右 脇腹 痛み チクチク。 【50代女性】右脇腹がズキズキ痛い。あばら骨の直下あたり。何だろう???

肋間神経痛 (ろっかんしんけいつう)

右 脇腹 痛み チクチク

まず一つめに考えられる原因が、筋肉痛です。 右脇腹は日常的にあまり負担のかからない部位ですので、少し負担が加わっただけでも筋肉痛が起こる可能性が高い部位です。 筋肉痛は、筋繊維が断裂して炎症が起きているために痛みが発生している状態ですが、あまり負担がかからないように安静にしておくと、徐々に痛みも引いてくるため、この場合のチクチクした痛みはあまり心配することはないでしょう。 また、便秘が原因で右脇腹がチクチク痛む場合もあります。 意外だと思われる方が多いかもしれませんが、実は便秘と右脇腹の痛みには関連性があるのです。 便秘になると、腸の中に溜まった便の腐敗が進み、それによってガスが発生します。 ガスが腸の中で充満していき徐々に腹部を圧迫し始めるのです。 そうなった場合は初期症状として腹痛が起きます。 そしてガスが小腸の方まで充満してしまうと、右の脇腹に痛みが発生してしまうのです。 便秘は女性の方がなりやすく、食生活の偏りやストレス、生理、無理なダイエットなどが原因で発生してしまいます。 この中でもストレスを抱えていたり、無理なダイエットを行っている女性が便秘になりやすいですので、当てはまる項目のある方は改善するようにしましょう。 また、右脇腹がチクチク痛む一番警戒するべき原因としては、内臓系疾患が考えられます。 具体的には、肝臓、胆嚢、腎臓、大腸、盲腸といった脇腹周辺の内蔵が挙げられます。 これらの内臓の病気が原因で痛みが発生している場合は、自分で治すのが困難の場合もあり、早期に対処した方が良い場合が多くあります。 出典:kirameki-monzen. jp 原因が単なる筋肉痛にある場合は、さほど心配せずに、とにかく安静にしていれば回復へ向かいます。 便秘についても、不規則な食生活を改善したり、食物繊維を多く摂取したりといった対処法が有効です。 一番問題となるのは、脇腹付近にある内臓系の疾患です。 例えばその一つに胆石症があります。 原因としては、食生活の偏りや肥満化、ストレスなどがありますから、脂肪分が多い食事を控えるなどの対策が有効です。 胆石症の治療方法としてレーザー治療や手術などがありますが、症状が軽い場合は、石を溶かす溶解療法で半年〜1年かけて治療することが多くあります。 症状が悪化する前に病院へ行って治療した方が治りが早くなりますので、激しい痛みを食後に感じている人は、早期に病院へ行きましょう。 また、原因が腹膜炎にある場合、細菌を除去するための抗菌薬を用います。 しかし、他の病気の合併症が原因の場合は、根本となる病気を治療することが優先となります。 どちらにせよ、病院へ行っての治療になりますので、症状が悪化する前に治療を受けるようにしましょう。 また、尿路結石が原因疾患の場合は、排尿回数を増やしたり、清涼飲料水やコーヒー、アルコール類の過剰な摂取は控えて、麦茶やほうじ茶、ミネラルウォーターなどを多めに飲むようにするとよいです。 尿路結石になった場合は、泌尿器科を受診することになります。 症状が軽い場合は、自然に治す「自然排石」での治療になりますが、結石が大きくなっている場合は手術を行うこともありますので早期発見、早期対策が重要です。 また、がんが原因疾患の場合は、大腸がん、肝臓がん、腎臓がんが考えられますが、この中でも大腸がんの占める割合は大きいです。 腹部に違和感を感じるなどの症状がありますが、自覚症状のないままがんが進行する人も少なくありません。 肝臓がんである場合は、脇腹の痛み以外の症状として、発熱や貧血などの症状が現れることがあります。 また、腎臓がんの場合は、血尿や腫瘍といった症状が現れることがあります。 なかなか早期に気づくことが出来ない場合もありますが、発見が遅れてしまうと他の部位に転移してしまい取り返しのつかない状態になってしまうケースもあります。 軽い症状であっても、脇腹の痛みや違和感がある場合は早期に専門の医療機関を受診するようにしましょう。 出典:soukai. com.

