薬屋のひとりごと 違い。 薬屋のひとりごとはなぜ2つ漫画がある?違いやどっちがいいか調査!

薬屋のひとりごとの見所を少しネタバレ感想。猫猫(マオマオ)と壬氏(ジンシ)の関係性が面白い!小説・コミックの違いは?|ハラスイズム

薬屋のひとりごと 違い

『薬屋のひとりごと』原作、漫画2作の違い、どの順で読むべきかを解説! 舞台は古代中国の宮中。 後宮に勤める下級女官の1人、猫猫(マオマオ)は他の者とはちょっと違うスキルがありました。 それは薬師としての卓越した知識。 後宮には時の皇帝の妃を巡る政争やいさかいが絶えません。 猫猫は専門的な薬学の知識を見事に駆使して、後宮内の不審事件を次々と解決していきます。 原作は「小説家になろう」発のライトノベルですが、コミカライズが2作品出ています。 どう違うのか、どの順に読めばいいのか迷うかたも多いはず。 ということで今回は、コミカライズ2作の違いと、それぞれおすすめの点をご紹介します。 コミカライズ版はそれぞれアプリで無料で読むこともできます! 猫猫(マオマオ)は花街の薬師として働く少女でした。 彼女は薬草を採取するために出かけた際、運悪く人さらいに誘拐され、後宮(皇帝の妃候補が住む宮廷)の下級女官に売られてしまいました。 賢い猫猫は数年間勤め上げれば解放されることを承知していたので、できるだけ問題を起こさないように能力を隠し、あまり人と関わらずひっそり働いていました。 そんなある時、猫猫は上級妃(皇后にもっとも近い皇帝の妃)と皇子が衰弱しているという異変を耳にします。 後宮に売られてから数ヶ月、目立たないよう雑用に徹していた彼女でしたが、つい持ち前の好奇心に負けて様子を見にいってしまいます。 そして薬師の知識と経験を動員して異変の原因を突き止め、問題を解決してしまうのでした。 猫猫は玉葉(ギョクヨウ)妃と皇子を見事救いました。 バレないようこっそり助言したのですが、美形の宦官(去勢された文官)として有名な壬氏(ジンシ)が誰の仕業かを見抜きます。 かくして壬氏の推薦と、皇子の恩人に報いたいという玉葉妃の願いもあって、猫猫は上級妃付きの侍女に抜擢。 異例の大出世と言えますが、この出来事から猫猫の事件だらけの後宮生活が始まるのでした。 本作は古代中国をモデルとしたミステリー風ファンタジーです。 作者の日向夏が「小説家になろう」で本作を発表した後、ライトノベル版が2014年に出版されました。 今回ご紹介する漫画は、ねこクラゲ・作画、七緒一綺・構成のビッグガンガン版と、倉田三ノ路・作画、しのとうこ・キャラクター原案のサンデーGX版の2つです。 ビッグガンガン版は2017年9月、サンデーGX版は2018年2月にそれぞれ1巻が発売されています。 どちらも原作ライトノベルをベースにしているので基本的には変わりありませんが、劇中で起こる事件や人物の描写、ストーリー構成などに違いがあります。 どちらも原作のアレンジとして素晴らしい作品となっていますが、未読の方向けに2作品にどういった違いがあるのか、どんなところが魅力なのかを中心にご紹介していきましょう。 『薬屋のひとりごと』それぞれの違い:作画はどう違う? 本作シリーズは原作ライトノベル、コミカライズ2作品ともに異なる魅力の詰まった作品です。 同じ話でも見る角度が変わるので、新鮮な気持ちで楽しめたり、新しい発見をすることもあります。 『薬屋のひとりごと』を隅から隅まで味わうのであれば、まず原作ライトノベルから入って、サンデーGX版でビジュアル化された物語の骨子を掴み、ビッグガンガン版であらためて奥深い世界観を楽しむという順番がよいでしょう。 あくまで個人的なおすすめの順番ですが、ご参考ください。 どの作品も素晴らしいので、可能なら全部読むことをおすすめしますが、時間なども限られているのでなかなかそうもいかないでしょう。 次にどうしても1作に絞りたいという方に向けて、作品それぞれの魅力とあわせて、どんな風におすすめなのかをご紹介していきます。 まず何はなくとも原作です。 原作はライトノベルなので普段小説を読まない方にはとっつきにくいかもしれませんが、物語という点ではもっとも濃いです。 文字媒体による情報の提示と整理のおかげで、ミステリーとしての面白さが1番色濃く出ています。 あれこれ想像しながら読むのが好きな人におすすめです。 ビッグガンガン版はキャラクターの詳細な描写が魅力なので、感情移入しながら『薬屋のひとりごと』の世界観を存分に楽しむことができます。 緩急のあるストーリー構成が非常に読みやすいので、ファンタジーが好きで難解なミステリーが苦手という方にもおすすめです。 作画が可愛らしいアニメ寄りのため、本作のラブコメ要素をもっとも楽しめるというのも特徴として挙げられます。 サンデーGX版は原作を補完しつつスピーディに進むので、物語を流れで追いたいという方にぴったりです。 話が早くて常に新しい事件や展開が巻き起こるので、読んでいて飽きることもありません。 どうしても1作だけで済ませたいという方にも全体像がつかみやすく、おすすめです。 まとめるとミステリーを楽しみたい方は原作ライトノベルで、感情移入できる物語とラブコメが好きな方にはビッグガンガン版、とにかく飽きずにストーリーを追いたいという方にはサンデーGX版がそれぞれおすすめです。

