百万円レベルでの投資が必要になります。 そのため、現在では、「クラウドマイニング(プールマイニング)」と呼ばれる、多くのユーザで協力しあい、複数のコンピュータをインターネットによって接続し、採掘する方法も登場しています。 アルトコインの採掘を行う ビットコインはその存在が有名になり、マイニングを行う採掘者(マイナー)も増えたことから、利益を出すことが難しくなっていますが、アルトコインと呼ばれる、Bitcoin以外の仮想通貨の採掘であれば、まだ利益を出すことも十分に可能です。 ただし、注意していただきたいのが、アルトコインは、ビットコインよりも知名度が低く、その分流通量も少ないため、突然使えなくなる、価値がゼロになってしまうというリスクもあるという点です。 こうしたリスクも考慮した上でアルトコインのマイニングを行い、採掘したアルトコインをビットコインと交換することで、マイニングによる利益を上げることも可能となっています。 日本は、世界の中で見ても、非常に電気代が高いため、ビットコイン採掘、アルトコイン採掘を始める際には、事前に必ず採算性をよく検討してはじめることをおすすめします。 SMART MINERでアルトコイン発掘をしてみた せっかくですので、さきほどご紹介したMINER GATEのSMART MINERという機能を使って、アルトコインの発掘を行ってみました。 先程と同様に、利益が出るのか計算してみましょう。 今回は、FantomCoinというアルトコインの採掘を行います。 先程と同様に、利益が出るのかどうかを計算してみました。 110. 61円の黒字 今回のSMART MINERによる発掘では、わずかではありますが、 非力なノートパソコンでも1ヶ月あたり3. 61円ほど利益が出ることがわかりました。 まとめ 2017年に入り、何かと話題のビットコインですが、普通のパソコンと電力を使ってマイニングで利益を上げても、ほとんど儲からない事が分かりました。 しかし、クラウドマイニングと呼ばれる方法や、アルトコインの発掘など、仮想通貨のマイニングで利益を上げることができるような方法は、まだまだ残されています。 ビットコイン採掘に興味をお持ちの方は、一度こうした方法も試されてみてはいかがでしょうか。 法定通貨と違って紙幣や通過は存在せず、取引手数料を低く抑えて個人間で直接送金ができる上に、パソコンやスマホで物の売買も可能です。 パソコンを持っている人ならば誰でもminerという無料アプリを使ってビットコインを採掘(マイニング)することが可能で、ビットコイン採掘USBのASICを使えばより効率的に採掘活動を行えると言われています。 インドネシアのように欧米と比べて電力が10分の1程度の開発途上国では、ASICを24時間フル稼働して1日あたり11,000円を生み出す凄腕マイナーが登場したものの、日本は電力が高いため、黒字を維持するのは相当難しいという結果が出ています。 1日あたりの利益100円を見込んでRockminerというASICを9,500円で購入した日本在住の男性は、35円しか出せずに3ヵ月で赤字転落してしまいました。 本気で利益を出したいなら、電力が日本の3分の1程度で済むアメリカや韓国が狙い目です。 iphoneやandroid等のスマホで採掘できるアプリってあるの? ビットコインはパソコンだけでなくiphoneやandroid等のスマホでも、専用アプリをインストールすれば採掘ができます。 ただし、無料マイニングアプリを使うとユーザーが知らぬ間に採掘が実行されて、スマホ端末が熱を持ったり、バッテリーが大幅に減少する原因になりますので注意してください。 Google Playストアで人気のスマホ用無料マイニングアプリはMycelium Wallet、Bitcoin Billionaire、Bitcoin Map、Free Bitcoins、Bitcoin Checkout等で4つ星以上の評価を得ています。 モバイル端末上の財布にはペーパーウォレットとハードウェアウォレットがあり、盗難リスクやハッキングの懸念性を考慮すると、パスワードや承認システムで厳重に保護されているハードウェアウォレットがセキュリティに優れていておすすめです。 必ず利用後にバックアップをとってビットコインを紛失しないよう気を付けてください。 ビットコイン採掘ウイルスとは何? 2008年に発表された仮想通過ビットコインは2011年9月頃から世界的に注目を浴びるようになり、ユーザー数を着実に伸ばしている反面、サーバー犯罪のために開発されたビットコイン採掘ウィルスが問題視されています。 2017年にはイギリスの病院がビットコインによる身代金請求の被害に遭いました。 トレンドマイクロの調査によると、国別感染割合のうち日本と米国が各20%を超しており、パソコンやスマホに侵入されないよう注意喚起をしています。 不正なウェブサイトからダウンロードすることで侵入するウィルスに注意してください。 特定のIPアドレスを取得またはアクセスして、情報の受送信、他のマルウェアをダウンロード、新しいIPアドレスリストの取得などを行います。 コンピューターを脅威的なウィルスから守るためには、不審なアプリケーションインストールしない、SNSの短縮URLを安易にクリックしない、セキュリティ製品をインストールする等の工夫をしてください。 FPGAとASICの違いは? ビットコインで採掘をする方法はこれまでに4つ登場しました。 開発当初は参加者が少なかったため、汎用コンピューターのCPUを使ってマイニングを行えば、簡単に報酬を得ることが出来ました。 CPUの後、GPU(Graphics Processing Unit)が利用されるようになり、複雑な計算を同時並行してブロックを作成することが可能になりました。 3番目に開発されたのがFPGA(フィールド プログラマブル ゲート アレイ)というツールです。 GPUよりも効率的にマイニングのための解を探せると一時期人気を呼びました。 しかし、消費電力を抑えてよりスピーディーにブロック採掘ができることから、今現在はASIC(特定アプリケーション向け集積回路)という集積回路を利用したマイニングが主流となっています。 FPGAはFLASH ROMに何度も書き換え可能ですが、ASICはROMなので中身の作り直しが不可能です。 一長一短があるものの、ビットコインに集積回路を使用する場合、消費電力を最適化しやすいASICが人気を呼んでいます。