次の

脇腹が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

右 脇腹 痛み チクチク

記事内目次• 右の脇腹の痛みの原因はなに? 画像引用元 右の脇腹の痛みの原因はいくつかあります。 特徴がそれぞれ異なりますので、痛みの感じや特徴から自分の脇腹の痛みの原因を考えてみましょう。 早めに対処することが重要です。 筋肉痛 画像引用元 これはよくあることですが、普段あまり使わない脇腹の筋肉を急に使うと筋肉痛になることがあります。 筋繊維が断裂して炎症を起こしているため、しばらく安静にしておけば問題なく完治するでしょう。 急激な運動や重い荷物を持った場合には筋肉痛が考えられます。 便秘 画像引用元 女性に多い症状ですが、便秘になることで右脇腹の痛みを感じることがあります。 腸の中で便が滞り、溜まった老廃物がガスを発生させて腸がパンパンになります。 それが続くと腹部が圧迫されていき、小腸まで充満することで右脇腹の痛みとして出ることがあります。 無理なダイエットや不規則な食習慣を続けている方はこの症状が出やすいので注意が必要です。 食物繊維や発酵食品を摂ることで便を促しましょう。 胆石症 画像引用元 胆嚢や胆管に石ができてしまう病気になります。 初期症状として右脇腹や背中に痛みが生じ、そこから発熱をすることがあります。 痛みとしては激しい部類になり、特に食後の痛みが強くなる傾向があります。 画像引用元 石ができる原因としては、肥満・バランスの偏った食生活・ストレスが考えられますので、これらに心当たりがある方は一度検査をしてみましょう。 症状が悪化すると完治まで時間がかかりますので、なるべく早い段階で病気を見つけましょう。 尿路結石 画像引用元 痛みが激しいことで有名な病気ですが、この尿路結石になってしまうと脇腹や下腹部に痛みが生じます。 悶絶するほどの激しい痛みが出ることが多く、吐血や血尿などの症状が出ることもあります。 症状が軽い段階で気づくことができれば自然排石での治療をすることができますが、結石が大きくなっていき症状が重症化してしまうと手術を行うこともあるようです。 水分不足や暴飲暴食を続けるとこの病気になりやすいので、普段の生活習慣を正すことが大切です。 虫垂炎 画像引用元 盲腸と呼ばれることでも有名な病気ですが、症状として右下の下腹部に痛みが出ることがあります。 痛みが移動していきますので、脇腹やみぞおちに痛みを感じることも多いです。 激しい痛みというよりも、鈍痛の場合がほとんどです。 これは自分で完治させることは難しいので、痛みを感じたらすぐに病院で調べてもらいましょう。 腹膜炎 画像引用元 腹膜が細菌に感染してしまうことで起こる炎症になります。 痛みとしては、ズキズキした感覚になります。 スポンサードリンク 時間とともに痛みの場所が広がっていき、腹痛だけでなく発熱や悪寒、嘔吐などの症状が出ることもありますので早めに対処することが大切です。 重症化すると命に関わるケースもあるようですので、痛みがひどくなってきた場合はすぐに病院へ行きましょう。 十二指腸潰瘍 画像引用元 主に遺産が出過ぎることで起こる病気の十二指腸潰瘍は、右のみぞおちや右脇腹に痛みが出ることが多いです。 症状の特徴としては『空腹時』に痛みが出ることが多いです。 胃潰瘍に関しては食後に痛みを感じることが多いため、食事のタイミングによって症状を判別することができます。 細菌よく聞く病気ですが、ピロリ菌やストレスが原因で起こることがありますので、もし痛みを感じた場合は病院でピロリ菌検査を受けてみると良いでしょう。 肝臓ガン 画像引用元 肝臓は痛みなどの症状が出ない臓器ですが、肝機能が低下して症状がひどくなっていくと腹痛や脇腹の痛みを感じることがあります。 肝臓ガンの場合、痛みを感じたらかなり重症化しているケースが考えられますので、なるべく早めに病院へ行きましょう。 お腹の痛みの他に、発熱や貧血の症状も出ますので、これらの症状にも注意をしておきましょう。 自分の右脇腹の痛みの原因が分からないときは? 画像引用元 ちょっとした痛みの場合は、ほとんどの方が様子を見ると思います。 1つの基準としては、1週間程度様子を見ても改善されることがない場合は病院で一度検査を受けてみましょう。 これ以上放置してしまうと重症化して悪くなるケースが考えられます。 一度病院で、胃カメラやエコー検査、MRIでお腹を検査して症状を確認しましょう。 1週間で症状が改善したとしても、しばらくは体に優しい生活週間を心がけて注意することが大切です。 痛みを感じたら何科に行くべきか? 画像引用元 基本的にはお腹の痛みを感じたときは一般内科で診察を受けましょう。 できれば大きな総合病院が良いです。 検査の環境も整っていますので、自分がどんな病気かを調べることができます。 もし重大な病気の場合には、医師から専門の科を紹介してもらえますので、まずは一般内科で自分の症状を詳しく説明してみましょう。 右脇腹の痛みの予防法 画像引用元 体に症状が出てしまった場合には病院へ行くことが大切ですが、このような症状が出ないために生活習慣を正すことも大切です。 食生活の偏り・ストレス・運動不足などの基本的なことを改善するだけでも効果がありますので、まずは自分ができることから始めていきましょう。 ストレスに関しては、病気の悪化の原因ともなりますので自分なりのストレス発散方法を見つけて改善していきましょう。 まとめ 画像引用元 今回は右脇腹の痛みの原因について詳しくお伝えしてきました。 右脇腹の痛みといっても多くの病気の可能性が考えられます。 痛みがひどくない場合は少し様子をみて、そこから症状がどうなるかをまず確認することが大切です。 不安な場合にはすぐに病院で検査をしても良いでしょう。 痛みを我慢しても良いことは一つもありませんので、もし違和感を感じた場合は早めの対処を心がけましょう。 オススメ記事.