次の

薬屋のひとりごとは面白い?コミックとの違いやかわいいキャラも紹介

薬屋のひとりごと 違い

小説「薬屋のひとりごと」8巻・9巻のあらすじのネタバレ 「薬屋のひとりごと」最新刊10巻の発売日前に復習として8巻・9巻のあらすじやネタバレを少し紹介します! 「薬屋のひとりごと」8巻のあらすじやネタバレ 季節は風の冷たさが感じられるようになった頃。 猫猫は目の前に置かれたたくさんの書物に頭を悩ませていた。 すべて同じ本。 作者は漢羅漢。 この状態は非常に面倒だった。 変人軍師の仕業であろうことは猫猫にはわかりきっている。 さらに宿舎の管理をしている小母から文を手渡され、目を通すと、 碁の本をたくさん作ったので猫猫にもあげる、という内容が書かれていた。 姚が寄りかかるほどに積み上げられた本の数々。 決して作るのは安くない本、印刷ではあるがこれほど用意できたことは素直に関心する。 燃やすわけにもいかず、猫猫は本をめくる。 興味深そうにこちらを見ていた燕燕にも一冊手渡す。 内容は軍師らしくかなり出来がいいらしい。 猫猫は碁や将棋の遊び方を知っている程度なのでいまいちよくわからない。 「いる?」 猫猫が尋ねると燕燕は銀一枚までなら出せると答えた。 銀一枚は食費半月分にも相当する。 しかし姚はそれを安いと言ってのけた。 少し金銭感覚がずれている。 それに対し燕燕は銀一枚では安いと思いつつ、猫猫に友人割の適用だと語る。 猫猫は友人関係だったのかと少し驚きつつ、そう思っているのなら同僚ではなく友人であると認識を改めようと考えた。 それを見ていた姚も「私は?」と聞く。 しかし燕燕は「私にとってかけがえのないお嬢様です!」と胸を張って答えた。 一瞬で不機嫌になる姚。 その態度に燕燕も戸惑っている。 猫猫は燕燕にこの本をあげるから、碁が好きそうな者を教えて欲しいと頼む。 医官たちが休日に打っているとの情報を聞き、しめたと考える。 猫猫は碁打ちが誰なのかを聞く。 すると燕燕は銀一枚を取り出し、「お代です」と支払おうとした。 「いや、いらないけど」 猫猫が答えると、燕燕は「私にも一枚かませてください」と抜け目ないことを言う。 仕方ない、と猫猫は目で返事。 そのやりとりを見ていた姚はあからさまに不機嫌で燕燕に夕食の催促をはじめた。 急いで部屋を飛び出していった燕燕をよそに、姚は猫猫に明日暇かと尋ねる。 どうやら薬を買いに行きたいらしく、その筋に詳しい猫猫について来て欲しいようだ。 言いながら姚は頬を撫でている。 そこには黄疸ができていた。 察した猫猫は化粧品も買いましょうと提案。 花街の妓女御用達の品を扱う店がある。 そこならば青あざも隠せる代物があるはず。 かくして猫猫は姚たちの買い物に付き合うことになる。 「薬屋のひとりごと」9巻のあらすじやネタバレ 猫猫の悪夢は続いていた。 壬氏に横抱きにされたまま寝台のある部屋まで連れてこられた猫猫。 壬氏に対して心臓が高鳴ると同時に薬師として壬氏の傷が気になる猫猫。 猫猫が頭の中で火傷に効く薬について思考を巡らせている中、彼女を下ろす壬氏。 寝台に横になりながら、辛そうな表情を浮かべる壬氏。 そんな壬氏に対して、「痛いのか」と尋ねる猫猫。 猫猫の問い掛けに対して「痛いな」と答えた壬氏だったが、猫猫には壬氏を苦しめている「痛み」が火傷では無いことに気づいていた。 「後悔してないか」と壬氏に尋ねる猫猫。 壬氏は寝台に額をつけたまま静かに涙を流すのであった。 壬氏と語り合いながら、火傷の手当に必要な道具や薬を探して部屋の中を漁る猫猫。 そんな猫猫に「何の後悔だ?」と先程の自分に対する猫猫の問い掛けについて尋ねる壬氏。 壬氏の問い掛けに対して、「壬氏は主上を悲しませるつもりはなかったのだろう?」と答えた猫猫は壬氏が心を痛めているのは、あの時の主上の悲しそうな目を見たからだと悟る猫猫。 猫猫は予想を確信に変える為の根拠として客観的ではなく、人間の感情から見つけ出そうとしている自分を「養父に怒られる」と頭の中で戒めながらも、あの時の壬氏の決断に対する主上の悲しみに満ちた眼差しと玉葉后の前で感情を押し殺した様子の態度から「壬氏が現皇帝の長子である」という妄想が確信へと変わり、決して口に出してはいけない秘密である壬氏と主上、そして阿多の関係が過ぎる。 