次の

仮想通貨・ビットコインのマイニング(採掘)で稼ぐ方法

ビットコイン 採掘

難易度調整は、あらかじめ決められた速度で採掘されるように(ビットコインの場合10分に1ブロック)定期的に調整されます。 ビットコインのマイニング(採掘)難易度がわかるサイト、調べ方 まずはビットコインの難易度が確認できるサイトをご紹介します。 ビットコインであれば「」などで採掘難易度が確認できます。 ビットコインだけではなく、マイニングの(採掘)難易度調整がある通貨は 「通貨名(英語) difficulty」と検索すると、検索結果のトップページに出てきます。 ビットコインなら「bitcoin difficulty」ですね。 マイニングの基礎に関しては、上記事をご覧ください。 なぜビットコインは難易度調整が行われるのか? そもそも何の難易度調整かといいますと、マイニング、つまり、 新しいビットコインが採掘される難易度が10分ほどになるように調整するための難易度調整になります。 新しいビットコインが生まれる、すなわち、 ブロックチェーンのブロックが生成される間隔がおよそ10分ということです。 調整をせず予定より早く採掘されてしまうとインフレ等が起こる可能性もあるわけですね。 ビットコインの難易度調整と価格の関係性 ビットコインの価値が上がると、採掘難易度が上昇しやすい傾向が見られます。 なぜなら、ビットコインの価値が上がるとマイニングを行うマイナーが儲かるからです。 そして、競争が激しくなります。 よって、 価格が上がるとライバルが増えて競争が激しくなるために難易度が上がりやすいと覚えると良いでしょう。 逆に暴落すると、儲からないのでライバルが減り、採掘難易度が下がりやすい傾向にあります。 今のビットコイン市場のように人が去っていくわけです。 仮想通貨の価格が下がっても難易度が高くなる理由 このような関係性を書いておきながら、ビットコインの価格が下がっても難易度が上昇し続ける場合があります。 こちらはビットコインの難易度のグラフです。 2018年はビットコインの価格が暴落して下がり続けたにも関わらず、10月頃までは難易度が上昇し続けました。 ・・・何故でしょうか? これは マイニング機材の性能の大幅向上により容易にマイニングができるようになったためです。 性能が上がると、例えば、同じ難易度で以前は10分かかっていても9分ですんだりします。 価格が暴落してライバルが減っても、採掘機材の向上で以前より速く採掘できるようになりました。 よって、難易度も上昇しました。 基本的には、マイニング機材の性能が科学技術の進化によって年々よくなっています。 よって、価格が変わらなくても採掘難易度は上昇する傾向があります。 実際、ビットコインが生まれたときは採掘難易度は1でしたが、2019年4月18日段階では、採掘難易度は当時の約6. 379兆倍になっています。 とんでもないですねw 採掘難易度調整はいつ行われるの?スケジュールについて ビットコインの採掘難易度調整は、約2週間に1度起こります。 難易度の変化は「」で確認できます。 採掘難易度(Difficulty)の変化がわかります。 階段状になっているので難易度が変化した時期がわかりやすいと思います。 確実に2週間に1度の難易度調整にはなっていませんが、約2週間に1度、採掘難易度が変化していることがわかると思います。 ビットコインについて詳しく知りたい方は上記事ををご覧ください。

次の