次の

右の脇腹が痛い時の原因6つ!押すと痛みが出る病気は?

右 脇腹 痛み チクチク

右脇腹が時々チクチクと痛い、違和感を感じる、咳をすると痛くなるといった症状がある。 少し様子を見ても改善されてないと原因が分からず誰でも不安になりますよね。 一口に脇腹の痛みといっても、右と左で原因が違う場合もありますし、男性と女性でも症状が異なる時がありますので、詳しいことは病院で検査を受けたり、相談するのが一番ですが、やはり自分自身の身体のことですから、事前に学んでおくことは大切だと思います。 ご存知のようにお腹周辺には生命維持や健康を左右する重要な臓器や神経が沢山あります。 緊急を要する痛みの場合もありますので、適切な対応をすることが重要です。 どんな原因の可能性があるのか、一緒にみていきましょう。 痛みで悩んでらっしゃる方の道しるべになりますように。 右脇腹の痛みの原因とは? では、右脇腹の原因について見ていきましょう。 筋肉痛 右脇腹の筋肉に筋肉痛が発生していると痛みを感じます。 右脇腹自体、普段あまり負荷がかからない場所ですので、少し負荷が加わっただけでも筋肉痛が起こることがあるのです。 筋肉痛は、筋繊維が断裂して炎症が起きている為発生する痛みですので、無理をせず安静にしておくと、1週間程で徐々に痛みも和らいできます。 この場合はそんなに心配することはありません。 しかし痛みが長引いたり、痛む場所が変わったりするようであれば念のため、病院で検査を受けましょう。 便秘 便秘でも右脇腹が痛くなることがあります。 腸にガスが溜まり、その後脇腹へ痛みが広がっていきます。 慢性的な便秘を放置した結果、急激に痛くなるといったケースが多いようです。 ガスが溜まるのは排便できずにいる便が腐っていく過程で発生しているので、かなり重症だと言えます。 便秘だからといって軽視せず、適度に水分を取り、バランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。 帯状疱疹 皮膚がピリピリとした痛みを伴う場合は帯状疱疹が考えられます。 帯状疱疹は、子供の頃水ぼうそうにかかった時の原因となったウイルス菌が身体の神経節に潜状していて、ストレスや日常的な疲れなど抵抗力が落ちている時に、その菌が神経を伝って皮膚に出てくる病気です。 症状としてはピリピリとした神経痛が右あるいは左半身に出たり、虫に刺されたような腫れが起こります。 痛みが片方だけに出ることが多いのが特徴です。 帯状疱疹の痛みの感じ方も個人差があり、ほとんど痛みを感じない方もいれば、あまりの痛さに眠れなくなるまで様々ですが、多くの方は奥の方でチクチクとした痛みを感じるようです。 帯状疱疹は早めに治療を行うことが大切な病気です。 治療が遅れると、帯状疱疹後神経痛という後遺症が残ることもありますので、早めに病院(皮膚科)に行きましょう。 胆石症 胆石症は、胆嚢(たんのう)、胆管、胆道のいずれかの器官内に石が作られる病気です。 石ができる場所によって、「肝内肝管結石」「総胆管結石」「胆嚢結石」と区別して呼ばれますが、原因や症状は同じです。 症状としては、右脇腹から背中にかけての痛み、激痛があげられます。 時に脇腹の痛みは食後に現れることが多く、長い方は痛みが1時間以上続く方もいらっしゃるようです。 胆石症になる主な原因はコレステロールが結晶化して石になるケースが一番多く、その他には食べ過ぎや、油の摂取過多、ストレス、不摂生などがあります。 症状が軽い場合は溶解療法といって、半年から1年ほどかけてゆっくり石を溶かす方法が一般的です。 他には手術やレーザー治療などもあります。 食後に激しい痛みを感じた場合は、すぐに病院に行って、適切な処置を受けましょう。 くれぐれも我慢は禁物です。 