どんどん知らなくてもいい事を知ってしまうと自分に呆れる猫猫。 横目で少し落ち着いた様子の壬氏を確認した猫猫は、火傷の手当に必要な材料を探しに部屋から出ていこうとする。 しかし、猫猫は即座に壬氏に手首を掴まれしまい…。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊(10巻)の発売日 小説「薬屋のひとりごと」は日向夏による小説作品です。 2011年10月に小説投稿サイトの『小説家になろう』で連載を開始。 2012年にはRayBooksのレーベルから単行本化。 さらにヒーロー文庫より新装刊されています。 小説「薬屋のひとりごと」は現在最新刊は9巻まで発売されています。 そこで最新刊の発売日周期を調べてみたところ、小説「薬屋のひとりごと」はこのような結果でした。 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊発売日周期 1巻:2014年8月29日:後宮編 2巻:2015年1月31日:宮廷編1 3巻:2015年6月29日:宮廷編2 4巻:2015年9月30日:宮廷編3 5巻:2016年4月30日:市井編1 6巻:2016年11月30日:市井編2 7巻:2018年2月28日:砂欧編 8巻:2019年2月28日:壬氏編 9巻:2020年2月28日 小説「薬屋のひとりごと」は2014年に刊行されて以降、2016年までは最短3ヶ月、最長7ヶ月のペースでした。 しかし7巻は1年3ヶ月、8巻と9巻の間はまる1年ほど空いています。 これまでの最新刊の発売ペースから鑑みるに2020年内に最新刊10巻が出る可能性は低いと考えられます。 なので… 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻の発売日は2021年2月26日と予想されます! あくまでこれまでの最新刊の発売日周期からの予測なので、実際の「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻が2020年内に出る可能性もあります。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊10巻のあらすじ 「薬屋のひとりごと」最新刊10巻のあらすじですが、現在読む方法はありませんでした。 ですが発売日近くになればAmazonにて、あらすじは掲載されると思いますのでもう少し待たなければいけませんね。 【U-NEXTのサービス内容】• 月額1990円(税別)が31日間無料!• 登録時に600P付与!無料期間後は毎月1200P付与!• 雑誌読み放題サービス付き!• アニメや動画見放題サービス付き!• 付与される1200P以上の漫画購入費用は40%ポイントバック! 『U-NEXT』のサイトで月額1990円(税抜き)の課金をすれば人気動画が見放題&1200円分のポイントがチャージされ、お好きな漫画を購入することができます。 初回のみ、無料トライアルを受けることができて、さらに600ポイント貰えるのでお好きな漫画作品を1巻無料で読むことも可能です。 「薬屋のひとりごと」は各巻638〜715 円で販売されているのでポイントに38〜115円足すことで1巻分を無料で読むことができます! 「薬屋のひとりごと」コミカライズ作品やスピンオフ作品の「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」も各巻605~660円で購入可能です。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊10巻の発売日の予想ですが、これまでの最新刊発売日から考えて 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻の発売日は2021年2月26日が濃厚なのかなと思ってます。 電子書籍で「薬屋のひとりごと」」シリーズを集めるならスピンオフまで揃って、お得なサービスがある『U-NEXT』がおすすめです。 ぜひこれを機にチェックしてみてはいかがでしょうか?.

次の

【薬屋のひとりごと】2種類のコミックの違いは?どっちを読むべき?│アニドラ何でもブログ

薬屋のひとりごと 違い

漫画『薬屋のひとりごと』はサンデーGX版とビッグガンガン版の2種類ある。 その違いは? 2種類ある漫画版の『薬屋のひとりごと』。 2つの違いは「掲載誌・出版元が違う」、「作者が違う」などが大きなものになります。 内容はいずれも原作準拠で、基本的には「 どんな事件が起きてどう解決するか」という内容に違いはありません。 ただし片方で省略した内容がもう片方で掲載されることもあったりで、2種類をまとめると完全になるといった感じです。 まぁ作者が違えば話の流れや作画も変わるわけですが、それぞれの特徴やもう少し細かな違いをまとめてみます。 出版社は小学館、作画は倉田三ノ路、連載開始は2017年9月号(8月19日発売)より。 サンデー版には以下の特徴があります。 分かりやすい 内容はカジュアルで表現が簡単、話が分かりやすくサクサク進む(ビックガンガンよりも進みが早い) 原作に忠実かつ原作で分かりにくかった部分も丁寧に作られています。 どちらかと言うとストーリー重視 より原作準拠のストーリーになっています。 作画はスッキリな感じ 内容重視だからか、キャラデザインはスッキリした感じで現代風(?)のアニメキャラという感じではないです。 歴史系漫画にありそうな感じと言えばいいのかな? 少女マンガ系とは言いづらい感じ。 作画の方は中国ものの絵を描いていたこともあって、話の内容に合う絵柄で雰囲気は良いと思います。 ビッグガンガン版の特徴 月刊ビッグガンガン版は「薬屋のひとりごと」というタイトルになります。 出版社はスクウェア・エニックス、作画はねこくらげ。 連載開始は2017年No. 6(5月25日発売)より。 ビッグガンガン版には以下の特徴があります。 漫画として読みやすい 内容は原作であるラノベに忠実、想像をさせる表現が多くてもしかしたら分かりにくい部分があるかもしれません。 それでもコミカルで漫画として読みやすいと思います。 またGX版よりも進みが少々遅いです。 カットされている内容がある 原作に忠実ではありますが、内容がカットされてたり 改変されていたりすることがあります。 無理やり辻褄合わせてる感じがあって、 真相が曖昧で分かりづらい部分もある。 後々のストーリーに関わるようなシーンでも、サンデー版では掲載されているのにガンガン版ではなかったりします。 「今後どう話を進めるつもりだろう?」と心配になることも…。 どちらかと言うと作画重視 作画は綺麗系かつかわいい系。 こっちの方はアニメっぽい?デフォルメキャラっぽい絵柄になっています。 キャラだけでなく背景など細かい点までしっかり描かれている点も魅力的で、中華風の雰囲気もよく出てると思います。 なぜ2種類になったの? 漫画が2種類ある理由ですが…、 『公式で理由が発表されておらず正式なことは分からない』というのが実際のところです。 小説がコミカライズされるパターンなら普通に見かけますよね。 