腹膜炎 腹膜とは腹腔内を覆っている膜で、通常、腹腔内は無菌状態になっているのですが、腹膜炎とはその腹膜が細菌感染をしてしまい、炎症を起こすことを言います。 症状としては、まず右の脇腹など部分的に痛みを感じ、次第にその痛みの範囲が広がっていきます。 痛みが発生する前に腹部に違和感や不快感が発生し、痛みが発生すると激しい痛みになります。 人によっては、吐き気や頻脈、発熱などを伴うこともあります。 症状が悪化すると、脱水状態やショック状態に陥り、最悪命を落とす可能性のある怖い病気です。 なので、症状に気付いたらすぐに病院へいって、適切な処置を受けて下さい。 また腹膜炎は同時に他の病気を併発していることも多く、急性虫垂炎や急性胆嚢炎などの臓器の病気が起きた際に発症することがあります。 治療法としては、細菌を消滅する為の抗菌薬を用います。 しかし他の病気の合併症が原因の場合は、根本となる病気の治療が優先となります。 どちらにしても、こちらも早めに病院を受診しましょう。 尿路結石 尿路結石とは、文字通り尿の通り道である尿路に結石が発生する病気です。 症状としては、脇腹、下腹部、腰回りに疝痛発作(せんつうほっさ)と呼ばれる激しい痛みが発生します。 悶絶の痛みだと言われています。 その他にも吐血や血尿といった症状が出ることもあります。 尿路の細菌感染、水分不足、過度のストレス、暴飲暴食が主な原因だと言われており、最近では10人に1人の割合とこの病気になる人が増加しています。 排尿する回数が極端に少ないと菌にも感染しやすくなります。 また結石の原因となるのが、シュウ酸やカルシウムの過剰摂取です。 清涼飲料水やコーヒー、アルコール類の過剰摂取は控えるようにしましょう。 尿路結石になった場合は、泌尿器科を受診します。 症状が軽い場合は、自然に治す「自然排石」での治療になりますが、結石が大きくなっている場合は手術を行う場合もあります。 尿路結石は再発頻度が高い病気ですので、一度なってしまった方は特に食生活や生活習慣を見直すようにしましょう。 がん 大腸がん、肝臓がん、腎臓がんの場合、右脇腹に痛みを感じることがあります。 この中でも大腸がんは発症する人が多く、あまり自覚症状のないまま進行する人も少なくありません。 この場合なかなか早期に気付くことは難しいですが、発見が遅れると他の部位に転移する可能性もあり、リスクが高まります。 軽い症状であっても、違和感を感じるようであれば病院で検査を受けましょう。 男性、女性で多い病気はどんな病気? 男性、女性でかかりやすい病気、特有の病気もあります。 男性の場合は、最近増加傾向のある胆石症、尿路結石などがあります。 やはり食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどが大きく影響しているようです。 女性では、便秘の他に子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)や子宮内膜症も考えられます。 子宮筋腫は子宮平滑筋(しきゅうへいかつきん)という子宮を支える筋肉の部分的な増殖による良性の腫瘍です。 腰や右脇腹に突っ張るような痛みが出たり、生理が長引いたり、残尿感を感じたりします。 子宮内膜症は月経周期にあわせて出血を繰り返すその過程で炎症性の癒着を引き起こす病気です。 妊娠をしていない女性に多く見られます。 腹膜で起きれば腫れが拡大し、周囲との癒着を引き起こして脇腹や下腹部の痛みとして現れ、卵巣に起きれば卵巣内膜症膿疱(らんそうないまくしょうのうほう)を起こし、月経とは無関係に痛みが生じます。 またがんなどの悪性腫瘍も考えられますので、定期的な検診など婦人科検診を受けるようにしましょう。

次の