これは『漫画は読むけど小説は読まない』という層へのプロモーションとしてよくある展開です。 原作の小説の売れ行きが予想以上に良く、小説を読まない層にも作品を知ってもらうためでもあるかもしれません。 でも同じ漫画が2つの出版社で作成されるのは単なる偶然だと思います。 『薬屋のひとりごと』読むのならどっち? 2つの『薬屋のひとりごと』にはそれぞれで特徴がありますが、結局どっちの漫画が良いの?ってなりますよね。 ここでもう一度それぞれの特徴をまとめます。 サンデー版 イラスト重視。 可愛らしいキャラ 背景など細かい部分の描写も丁寧 話の流れはゆっくり カット部分があり分かりにくいかも じっくり楽しみたい人におすすめ。 カバー裏もお見逃しなく! — ヒーロー文庫編集部 herobunko どっちがおすすめかは人によるので何とも言えませんが、 内容重視ならサンデー版、作画重視ならガンガン版が良いでしょう! ちなみにどっちか好きな方を選べと言われると、個人的には絵がかわいいガンガン版が好きかなと。 でも 内容的には2種類が補完し合ってる感じです。 だから2種類を両方とも読んでみるのは全然ありだと思う。 とは言え、 もし両方読む場合は「こうしたらいいよ!」っていうアドバイスがあります! それは『最初サンデー版を読んでからビックガンガン版を読む』ということ! なんで?? 次から理由を説明します! 最初はサンデー版、次にビックガンガン版を読むのがおすすめな理由 知人に薦められた薬屋のひとりごとコミカライズ。 なるほど、面白い。 なのでまずは原作に忠実でスラスラと読みやすいサンデー版を、後に作画が魅力的なビックガンガン版を読むのがおすすめです。 その理由は、 読む順番が逆だと違和感が大きくなる可能性が高いからです。 サンデー版は読みやすくて話の内容や推理の流れも分かりやすい。 後々「 あの伏線どうだったっけ」などと読み返す時にも便利です。 順番が逆だと読むのがしんどくなるかも? 内容重視で大人びたキャラが動くサンデー版はドラマ的な役割、表情豊かでかわいいキャラが動くビックガンガン版はアニメ的な役割なんじゃないかな?なんて思ってます。 でも結局は 2種類とも読むのがおすすめ! 理由は内容的に2つは補完し合っていて、『ふたつ揃って初めてひとつになる』からです。 例えば『壬氏が変装して出掛けた後』の場面、サンデー版では会った相手が描かれていますが、 ビックガンガン版では描かれていません。 また浩然と壬氏の回想シーンがあったりなかったりします。 より深くストーリーに入り込みたいなら、どっちか片方ではなく両方読みがおすすめです! 薬屋のひとりごとを格安で読めるサイトは? 『薬屋のひとりごと』が無料で読めるサイトを探してませんか? でも残念ながら1冊だけ完全無料で読む方法は存在しません。 ただし利用するサイトによっては買い方次第で複数冊を『格安』もしくは『実質無料』にすることが可能です。 それが可能なサイトはこちら。

次の